INDEX

最近よく名前を聞く「グラデーションカラー」とは?

名前の通り!中間から毛先だけ染めるカラー!

グラデーションカラーはその名前の通り、グラデーションになるよう中間から毛先だけ染めるカラーリングのことを言います。髪の毛を染めた後に、新しい髪の毛が生えてくることで起こる「プリン状態」とはまた異なり、主に中心部より下から色が変わるのでダラしない感は一切なく、逆におしゃれに見えてしまうのが特徴です。

また、髪の毛がさらに伸びてしまっても、もともとグラデーションになっているので、慌てて染め直す必要もないところも人気の秘密となっています。忙しくて普段美容室に行くことができないという主婦の方からも、定評があるヘアカラーの一つです。

毛先だけ染めるグラデーションカラーのメリットは?

グラデーションカラーのメリット|髪の毛への負担が少ない!

カラーリングをする上で一番気になるのが「髪の毛への負担」ですよね。特に私たち日本人の髪の毛は黒髪で、色が非常に入りにくくカラー剤も強いのでないと思うように色が入らなかったりします。しかし毛先だけをカラーリングするグラデーションカラーなら、髪の毛全体でなく毛先だけ染めるので負担も軽減されます。

また、毛先だけ染めることで地肌への負担も減らせるので、肌が弱いけどカラーリングしたいという方にもおすすめです。毎日のお手入れも、毛先を中心にトリートメントするくらいで十分なのもお手軽で嬉しいですよね。なるべくお風呂は時短で済ませたい方にもおすすめです。

グラデーションカラーのメリット|奇抜カラーでも派手になりすぎない!

奇抜カラーに挑戦してみたいけど勇気がないという方も多いのではないでしょうか。黒髪からのグラデーションなら、トップは黒髪のため、派手になりすぎることもないのでおすすめです。髪の毛を結んでしまえば、黒髪が前面に出てくるので他のカラーリング方法に比べてナチュラルです。

また、黒髪だけではなんだかつまらない、という方にも毛先のグラデーションカラーはアクセントにもなるのでおしゃれにキマるのも嬉しいポイントの一つです。また、カラーリングによって普段のファッションにも影響が出にくいので、髪の毛をあまり染めたことがない方でも気軽にトライすることができます。

ショートの黒髪グラデーションヘア7選

【ショート】黒髪×グラデーション①パープル

黒髪とパープルのグラデーションカラーは人気の組み合わせとなっています。ショートヘアとの相性もバッチリで、毛先のパープルカラーが顔色も色白に見せてくれる効果が期待できます。

パープルと一口に言っても、ピンクに近いパープル、ブルーに近いパープル、パステルカラーに近いパープルと様々あります。それぞれのパープルによって印象や雰囲気も若干変わってくるので、女の子らしさを出したい方は薄めのピンク系パープルを選ぶといいです。

【ショート】黒髪×グラデーション②イエロー

ショートのグラデーションカラーでおすすめカラーの一つがイエローです。黒髪だけじゃちょっとつまらない、という方にぴったりのカラーで、毛先に入れることでアクセントにもなります。黒髪に黄色はよく映えるので毛先を目立たせたい方にもおすすめです。

黄色は、髪の毛から赤みと暗さを覗くだけで出てくるカラーなので、割と簡単に色味を出すことができます。また、色が落ち出してしもそこまで目立たないので、美容院に頻繁にいけない方にもおすすめです。

【ショート】黒髪×グラデーション③オレンジ

派手にはなりすぎたくないけど、ポップな女の子をイメージさせたい人におすすめなグラデーションカラーが黒髪とオレンジの組み合わせです。ショートヘアの女の子はポップなイメージですが、オレンジをプラスすることでさらに明るい印象にさせてくれます。

オレンジもかなり目立つ色です。派手になりすぎたくない方は、グラデーションを始めるポイントを下げて、主に毛先を中心にするといいでしょう。アレンジのバリエーションがあまり多くないボブは飽きやすいですが、グラデーションカラーをすることで飽きもきにくいです。

