Large thumb shutterstock 535075258

顔が小さい人の特徴や基準・骨格は何センチ?髪型からメガネの選び方も!

更新:2019.06.21

顔が小さい人の特徴や基準は一体どんな基準になっているのか?そもそも顔が小さい人の骨格などは何センチなら顔が小さいと言われるのか?また、顔が小さい人は似合う髪型やメガネ選びも大変と言うので、顔が小さい人に似合う髪型やメガネの選び方まで、徹底的に解説します。

顔が小さい人の特徴:顔の作り

体全体が細い

細い女性

顔が小さい人の特徴として上げられるのが、まずは体の線が細いという特徴があります。骨格がしっかりしている女性は顔の骨格もしっかりしているので、小顔にはなりにくいです。逆に体の線が細いと顔の骨格も小さくなり、比較的小顔の人が多いです。

骨格がしっかりしている場合はどんなに痩せていても骨のせいで小顔に見えるということはないです。なので、骨が細い人ならば多少ぽっちゃりでも小顔に見えることはあるということにもなってきます。

エラがない

アジア人女性

まず顔が小さい人の特徴ではなく、顔が大きいと言われる人の特徴を考えてみてください。顔が大きい人のほとんどは顔のエラが張っている人が多くいます。つまり、顔が小さい人の特徴としてエラが張っていないという特徴があります。どんなに顔が小さくても顔のエラが張っていると顔が大きく見えてしまうのです。

よく芸人さんなんかで顔が大きいといじられる芸人さんを思い浮かべてみると、確かにエラが張っている芸人さんは顔が大きいと言われる傾向があります。逆にモデルさんなんかで個顔の人をイメージすると、エラが張ってる人はいませんよね。

アゴがシャープ

女性のアゴ

アゴがシャープというのはアゴが出ているともとれますが、あごが尖っている様に見えたり、若干アゴが出ている女性には小顔な人が多いという特徴もあります。小顔に見える特徴としてアゴはかなり重要で、アゴのラインが丸くなってしまっていると、それだけで顔が大きく見えてしまいます。

顔が小さい人の特徴の一つとして骨格に関して解説しましたが、これも骨格の一つです。中には小顔に見せる為にアゴを整形するという人もいる程なので、小顔とアゴのシャープさはかなり関係してくる部分なんですね。よくプリクラなどを撮る時に髪でアゴのラインを隠すのもこの為です。

おでこが狭い

顔が小さい人の特徴としておでこが狭いという特徴もあります。これは単純におでこが広い場合は前髪をあげた時に、見える顔の面積が広くなることから顔が大きく見えますし、おでこが狭い場合はその逆で前髪をあげても見える顔の面積が狭いので顔が小さく見えます。

上記でプリクラを撮る際に髪でアゴを隠して小顔に見せるというのを解説しましたが、前髪でおでこを隠すことでも顔を小さく見せることが出来るんです。女性が髪を長くして髪型を作るのは顔を小さくしたいという願望からなのかもしれませんね。

実際に前髪のアレンジで小顔に見せれるというテクニックもあるので、自分の顔を少しでも小さく見せたいという女性はこちらの記事を参考に前髪アレンジを研究してみてはいかがでしょうか?

番外編|今使ってるシャンプーで本当に大丈夫?

BELTAボタニカルシャンプー・トリートメント

最近、髪にツヤがなくなってきたり、頭皮が乾燥してフケが...なんて悩みを抱えていませんか?ジメジメしている時は髪の指通りが悪かったり、乾燥している時は髪がパサパサになったりの繰り返される頭皮への負担で気づいたらあなたの頭皮がボロボロになってることという可能性もあります。

頭皮環境が悪化を放置してしまうと抜け毛や切れ毛が増え、ゴワゴワのダメージヘアになってしまいます。そのため、頭皮を保護ししなやかな髪を保ってくれるシャンプーが必要となります。

そこで実際に私も現在使っていておすすめなのが、海外有名セレブも御用達のBELTAボタニカルシャンプー・トリートメントです!これを合わせて使えば健康な頭皮にし、艶やかでハリのある髪にできます!また、すでにダメージを受けてしまっている髪も内側まで栄養を届けて、芯から強くまとまる髪へ導いてくれます。

今なら通常6,780円のところ初回購入2,980円とお買い得になっています!健やかな頭皮から美しいツヤ髪にしたい方、今すぐ本気のケアを始めましょう!

