INDEX

北海道の3月の気温と天気は?

北海道の3月の天気と降水量

雪

3月の北海道はまだ冬のような天気が続きます。上旬のうちは雪の降る天気が多く、場合によっては吹雪いていることもまちまちです。下旬に差し掛かってくると少しずつ暖かくはなってくるのですが、暖かくなったことによりみぞれのような雪が降ることもあります。折り畳み傘などを用意したほうが無難かもしれないですね。

北海道の3月の降水量
札幌 旭川 函館 釧路
降水量 78mm 62mm 70mm 65mm

北海道の3月の最高/最低気温と平均気温

寒い

3月の北海道は場所によって大きく顔が変わります。札幌や函館の平均気温は1℃前後とかろうじてプラス気温なのですが、旭川の平均気温は-1.8度とまだ冬のような気温が続きます。旅行者にとってはまだまだ寒く感じることが多いでしょう。しっかりとした寒さ対策が必要になります。

札幌の3月の気温
2015年3月 2016年3月 2017年3月
平均気温 3.8℃ 2.1℃ 1.4℃
最高気温 7.3℃ 5.8℃ 4.5℃
最低気温 0.7℃ -1.8℃ -1.5℃

北海道の3月の服装選びポイント

北海道3月の服装選びポイント①:素足ではなくストッキングを

素足

3月の時点でまだ寒い北風が吹いている北海道では、素足で長時間外出していると寒風によりかなり冷えきることもあり、足が痛くなってくることもあります。そんなときにストッキング一枚でも履いていればかなり変わってくるので、できるだけ長めの靴下などを着用しているといいでしょう。

北海道の3月の服装選びポイント②:気温の変化に柔軟に対応しよう

冬

3月の北海道は寒さに備え、上着を暖かい用意することが大事だということは言うまでもないのですが、ひとたび屋内の施設などに入るとかなりの暖房がきいていることが多いです。上着の下には、自分で温度調節のしやすいような服装を選んでおくと良いでしょう。ヒートテックのものなどがあると重宝するかもしれません。

北海道の3月の服装コーデ

北海道3月の服装①:滑り止めのついた靴で!

ブーツ

3月の北海道の路面状況は溶けたり凍ったりを繰り返しているため、かなりつるつるしていることが多いです。すり足気味で歩いていても、気を抜くとツルッと滑ってしまいます。そんな状況をできるだけ防ぐためにも、靴底に滑り止めのついた靴を用意しておくとかなり助かると思います。

北海道3月の服装②:手袋・マフラーはまだ必須

手袋

気温がマイナスを下回ることが珍しくない3月の北海道。外を歩いているだけでも手がかじかみ、首元が冷たくなってくることもあるでしょう。そのため、手袋やマフラーなどがあるとかなり助かると思います。また、外での観光時間が長いのなら更に耳あてやニットキャップもあると良いかもしれません。

北海道3月の服装③:タートルネックで首元あったか

寒い

冬場はマストなタートルネック、北海道だと3月も出番がありそうです。首元の大きな折返しが暖かく、女性らしくて可愛い雰囲気になります。ゆるいシルエットのタートルネックは柔らかい雰囲気を出すことができ、男性ウケもバッチリです。小物を取り入れると、小顔効果を狙うことができるのでおすすめです!

北海道3月の服装④:下旬ならライダースジャケットも

3月でも下旬なら少しずつ暖かくなってくる北海道ですが、そんな時期にライダースジャケットがおすすめです。ハードなアイテムに見えますが、色々なテイストのファッションに合うとても優秀なアイテムです。一枚あるととても便利なのではないでしょうか。甘めテイストも辛めテイストも程よく仕上がります。

北海道3月の服装⑤:ムートンブーツは避けたほうが良い

雪解けも少しずつ進んでいる3月の北海道、道のあちらこちらに水たまりができていることがあります。そういったときにスウェード生地の靴やムートンブーツを履いてしまうと、水が中に染み込んでしまい足が濡れてしまうことがあります。防水スプレーなどをしておくようにするといいでしょう。

北海道3月の服装⑥:レイヤードスタイルがおすすめ!

暖かいレイヤードスタイル(重ね着)は難しいと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、統一感をもたせる工夫をするとそれほど難しくはありません。ただ、重ねすぎると着ぶくれして見えてしまうこともあるので注意が必要です。定番のシャツ×ニットやパーカーなどの服装は取り入れやすいコーディネートです。

北海道3月の服装⑦:ヒートテックを活用する

寒い

ヒートテックは3月の北海道でも役立ちます。薄くて着ぶくれ防止にも一役買ってくれる優秀なアイテムです。カットソー感覚で着られるものなどもあり、まだ寒い時期でも手軽におしゃれを楽しむことができます。前述した重ね着コーデでも品よくまとまり、体をしっかりと温めてくれます。

北海道3月の服装⑧:フード付きのコートがあると安心

こーと

3月ではまだ雪が降っていたり吹雪いていることも!急な天候の変化に備えてフード付きのアウターがあるといいでしょう。積雪の多い日など、は少し外を歩いていてだけでも髪の毛が真っ白なんてことになりかねません。モッズコートやフーディーコート、そこまで厚手ではないダウンジャケットなどがおすすめです。

