INDEX

沖縄の5月の天気や気温は?

沖縄の5月の天気と降水量

水着

沖縄の5月の天気や降水量はどのくらいなんでしょうか。まず、沖縄の5月は梅雨の時期になります。毎年ゴールデンウィーク明けから梅雨に入ります。ただ、関東の梅雨とは違いスコールのように1日の中で短時間だけ凄い雨が降ります。

晴れの日はあまりなく、曇り空が多いのでカラッとした暑さというよりジメジメとした暑さと表現するのが良いでしょう。そのため降水確率も高いと言えます。

沖縄の5月の最高/最低気温と平均気温

うみ

沖縄の5月の気温について見て行きましょう。5月の沖縄の最高気温は約26度で最低気温は約21度と1日の中で寒暖差が少ないのが特徴です。平均気温は24度と関東に比べるとかなり暖かいですね。

沖縄の5月気温・降水率
2015年5月 2016年5月 2017年5月
平均気温 24.9度 25.7度 24.2度
降水率 51% 52% 49%
最高気温 30.5度 31.1度 29.7度
最低気温 18.8度 19.2度 18.7度

沖縄の5月の服装選びポイント

沖縄の5月の服装選び①気温的に夏服でOK

沖縄に旅行に行く際、気になるのが服装ですよね。特に観光やイベントに行く場合は屋外での活動がほとんどとなるため服装には頭を悩ますことでしょう。それでは沖縄に5月に訪れる際の服装コーデを御紹介する前に、5月の沖縄での服装選びのポイントをシェアします。

まず、5月の沖縄というとゴールデンウィーク終わりから梅雨に入りじめじめとした機構が続きます。そのため湿度や気温も高く蒸し暑く感じる事でしょう。ですから基本的に夏の装いで良いと言えます。湿度が高いので風をよく通してくれる服装がおすすめです。

半そでに半パン、ビーチサンダルといった服装で十分かと思います。ただゴールデンウィークあたりの5月上旬はまだ夜や朝型肌寒いです。5月といっても上旬か下旬かによって服装を対応させましょう。

沖縄の5月の服装選びポイント②旅行中のスケジュールに合わせて

5月に沖縄へ観光旅行する際の服装選びポイント2つ目は何か一枚薄手の羽織が必要ということです。湿度や気温が高く夏の装いで十分と言っても、室内やホテルの中などは冷房がガンガンに効いています。半そでだけでは寒さを感じることでしょう。

イベントなどにでかける場合、屋内だとずっと寒い思いをしかねませんから何か一枚羽織があると便利でしょう。また5月といえど沖縄の紫外線は強いです。日焼け防止や紫外線対策として薄手の長袖をはおったり、帽子をかぶったりすることは必要です。

梅雨時だと言っても沖縄の梅雨は関東のものとはだいぶ違います。一日の中でスコールのように雨が降る時間があるだけで、一日中ずっと雨が降り続いてるという日はごくまれです。下旬になれば晴れ間がのぞいて海水浴も楽しめるでしょう。

沖縄の5月の服装コーデ12選・前編

沖縄の5月の服装コーデ①チュニック

沖縄の5月の服装選びポイントをおさえたところで、沖縄の5月の服装コーデをシェアします。こちらは1枚でコーデが完成する万能チュニックです。さきほど5月の沖縄は冷房や紫外線対策として羽織が必要と申しましたがこのチュニックは長袖なのでその必要がありませんね。

下にキャミソールなどを着用する必要がありますが、このタイプの服装で大変便利なのは下に水着を着る事が出来るという点です。ホテルから水着を着てその上にこれをはおればそのままビーチで脱ぐ事ができますし、ビーチに行く前に食事を済ませたい場合でも便利です。

沖縄の5月の服装コーデ②マキシワンピース

沖縄の5月の服装コーデ2つ目はこちらです。マキシワンピースはまさにリゾートスタイルの鉄板ですよね。足首まで隠れるタイプなら体系や紫外線の心配もありません。こちらのマキシワンピースは肩が露出しているタイプなのでカーディガンなんかを持っていれば良いでしょう。

また、厚手のGジャンをはおればまだ肌寒い東京から沖縄に向かう際でも着替えをすることなく移動できます。あまり露出していないタイプなので幅広い年代の方でも楽しめる服装ですね。