今すぐ本気のケアを始めたい方はこちら

顔が小さい人の特徴:ファッション

メガネが大きく見える

単純に顔が小さければメガネやサングラスは普通のサイズの物をつけても大きく見えてしまいます。これは顔が小さい人の特徴でもありながら、顔が小さい人からすればちょっと困ってしまう特徴でもありますね。

逆に顔が大きい人はちょっと大きめのメガネやサングラスをかけることで顔を小さく出来るということにもなります。最近では大きめのサングラスやメガネなどが流行っていますが、これは顔を小さく見せる為なのですね!また、最近はお洒落メガネが流行っているので、お洒落なメガネも探してみてください。

マスクで顔が隠れる

小顔でマスクをしていると顔の半分以上が隠れてしまうという女性は顔が小さいと言えます。最近ではマスク女子という言葉も出る程マスクをしている女性が多いですが、マスクをつけると小顔に見えるという効果もあるそうですね。

ただ、本当に顔が小さい人は通常のマスクではなく子供用のマスクをつけたりしているという場合もある程です。マスクをしている女性ではなく、女性のつけているマスクが小さい場合はその女性はかなり顔が小さいということです。

ハットが大きく見える

こちらも顔が小さい人の特徴でありながら、顔が小さい人はちょっと困ってしまうという特徴です。顔が小さいので、ハットやキャップなどのサイズがない、ハットであればハットが大きく見えてしまうという部分があります。

こちらも最近のトレンドでツバ広ハットというツバが大きめのハットがありますが、小顔の女性の場合はツバ広ハットをかぶるとかなりツバが大きく見えてしまいやすい為に、なかなかかぶりにくく小顔女性の悩みの種になってしまうそうです。

POINT

小顔女性はお洒落しにくい!?

最近のファッションアイテムは女性を小顔に見せる為のものが多いので、元々小顔の人だとアイテムが大きくなりすぎて似合わなくなってしまいます。

顔が小さい人の特徴と基準

顔が小さい人は何頭身?

スラっとした女性

いくら顔が小さくても身長が低ければ全体的には顔が小さいという印象ではなく、全体的に小さいという印象になってしまいます。なので、顔が小さい基準としては、その人が何頭身なのかということも重要になってきます。確かにモデルさんなどで顔が小さいとされる人は身長も高いですよね。

平均的に顔が小さいと言われるのは7頭身と言われていますが、モデルさんや芸能人の人の場合は8頭身の人が多いです。8頭身もあれば身体全体を見た時に顔も小さく見えるのは当然ですよね。つまり顔が小さい基準としては7~8頭身というのが基準ということになります。

頭身が重要ポイント

身長の高い女性

顔が小さい人の特徴として顔の作りを解説しましたが、実際に顔が小さく見えるかどうかという部分では顔の作りよりも何頭身かというのが重要なポイントになってきます。

アゴがシャープだったりおでこが狭いと面長な顔である場合があり、面長が顔が小さい人の特徴だという誤った認識もありますが、面長は決して小顔ではありません。実際に顔が小さい人というのは縦にも横にも顔が小さいという特徴があります。

顔が小さい人の特徴は骨格にある!骨格を縮めるには?

骨格が太いとどう頑張っても小顔になれない…

顔が小さい人の特徴として骨格が細いという部分も上記で解説している様に、小顔と骨格とは重要な繋がりがあります。どれだけ痩せてもどれだけ体が細くても骨格のせいで顔が大きき見えてしまう女性というのはいます。

小顔に見せる為にダイエットをしたのに、元々の骨格が太いと逆に体が小さく見える分顔だけ大きく見えてしまうという逆効果になってしまう可能性もあります。小顔を目指す女性としては骨格の問題はかなりの難関です。

骨格を縮める方法はある!

