INDEX

【上旬・中旬・下旬】東京9月の天気や気温は?

東京の9月の天気と降水量

気温

東京の9月の天気は日によってかなり変化します。2017年9月は最高気温33.3℃を記録した一方で、日平均気温は22.8℃とかなりの気温差がありました。

また、10月についで降水量が多く、台風や大雨の影響を受けることも多くあります。雨が降ると気温も下がりやすくなるので、東京の9月の服装は、体温調節が可能なものがおすすめです。

東京の9月の最高気温・最低気温・平均気温

2017年データによると、東京の9月の平均気温は22.8℃、最高気温は33.3℃、最低気温は16℃とかなりばらつきがあるのがわかります。その為9月のファッションコーディネートには小まめな天気予報のチェックが不可欠です。天気と気温をしっかり把握して、素敵なオシャレを楽しみたいですね。

東京の9月気温・降水量
(2017年データ) 9月上旬 9月中旬 9月下旬
平均気温 22.5℃ 24.1℃ 21.9℃
降水量 45.0㎜ 83.5㎜ 81.0㎜
最高気温 29.9℃ 33.3℃ 29.5℃
最低気温 16.4℃ 17.9℃ 16℃

【上旬編】東京の9月の服装コーデ

東京の9月上旬の服装選びポイント!

上旬

9月に入ったとはいえまだまだ暑いのが東京の9月上旬です。気温も平均22.5℃、日中は25℃前後のことも多く、決して低くありません。9月上旬の服装は、暑さ対策をしつつ、秋を感じられるおしゃれをしたいですね。ここではそんな秋らしさを取り入れた、9月上旬におすすめなファッションをアイテムごとに紹介します。

東京の9月上旬の服装①:グレンチェックのサロペットで秋を先取り

着るだけで秋らしさを感じさせてくれるグレンチェックを9月はサロペットで取り入れるのがおすすめ。インナーをロンTやスキッパーシャツで合わせれば、涼しいのに秋らしい素敵なコーディネートの完成です。サロペットはインナーを変えれば冬場でも色々とアレンジができるので、9月に買うとコスパのいいアイテムです。

ゆるっとしたワイドパンツタイプや、すっきりとカッコよく着こなせるストレートパンツのタイプなどサロペットにも色々な形があるので、ぜひお気に入りを見つけてくださいね。

東京の9月上旬の服装②:ファーバッグで夏から秋のファッションへ

シンプルなホワイトシャツにブルーデニムの一見夏にぴったりなコーディネートも、ファーバッグをINするだけで一気に秋の装いに。まだまだ暑く、秋物の服装をするには早い東京の9月上旬におすすめのアイテムです。

足元もサンダルからパンプスにシフトするとより秋らしくまとまります。ファーバッグはグレーやベージュ、ブラックなどがどんな服装にもあわせやすくておすすめです。

東京の9月上旬の服装③:ロングスカートを履くなら9月はカーキがおすすめ

ロングスカートは白やパステルカラーを選ぶと夏らしさが残りがち。9月になったらカーキ色にシフトしましょう。半袖カットソーとあわせても秋らしい雰囲気に仕上がります。カーキ以外を黒で統一すると一層秋らしくモードなコーディネートに。気温が高い日の薄手のコーディネートでも秋らしさをだせる優秀アイテムです。

東京の9月上旬の服装④:薄手のカーディガンがあれば体温調節もラクラク

どんなファッションにも投入しやすい薄手のカーディガンは東京の9月の服装にはかかせない必須アイテム。まだまだ冷房が利いてる場所も多く、日差しが強いことも多いので、薄手のカーディガンが1枚あると重宝します。色はどんな服装にも合わせやすい黒やグレー、ベージュなどのベーシックカラーを選ぶとコスパ良し!

東京の9月上旬の服装⑤:花柄ワンピースはダークトーンで

涼し気で春夏の印象を残してしまう花柄ワンピ―スは9月に入ったらぜひダークトーンを選びましょう。スニーカーやファー小物、カーキ色のブルゾンなどと合わせることで、一気に秋らしくなります。

丈はミニだとやはり夏っぽくなってしまうので、体形カバーもできるロング丈がおすすめです。パンプスを合わせるときれい目に、スニーカーを合わせるとカジュアルに仕上がります。

【中旬編】東京の9月の服装コーデ

東京の9月中旬の服装選びポイント!