沖縄の5月の服装コーデ③レギンスパンツ

沖縄の5月の服装コーデ3つ目はこちらの服装です。シフォンタイプのチュニックの下にはいているのはストレッチの効いたレギンスタイプのパンツ。5月の沖縄観光旅行ではまだ海に入りたくないという方もいますよね。海に入りたくないといってもせっかく沖縄に来たのですからビーチに散歩くらい行きたい所。

そんな時は動きやすいレギンスタイプのパンツで訪れるのがいいでしょう。白やブルーで涼しげな印象になりますし、トップスをシフォン素材にすることで涼しげなリゾートスタイルが完成します。

沖縄の5月の服装コーデ④七分丈×ショートパンツ

沖縄の5月の服装コーデ4つ目にご紹介するのはこちら!トップスは7分丈ということで冷房対策や紫外線対策はバッチリですね!しかし5月の沖縄で7分丈の服装はちょっと暑苦しく感じてしまうかも・・・なのでボトムスを短めのショートパンツにすることで一気にリゾート感が増します。

靴はサンダルのすることで観光やイベントで歩き回っても疲れにくいですし、5月の沖縄の気温にはぴったりのコーデなのではないでしょうか。

沖縄の5月の服装コーデ⑤おしゃれTシャツ

沖縄のホテルの中にはプールがついていたり、ビーチにそのまま出れるものもあります。5月の沖縄は気温的に海やプールで遊ぶ事も可能です!そんなときにおすすめな服装は水着の上から着る事が出来る薄手のTシャツです。

さすがにホテルの部屋から水着だけでは出てこれませんからこんなTシャツがあると便利です。また、ビーチでも紫外線対策に使用できますし、この服装にショートパンツを合わせれば観光や買い物の後にビーチに直行することも可能です!

沖縄の5月の服装コーデ⑥1枚チュニック

沖縄の5月の服装コーデ6つ目はこちらのチュニックです。やはり観光やイベントで旅行にいくなら一番大切なのが動きやすい服装ですよね。こちらのコーデなら一枚でさっと着れるので便利で動きやすいですよ。

シルエットがゆるめなので体系を気にしなくていいのも嬉しいですね!リゾートスタイルだと足や身体を露出したりピッタリとした服装が多くなってしまいますから体系にお悩みの方はこんなチュニックスタイルがおすすめです。

沖縄の5月の服装コーデ12選・後編

沖縄の5月の服装コーデ⑦ガウン

沖縄の5月の服装コーデ7つ目にご紹介するのはこちらのガウンスタイル!さきほど沖縄の5月の服装ポイントでもご紹介しましたが、5月の沖縄に旅行する際は羽織があった方が便利です。ガウンタイプならビーチやレストラン、観光にショッピングなどどこに行っても浮く事がありませんしお洒落です。

ガウンの下は少し短めのワンピースやキャミソールなどにすると気温に合わせて調節することがでますし、ガウン独特の暑苦しさもなくなるのでおすすめですよ!

沖縄の5月の服装コーデ⑧パンツルック

沖縄の5月の服装コーデ8つ目にご紹介するのはパンツルックです。パンツスタイルなら観光やイベントでも動きやすいですよね、素材や柄をリゾート感のあるものにすれば涼しげで風通しもよくなります。

写真のように麦わら素材の帽子やかごバックを合わせれば紫外線防止や日焼け防止もできますし、海や買い物や観光地など色々なスポットをはしごすることも可能です。

沖縄の5月の服装コーデ⑨ワイドパンツ

沖縄の5月の服装コーデ9つ目はこちらのコーデです。ワイドパンツなら足長効果が期待できますし、動きやすいですよね!大胆に背中が開いたものならリゾート感が出てビーチにぴったりですよ。



真夏ならいいかもしれませんんが5月の沖縄には気温からみてこちらのコーディネートは少し肌寒いので羽織るものが必要です。白い透け感のあるシャツをはおって胸の下で1つに結べばワンランク上のおしゃれな服装となることでしょう。

沖縄の5月の服装コーデ⑩オフショル

沖縄の5月の服装コーデ10個目はこちらの服装です。トップスは袖がついているオフショルなので上着は必要ありませんし体系をカバーしてくれるシルエットなのでどなた様にもおすすめです。ボトムスはゆるいパンツにすることで旅行感が出ますし暑くなり始めた沖縄でも涼しげに感じられます。

