INDEX

最近人気の女の子の名前は?

「漢字一文字」でインパクトのある名前が人気

親子

女の子の名前で漢字一文字というとどのようなイメージを思い浮かべますか?一文字で書く名前はきりっとしてシンプル、そして一文字だけで表す分インパクトもあると思います。実は女の子の名前で長年人気ランキングに入っているのが、漢字一文字の名前。

バリエーションもあり様々な読み方や意味もある為、女の子の名前に付けやすいようですね。その文字を見ただけで名前の意味が分かるような感じも人気です。どのような苗字にも合わせやすいですが、苗字の文字数や画数が多い人は漢字一文字だとバランスがとりやすいですね。

もちろん女の子の名前にピッタリな可愛い漢字、意味を持った一文字の名前も多く、漢字一文字の女の子の名前はしばらくトレンドになりそうです。ここでは女の子の名前におすすめの漢字一文字の名前をご紹介します。可愛い、綺麗などイメージ別に調べてみてくださいね。

女の子の名前「トレンドの移り変わり」

写真

女の子の名前に限らずですが、少し前まではいわゆるキラキラネームと呼ばれる名前が多くありました。しかし、近年は名前のトレンドが変わってきており、以前のように難解な漢字を使ったキラキラネームは大分少なくなってきました。

現在は再び漢字一文字のようにシンプルで読みやすい名前が人気となっています。特に女の子の名前は、字面も柔らかく響きや意味にもこだわった漢字一文字の名前が流行ですね。人気の名前ランキングでも上位に入りやすいようです。

名前はその人が年をとっても一生付き合う大切な自分の一部。だからこそ子供の名前は一生後悔しないものを授けたいですよね。これから女の子の名前に漢字一文字の名前を付けたいと思っている方は、是非ご参考にしてくださいね。

女の子の漢字一文字の名前ランキング【可愛い編】

可愛い編第3位:女の子らしく西洋風な響きも可愛い「杏」

女の子の名前ランキングで上位に食い込む「杏」。芸能人では女優の杏さんもいますね。読み方は「あん」、または「あんず」とも読めます。どちらも女の子の名前らしい、可愛らしく呼びやすい名前ですよね。

「杏」は漢字の見た目通り、植物の「あんず」に由来しています。漢字の「口」は果実を表しており、木に果実がなる事から「木」と「口」を組み合わせた漢字となりました。バラ科サクラ属なので、桜に似た美しい花を咲かせます。

季節感は特にありませんが、2月を「杏月(きょうげつ)」と呼ぶこともあるので2月生まれの女の子におすすめですね。また、「あん」は海外でも女の子の名前に使われます。赤毛のアンが有名ですね。海外でも呼びやすい名前として名付けてみてはいかがでしょうか。

可愛い編第2位:可愛い名前ランキング上位の人気ネーム!「結」

プレゼント

「結(ゆい)」は女の子の名前でも毎年ランキングに入る人気ネームです。漢字一文字で書けるシンプルさと、漢字の持つ意味が素敵なところ、更に響きの柔らかさや女性らしさなど、様々な面から人気の高い名前です。

「結」は結ぶ、結わえるなどの意味を持ちます。「努力が実を結ぶ」、「人と人との絆を結ぶ」といった、ポジティブな意味合いに使われる漢字ですよね。文字通り人と人との繋がりを大切にして欲しい子供に名づけてみてはいかがでしょうか。

漢字の持つ意味はもちろんですが、「ゆい」という響きは女の子らしくとても可愛い印象ですよね。可愛い響きの名前を付けたい方は、「結」がおすすめです。また、同じ読みで違う漢字の場合、「唯」も人気ですね!

可愛い編第1位:「可愛い・綺麗・子供・ランキング」での人気上位!「葵」

漢字一文字の女の子の名前でも非常に人気が高く、漢字一文字に限らず女の子の名前ランキングでは1位を獲得するほど人気の名前と言えば、「葵」です。名前の由来は植物の「アオイ」で、可愛らしい響きもありつつ綺麗さもあり、女の子の名前の定番ですね。

女の子の名前としても人気ですが、男の子の名前にも使われる王道の人気ネームです。ちなみに漢字の成り立ちは、植物を意味する草冠に「癸」という漢字を組み合わせてできており、「癸」は太陽で方位を測る為の道具です。

つまり、「太陽の方向に向かい成長する植物」という意味でもあります。太陽に向かうという前向きで明るい意味合いもあり、名前の響きや漢字の美しさはもちろん、漢字の成り立ちでも女の子の名前にピッタリですね!

