オールバックは男の憧れ。でもセットが難しそうだしワックスって何?整髪料の違いがわからない人も多いのでは?男も髪型を決めるにはメンズジェルやクールグリースなど知っておくと便利です。ここではオールバックの整髪料の種類から髪型の作り方までまとめました。ぜひ参考にしてくださいね!

INDEX

  • オールバック整髪料の正しい選び方知ってる?
  • オールバックの整髪料|おすすめワックス6選
  • オールバックの整髪料|おすすめクールグリース6選
  • オールバックの整髪料|おすすめジェル5選
  • 整髪料を使ったオールバックの作り方・セットのやり方は?
  • おでこ・眉毛のムダ毛にも注意を
  • 整髪料を使ったオールバックの男性の髪型・セット例5選
  • 整髪料でセットして男の魅力を引き出そう!

オールバック整髪料の正しい選び方知ってる?

男の整髪料には種類がある

ワックス

オールバックと聞くと、リーゼントのようにグリースでカチッと髪を固めるイメージですね。しかし、最近ではオールバックの髪型も整髪料も変化しています。オールバックは髪を後ろに流すスタイルをいいますが髪の長さに決まりはなく、ショートヘアからミディアム、ロングまで後ろに流すスタイルは全てオールバックです。

オールバックは、おでこが出た状態の髪型です。しかし、その状態をドライヤーやアイロンだけでキープするのは至難の業。よほど強力なクセ毛でもなければ無理でしょう。そのため、整髪料が必需品となりますが、長年オールバックをしている人でもその種類をしっかり理解している人は少ないといわれています。

髪型のセットに適したものを選ぶ

男性

そこで、ここではオールバック整髪料の種類と選び方をご紹介します。昔からオールバックをしている人は、決まった整髪料をずっと使いがちですが最近では使いやすい整髪料もたくさん出回っています。この機会に変えてみてはいかがでしょう?

「崩れなきゃいいや」なんていわずに自分の髪型に合った整髪料を選んでくださいね。仕上がりはツヤを求めるかマットを求めるかお好み次第。普段よりもオールバックを楽しくスタイリングすることができますよ。また、これからオールバックにしようと思う人には、オールバックの作り方もまとめたのでぜひ参考にしてください!

自分に似合う髪型がまだわからないという人は、下記の男性に似合う髪型の記事をぜひ参考にして下さい。あなたに似合う髪型がきっと見つけられるはずですよ。

Small thumb shutterstock 534362248
関連記事 おでこが広い男性に似合う髪型15選|デコ広いメンズの短髪のヘアセットも

男性にとっておでこが広いのはコンプレックスに感じがちな要素のひとつです

オールバックの整髪料|おすすめワックス6選

オールバックの整髪料:ワックスの特徴

メンズのヘアスタイリングで広く使用されているのがワックスです。その秘密は、セット力が適度にありツヤ感マット感どちらにも対しているから。仕上がりはナチュラルで後から手直しできるタイプが多く、オールバックで使うとするのなら、カチカチの固まり感が少ないショートスタイルに向いているでしょう。

ワックスを使うときには、髪をしっかりドライヤーで乾かしてから行います。乾かす段階でドライヤーの風でしっかり髪の毛をセットしておきましょう。ワックスを手に取りなじませたらバックに流すようにつけます。トップに束感を出したいときには指でつまんでひねるようにすると立体感が出ますよ。

オールバックの整髪料|おすすめワックス6選①ハードジェリーグロッシー

ワックスとジェルの融合ともいえるウーノデザインハードジェリー グロッシーは、すぐには固まらないので納得のいくまで髪のセットに手をかけることができます。このワックスの良いところは、湿気に強いところです。夏の暑い日の汗や突然の雨などに負けないキープ力はオールバック愛好者に人気の一品です。

オールバックの整髪料|おすすめワックス6選②ニゼルフリックワックス

パッケージが可愛いニゼルフリックワックスは女性用ワックスですが、手に取った感じはシットリした伸びの良いワックスでメンズにもおすすめです。まとまりある質感は毎日のスタイリングにストレスを感じることがなく、束感を出したいときや毛の流れを活かした毛先に動きのあるメンズのオールバックセットにも対応します。

オールバックの整髪料|おすすめワックス6選③デューサーワックス