【ショート】黒髪×グラデーション④グリーン

黒髪と相性バッチリなグラデーションカラーのグリーン。ヘアカラーではなかなか挑戦しにくい色ではありますが、毛先だけ染めるカラーリングなら、手軽に挑戦しやすいです。ショートの場合はそこまで目立つカラーでもないので、初心者さんにもおすすめです。

ただ、色が落ちてくると黄色みが強く出てくるので、放置しすぎると汚い色になってしまうのも特徴です。色落ちをなるべく防ぐために、ケアやカラートリートメントをするようにしましょう。

【ショート】黒髪×グラデーション⑤ブラウン

ナチュラルカラーを希望の方におすすめなのが、ブラウンです。普段髪の毛をカラーリングするときでも、ブラウンは圧倒的人気のカラーですよね。あとあとプリンになって染め直すのが面倒臭い!という方にはブラウンがおすすめです。

また、赤みのあるブラウンは、明るいものから暗いものまで様々なブラウンがありますが、落ち着いた優しい印象にもしてくれます。よりナチュラルさを求める方にはグラデーションカラーでブラウンを使うのがおすすめです。

【ショート】黒髪×グラデーション⑥アッシュ

アッシュも、カラーリングするときの人気のカラーです。グラデーションカラーとしても黒髪との相性は抜群です。ショートの方は、アクセント要素でアッシュを入れらる方も多く、少しイメチェンしてみたい方におすすめです。

アッシュにも、グレーに近い暗めのアッシュやミルクティのようなベージュに近いアッシュなど様々です。毛先にさりげなさを入れるならベージュ系統のアッシュがおすすめですが、よりナチュラルに見せたい方はグレー系のアッシュにしてみましょう。

【ショート】黒髪×グラデーション⑦ブルー

黒髪の日本人にとって、カラーリングする際かなり難易度の高い色の一つがブルーなんです。ブルーカラーを出すには、かなり強いブリーチをして黄色みを出し切らないといけないので、全体を染めるとなるとかなりダメージがかかってしまいます。ですので、毛先だけ染めるカラーがおすすめです。

黒髪でショートだと少しおぼこく見えてしまいがちですが、グラデーションカラーで毛先にブルーというアクセントを入れるだけで、大人な感じを出すことができますので、童顔の方にもおすすめです。

ボブの黒髪グラデーションヘア5選

【ボブ】黒髪×グラデーション⑧パープル

パープルと聞くと、「おばあちゃんの髪色みたい」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、黒髪からのグラデーションカラーで使うとワンランク上のおしゃれヘアーに大変身します。人とあまりかぶりたくないカラーリングをしたい方におすすめです。

暗めのパープルだと、そこまで派手な色でもなく、黒髪に自然に馴染みます。ユニークな色ですが、意外とナチュラルに見えるので、グラデーションカラーを初挑戦する方にも実はおすすめのカラーだったりします。

【ボブ】黒髪×グラデーション⑨オレンジ

ショートヘアのところでもご紹介しましたが、ボブヘアでもオレンジのグラデーショングラデーションカラーはおすすめです。元気カラーであるオレンジは、女の子らしさをポップに表現することができ、自身の気分も上がるので、元気を出したい方にもおすすめです。

オレンジは少し明るさを落とすと、オレンジの強いブラウンになるので、派手すぎる印象は少し抵抗がある方は、明るさを落としてみるといいでしょう。また、明るいビビッドなオレンジにする場合は、グラデーションを毛先に近くいところから始めるとアクセントになっていいです。

【ボブ】黒髪×グラデーション⑩ブルー

ショートと比べて、カラーリングする範囲が増えるので、ボブだとブルーが更に目立つようになります。全体を染めるのは抵抗がある方でも、毛先だけ染めるグラデーションカラーなら気軽にチャレンジすることができます。アッシュを使ったブルーのグラデーションだと透明感も出てきます。

明るい髪色がベースで、ブルーを使ったグラデーションカラーはブルーがかなり際立ちますが、黒髪からのグラデーションカラーだと、そこまで目立たず、派手になりすぎません。特にボブだと染める範囲も少ないので尚更控えめにおしゃれできます。

【ボブ】黒髪×グラデーション⑪イエロー

ボブの黒髪グラデーションカラーでイエローも人気のカラーとなっています。金髪とはまた違うイエローは、ユニークですが、派手になりすぎることもなくおしゃれにキメることができます。カッコイイとカワイイの間のイメージなので、どんな方でも似合うカラーです。