女の子の漢字一文字の名前ランキング【綺麗編】17~15位

綺麗編第17位:女の子らしい読み方は二通りある「悠」

花を持つ女性

「悠」と言う名前は男の子にも女の子にも使える漢字一文字の名前として人気ですね。キラキラ過ぎず落ち着いた雰囲気と、柔らかい響きの読み方が女の子らしい名前です。

読み方は「ゆう」、または「はるか」など、どちらも女の子らしい響きですね。綺麗なイメージも可愛いイメージもあり、女の子にはピッタリです。漢字の意味は「ゆったりとしているさま」、または「想う」などがあります。

「悠々自適」や「悠久」などに使われる漢字ですね。更に「みそぎをして体を清める」と言う意味もあり、ここから清めた体でゆったりとした気持ちになる、という意味にもなったと言われています。

綺麗編第16位:涼しげで可愛い印象の名前「鈴」

「鈴」はそのまま「すず」とも読めますし、「りん」とも読むことができるのでどちらも女の子の名前に人気ですね。漢字も奇麗ですし、音の響きも涼しげな印象です。綺麗で澄んだ音色の鈴を思わせる漢字一文字の名前です。

意味はそのまま鈴、もしくは鈴の音を表します。漢字の成り立ちとしては「ひざまずいて神のお告げを受けている人」を意味する「令」に、金属の「金」を組み合わせ「神様に合図を送る為の楽器」を表しています。

確かに鈴は神社に使われるなど、神様に縁のあるものと言うイメージですね。神様の御加護が受けられるような女の子になるでしょうか。綺麗な名前としてはもちろんですが、可愛い名前にも使えるおすすめの漢字です。

綺麗編第15位:女の子の名前の定番「香」

香水

「かおり」と言う名前は女の子の名前で定番ですね。「香織」、「佳保里」など漢字も様々ですが、シンプルに漢字一文字で「香」は、スッキリとした印象で清潔感もあり、おすすめです。

「香」という漢字は他の漢字と組み合わせた名前、例えば「静香」や「香奈」などにも使われる、女の子の名前で人気の漢字です。意味は「匂い・香り」または「香料(お香)」など、よい香りがするものを指します。

日本では昔女性はお香を焚く文化があり、いい香りがする女性は品があり美しい人と言われていました。その為「香」と言う名前は、品があり美しい女の子になって欲しい時にピッタリの名前です。

女の子の漢字一文字の名前ランキング【綺麗編】14~12位

綺麗編第14位:漢字と読み方のパターンも「薫・馨」

女性

「かおる」と言う名前は女の子はもちろん男の子にも使われる名前ですよね。漢字も「薫」、「馨」があり、またこちらの漢字も「かおり」と読むことができます。漢字や読み方のバリエーションも選べる名前です。

こちらも意味は「いい匂い」を指すほか、「いい影響」、「いい評判」などの意味もあります。香りや楽器の音色が遠くまで響くように、いい評判が遠くまで広まるという意味も持ちます。

ちなみに「香」と「薫」の違いですが、「香」は香水やお香など香りを発するそのものを指し、「薫」は「初夏の薫り」のように具体的な匂いはないけど抽象的に感じる物を指します。それぞれに違った意味があるのですね。

綺麗編第13位:秋生まれの女の子にはコレ!「茜」

秋生まれの女の子を連想する綺麗な名前と言えば、「茜」ではないでしょうか。「茜色の空」などの言葉にも使われるように、美しい情景を思わせるような綺麗な名前です。しかし元々はアカネ科アカネ属の植物を指す言葉です。

くさかんむりに西と書く漢字の由来は、この植物が持つ根の形に由来します。元々「西」は目の粗い籠を指す漢字で、アカネという植物が細かく広がったような根の形をしているので、このような漢字になりました。また、読み方も根の色が赤い為「アカネ」となりました。

この植物を染料とし綺麗な赤色に染めたものが「茜色」になります。そこから赤い空を「茜色の空」などと表すようになりました。漢字一文字で書ける女の子らしい名前として人気で、イメージも奇麗、可愛い、古風など色々ありますね。

綺麗編第12位:シンプルかつ意味も込められる「愛」

ハート

漢字一文字で書ける女の子の名前で定番と言えば、「愛」ですね。ストレートに「あい」と読むのが一般的ですが、他にも「まな」や「めぐみ」など、どれも女の子の名前らしい響きなのでおすすめです。

「愛」は愛情の愛、意味は「いつくしむ」、「愛でる」などがあり、いずれも愛情を注ぐ気持ちを込めた名前ですね。漢字一文字と言うシンプルな名前かつ、親の愛情を込めた名前にしたい方には、是非おすすめできるのが「愛」です。

ちなみに「愛」という漢字を使った名前の歴史は古く、1917年、大正時代には「愛子」と言う名前が人気でした。しかし古風なイメージはなく、愛情深く育つ子、愛を持った子、愛される子といった様々な意味が込められるでしょう。

女の子の漢字一文字の名前ランキング【綺麗編】11~9位

綺麗編第11位:すみれのように清楚に可憐な名前「菫」

女の子の名前にはよく花の名前が使われますね。中でも「すみれ」と言う名前は、花のイメージ通り清楚で可憐なイメージです。漢字で書くと「菫」で、漢字一文字で書けるシンプルな名前として人気です。

