INDEX

40代前半・後半別!女性のバッグ・カバンブランド選びポイントは?

40代前半女性:バッグ・カバンを選ぶポイント①定番アイテム

前半

40代前半の女性は仕事においては、キャリアを積み重ねて働き盛りの世代と言えます。家庭と家事の両立や子育ての難しい時期にさしかかるなど、見えないところでストレスを貯めこんでいます。専業主婦であっても、下の世代からも上の世代からも頼りにされる存在として、さまざまな活躍の場所があります。

40代前半の女性は一言でいえば、「いつも忙しい」ということです。「効率の良さ」「段取り力の発揮」を頭に置きながらも、身体的には若い頃と違う疲れを感じはじめます。(もしや更年期?)という不安を持ち始めます。選ぶバッグはオーソドックスなデザイン、使い勝手のいい黒やベージュ系の機能性に優れたお品です。

40代後半女性:バッグ・カバンブランドを選ぶポイント②ふんわり軽い

後半

40代ともなると若い頃と違って、肌の衰えやくすみから、洋服は質の良い素材のものや、顔周りが明るくなるような色やアクセサリーを「若さ」の代替えに使います。バッグもキャンバス地のカジュアルなものより、レザーの定番アイテムに目が行きます。ところがナイロン素材や布素材と違って、革製品は概して重さがあります。

ハイブランドと呼ばれるお値段のはるブランドバッグは柔らかな素材を使っており、そのデザイン性や機能性だけでなく、「軽い」「皮なのに重くない」という理由で支持されています。「持ちやすい」「肩がこらない」「癒されるテクスチャー」などがその理由です。2WAYバッグや斜め掛けショルダーバッグも欲しくなります。

40代女性・レディースの人気バッグハイブランド|ランキング15〜13位

40代女性|バッグハイブランド15位:ナイロンバッグがお手頃なラシット

このブランドは40代後半の女性に良く愛用されています。russet (ラシット)は軽くて機能的で「旅のパートナーであるように」とのコンセプト通り、使いやすさと落ち着いたカラーが50代を越えても、なお人気を高めています。日常生活に溶け込んだような優しいデザインがその理由です。

カジュアルな服装にも相性が良く、お値段もお手頃価格です。ナイロン素材でお天気に左右されず、ちょっとした買い物やアウトドアシーンにも重宝する日本発の「懐かしさ」「暖かさ」をイメージしたハイブランドです。

40代女性|バッグハイブランド14位:ラグジュアリーでもお手頃なコーチ

このブランドは40代前半の女性は特にガンガン使ってほしいです。COACH(コーチ)は「手が届くラグジュアリー」コンセプトのアメリカのハイブランドです。コーチは日本女性のあらゆるシーンで活躍しています。そのお手頃感覚から40代女性にとっては「30代までのブランド」というイメージがあります。

逆に若い女性は「おばさんが持ってる」イメージがあります。コーチはセールが多く、どんどん新作を出しています。肝心のバッグは丈夫を通り越して、頑丈です。そのため、仕事用に愛用する女性も多く、現実には幅広い年齢層で使われています。「毎日を明るく」がモットーなので、必ずお気に入りのデザインが見つかります。

40代女性|バッグハイブランド13位:お手頃でサイズも豊富なロンシャン

このブランドは40代・前半後半かかわらず、人気のブランドです。LONGCHAMP(ロンシャン)はフランス発で世界中の女性に長く愛されています。お手頃な価格帯でもあり、ナイロン、本革、クロコ皮などの素材や大きさ、色の豊富さに理由があります。また使うシーンを選ばないことでプレゼントにも好評です。

40代女性・レディースの人気バッグハイブランド|ランキング12~10位

40代女性|バッグハイブランド12位:老舗ブランドキタムラ

Amazonで商品の詳細を見る

このブランドは40代・前半後半の女性に人気があります。キタムラは「やさしさ、かわいらしさ、上品さ」がコンセプトの横浜元町発祥のブランドです。豊富なカラーや柔らかな革の素材のバッグは、長年地元で愛され続けてきました。タウンユースとして、大人になっても心をくすぐる可愛いデザインが増えています。

親子揃っての愛用者も多い老舗ブランドですが、年齢的には40代から使い始める人も多いようです。3万円から5万円ほどの価格のコストパフォーマンスも魅力です。どんなに高価なバッグも平均して5年も経てば、傷がついてヨレヨレ感が出てきます。流行と関係ない落ち着いたデザインが素敵です。

40代女性|バッグハイブランド11位:ナイロンバッグも人気なプラダ

このブランドは40代前半の女性におすすめします。PRADA(プラダ)はイタリア・ミラノ発のラグジュアリーなハイブランドです。「日常を贅沢に飾る」というコンセプトの通り、スタイリッシュなデザインで皮やナイロン素材の黒のバッグが有名ですが、大胆な柄や素材のバリエーションも広がっています。