中旬

街中は一気に秋めき、いよいよ秋本番の雰囲気の出てくる9月中旬。しかし気温はあまり9月上旬と変わらず、また、雨が降りやすくじめじめした天気になることも。9月中旬はアップダウンの激しい気温の変化に対応できる服装がおすすめです。その中でも着まわしやすいおしゃれコーディネートを紹介します。

東京の9月中旬の服装①:9月は定番トレンチコートが1枚あれば乗り切れる

どんなファッションにも合わせやすく、オフィスシーンでもプライベートでも大活躍なのがトレンチコート。東京の気温差の激しい9月のファッションにぴったりなアイテムです。

スカートはもちろん、流行りのワイドパンツにも合わせやすく、脱いでもあまりかさばらないのもいいですね。色はやはりベーシックなベージュが一層秋らしくておすすめ。

東京の9月中旬の服装②:黒のレザージャケットで夏服を秋モードに

どうしても夏っぽさがでてしまうボタニカル柄のワンピースも、黒のレザージャケットをあわせれば秋らしい雰囲気に大変身!小物も黒で統一することで、鮮やかなボタニカル柄をトーンダウンすることができ、より引き締まった印象に。9月中旬の中でも特にじめっとした雨の日におすすめのコーディネートです。

東京の9月中旬の服装③:ゆるっとしたニットプルオーバーを1枚で

コートなしの服装で外出できる期間は以外と長くありません。東京の9月は気温的にはそんなに寒くないので、長袖1枚のオシャレを楽しむにはもってこいの時期です。ゆるっとしたシルエットがきれいなニットプルオーバーはそんな季節にぴったりのアイテムです。

女性らしくふんわりとした印象になります。また、ジャケットやコートを着るとごわついてしまう、ベルスリーブやボリュームスリーブもぜひこの時期にトライしてみてくださいね。

東京の9月中旬の服装④:テラコッタカラーを取り入れるだけで秋気分



カーキ同様、白やパステルカラーのロングスカートをテラコッタカラーにするだけで秋コーデに早変わり。黒小物とファーバッグを合わせて、薄着なのに秋らしい東京の9月中旬にぴったりのコーディネートに。昼間の外出なら必要ありませんが、夜遅くなるときはカーディガンなどの薄手の羽織物が1枚あると安心です。

東京の9月中旬の服装⑤:ロングカーディガンで日よけ・寒さ対策を

天気の変わりやすい9月の東京で、最もおすすめのアイテムがロングニットカーディガンです。まだまだ日差しの強い日中は日よけ対策に、肌寒くなる夕方から夜にかけては寒さ対策に使える万能アイテム!

コートやジャケットと違ってコンパクトに収納できるので、持ち歩きにも便利ですね。ロング丈を選ぶことで、腰回りも暖かくなり、縦長効果で着痩せして見えるのもうれしいポイントです。

【下旬編】東京の9月の服装コーデ

東京の9月下旬の服装選びポイント!

下旬

9月も下旬になると段々秋らしさも深まり、上旬、中旬に比べて気温も徐々に低下してきます。ファッションもいよいよ本格的に秋らしさを取り入れたいですね。しかし、依然として雨は降りやすく、不安定なお天気が続きます。ここではこの時期はもちろん、本格的に寒くなる冬の服装でも使える優秀アイテムを紹介していきます。

東京の9月下旬の服装①:ケーブル編みニットで本格的に秋モード

ケーブル編みのニットカーディガンで本格的な秋モードに。チェックシャツやボルドーカラーの小物と合わせれば秋を感じさせるカジュアルコーディネートの完成です。ケーブルニットは重たい印象になりがちなので、ボトムスはすっきりとしたシルエットのものを選ぶと着痩せ効果もあっておすすめです。

東京の9月下旬の服装②:オシャレ上級者なベロア素材を取り入れたい

近年オシャレ上級者の中で定番アイテムのひとつに名乗りを上げてきているのがベロア素材のアイテム。派手な印象になりがちなベロア素材ですが、ベーシックカラーのスカートなら気軽にいつもの服装に取り入れることができます。