「菫」はスミレ科の植物を指す総称で、春先に小さな紫色の可愛い花を咲かせる植物です。野に咲くスミレの花のように、清楚な女の子と言うイメージですね。花が咲く季節から、春生まれの女の子にもおすすめです。

スミレの花言葉は「謙虚」、「誠実」、「小さな幸せ」などがあり、どれも生まれてくる子供に授けたい素敵な意味ですね!西洋では魅力的な女性を花にたとえ、バラ、ユリ、スミレと表します。まさに魅力的な女の子の名前でしょうか。

綺麗編第10位:華やかで美しい「麗」

「華麗」、「容姿端麗」、「綺麗」など見るからに美しい言葉に使われる「麗」という漢字は、女の子の名前にも人気の漢字です。一文字で表せるシンプルさながら、インパクトがあり「綺麗・子供・ランキング」でもよく選ばれる漢字です。

意味は「うるわしい」、「華やか」、「空が明るくて朗らかな様子」など、どれも女の子の名前にはピッタリの印象ですね。読み方は「れい」のほか「うらら」とも読めます。どちらも女の子らしく綺麗で可愛い印象です。

「うらら」と読む由来は「空が明るく晴れ渡り朗らかな様子」を「うららか」と表現するからです。その漢字の意味合いから美しい女性や華やかな女性になって欲しいという意味が込められる漢字一文字です。

綺麗編第9位:清楚で清らかな印象「清」

「清らか」と読む「清」ですが「さやか」と読むことも出来る漢字です。漢字一文字ではなかなか書けない「さやか」と言う名前ですが、「清」という漢字を使えば一文字でも書けますね。

意味は「清らか」の他に「水が澄んでいるさま」、「汚れなくさっぱりしている」、「清々しい」、「心や行いが清く美しい」などがあります。心が清く美しい、澄んだ女の子になって欲しいという意味を込めてはいかがでしょうか。

清楚な雰囲気の名前ですが、字面はどこか古風なイメージです。古風な漢字と現代風な名前の読み方の組み合わせを探している方や、漢字の意味が綺麗な字を探している方におすすめできる名前です。

女の子の漢字一文字の名前ランキング【綺麗編】8~6位

綺麗編第8位:綺麗な漢字ですが可愛い読み方「舞」

女の子の名前で「まい」というと「麻衣」など漢字二文字で書く場合もありますが、漢字一文字の「舞」は華やかな字面から女の子らしく可憐なイメージです。「舞踊」などに使われるように、「舞」には踊るという意味があります。

舞い踊る様子を表した漢字で、女の子の名前に使うと華麗で軽やかな印象になります。優雅に舞うような華やかさを名前に込めたい方におすすめです。「まい」と言う読み方は、女の子らしく可愛い印象ですね。

踊る様子を表している感じなので、ダンスが好きな両親の想いを込めたり、ダンスが得意な女の子になって欲しい時に使ったりもできます。また、元気良く踊るイメージから元気な女の子と言う印象もありますね。

綺麗編第7位:可愛い女の子の憧れと言えば…「姫」

女の子の憧れと言えばプリンセス。まさにプリンセスを思わせる「姫」と言う名前です。姫は文字通りお姫様を表す漢字です。王族など身分の高い女性を表す言葉なので、美しく品があり、気高いイメージもありますね。

「美姫(みき)」や「由姫(ゆき)」のように姫を「き」と読ませて漢字二文字の名前に使われることもありますが、漢字一文字で「姫」と名付けるとインパクトのあるネーミングになります。

名前のイメージとしては「姫のように可愛らしい子になって欲しい」と言う願いの他、「姫のように気高い存在に」、「姫のように優雅で気品のある子に」などの意味も込められます。

綺麗編第6位:漢字のパターンも色々「純・潤・淳」

笑顔の女性

男の子、女の子問わず安定して人気の高い名前と言えば「じゅん」ではないでしょうか。「じゅん」と言う名前の芸能人も沢山居ますよね。「じゅん」と読む名前は、色々な漢字が選べるのが特徴です。

「純」は「自然のままで飾らない 美しさ」、「穏やか」などの意味があります。自然体で穏やかな女の子になって欲しい時に選んでみてはいかがでしょうか。「潤」には「うるおう」、「豊かになる」などの意味があります。

豊かに潤った人生を歩んでほしい時に付けてみてはいかがでしょうか。「淳」には「情が深い」、「素直」、「純粋」などの意味があります。まさしく性格を表すような漢字で、このように育って欲しい時におすすめです。

女の子の漢字一文字の名前ランキング【綺麗編】5~3位

綺麗編第5位:文字通り優しい印象です「優」

つないだ手

「優」は優しいという漢字で書くように、優しい女の子と言う印象です。「ゆう」と言う読み方も、柔らかく女の子らしい印象ですね。「優しい」と言う意味はもちろんですが、「優れた」や「まさる」と言う意味も持ちます。