若い女性向きのイメージが強いプラダですが、オシャレに定評のある芸能人の浅田美代子さんは「プラダ好き」で有名です。好きなブランドなら、年齢にこだわることなくいつまでも使い続けるのもありですね。

40代女性|バッグハイブランド10位:おしゃれを楽しむクロエ

このブランドは40代前半の女性に人気があります。Chloé(クロエ)はもともと30代から40代の女性向けコンセプトのブランドです。「おしゃれを楽しむ人が持っている」というイメージがあり、エレガントなだけでなく、可愛らしさもあるフランスの洗練された名門ブランドです。価格も「頑張れば大丈夫」が魅力です。

40代女性・レディースの人気バッグハイブランド|ランキング9〜7位

40代女性|バッグハイブランド9位:やっぱり王道のシャネル

このブランドは40代前半の方に人気があります。CANEL(シャネル)白と黒を基調にしたフランス・パリのハイブランドです。帽子や洋服のデザイナーでもあったココ・シャネルの名も知られています。「女性の服の解放」「女性による女性のためのモード」という強力なウーマンリブ的なコンセプトがあります。

ココ・シャネルが、孤児から一代で高級ブランドに育て上げたという歴史もブランドの物語となっています。日本では「シャネル=水商売」というイメージもあるのは否定できません。合わせ方次第で下品にもなりかねません。それでもシャネルのチェーンバッグは今なお、人気を保ち続けています。

40代女性|バッグハイブランド8位:ジェイアンドエムデヴィッドソン

このブランドは40代前半の女性の、口コミにのぼるようになりました。J&M DAVIDSON(ジェイアンドエムデヴィッドソン)は、イギリス人のジョンとフランス人のモニクという、夫婦の頭文字をとったイギリスのハイブランドです。フリンジのついた、見た目もコロンとして可愛いカーニバルは人気商品です。

1984年の歴史の浅いブランドですが、日本では人気モデルや芸能人が多く愛用していることで、ブームに火が付きました。モードなエッセンスがあるものの、「永遠のベーシック」と呼ばれる飽きの来ないデザインが魅力です。

40代女性|バッグハイブランド7位:軽量で丈夫なルイ・ヴィトン

このブランドは40代・前半後半を問わずにひとつは持ってほしいハイブランドです。女性のバッグ・カバンのハイブランドと言えば、LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)が代名詞となって頭に浮かびます。変わらぬ人気があり、トラベルバッグのトップブランドです。軽量なうえに丈夫で、長く愛用できます。

画像にあるモノグラムのヴィトンカラーは、40代になってこそ、嫌味なく似合ってしまうお色です。さらにその機能性や丈夫さは実用的で、デイリーなバッグとしても長く愛用できるのが、人気の落ちない一番の理由です。皮のバッグが有名ですが、ナイロンバッグもラインナップされています。

40代女性・レディースの人気バッグハイブランド|ランキング6〜4位

40代女性|バッグハイブランド6位:レザー編みが人気なボッテガヴェネタ

このブランドは40代後半の女性におすすめします。BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)は男性女性問わずに人気があります。クラフトマンシップにのっとった熟練職人の芸術品とも言われます。特にイントレチャートと呼ばれるレザーの編み込みはブランドの特徴・顔です。

30万円以上からの価格帯で、高価なお品がそろっていますが、「長く愛用したい」と考えた時にはイチオシのエレガントなハイブランドです。バッグに限らず、小物やアクセサリー、洋服もトータルで揃えることもできます。

40代女性|バッグブハイブランド5位:オーソドックスなグッチ

このブランドは40代・前半後半の女性に幅広く愛されています。 GUCCI(グッチ)はダブルGのモノグラムでお馴染みの、イタリア・フィレンツェのハイブランドです。「最上の伝統を最上の品質で、しかも過去のよいものを現代に反映させる商品作り」がコンセプトです。グッチはオーソドックスで保守的なイメージです。

実は、デザインの種類の豊富さは目を見張ります。個性的なデザイン、カラフルな色合いのバッグも遊び心満載で楽しんでください。それなのに「上品さは失っていない」という利点があります。このところグッチはアメリカで急激に売り上げを伸ばし、若い女性の心をつかんでいます。

40代女性|バッグハイブランド4位:遊び心をくすぐるフェンディ

このブランドは40代・前半後半の女性に注目してほしいです。FENDI(フェンディ)はローマが本拠地のイタリアを代表するハイブランドです。1990年代に経営難になり、プラダやフランスの複合企業LVMH社(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)に買収されて立て直しました。

ブランドアイコンとして「ダブルFズッカ」が有名ですが、上品さだけではなく、遊び心をくすぐるデザインが増えました。「ほかのハイブランドに飽きた人が、フェンディに魅せられる」と言われるほどです。個性的で、若者の好みと差別化をはかっている面白さがあります。