ポイントとしては、黒髪の中心あたりからグラデーションを始めるより、かなり下の方から始めることです。イエローは、金髪に近いカラーなので、あまり上からスタートさせてしまうと「プリン感」が出てしまいます。

【ボブ】黒髪×グラデーション⑫ピンク

ピンクはかなりビビッドで派手な色ですが、グラデーションカラーになると、グッと落ち着き、大人な印象になります。女の子らしさを残しつつ、黒髪でクールにもなるピンクは、人気の年齢層も幅広いです。

毛先に集中してピンクを入れるのもありですし、黒髪の割と高めの位置からグラデーションを初めて見るのもありです。毛先を一つにくくるだけでもピンクがいいアクセントになっておしゃれに見えます。

ミディアムの黒髪グラデーションヘア3選

【ミディアム】黒髪×グラデーション⑬アッシュ

ミディアムくらいまで髪が伸びてくると、鬱陶しく感じたり、切ろうか伸ばそうか悩む方も多いですよね。そんなときはアッシュカラーでグラデーションカラーをすると、透明感も出て、鬱陶しさを感じにくくなります。

アッシュカラーは、黒髪との相性も良く、ハイライトとしても使われる色なので、グラデーションを作る時も、黒髪にハイライトを入れる感じでカラーしていくと、よりアッシュが自然に黒髪に馴染んで見えます。

【ミディアム】黒髪×グラデーション⑭ピンク

ミディアムヘアーまで髪の毛が伸びると、髪の毛全体をカラーリングするのも時間がかかってしまいますよね。そんなときはピンクでグラデーションカラーにしちゃいましょう。黒髪との相性もよく、色落ちしてしまっても、毛先の部分だけ切ったりもできるので選択肢も広がります。

色味が濃いピンクだとそうでもないですが、色味の薄いピンクや明るいピンクは髪の毛がどうしても傷んで見えてしまいます。スタイリングする際は、ヘアオイルなどをなじませておくと、毛先にも輝きが出るのでおすすめです。

【ミディアム】黒髪×グラデーション⑮グリーン

ミディアムヘアーのグラデーションカラーで人気のグリーン。髪全体を染めるのは抵抗があるけれど、毛先だけ染めるなら試してみたいという方も多いです。黒髪との相性もよく、割とナチュラルにも見えてしまうカラーでもあります。

青みの強いグリーンや、深い色味のグリーンなど、グリーンにも様々な色味があります。時間が経つと、だんだん黄色みが強く出てくるので、染めたての時のグリーンとはまた違うグリーンを楽しむことができます。

ロングの黒髪グラデーションヘア3選

【ロング】黒髪×グラデーション⑯レッド

誰にでも似合う万能カラーのレッドも、黒髪からのグラデーションカラーにぴったりのカラーです。特に真っ赤な髪は、ロックバンドを想像してしまいがちですが、黒髪と合わすと不思議なことに大人のお姉さん感がでます。

レッドも、シャンプーやヘアアイロンなどによって色が落ちてしまいます。ロングヘアーの方は特に、ドライヤーをする際は事前にタオルドライをしっかりとして、あまり熱すぎない温風で乾かすようにするのがおすすめです。

【ロング】黒髪×グラデーション⑰ベージュ

ベージュの髪色と聞くと、若い子がしそうなカラーかもしれませんが、黒髪と合わすグラデーションカラーなら落ち着いたお姉さんの雰囲気を出すことができます。ロングヘアーだと髪も痛みがちで、お手入れも大変ですが、基本的に毛先部分をトリートメントするだけでも十分なのでおすすめです。

落ち着いたカラーのベージュは、黒髪からのグラデーションも綺麗に見えるので何色から挑戦しようか悩んでいる方には特におすすめのカラーです。外国人みたいなラフだけどおしゃれな髪の毛を演出してくれます。

【ロング】黒髪×グラデーション⑱ブルー

少しミステリアスな雰囲気を出したいロングヘアーの方におすすめのグラデーションカラーがブルーです。神秘的なカラーでもあるブルーですが、毛先だけ染めるなら派手すぎることもなく、魅力的な髪色へとなります。結んだ時と、下ろした時で印象が変わるのもおすすめポイントの1つです。