「優」と言う名前を付ける時は、やはり優しい女の子に育って欲しいという意味を込めてでしょうか。優しいという漢字は元々、「憂」という漢字に人を表すにんべんをつけてできています。

「憂」とは心配したり不安に思ったり、あるいは悲しんだりする様子を表します。そこに人が寄り添う事で、「悲しんでいる人に寄り添ってあげる優しい人」を表しているのです。人に寄り添える心の持ち主になってくれそうですね。

綺麗編第4位:日本の女の子の名前と言えばこれ「桜」

日本人の女の子らしい綺麗な名前と言えば、桜の花から取った「桜」ではないでしょうか。春に薄ピンクの花を咲かせる桜は、日本を代表する花です。まさに和風なイメージと可愛いイメージ、綺麗なイメージが全て揃った名前です。

「桜」という漢字一文字の名前は、桜の花のように美しい女の子に育ってほしいという願いを込めた名付けにピッタリです。花が咲く季節のイメージから、3月~4月頃の春生まれにも最適ですね。

ちなみに桜の花が持つ花言葉は「精神の美」、「優美な女性」などです。花言葉にも女性を意味する言葉があるんですね。このような花言葉から、精神的に美しい女性に育って欲しい時にもおすすめの名前です。

綺麗編第3位:文字通り凛とした印象の「凛」

着物の女性

「凛(りん)」は漢字の雰囲気や言葉の響きなどから、きりっとして引き締まったかっこよさが感じられます。「凛とした」、「凛々しい」などの言葉にも使われるように、凛という名前の女の子は綺麗で強さも持ち合わせているようです。

「凛」という漢字には「心が引き締まる様子」という意味が込められています。精神的にしっかりとした、心の強い女性に育ってほしい時は「凛」という漢字を使うのがおすすめです。

「りん」という響きは女の子らしく可愛いイメージですが、その一方できりっとした強さやかっこよさ、綺麗さも兼ね揃えています。元々凛々しいという言葉は威厳を表すものでどちらかと言えば男性的ですが、現在は女の子の名前として人気です。

女の子の漢字一文字の名前ランキング【綺麗編】2~1位

綺麗編第2位:由来は船が通る為の水路「澪」

海と町並み

「澪」はどこかしっとりとして上品な女性的なイメージがあります。「みお」という読み方も、女の子らしいイメージがありますね。「澪」とは元々、川や海にある船の通行に適した水路を意味する漢字です。

更に漢字の成り立ちとしては、は水が流れる様子を表すさんずい、「雨」、神様に祈る人を意味する「令」を組み合わせて「神様に祈って降った雨が水となって流れる様子」を表します。命の恵みである雨や水が意味に含まれていますね。

「澪」という漢字を使った言葉には「澪標(みおつくし)」という言葉があります。この言葉から「身を尽くし」が連想され、「澪」という名前の女の子はどこか人に尽くし人助けをする優しい子というイメージになりますね。

綺麗編第1位:花の名前は女の子の憧れ「蘭」

女の子の名前で漢字一文字というと、花の名前が定番人気ですね。「桜」、「菫」、「桃」、「椿」など、花に由来する名前は色々ありますが、中でも「綺麗・子供・ランキング」で上位に入る名前は「蘭(らん)」です。

字面も読み方も可憐で、女の子らしく可愛く綺麗なイメージです。また、蘭の花のように華やかで上品なイメージもありますね。蘭は胡蝶蘭をはじめとするラン科の植物を総称したもので、「花の女王」とも言われています。

花言葉には「幸福が飛んでくる」、「純粋な愛」、「美しい淑女」、「優雅」などがあり、まさに女の子の名前にピッタリのイメージですね!可愛い響きと優雅な字面、そして由来となる花にまつわる言葉など、女の子の名前に是非おすすめの漢字です。

女の子の漢字一文字の名前ランキング【古風編】17~15位

古風編第17位:けがれのない印象に「操」

天使

「~お」と言う名前は男の子の名前の印象もありますが、女の子の名前に付けるとどこか古風できりっとした印象になりますね。「操縦」や「体操」などの言葉に使われますが、漢字一文字の場合「みさお」と読みます。

操という漢字の意味は「操る」、「固く守る」、「けがれのない心身」などの意味があります。漢字の成り立ちは「手に木を固く握り、一心にお祈りをする」と言う様子を表したものです。

固い意志をしっかりと守るような、りりしく強い心を持った女の子になりそうなイメージですね。また、「操る」という意味からは人々を束ねて動かすリーダー的な印象もあり、リーダーシップのある女の子にもなりそうです。

古風編第16位:どちらの漢字も「みやこ」と読みます「都・京」

「みやこ」と言えば京都を思い浮かべるでしょうか。京の都などと言いますが、この二つの漢字はどちらも「みやこ」と読むことができます。苗字とのバランスや画数などで、どちらの漢字を使うか選んでみてくださいね。

