芸人の千鳥さんの登場で一躍有名になった岡山弁!しかし、千鳥さんが使う岡山弁は、ビジネス方言。万人に分かりやすく標準語を交えて使われているものです。 本当にクセがすごい、しかしながら、どこかかわいい岡山の方言を是非ともご堪能ください!

INDEX

  • 岡山県の方言(岡山弁)の特徴
  • 岡山県の方言(岡山弁)頻出順ランキング
  • 岡山県の方言(岡山弁)頻出順ランキング
  • 岡山県のかわいい方言(岡山弁)ランキング
  • その他紹介しきれなかった方言
  • 岡山県の方言いかがでしたでしょうか?

岡山県の方言(岡山弁)の特徴

岡山県の方言(岡山弁)の特徴①

集合

最初に岡山弁の特徴についてご紹介しようと思います。岡山弁というと怖いという印象を持つ方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?そう、岡山弁は、Vシネ常連の広島弁も属する山陽方言の仲間なんです。だから基本的にはきつく聞こえるんですね。

また、他の方言と同様に年配の方がお使いになると、地元の人間が聞いてももはや何語?というぐらい方言がきつくなる傾向にあります。

岡山県の方言(岡山弁)の特徴②

マスカット

岡山県は、突出して方言の違いがある真鍋島を除けば、大きく3つのエリアに分けられます。その3つは、備前、備中、美作ですが、どのエリアでも共通した特徴を持っています。

岡山弁の2つ目の特徴として挙げられるのは、県内の地域ごとの差があまりないということです。岡山県と同等の広さを有する県はいくつかありますが、その中で比べてみても地域差が少ないと言えるでしょう。

岡山県の方言(岡山弁)の特徴③

驚愕

岡山弁の3つ目の特徴は、その仕組みです。特異性のある真鍋島を除けば、基本的には、岡山県全域で広島弁(備後弁)と近しく、「じゃ」+「けん」、「じゃ」+「けえ」を組み合わせた使い方がほとんどです。

また、特徴的な表現として、進行形「~ている」が「ょーる」に変化するものが挙げられます。例えば、「食べている」=「たびょーる」、「読んでいる」=「よみょーる」、「遊んでいる」=「あそびょーる」などです。ただし、完了形の「~ている」は、「~とる」に変化しますので、「食べている」=「食べとる」となります。

今回は、様々な種類の岡山弁の中から皆様に知っていただきたい方言を集めました。他県の皆様にもこれを機に岡山県にご興味を持っていただけると幸いです。

岡山県の方言(岡山弁)頻出順ランキング

岡山県の方言(岡山弁)頻出順第10位:はっとうじ

虫

岡山県の方言、頻出ランキング第10位は、「はっとうじ」です。これは、「カメムシ」の事です。カメムシは、地域によって実に様々な呼び名があるそうです。青森ではクセンコ、九州ではフウ、兵庫県の一部では、ジョンソンなんて呼ばれることもあるそうです。

岡山県の方言(岡山弁)頻出順第9位:きょーてー

きょーてー

岡山県の方言、頻出ランキング第9位は、「きょーてー」です。これは、岡山弁を代表する方言ではあるのですが、若い人の中では年々使われなくなってきています。意味は、「怖い」です。

減ってきているとはいえ、まだまだ根強く岡山の文化として残っている方言の一つです。「お化け屋敷きょーてーわ」という感じで使われます。

岡山県の方言(岡山弁)頻出順第8位:えいとをすえる

えいとをすえる