北海道3月の服装⑨:雪の入らないようなチャックつきのバッグはマスト

口のあいているバッグは避けたほうがいいかもしれません。雪の降っているときにそういったタイプのバッグを持って外に出てしまうと、バッグの中に雪が入ってしまい濡れてしまう可能性があります。チャック付きのものであれば、雪も入らないため安心して持っていくことができます。

チャック付きでなくても、きちんと口が閉まるようなものを優先して選ぶと快適にものを持ち運ぶことができるでしょう。布製よりも水を弾くような素材のもののほうがいいかもしれませんね。

北海道3月の服装⑩:厚めのタイツがあるといいかも

タイツは60デニール以上のものがおすすめです。3月の北海道はまだ風が冷たく、一枚タイツを履いているのといないのとではかなり変わってきます。足を冷やすことは健康上いいことではありませんので、積極的に履くといいでしょう。着圧のものなどを選ぶと、更に美脚効果も狙えますよ!

また、素足よりもきれいに見えるストッキングも最近はたくさんあります。足をマットに見せたり、ツヤ肌に見せたりなどもお手の物ですし、寒いうちはいい事ずくめなので状況や気温に応じて賢く使い分けましょう。

北海道3月の服装⑪:ロングスカートコーデがおすすめ!

気温の寒さの残る3月の北海道には、ロングスカートコーデがぴったりです。着回しが効いて、体型もカバーしてくれるロングスカートは冬だけでなくそれぞれの季節でも大活躍ですが、特に寒い時期は重宝します。寒がりな人は中に厚手のタイツを仕込んでもばれないので、パンツスタイルの服装で過ごすよりも暖かくなることも。

北海道3月の服装⑫:インナーダウンを活用

寒いけどちょっと薄手のアウターが着たい…そんなときに重宝するのがインナーダウンです。ダサいなんて声もありますがそんな事はありません。合わせ方できちんとおしゃれに着ることができますし、なによりお安く手に入ります。コートの中に着やすい形は襟やフードが付いているものよりも、V字や丸首のほうがいいそうです。



こちらの記事で春夏秋冬、季節や天気ごとの季節にあったコーデを詳しく説明していますので、こちらも是非参考にしてみてください。

Small thub shutterstock 579700726
関連記事 【気温別】春夏秋冬の服装25選!季節に合ったコーデは?晴れ・くもり・雨の日も

今日の気温に最適な服装は分かりますか?季節の変わり目は気温に合わせたコ

北海道の3月のおすすめ観光スポットは?

北海道のおすすめ観光スポット①:スキー場

北海道では3月でも滑ることのできるスキー場はたくさんあります。また、3月の平日にもなると空いていることも多いので快適に楽しむことができます。少し問題なのは、雪のコンディションが天候に左右されるため雪がガリガリになっており、滑りづらくなっているという可能性があることです。

雪の溶け具合や天候はその年によるので下旬でも快適に楽しめる年もあれば、中旬でもザクザクなこともあるようです。若干賭け要素もありますが、ほぼ貸切状態で楽しめるのはこの時期だけです。

北海道のおすすめ観光スポット②:オホーツク海の流氷

冬の北海道観光では外せない流氷ですが、流氷の時期は1月下旬頃から3月にかけての間です。その中でも見ごろは3月上旬なので、3月の北海道旅行で訪れるスポットとしてはぴったりです。また流氷を楽しむ方法として、流氷観光船に乗るという手があります。流氷観光船は網走ではおーろら、紋別ではガリンコ号があります。

どちらも大変人気なので、事前に予約が必要でしょう。最近では海外からの観光客で賑わっています。網走と紋別、どちらが自分の楽しみ方に向いているか、調べておくと更に満足感が増しそうです。防寒対策をしっかりした服装で向かいましょう。

北海道のおすすめ観光スポット③:函館山

世界でも屈指の美しさと言われる函館の夜景。標高334メートルから見る光景は見る人を魅了し、連日多くの観光客を集めます。また、函館山ではロープウェイが通っており、短い乗車時間で山頂へ迎えるためロープウェイの利用がおすすめです。

冬の期間はとてもと冷えるため防寒の用意は必須ですが、そのた空いていることが多く、3月は狙い目です。山頂には、レストランやお土産屋があるので立ち寄るのもおすすめです。そして函館山からの夜景には、「ハート」と言う文字が浮かび上がるという素敵な伝説があります。恋人とのデートで訪れてみてはいかがでしょうか。

北海道のおすすめ観光スポット④:旭山動物園や円山動物園などの動物園

3月の北海道のおすすめスポットの一つに動物園があります。3月はまだ雪が残っていることが多く、雪とともにいる動物たちをみて楽しむことができます。旭山動物園では冬季にペンギンのお散歩を見ることができます。降雪期のみの実施のようですので、雪が本格的に溶け出す前の3月中旬までに訪れることをおすすめします。