「みやこ」と言う名前は女の子の名前でよくある「~子」と同じく最後に「こ」が付く名前ですが、「子」という漢字を使わず漢字一文字で表せます。「都」は京都や東京都などに使われる通り、人が多く集まる都市と言う意味があります。

他にも「雅やかで美しい」と言う意味もあります。「京」はやはり帝都、「皇居のある都」を表す漢字です。他にも「大きい」、「盛ん」と言った意味があります。帝都のように美しく栄えた、雅な印象の名前になりますね。

古風編第15位:和の美しさと品がある「雅」

「雅やか」、「雅楽」などの言葉に使われるせいか、「雅」という名前はどこか日本的で古風な奥ゆかしさを感じます。「まさ」と読んで名前に使われることもありますが、一文字の場合は「みやび」と読みます。

漢字の意味は「艶やか」、「美しい」、「正しい」、「良い」など、どれも女の子の名前に付けるにはいい意味ばかりです。また、高貴で品のある人を指す様子にも使われるので、上品な女の子に、と言う願いも込められますね。

読んで字のごとく、雅やかで品があり美しい女性になって欲しいという意味のある名前になります。上品で優雅な物腰、そして礼儀正しく美しい心を持った、まさに大和撫子を思わせる漢字一文字の名前ですね。

女の子の漢字一文字の名前ランキング【古風編】14~12位

古風編第14位:花の名前は根強い人気「椿」

艶やかな赤をはじめ白やピンクなど美しい花を咲かせる椿。日本には古くから根付いており、万葉集の歌にも詠まれた事があります。「椿」と言う名前は、花の椿のように日本的で艶やかな美しさのある女の子のイメージですね。

椿の花はきへんに春と書きますが、花のシーズンは1月~3月です。その為、この季節に生まれた女の子の名前に付けてみるのもいいですね。花の名前にちなんで美しさと可愛いイメージが両立しています。

椿の花言葉ですが、赤は「控えめな素晴らしさ」、「気取らない優美さ」、「謙虚な美徳」。白は「完全なる美しさ」、「申し分のない魅力」、「至上の愛らしさ」。ピンクは「控えめな美」、「控えめな愛」、「慎み深い」など、女の子にはピッタリの言葉ばかりです。

古風編第13位:読み方も古風で慎ましい「園」

「園」と書いて「その」。とても古風な印象を受ける名前だと思いませんか?「園子」や「園美」など他の漢字と組み合わせて名前に使われることもありますが、漢字一文字だとシンプルな美しさが感じられます。

漢字の成り立ちは、周りが囲われた庭などを表しています。また、子供が学習をする施設を指す言葉でもあります。庭園、花園など美しい植物が咲き誇る庭や、保育園、幼稚園などに使われる園ですね。

名付けのイメージとしては美しい花園のように花が咲き乱れるような女の子になって欲しいという願いを込めて。または農園や果樹園など実りのある場所のように、豊かで恵まれた女の子に、という意味が込められます。

古風編第12位:読み方も色々「幸」

笑顔の女性

「幸」は幸福、幸せなどに使われる通り、幸せな女の子になって欲しいという意味が込められる名前ですね。日本人の女の子には昔からよく使われている漢字です。やはり、幸せになって欲しいという願いで付ける人が多いようですね。

「幸」は「さち」、「みゆき」と読む女の子の名前が一般的です。少し中性的なイメージですと、「こう」と読む場合もありますね。いずれも幸せになって欲しい、幸運に恵まれて欲しいという意味でつけられます。

幸という漢字はその縁起の良さからよく名前に使われる漢字です。古い時代ですと「幸子」などが人気ランキングに入っていましたし、男の子の名前にも使われることもあり、名付けでは定番の漢字一文字です。

女の子の漢字一文字の名前ランキング【古風編】11~9位

古風編第11位:清楚で女の子らしい印象です「栞」

「しおり」と言う名前はとても女の子らしく綺麗で可愛い印象ですね。漢字のバリエーションも多く、「詩織」、「史央里」など、漢字二文字でも三文字でも書ける名前です。漢字一文字の場合、「栞」という漢字を使います。

栞とは本のページに挟むブックマークの指す言葉ですね。元々は木の枝を折って道しるべにしたものを指す言葉です。昔は「枝折る(しおる)」と言う言葉が使われていた為、木の枝を折って目印にしたものを「しおり」と読むようになりました。

言葉そのものは昔からありますが、実は人命に使えるようになったのは1990年と、平成に入ってからです。1981年に発表されたサザンオールスターズの曲『栞のテーマ』によって、女の子に栞と名付けたい人が増えたそうです。

古風編第10位:風情ある美しい名前「蛍」

「蛍」というと夜に幻想的な光を見せてくれる昆虫の蛍ですよね。昆虫の名前と聞くと女の子の名前には向かないのでは?と思う方もいるかもしれません。しかし、幻想的なイメージのある名前は女の子にもピッタリ!