40代女性・レディースの人気バッグハイブランド|ランキング3〜1位

40代女性|バッグハイブランド3位:エレガントなエルメス

このブランドは40代後半の方に、ぜひ使ってほしいバッグが揃っています。価格は「上を見ればキリがない」とでもいいたくなるほど女性の憧れのハイブランドです。HERMES(エルメス)の歴史は古く、フランスのパリで1837年高級馬具の製造工房から始まりました。

エルメスのバッグと言えば、すぐに「バーキン」「ケリー」と連想できるように、世界の女性のエレガンススタイルには欠かせません。画像のバーキンは「正統派」と呼びたくなるような女性らしいフォルムで、どんなファッションにも華やかさを添えてくれそうです。

40代女性|バッグハイブランド2位:皇室御用達のハマノ

このブランドは40代後半の女性に人気があります。HAMANO(ハマノ)は濱野皮革工藝のブランドで、日本では皇室御用達として一定の年齢以上の女性には良く知られています。「日本女性を美しく装うためのハンドバッグ」がコンセプトで、入学式や結婚式などさまざまなフォーマルシーンにぴったりです。

シンプルでもけして無骨ではないエレガントなデザイン、ベーシックで上品な色合い、かっちりとして柔らかな質のよい革素材が魅力です。「迷った時はハマノ」が間違いなくおすすめです。

40代女性|バッグハイブランド1位:大人のモダンといえばロエベ

このブランドは40代・前半後半関係なくおすすめです。LOEWE(ロエベ)はスペインの熟練職人の技術で「大人のモダン」を追及したハイブランドです。写真のロエベハンモックはショルダーが付いています。飽きの来ない優しい色合いで、素材の軽さや質の良さ、使い勝手の良さは本物志向代の多くの方に支持されています。

口コミでは、もう一つの画像の「ロエベアマソナが好きです」という声も多く聞かれました。「上品で、皮も柔らかく、しかも軽い」のがロエベの愛される理由です。流行に左右されない洗練なデザインとその素材の軽さは、さすが「エルメス並みのクオリティ」と言われるものです。

ブランドでもお手頃なナイロンバッグのおすすめ3選

ブランドでもお手頃なナイロンバッグのおすすめ①レスポートサック

お手頃なナイロンバッグのブランドというと、一番に浮かぶのはレスポートサックではないでしょうか?レスポートサックは1974年にアメリカのニューヨークで生まれたブランドです。レスポートサックのナイロンバッグが人気な理由は、お手頃でとにかく色柄が豊富なこと!必ず気にいるナイロンバッグが見つかるはずです!

ブランドでもお手頃なナイロンバッグのおすすめ②ケイト・スペード

ケイト・スペードは1993年に設立されたアメリカのニューヨークのブランドです。フェミニンで人気なケイト・スペードですが、実はお手頃なナイロンバッグも販売されているんです。

ケイト・スペードのナイロンバッグは、軽くて機能的です。また上質なナイロン素材が使われているため、高級な光沢感があります。通勤からプライベートまで使えるデザインなどバリエーションも多く、たくさんの女性から支持を受けています。

ブランドでもお手頃なナイロンバッグのおすすめ③キプリング

1987年にベルギーで誕生したキプリングは、オリジナル素材である「クリンクルナイロン」を使ったナイロンバッグが人気で、60ヶ国以上に店舗を持つ世界的に有名なブランドです。

レディースのナイロンバッグはカラーバリエーションも豊富で、尚且つ価格もとてもお手頃です。また、アウトレットでの販売やセールもあるので、元々のお手頃価格よりもさらにお手頃に購入できる機会が多いのも魅力の一つ。旅行用に一つは持っておきたいブランドです。

お気に入りの40代女性・レディースバッグブランドは見つかりましたか?

お気に入りのブランドのバッグを見つけることは、女性にとって最上の楽しみのひとつです。40代の女性は年月を重ねてきたことで、「質の良さ」「洗練された上品さ」を知っています。どんなハイブランドも最新物があり、トレンドも追いかけています。長く愛用するには「ベーシック」であることを押さえておくのが大切です。

過去に「シャネラー」と揶揄された人もいるように、その女性の個性や、ファッションスタイルなど、全体の調和がとれてこそ「品の良さ」がにじみ出します。ブランドバッグでもボロボロのまま使い続けたら、どんな印象でしょうか。バッグだけ一点が高価で服装がホームウェアなら、どんな印象でしょうか。

肌や髪、服装と調和のとれた自分の好みのバッグは、たとえ若者向きであろうが年配者向きであろうが、本来は関係ありません。手入れの行き届いたバッグ、清潔感のある服装や身だしなみ、感じの良い笑顔などを、素敵なバッグとともに身につけましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。