エステ

骨格が太いからと言って小顔を諦めることはありません。実は骨気(コルギ)という韓国発祥の美容健康法があり、顔や頭の骨格を本来あるべき位置に骨を動かしていく小顔矯正法があるのです。これを使えば骨格を小さくすることが出来ます。

骨気は頭の骨と骨の間を埋めるように、手の平を使って骨に圧をかけていくという方法です。骨と骨の開いていた隙間が埋まることで、顔の輪郭が一回り、人によっては一回り以上も小さくなるのです。

小顔にする為には骨気の他にも、最近ではかっさを使うという方法も流行っています。かっさの使い方やマッサージ方法に関しては以下の記事を参考にしてください。

顔が小さい人って何センチなの?

日本人の顔の平均サイズは何センチ?

どうすればどう小顔に見えるか?ではなく、実際小顔というのは何センチが基準なのかという部分を見ていきましょう。まず日本人の平均の頭部の高さは女性だと218.0mm、頭の横幅は、153.3mmだそうです。

平均以下なら小顔

笑顔の女性

平均の高さは218.0mm、横幅は153.3mmなので、単純に高さが218mm以下、横幅が153.3mm以下ならば小顔ということになります。

顔が小さい人の特徴から選ぶおすすめの髪型

顔が小さいことでの髪型の悩み

顔が小さければ一般的にはうらやましく思われることが多いですが、顔が小さい人は小さい人なりの悩みがあります。顔が小さいことでの髪型の悩みとはどんなことなのでしょうか?

髪型の悩み

  • 髪のボリュームが強調されやすい
  • 髪が少ないと更に小さく見える
  • 髪が多いと頭が大きく見える

顔が小さい人におすすめの髪型は?

顔が小さいと髪の量を多くしたり、ロングしてしまうとどうしても更に顔が小さく見えてしまうので、小顔を利用した髪型となると、やはりショートヘアがおすすめです。ショートヘアは小顔を強調できる髪型ですし、顔が大きい人は似合いにくい髪形なので、せっかく小顔ならショートヘアに挑戦しましょう。

また、ショートヘアをしたことがないという女性はショートヘアのアレンジの仕方を紹介している記事があるので、そちらを参考にショートヘアで遊んでみましょう。

顔が小さい人の特徴から選ぶおすすめのメガネ

顔が小さいとメガネ選びにも困る

大きいメガネ

髪型と同様、顔が小さい人の特徴として、サングラスやメガネが似合わないという点もあります。どんなメガネもサングラスも大きく見えてしまい、ちょっと情けない姿に見えてしままいます。

顔が小さい人のメガネの選び方

メガネ

まず、顔が小さい人に似合わないといわれているメガネはどんなメガネなのか?その部分から見ていきましょう。まずこの様なメガネを選ばない様にしてください。

顔が小さい人に似合わないめがね

  • ビッグフレームメガネ
  • フレームが太いメガネ
  • フレームの色が濃いメガネ

以上のことから、逆にどんなメガネが似合うのか?ということがわかると思いますが、顔が小さい人でも似合うメガネを見つけるには子供用メガネを探してみてください。または海外ブランドのメガネでも比較的小さいサイズのメガネがあるので、小さい顔の人でも似合うメガネが見つかりやすいです。

顔が小さい人の特徴を知れば作り小顔も出来る!?

顔が小さい人の特徴、基準や何センチなのか?という部分から顔が小さい人の悩みまで紹介しました。顔が大きい人は顔が小さい人の特徴に憧れるかもしれませんが、顔が小さい人は小さい人なりに悩みがあるものです。

小顔に憧れている人は何センチということも紹介しましたが、何センチかというよりも骨格や何頭身が重要だということもわかって頂けたかと思うので、今回の記事を参考にどうすれば自分が小顔に見えるかというのも研究してみてくださいね。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。