円山動物園ではまだ雪が積もっている猿山や、元気に泳ぎ回るアザラシ、雪のよく似合うホッキョクグマなどを楽しむことができます。

北海道のおすすめ観光スポット⑤:六花亭本店

北海道の定番土産であるマルセイバターサンドですが、そんなマルセイバターサンドを世に送り出したのは六花亭製菓です。六花亭は札幌と帯広に本店を持ち、店内のカフェ限定の美味しいスイーツを楽しむことができます。

マルセイバターサンドをアイスにしたマルセイバターアイスや、ホットケーキ、季節限定のスイーツなどがあり、ほっと一息つくことができます。また、六花亭ではマルセイバターサンドのマルセイバター、「十勝マルセイバター」を購入することができます。お土産に最適かもしれませんね。

北海道のおすすめ観光スポット⑥:白い恋人パーク

こちらの白い恋人も北海道土産として有名ですが、札幌には「白い恋人パーク」というテーマパークがあります。施設内では、白い恋人の工場見学を始め、白い恋人へのお絵かき体験やカフェでのお食事、冬の時期にはイルミネーション、夏の時期にはたくさんのバラが楽しめるスポットです。

イルミネーションは3月の中旬まで楽しむことができるので、3月の旅行にはぴったりのスポットになっています。また、フォトジェニックな撮影場所が多く、お土産にSNS映えする可愛いキャンディを買って帰ることができます。

こちらの記事で札幌のおすすめでデートスポットについて説明しています。沢山のデートスポットがありますので、ぜひこちらも参考にしてみてください。

北海道の3月のおすすめイベントは?

北海道のおすすめイベント①:層雲峡氷瀑まつり

氷瀑まつりは北海道の”冬の三大祭”の一つで1月下旬から3月の中旬に行われます。毎年国内外から10万人以上が訪れるこの祭りですが、石狩川上流の水を凍らせてできた氷瀑は圧巻です。鍾乳洞のような氷のトンネルや氷でできたドームや氷像などを見ることができ、一面に氷の世界が広がります。

夜になるとライトアップが行われ、目の前には幻想的な世界が広がります。また、層雲峡氷瀑まつりではほぼ毎晩花火大会が行われます。冬の空はとても空気が澄んでいるので夏よりも花火が美しく見えます。他にも様々なイベントが開催されているので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

北海道のおすすめイベント②:阿寒湖氷上フェスティバル

阿寒湖氷上フェスティバルは、阿寒湖の凍った湖で行われる冬の一大イベントです。阿寒はアイヌ文化を守り続ける街として有名ですが、その伝統をイベントを通して知ることができます。またイベントの最後には、冬の夜空を彩る約三百三十発の大輪の花火が打ち上がります。

この花火は、期間中悪天候のとき以外は毎日行われるようです。子供連れで訪れる場合は、スノーモービルや氷上をバナナボートで滑る体験ができます。

氷が割れてしまわないのかと心配されるかもしれませんが、凍った阿寒湖の氷を切り出すイベントも有り、氷の厚さを間近で楽しむことができるようになっています。雪まみれになっても困らないような服装がおすすめです。

北海道のおすすめイベント③:アイスヴィレッジ

冬季の星野リゾート、トマムで行われるアイスヴィレッジは氷でできたホテルや教会で有名ですが、教会では実際に結婚式も行われます。沢山の観光客を集める幻想的な景色で、スケートリンクなどもあり風景を楽しみながらスケートをすることができます。スケート靴の貸出も行っているので、気軽に参加することができます。

ワークショップなども行われており、氷を利用して楽しむことができます。天候等にもよりますが3月の中旬まで行われるイベントなので、暖かい服装をしてぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

北海道のおすすめイベント④:北前のひな語り

函館から約二時間ほどに位置する江差町で3月に行われる北前のひな語り。イベント中は、ニシン漁で栄えた町並み当時を再現した「歴まち地区」を中心に多くのひな人形が飾られます。昔ながらの豪華なひな人形たちが一同に並ぶさまは圧巻です。おひな祭りを全力で楽しむことができそうです。

3月の北海道に旅行に行く際の注意ポイント

寒い

3月の北海道に旅行に来る際には、防寒対策をしっかりすることがとても大事です。3月とはいってもまだ気候的には冬に近いので暖かいアウターを用意するのはもちろんのこと、手袋・マフラー更にカイロがあると安心することができそうです。

また、雪が溶けてどろどろになった道を歩く際に、靴の中に水分が染み込んできてしまう可能性があるため、防水スプレーなどを用意しておくと役立ちそうです。また、外でスマホを使いたいとき指先が冷えてしまうのを防ぐために、スマホ用手袋を持っておくといいでしょう。

また、北海道は広く移動時間が予想以上にかかってしまうこともあるので、観光やイベントの下調べはしっかりしておくようにしましょう。

季節に合わせた服装で北海道の3月を楽しもう!

なかなか服装選びが難しい3月の北海道ですが、ベストな選択ができれば快適に楽しむことができます。3月の北海道は季節の変わり目で気温の上下が激しい時期なので、天気予報を確認しながらその日その日の服装を選ぶようにしましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。