INDEX

京都の4月の天気や気温は?

京都の4月の天気と降水量

京都

桜が綺麗な京都の4月は、ポカポカ陽気の晴れの日が毎日続いて欲しいものですが、寒い冬から春~初夏にかけて季節の変わり目でもあるこの時期には、一週間の間でも天気がコロコロと変わりやすく、比較的まとまった雨が降る日もあるのが特徴です。

ここ数年の傾向では、週1回~10日に1回程度の頻度で雨が降っていて、降水量もおよそ150mm前後と、少ない値ではありません。過去の4月の天気を見ても、一ヶ月の内、大雨の日が1日、しっかりとした雨の日が2~4日、小雨の日が6日程度、と月の3分の1程度が雨の日になっています。

京都は三方を山に囲まれた盆地ですから、四季の変化に富んだ美しい景色が楽しめる代わりに天気が変わりやすいのが特徴です。今日は快晴でも明日には雨が降ることも多いので、観光やイベントへ外出の際には、事前にこまめに天気予報をチェックした方が良いでしょう。

京都の4月の最高/最低気温と平均気温

春

京都市内の4月の平均気温は15℃前後と日中は過ごしやすい陽気ですが、注意が必要なのが一日の寒暖差です。最高気温が28℃を超えて汗ばむ程の日がある一方で、夜には盆地特有の冷え込みがあり、日中は暖かくても夜には急激に温度が下がって4月下旬でも最低気温が3~4℃、場所によっては氷点下になることもあります。

京都へ外出する際には、日中の天気や最高気温だけで判断するのではなく、必ず最低気温も一緒に確認して、両方の気温に対応可能な、着脱や温度調整のしやすい服装で出かけるようにしましょう。

京都市内の4月の気温・降水量
2015年4月 2016年4月 2017年4月
平均気温 15.6℃ 16.1℃ 14.8℃
降水量 163.5mm 180.5mm 129mm
最高気温 28.8℃ 28.6℃ 27.5℃
最低気温 4.5℃ 3.5℃ 3.3℃

京都の4月の服装選びポイント

京都4月の服装ポイント①:旅行や観光には羽織るものを持って出かける

京都の4月の朝晩はまだまだ寒く、日中との寒暖差が大きいのが特徴です。日中の外出のみであれば軽装でもOKですが、数日の旅行や夜間も外出するなら、寒暖差に対応できる服装が必須になります。着脱しやすい服装に加え、急激な冷え込みに対応できるカーディガンやストール等の羽織物、また夜の外出にはコートが必要です。

京都4月の服装ポイント②:4月の上旬と下旬の気温差に注意

4月の平均気温は15℃前後と暖かいですが、上旬と下旬では平均気温に5℃程度の差があります。桜が見頃の4月上旬はまだまだ肌寒い日も多く、また新緑が芽吹く下旬には汗ばむ日が続くこともあります。

上旬はのお出かけであれば厚手のコート、下旬ならスプリングコートと、素材や厚みを変えたり、コートの中のインナー等で調整するなど、服装には時期に合った工夫が必要です。

京都4月の服装ポイント③:山へ出かける際には花粉の対策を

京都には、歴史ある寺院が建ち並ぶ古都の街並みだけでなく、嵐山や貴船、伏見といった自然を感じることのできる観光地や、トレッキングや散策に適した山々が多く存在します。4月という気候の良い季節に京都を訪れるのであれば、是非こういった中心部から少し離れたエリアにも足を伸ばしてみたいですね。

ただ、京都の4月は、まだまだ花粉の多い時期。花粉症の方は、マスクや眼鏡を装着したり、服装は花粉の付着しづらいナイロン製の上着を着用するなど、しっかりと花粉対策をして出かけられるのをオススメします。