色もホワイトとブルーにすることで涼しげでリゾートにぴったりのコーディネートですよね。サンダルは厚底のサンダルにすることでズボンのすそを気にする必要はありませんしブレスレットやネックレスなどで小物遊びも楽しめます。

沖縄の5月の服装コーデ⑪上品ワンピース

沖縄の5月の服装コーデ11個目はこちらです。ちょっと上品でシックな印象ですが、素材が軽やかで涼しげなので暑苦しくなりませんし、サンダルやカバンを堅苦しくしないことで随分印象は変わります。

例えばディナーをちょっと高級なレストランで・・・となったらこのようなリゾート感を残しつつラグジュアリーな服装のほうが適応できます。このくらい上品ならどこのレストランでも問題なく食事することができるでしょう。

沖縄の5月の服装コーデ⑫エスニック柄

沖縄の5月の服装コーデ12個目にご紹介するのはこちら!ワンピースなので一枚でさらっと着る事ができますし、柄がエスニックなのでシックになりにくく素材もシフォンで涼しげです。

実はこちらのワンピース筆者も持っているのですがリゾートだけでなく普段使いでも十分使えるのでかなり重宝します。カバンやサンダルをかたいものにすればディナーにも使えるので1枚持っていて損はありませんよ。

沖縄の5月のおすすめ観光スポット

沖縄の5月のおすすめ観光スポット①美ら海水族館

沖縄の5月のおすすめコーデを御紹介した後は、沖縄の5月のおすすめ観光スポットについてシェアします!先ほど紹介したコーデで観光すれば5月の沖縄旅行はバッチリですね!まずおすすめするのは「沖縄 美ら海水族館」です。ここはやはり定番スポットというイメージですよね。

大迫力の巨大水槽やイルカショーなど老若男女問わず様々な人を魅了する水族館は沖縄の観光地でも屈指の人気スポットです。沖縄の5月は梅雨入りしており、短時間でスコールのような雨が降るのが特徴です。旅行の一日のスケジュールの中に屋内施設である水族館を組み込めば臨機応変に対応できます。

「美ら海水族館」が他の水族館と違うのは沖縄の海をリアルに再現しているという点です。日程や気温の関係でダイビングが出来なかった方でも、「美ら海水族館」に訪れれば沖縄の海を体感することができますよ!

沖縄の5月のおすすめ観光スポット②首里城

沖縄の5月のおすすめ観光スポット2つ目は「首里城」です。琉球王国の中心地として活躍した首里城は今も美しく独特な琉球文化の象徴となっています。かなり一般的な観光スポットですがおすすめしたい理由は日没後のライトアップです。

5月の沖縄は晴れの日よりも曇りの日が多く、真っ赤な首里城はやはり夏の日差しが強い青い空をバックに見たいですよね。なので日没後にライトアップされた首里城がおすすめなんです!なんとも幻想的でロマンチックな姿は一度見ておいても損はありませんよ。

また5月の沖縄は日没後少し肌寒さを感じる日もまだあります。そんな時は真夏の観光旅行のようにビーチで夕焼けを見たり夜の海を楽しんだりというのは難しいですよね。そんな5月の沖縄旅行は夜のライトアップされた首里城がおすすめです。

沖縄の5月のおすすめ観光スポット③アメリカンヴィレッジ

近年若い女性を中心に人気の観光地となっているのが「アメリカンヴィレッジ」です。ここは広大な敷地をアメリカ西海岸をモチーフとして作られた複合施設なんです。「本当に日本?!」と言ってしまうような異国溢れる雰囲気はまさにインスタ映え確実です!

「アメリカンヴィレッジ」にはシンボルともいえる大きな観覧車があり、ここからは東シナ海を一望できる絶景が見れます。夕焼けが美しいサンセットタイムにこの観覧車で美しい景色を見て、そのまま「アメリカンヴィレッジ」のおしゃれなレストランでディナーなんていうのも素敵かもしれませんね。

また「アメリカンヴィレッジ」の隣にはサンセットビーチというビーチがあるのでここから美しい夕陽を楽しめることもできますし、デートには最適のスポットですね。

沖縄の5月のおすすめ観光スポット④砂山ビーチ

沖縄旅行の醍醐味は車などですぐに近隣の島にも足を運べる点。特に宮古島は人気の観光地です。そんな宮古島のおすすめ観光スポットが「砂山ビーチ」です。海も綺麗な青で美しいのですが特徴的なのが砂です。さらさらとした白い砂はなかなか関東の海では味わう事の出来ない質感ですよ。

浅瀬が多いのでお子様でも遊ぶ事ができます。5月の沖縄は最高気温が26度くらいなので日中の日が照っている時間帯は海を楽しむことも可能です。宮古島の美しい海を「砂山ビーチ」で楽しむのもおすすめですよ!