「ほたる」の他に「けい」とも読むことができますね。蛍は夏の夜に綺麗な水のある豊かな自然の中で美しい光を見せてくれる、非常に不思議な魅力のある昆虫です。イメージとしては夏生まれの女の子によく合いますね。

女の子の名前としてはあまり一般的ではありませんでしたが、大ヒットしたアニメ『美少女戦士セーラームーン』の登場人物や、綾瀬はるかさん主演のドラマ『ホタルノヒカリ』の主人公の名前などに使われて、人名としての人気も高まりました。

古風編第9位:意味も知るとより思いを込めた名前に「梢」

「梢(こずえ)」と言う名前は、古風なイメージがありつつ女の子らしく、響きも可愛いので人気ですよね。しかし漢字の成り立ちや漢字が持つ意味など、意外と知らない方も多いのではないでしょうか。

「梢」とは様々な意味があります。「幹の先端 」、「物の末端」、「旗あし 」、「船の舵 」、「竿」などなど。「肖」とは小さいという意味で、小さい木=木の枝、という意味から作られた漢字です。

木の枝からは四季折々の表情が伺えますよね。春は花を咲かせ夏は緑を茂らせ、秋には紅葉、冬は降り積もる雪…。梢と言う名前からは、そんな四季折々の美しさを見せてくれるような魅力的な女の子というイメージが湧きます。

女の子の漢字一文字の名前ランキング【古風編】8~6位

古風編第8位:「ゆかり」は今も昔も人気「紫・縁」

「ゆかり」と言う名前の女の子は、今も昔も人気ですよね。女の子らしく可愛いイメージもありつつ、古風な美しさもあります。「ゆかり」と言う名前は漢字一文字で書く場合「紫」もしくは「縁」の字を使います。

「紫」は一般的にはむらさき色の「むらさき」と読みますよね。色を表す言葉でもありますが、「むらさき草」と言う植物を指す言葉でもあります。紫色は昔から高貴な身分に使われる、気品にあふれた色として知られています。

「縁」という漢字は人と「ご縁」や「縁談」など人との縁を表す言葉に使われるように、繋がりや巡り会わせを意味する言葉です。名前の通り人との縁に恵まれた子に育って欲しいという願いが込められます。

古風編第7位:「和」と書いて「のどか」と読みます「和」

「和」という漢字は「和風」や「和食」などの言葉に使われる通り、日本に関するイメージを持つ方も多いでしょう。名前に使う場合「和子」など、「かず」と読ませる場合もありますが漢字一文字の場合「和」と書いて「のどか」と読みます。

「和」という漢字には「やわらぐ」、「なごむ」「うららか」そして「のどか」と言う意味があります。穏やかで和やかな状態を意味する漢字が、「和」です。漢字の通り穏やかな女の子に育ってくれそうですね。

名前に「和」という漢字を使う場合のバリエーションは非常に広く、「かず」と読ませても「わ」と読ませても使えます。シンプルに一文字で書く場合は、「のどか」と読めるので、女の子らしい可愛い響きになりますね。

古風編第6位:伝統的な楽器の名前「琴」

「琴」は日本に古くから伝わる伝統的な楽器です。その雅やかな音色は、日本の古き良き時代を思わせるようです。「琴」を使った名前は「琴美」や「琴音」などがありますが、漢字一文字で「琴(こと)」も古風で上品です。

元々は日本ではなく中国の楽器で、七弦という弦楽器を指します。古風な趣のある音色は、日本人女性としての美しさや気品を兼ね揃えた、大和撫子として育って欲しい時におすすめです。

「こと」と言う響きはとても可愛らしく、奥ゆかしいイメージもありますね。名前を付ける印象としては、琴の音色のように美しく人を引きつめる魅力がある女の子に、と言う意味も込められますね。

女の子の漢字一文字の名前ランキング【古風編】5~3位

古風編第5位:草木の芽生えを表す「萌」

「もえ」と言う名前の女の子は芸能人にも多く居るように、可愛いイメージで人気ですよね。意味は「草木の芽生え」または「芽」そのもの、「恵む」などがあります。どれも草木が芽吹いてくる様子を表していますね。

漢字の成り立ちもこの言葉の意味と同じく、植物を表すくさかんむりに「明」を組み合わせて、太陽の明かりを受けて芽吹くという意味から生まれています。グングンと伸びていく新芽のような生命力が感じられます。

ちなみに「萌」というと、近年はアニメや漫画などが好きな人が「萌え」と言う言葉を使うイメージもありますよね。これは日本古来の正しい言葉ではなく、若者の間で生まれた造語のような物と言われています。