京都の4月の服装コーデ

京都4月の服装①:コート+ダウンジャケットの重ね着スタイル

桜が見頃を迎える4月は、ポカポカ陽気で過ごしやすい気候のように感じますが、4月上旬ではまだまだ花冷えの日も多く、加えて、京都では朝晩の寒暖差が大きいため、日中の気温に合わせてて軽装で出かけてしまうと、夜に耐えられない程寒い思いをすることになります。

一日中観光したり、夜のライトアップイベントに出かける予定の日は、薄手~やや厚めのコートのインナーにダウンジャケットを重ね着して、防寒対策を行っておきましょう。ダウンジャケットは軽量でコンパクトに折りたためるものにしておけば、日中の暖かい気候の中で観光する際には、鞄などに収納しておけるので便利です。

京都4月の服装②:Iラインにまとめたダウンジャケット+ワイドパンツ

歩き回る日には、流行のワイドパンツなら一日中締め付けもなく快適に過ごすことができます。ボトムにボリュームがあるので、ダウンジャケットはタイトなものを選ぶとスッキリとスタイル良く見えます。

首元には、バランスが良く見え、また、まだ寒さの残る4月の京都の防寒対策として、ストールを一枚巻いておくと温度調整がしやすいのでオススメです。

京都4月の服装③:トレンチコートの重ね着で脱カジュアル

春先に重宝するスプリングコートの中でも、トレンチコートはカジュアルな装いをクラスアップしてくれるのにとても役立ちます。一日中外を散策しながら観光するのであれば、できるだけラフな服装が楽ですが、トレンチコートを一枚羽織れば、カジュアルになりすぎず、京都の街並みの中でも悪目立ちしません。

厚手のパーカーであれば、トレンチコートだと少し肌寒い日でもしっかりと防寒できますし、逆に日差しが暖かく、暑く感じるのであれば、パーカーを腰に巻いた上からトレンチコートを着ても、着崩した感じがこなれたオシャレ感を演出してくれます。

京都4月の服装④:同系色でまとめたコーディガンスタイル

季節の変わり目に重宝するコーディガンも、4月の京都で観光やイベントを楽しむには欠かすことのできない服装の一つです。コーディガンのインナーにニットを着れば、少し肌寒い程度の気温でも快適に過ごすことができますし、全身を淡いベージュや白で統一すると上品な印象で、京都で素敵な食事を楽しむ際にもピッタリです。

京都4月の服装⑤:爽やかな季節を過ごしやすいコーディガン+Tシャツ

温度調整のしやすいコーディガンは、暖かく過ごしやすい京都の4月下旬にも大活躍します。少し汗ばむ日もあるこの季節には、インナーに半袖のTシャツを合わせておけば、日中はコーディガンを脱いで、新緑の季節の爽やかな気候を満喫することができますし、日が暮れて肌寒くなったとしても安心です。

京都4月の服装⑥:細身パンツとカラフルシューズでライダースを女性らしく

季節の変わり目に出番が多い服装は、ショート丈のジャケットですね。少し肌寒い日には、ライダースをチョイスすれば、風を通さず暖かい上に、普通のコーディネートも一気にお洒落に仕上がります。ボトムは細身のパンツとカラフルなフラットシューズで、スタイル良く、カッコイイのに女性らしいコーディネートが楽しめます。

京都4月の服装⑦:春らしいふんわりスカートをライダースで引き締めて

春先のポカポカ陽気は、軽やかなふんわりスカートを楽しみたくなりますね。とは言え、まだ肌寒い日もある4月の京都で観光やイベントを楽しむのであれば、トップスにライダースを選んで、スタイルの引き締め効果と寒さ防止を叶えましょう。インナーにパーカーを重ね着しても、こなれた雰囲気がお洒落に見えますよ。

京都4月の服装⑧:春のトレンドのトレンチスカートにはデニムジャケットを

新トレンドとして注目のトレンチスカートを春先に履くのであれば、トップスはデニムジャケットが高相性です。首元にはストールやバンダナを合わせれば、4月末の新緑の季節にもピッタリな、爽やかなスタイルが完成します。



京都4月の服装⑨:何でも合うマウンテンパーカーにはキレイめスウェットを

今また脚光を浴びているマウンテンパーカーは、どんなスタイルにも合わせやすい万能アウターですが、あえてキレイ目なスウェットを選ぶと、洗練されたカジュアルを楽しむことができます。イベントや観光で動き回りたい時にも活動しやすいですね!