沖縄の5月のおすすめイベントは?

沖縄の5月のおすすめイベント①那覇ハーリー

沖縄の5月のおすすめイベント1つ目は「那覇ハーリー」です。航海安全と大漁祈願を願って行われる伝統行事は毎年5月3日から5日のゴールデンウィークの期間に行われます。「那覇ハーリー」はその期間がお祭りとなり、音楽フェスや打ち上げ花火もあがるので1日中「那覇ハーリー」を楽しむ事もできますよ!

「那覇ハーリー」の期間に行われるフェスイベントでは沖縄音楽や伝統民謡のステージもあるため沖縄の文化も楽しめることができます。また、このハーリー船に乗ることができるイベントも行われているので、お子様連れの家族旅行でも十分楽しめますね!

沖縄の5月のおすすめイベント②奥ヤンバル鯉のぼりまつり

沖縄の5月のおすすめイベント2つ目は「奥ヤンバル鯉のぼりまつり」です。毎年5月3日から5日に渡って行われ沖縄本島の国頭村の奥ヤンバル里河川公園で開催されています。500匹以上の膨大な鯉のぼりが空を泳ぐ姿は圧巻で、初夏の美しい沖縄の空にのぼる鯉のぼりを楽しめます。

観光客だけでなく地元の人も大勢訪れるおまつりなので地元の方とのふれあいもできますし、毎日のように沖縄民謡や舞踊のイベントが開催されているので沖縄文化を肌で感じる事ができます。屋台ではお土産物も販売されているのでおすすめですよ!

沖縄の5月のおすすめイベント③ビオスの丘ナイトツアー

5月の沖縄のおすすめイベント3つ目は沖縄の自然を体感できる人気観光地「ビオスの丘」で開催されている「ビオスの丘ナイトツアー」です。毎年5月14日から6月26日の間に開催されているこのイベントはナイトクルーズなどから様々な亜熱帯の生き物達を見ることができます。

一番の目玉はホタル!自然が豊かなところでしか見る事のできないホタルを満点の星空のもとで楽しむことができます。これは都会に住む人はなかなか体験できませんから沖縄ならではのイベントと言えるでしょう。

ナイトツアー以外にも「ビオスの丘」には牛車やカヌー、アスレチックなど自然や琉球文化を感じながらめいっぱい遊ぶ事ができますからお子様連れでもデートでも友達との旅行でも幅広い方々が楽しめます。

沖縄の5月のおすすめイベント④宮古島ミュージックコンペ

沖縄の5月のおすすめイベント4つ目は「宮古島ミュージックコンペ」です。沖縄本島からアクセスしやすい宮古島で開催される「宮古島ミュージックコンペ」は5月下旬に毎年開催されます。昼の部と夜の部に分かれるこちらのミュージックコンペは毎年沖縄だけでなく日本中の様々な場所から多くの肩が訪れるイベントです。

昼の部は美しい宮古ブルーの海を背景に様々なアーティストの生ライブを楽しめる事ができます。また「宮古島ミュージックコンペ」では沖縄の食材を使った屋台やおいしいお酒も楽しめます。

一足お先の夏の装いで沖縄旅行を満喫しよう!

日本にいながら南国気分やリゾートを楽しむ事が出来る沖縄。5月の梅雨時でも沖縄の梅雨はスコールのようで一日中降る事はありませんから観光やイベントも楽しむことができます。

そんな5月の沖縄に旅行に行く際は気温調節がしやすい服装が必須!はおりものを持って旅行するようにしましょう。また5月の沖縄には沖縄らしさを感じることができる様々なイベントが目白押しです。

初めて沖縄に訪れる方はもちろん何度も沖縄観光した方でもディープな沖縄を楽しめるので、5月の旅行はぜひ沖縄で一足早いリゾート気分を満喫する事をおすすめします!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。