このとき、スカートの色が明るめならトップスは暗めに、逆にスカートが暗めならトップスは明るめなものを持ってくるとコーディネートが自然にまとまります。

東京の9月下旬の服装③:デニムジャケットはオーバーサイズがかわいい

カジュアルコーデ派に大人気なのがオーバーサイズデニムジャケット。肌寒い9月の日に1枚羽織るだけで秋らしいコーディネートになります。オーバーサイズなので、冬になってインナーがニットや厚手のパーカーになっても楽に着られます。

冬になっても着られる分、コスパも優秀なアイテムです。色は明るいものよりもダークトーンのほうが秋らしさが出ます。袖をまくって着るのもオシャレです。

東京の9月下旬の服装④:カーキはカラーアイテムとの相性も抜群

春から人気なカラーアイテムはカーキ色との相性抜群。特にマスタードイエローとカーキを合わせると、秋らしい服装に早変わり。カーキ色のジャケットはどうしてもメンズライクになりすぎるので、甘めなアイテムと合わせて上品に着るのがおしゃれです。

指輪やイヤリング、ブレスレッドなどのアクセサリーもしっかり身につけるとグッとおしゃれに仕上がります。アクセサリーの色はゴールドがおすすめです。

東京の9月下旬の服装⑤:グレーパーカーにストールで秋コーデの完成

なんといってもグレーパーカーが1枚あればどんなコーディネートにも合わせられます。服装のジャンルや年齢を問わず、万人に使いやすいアイテムだからこそ、自分の体系やイメージに合った1枚を選びたいですね。

オーバーサイズを選びがちなパーカーですが、きちんと感を出したい人はジャストサイズを選ぶのがおすすめです。秋らしいデザインのストールと合わせてカジュアルコーディネートを楽しんでみてください。

【番外編】東京の9月におすすめの持ち物は?

東京の9月の持ち物①:折り畳み傘

9月の東京は台風もあり、年間で2番目に雨の多い月です。不安定な天気に備えて折り畳み傘が一つあると安心です。最近では超軽量タイプの折り畳み傘や、バッグの中に濡れてしまった傘を入れておくための折り畳み傘カバーなども販売されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

東京の9月の持ち物②:薄手のカーディガン

日中と夜間で気温差が激しく、電車やオフィスでの冷房や暖房などの調節も難しいこの季節は、薄手のカーディガンを1枚常備しておくと重宝します。カバンに1枚いれておけば、ちょっと肌寒いときに助かりますね。日よけとして紫外線対策もできるものだとなおいいですね。自宅で洗えるタイプのものだとお手入れも楽チンです。

東京の9月の持ち物③:大判ストール

肌寒さをより感じるようになってきたら、大判ストールがおすすめです。ひざ掛けとしても使えるぐらいの大きさがあると出先やオフィスでも重宝します。秋らしいチェック柄やカラーを選んで、コーディネートのワンポイントにするのもおすすめです。

大判ストールを合わせるときは、バッグは小ぶりなものを選ぶとバランスがよく見えるので、大きなものよりは小さなものを。クラッチバッグなどが特におすすめです。

東京の9月の持ち物④:ファー小物

アクセサリーとしておすすめなのがファーをあしらったものです。コートなどと違い、ピアスやイヤリングだと気軽に取り入れられますね。アクセサリーがファーになるだけで、一気に服装が秋らしくなります。

東京の9月の持ち物⑤:レインブーツ

雨の多い東京の9月におすすめなのがレインブーツです。最近ではおしゃれなデザインのものがたくさん増えましたね。ブーツはロング丈、ショート丈、オフィスにもおすすめなパンプスタイプのものなど種類も豊富です。最近では豪雨になることも増えたので、1足あると重宝します。

9月は季節の変わり目!秋を取り入れたおしゃれを楽しもう

いかがでしたか?東京の9月は気温差もあり、台風や雨も降る不安定な気候です。その為服装は、体温調節がしやすく、素材よりも色や柄で秋らしさを取り入れていくのがおすすめです。自分らしく秋を取り入れて、素敵なコーディネートで東京の9月のファッションを楽しんでくださいね!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。