京都4月の服装⑩:カップルでリンクコーデも可能なニット+ダウンベスト

カップルで京都デートを楽しむのであれば、ダウンベストでさりげなくリンクコーデをするとお洒落に見えます。まだ寒暖差の残る4月なので、インナーはニットを合わせた方が安心ですよ。

京都4月の服装⑪:春の定番スタイルならニット+ストール

4月中旬以降になると、アウターを持たずに出かけたい気候が増えてきます。そんな日には、コットンニットなどの薄手のニットに、さっと羽織れるストールを合わせて、春らしい気候を楽しみましょう。パステルカラーや白色を選べば、さらに春らしいコーディネートになりますよ。

京都4月の服装⑫:初夏を感じるツインニットで軽やかに

5月が目前になってくる頃には、肌寒い日も少なくなり、過ごしやすい気候になります。新緑の風を感じながら、ツインニットで観光やイベントを楽しみましょう。インナーのニットは、ノースリーブより5分丈くらいの方が、着脱できて便利です。紫外線が強くなり始める頃なので、帽子などをコーディネートしても素敵です。

京都の4月のおすすめ観光スポットは?

京都のおすすめ観光スポット①:醍醐寺

国指定名勝でもある醍醐寺は、京都のみならず、関西の人気お花見スポットの上位に必ず名を連ねる桜の名所です。しだれ桜やソメイヨシノ、八重桜、山桜など、約800本の桜が約3週間にわたって次々とピークを迎え、世界遺産である醍醐寺の境内を美しく彩ります。

醍醐寺の桜は、豊臣秀吉が晩年にこの寺で花見を行いたいと700本もの桜を数か月かけて移植したという逸話があり、この時の花見は「醍醐の花見」と呼ばれ、現代のような桜の木の下に宴席を設けるお花見文化の元になったと言われています。豊臣秀吉も愛した桜に当時の様子を思い浮かべながら楽しんでみてはいかがでしょう。

京都のおすすめ観光スポット②:哲学の道

春は桜、夏は蛍、秋は紅葉が美しい哲学の道は、東山の麓にある琵琶湖疏水です。銀閣寺から若王子神社までの1.5kmの小径は、近隣に永観堂や法然院 などを配し、見どころも多く散策に最適です。

桜が満開を迎える4月には、用水路の両脇の桜がトンネルのように続き、水面に浮かぶ花びらもとても情緒的ですが、桜の終わった後も、新緑が芽吹き爽やかな散歩を楽しむことができます。哲学の道沿いには、お洒落なカフェや甘味処も多く、散策に疲れたら、のどかな小径の風景を眺めながら一休みするのもオススメです。

京都のおすすめ観光スポット③:嵐山

京都の市街地から程なく離れた場所で豊かな自然を感じることができるのが、嵐山。月が橋を渡るように見えたことから名付けられた渡月橋が有名ですが、嵐山一帯は桜の名所としても人気が高く、春の京都の自然美を感じたいのであれば、外すことのできない観光地です。

世界文化遺産にも指定されている天龍寺では、嵐山の桜を借景にした絵葉書のような景色が楽しめる他、池の水面に映り込んだ逆さ桜が楽しめる大覚寺や、京都市指定文化財のしだれ桜が見事な二尊院などは4月の嵐山を訪れるのであれば是非観光しておきたい場所です。

また、トロッコ列車に乗車してのんびりと山桜を堪能したり、都会の喧騒を忘れて静かに佇む竹林で心を落ち着かせる散策をしたりと、春の嵐山には見所がたっぷりですので、半日~丸一日時間をとって、ゆっくりと訪れてみて下さい!