古風編第4位:一文字で可愛い「あや」は定番人気「絢・彩・綾」

「あや」と言う名前は漢字一文字で書く女の子の名前でも、長年人気をキープしていますね。漢字のバリエーションも多くあり、漢字一文字でも二文字でもかける人気の名前です。漢字の選び方によって古風なイメージになります。

「絢」という漢字は、織物の美しい模様に由来する言葉です。美しいものや様子を表す言葉にも、よく使われますね。その為か、「絢」と言う名前からは古風なイメージの他に豪華、優雅、上品な美しさなどのイメージもあります。

また、他の漢字を使うなら彩りや美しさを意味する「彩」、「あやぎぬ」という絹織物から生まれた「綾」などもおすすめです。「あや」という漢字一文字の名前は、使う漢字によっても違った印象になりますね。

古風編第3位:一文字だけど古風ではなやか「花・華」

女性と花

女の子の名前らしく綺麗で可愛い響きを持ちながら、どこか古風でしっとりとした雰囲気の名前といえば「花・華(はな)」ではないでしょうか。読んで字のごとく、咲く花に由来した名前で、女の子らしい字面と響きが人気です。

漢字一文字で書けるシンプルさの中に、女の子らしさ、上品さ、古風さ、奥ゆかしさなどがあり、長年安定の人気を誇っています。響きとしては古風ですが、古臭いイメージはなく優雅で品のあるイメージの名前ですね。

「はな」という発音を持ち女の子の名前に使える漢字というと、植物の「花」と華やかさを意味する「華」ですね。「花」は可憐で控えめなイメージ、「華」は豪華で上品なイメージがあります。どちらもおすすめなので是非名付けに使ってみてください。

女の子の漢字一文字の名前ランキング【古風編】2~1位

古風編第2位:秋生まれの子供にピッタリ「楓」

「楓(かえで)」は秋に紅葉する植物をイメージする事から、特に秋生まれの女の子におすすめの漢字です。漢字一文字というシンプルさでありながら、その字面や響きから秋の風情を感じられる、古風かつ上品で可愛い名前です。

また、「楓」は「ふう」と読むこともできます。「ふう」という名前も、女の子らしい柔らかさがありおすすめですよ!なお漢字の成り立ちとしては、「風に揺れる木」が由来となっており、優しい秋風にそよぐ美しい紅葉をイメージできます。

「楓」は生まれた季節に限らず人気の漢字一文字ネームですが、やはり漢字が持つ意味から秋生まれの女の子に多い名前です。真っ赤に色づいた紅葉が美しい季節に生まれた女の子には、漢字一文字で「楓」と名付けてみてはいかがですか?

古風編第1位:読み方も古風で可愛らしい一文字の名前「環」

漢字一文字で「環」と言う名前は、どこか古風できりっとした印象がありますね。読み方は「たまき」です。古い時代ですと明治時代から使われており、明治屋大正時代のレトロなお嬢さんと言ったイメージがありますね。

環という漢字には「輪。輪状のもの 」、「めぐる」、「回る」などの意味があります。また、「腕輪、輪形の装飾品」なども環と呼ぶ為、宝石のように美しく輝いた女の子になって欲しいという意味も込められます。

「輪」には端がなくぐるりと一つに繋がったものです。その為、輪を意味する環と言う名前には、人と人がつながってできる絆や結びつきなどの意味が込められますね。他人と手を取り合って生きていける、優しく真心のある女の子という願いが込められそうです。

女の子の漢字一文字の名前ランキング【珍しい編】7~4位

珍しい編第7位:由来は絹織物から「紬」

最近漢字一文字の女の子の名前で人気が上がってきている「紬(つむぎ)」。数年前まであまり定番ではありませんでしたが、人気アニメのキャラクターに使われるなどの理由で、徐々に人気が高まってきました。

可愛い響きとイメージがありつつ、古風な上品さ、少し変わった雰囲気などもあり、漢字一文字ネームの中で注目が高まっています。由来は絹織物の名前で、日本に古くからある着物の生地として使われています。そのせいか和風なイメージがありますね。

いわゆる、定番の女の子の名前でよく聞く響きとは違う「つむぎ」という読み方は、珍しい漢字一文字ネームを付けたい方におすすめです。ただ珍しいだけでなく、由来も着物からと日本人らしい意味が込められますよ!

珍しい編第6位:笑顔の素敵な子になるよう思いを込めて「笑」

笑顔の女性

女の子の名前で「えみ」という名前がありますが、漢字で書くと「恵美」や「絵美」など、漢字一文字ではあまり書きませんよね。漢字一文字で「えみ」という名前を付けたい場合、「笑」と書いて「えみ」と読むのはいかがでしょうか?