ブルーを綺麗に出すには、かなりしっかりとブリーチをして黄色みを抜かないといけないのでダメージは避けられません。後にも紹介しますが、トリートメントはしっかりとするようにしましょう。

おすすめの黒髪グラデーションヘアアレンジ

【黒髪×グラデーションカラー】ヘアアレンジ①ハーフアップ

特にボブから髪の毛が長い方におすすめのヘアアレンジが「ハーフアップ」です。まとめた髪の毛の部分をくるんとお団子にするだけで、グラデーションカラーの部分が際立ち、簡単なのにおしゃれヘアスタイルに早変わりします。前からも後ろからもグラデーションカラーを楽しむことができちゃいます。

ハーフアップにする際のポイントとしては、なるべくシンプルにすることです。グラデーションカラーですでにアクセントがあるので、ゴムやピンを使用する場合はシンプルなものにしましょう。シュシュなどを使ってしまうと、ごちゃごちゃとした印象になってしまうので要注意です。

【黒髪×グラデーションカラー】アレンジ②ポニーテール

髪の毛が結べる長さの方には是非おすすめなヘアアレンジが「ポニーテール」です。ヘアアレンジの王道のスタイルですが、グラデーションカラーのポニーテールはまた一段とおしゃれ度がアップしたポニーテールになります。高く結んでも、低く結んでもオーケーなので、髪の毛が短い方でも気軽にできるアレンジ方法です。

ハーフアップの時と同様に、なるべくシンプルにキメるのがおすすめです。ヘアゴムは、隠せるようなら毛束で巻いて隠してみましょう。ピンを使う場合も、黒髪に合った黒のものを使うようにしましょう。髪の毛が長い人は、毛先をゆるく巻いてみると女の子らしさが一層出てくるのでおすすめです。

もっともっと色んなヘアアレンジ方法を知りたいという方はぜひ関連記事も併せてご覧ください。きっとあなたに似合う素敵なヘアアレンジが見つかりますよ!

Small thumb shutterstock 181705322
関連記事 不器用でもできる簡単ヘアアレンジ17選|セミロングやミディアムの髪型も

自分は不器用だから、ヘアアレンジなんてできない!と思っていませんか?世

グラデーションカラーの美容室での注文の仕方は?

毛先だけ染めるカラーorグラデーションカラーの名前を出して

セルフカラーではなく、美容室へ行かれる方は、「毛先だけ染めるカラー」またはグラデーションカラーの名前を出して美容師さんに注文しましょう。その時に、なりたい自分のイメージや理想を伝えることも重要です。髪の毛全体を染めるわけではないので、どこらへんから色が変わって欲しいのかも伝えましょう。

どんな色にしたいか決まってないけど、とりあえず美容室にきてしまった、という方は、美容師さんとよく相談してから決めるようにしましょう。また、普段自分がセットし慣れている髪型に合うグラデーションカラーを選ぶと、毎朝の準備にストレスがかかることもありません。

最後は毛先のトリートメントをお願いしよう!

いくら毛先だけ染めるカラーリングと言っても、髪の毛がダメージを受けるのは事実です。ですので、終わったらトリートメントもお願いするようにしましょう。毛先は特に日々の生活でも傷みやすく、傷んでしまうとカラーも抜けやすくなってしまいます。美容室でしっかりとトリートメントケアをしてもらいましょう。

せっかくおしゃれに染めてもらったグラデーションカラーは少しでも長持ちさせたいですよね。美容院でちゃんとしたトリートメントを1回してもらうだけでも、してもらわない場合とでは大きく変わってきます。日々のケアも大事ですが、そこまで手が回らないという方は、プロにお願いしましょう。

黒髪に合うグラデーションカラーでおしゃれを楽しもう!

名前の通り毛先だけ染める黒髪のグラデーションカラー18選、髪の長さ別にショート・ボブ・ミディアム・ロングでご紹介しましたがいかがでしたか?美容室での注文の仕方や簡単アレンジ方法も一緒にご紹介させていただいたので、初めてグラデーションカラーに挑戦される方は是非参考にしてみてくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。