京都のおすすめ観光スポット④:伏見十石舟・三十石船

江戸時代に全国有数の酒処である京都伏見と大阪を往来し、酒や米等の物資や人の運搬手段として栄えた十石舟と三十石船。伏見では、そんな歴史を現代に伝える屋形船に冬季以外の春~秋に乗船することができますが、特に4月は、酒処らしい白壁の並ぶ町並みを桜と一緒に船上からのどかに眺めることができるとあって人気です。

船着き場は、坂本龍馬のゆかりの地としても有名な寺田屋横で、実際に坂本龍馬も当時のこの船を利用していたと言います。近隣には、酒蔵や伏見稲荷大社などもありますので、春ののんびりした時間の中で観光するのであれば、是非訪れて欲しい場所の一つです。

京都の4月のおすすめイベントは?

京都のおすすめイベント①:夜間拝観と桜のライトアップ

桜と古都の街並みのコラボレーションが素晴らしい京都の4月には、桜に関するイベントが多数開催されますが、特に足を運びたいのが、夜間の特別参拝とライトアップです。世界遺産の清水寺・五重塔の東寺や二条城、高台寺など、普段は見ることのできない夜桜の中に浮かび上がる寺社仏閣を参拝することができます。

また、「祇園の夜桜」として有名な円山公園のしだれ桜や、祇園白川の川沿いに柳と並んで咲く桜は、無料で見ることができますし、嵐電北野線では夜桜電車として、ライトアップされた桜のトンネルを、車内灯を消した電車がゆっくりと走るイベントも行っていますので、是非、春の京都の夜を満喫して下さい。

京都のおすすめイベント②:二条城観桜茶会

ソメイヨシノや山桜など、敷地内に約380本もの桜が植えられている二条城では、毎年4月9日に、清流園という庭園内の普段は公開されていない茶室の桜の木の下で、参加料を払えばどなたでも表千家が行う野点に参加することができます。桜の花びらの舞う中、和洋折衷の趣のある庭園で、雅なお茶を楽しむことができます。

京都のおすすめイベント③:春期京都非公開文化財特別公開

京都では毎年、春と秋の年2回、通常は一般公開されていない貴重な非公開文化財の数々が特別に公開されます。公開される内容は開催される年によって異なりますが、普段は参拝の許されていない寺院や、歴史的価値の高い文化財を見ることができるとあって、非常に人気のイベントです。

有料で公開期間は短いですが、京都の歴史を感じることのできる国宝や重要文化財を実際に見ることができるチャンスは年にたったの2回ですから、もし春に京都観光を計画しているのであれば、是非この期間に合わせて訪れてみてはいかがでしょう。

京都のおすすめイベント④:都をどり

京都といえば舞妓さんや芸妓さんなど、花街を思い浮かべる方も多いと思いますが、春の京都は特に、京都の伝統芸能とも言える「をどり」が開催されるとあって、祇園の街を中心により一層華やいだ雰囲気になります。

春のをどりには「都をどり」「京おどり」「北野をどり」「鴨川をどり」があり、中でも都をどりは5月開催の鴨川をどりと並んで歴史が古く、最も盛大で人気があります。観光客や一見さんがお座敷遊びをするのは敷居が高いですが、をどりはどなたでも観覧券を購入できますので、花街を身近に感じたいのであればオススメです。

気温に合った服装で4月の京都旅行や観光を快適に!

どの季節に訪れても、その季節ごとの魅力に溢れた京都ですが、春は気候も良く過ごしやすいので、旅行や観光には最適です。春のイベントもあちこちで開催されていますから、ポカポカ陽気に包まれながら、4月にしか出会うことの出来ない京都の魅力を、素敵なコーディネートと一緒に満喫して下さいね!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。