漢字の通り「笑う」や「笑顔」を連想するので、いつも笑顔でいる明るい女の子に、という願いや人を笑顔にさせるように、という願いが込められます。「笑」と一文字で表す書き方も、珍しいので人とはちょっと違った名前になります。

珍しい漢字を使った漢字一文字の名前を付けた場合、どのように読むのかわからない難しい漢字もありますが、「笑」は読みやすく漢字の意味も前向きなものなので、女の子の名前におすすめです。

珍しい編第5位:夏生まれの女の子にも「陽」

太陽と女性

「陽」はいくつか読み方があります。「よう」、「はる」、「みなみ」、「はる」、「ひな」、「あきら」など、漢字一文字で女の子の名前に使える名前のバリエーションとしては、かなり読み方が豊富ですね。

漢字が持つ意味は「太陽」などに使われるように日の光、お日様、日なたなどの意味を持ちます。他にも清らか、朗らかといった意味があり、とてもポジティブな意味を持つ感じです。男の子の名前にも女の子の名前にも使えますね!

漢字が持つ意味としては暖かく明るい太陽のようなイメージなので、夏生まれの女の子にもおすすめです。読み方のバリエーションも非常に豊富なので、「陽」という漢字からどのような読み方にするか、楽しめますね。

珍しい編第4位:音楽に縁のあるご家庭で名付けては?「奏」

楽器

「奏」は「かなで」と読み、楽器を奏でるなどの言葉に使われますね。演奏の「奏」でもあるので、「そう」とも読めます。「かなで」と言う響きは女の子らしく柔らかい印象で、少し変わった名前を付けたい方にもおすすめです。

一般的な認識の通り「楽器を奏でる・演奏する」と言う意味が広く知られていますが、他にも「差し上げる」、「走る。おもむく」、「集まる」、「成し遂げる」など様々な意味があるんですよ!

元々「奏」という漢字は「神様が降りてくるように、ものを差し出す様子」を表しています。神様を呼ぶ際に楽器を使った事から、奏でるという言葉に使われるようになりました。音楽や楽器が好きなご家庭にもおすすめの名前ですよ!

女の子の漢字一文字の名前ランキング【珍しい編】3~1位

珍しい編第3位:可愛い名前ですが歴史は浅めです「雫」

「雫」という漢字ですが、実は人名に使えるようになったのはつい最近です。2004年から人の名前にも使えるようになりました。雫と言う漢字一文字の名前は、ジブリ映画『耳をすませば』に出てくる主人公の女の子を思い出しますね。

意味は水がしたたり落ちる様子です。「雨」が「下に落ちる」ので、その二つを組み合わせた漢字になりました。人名に使えるようになってからまだ10数年と浅いだけあって、雫と言う漢字一文字の名前はまだ少ないように感じます。

雨が落ちる様子を表した名前は、瑞々しい印象、もしくは大地を潤す雨のように優しく包み込むような印象になりますね。雨の雫のように人の心を潤す女の子になって欲しい時に、おすすめです。

珍しい編第2位:一文字で書ける清らかな女の子のイメージ「聖」

十字架

「聖」と言う名前は「せい」、または「ひじり」と読めます。どちらも女の子の名前に使える読み方ですね。神聖、聖域など神々しく清らかなものに使われるイメージです。また、クリスマスを聖夜と言う事から12月生まれのイメージもありますね。

聖という漢字には「知徳に優れた道理に明るい人 」、「汚れのない美しいもの」、「賢い」などの意味があります。賢く明るく美しい…。まさにこんな素敵な女の子になって欲しい時にピッタリですね!

漢字の成り立ちとしては「耳」はそのまま耳、「口」は神様のお祈りに使う器、「王」はつま先立ちをした人の形を表しており、「神様のお告げを聞く人」を表しています。神様に守られるような女の子になれるでしょうか?

珍しい編第1位:女の子らしい可愛い響きと珍しさもある「夢」

眠る女性

「夢」には大きく分けて二つの意味がありますね。一つは眠っている時に見る夢。そしてもう一つは将来の夢など、思い描く未来の理想です。どちらも女の子の名前を付ける際に込める願いや意味として使えますね。

夢のように自由で形にとらわれない、のびのびとした女の子に育って欲しい。あるいは常に夢を見るような希望に溢れた女の子に育って欲しい。そんな願いを込めてみてはいかがでしょうか。

「ゆめ」という響きも、柔らかく可愛い印象ですね。漢字一文字で「夢」と書く字面のインパクトもあります。少し変わっているけどきちんと読めて意味のある漢字一文字として、「夢」をおすすめします!

漢字一文字で書く女の子の名前を付けよう!

漢字一文字で書く女の子の名前は、近年名前ランキングでも上位に食い込む人気の名前です。漢字によって様々な意味もあり、色々な響きの名前が付けられるので、バリエーションは非常に豊富です。

漢字が持つ意味や音の響きにこだわるのはもちろん、生まれた季節に由来する漢字やどのような子になって欲しいかという願いを込めて選んでもいいですね。漢字一文字で書く女の子の名前は現在トレンドです。人気の漢字を使って素敵な名前を付けてあげてくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。