INDEX

デブとは言わせない!水着選びのポイントとは?

視線をそらしてくれるもの

ファッション

今年の夏は遊びたい!プールに海にバーベキュー!楽しい事が盛りだくさんですね、しかし着になってくるのが体型…夏は水着以外にも露出が多いファッションになる季節ですよね?自分の体型に自信がないから…と言っておしゃれを諦めていてはもったいない!

ちょっとした工夫一つで、その人の衣装はガラッと変わるものです。自分の体形に自信がない、デブだって思われるのではないか…と悩んでいるのならまずは気になるコンプレックスから視線をそらしてくれるようなものを選ぶのがコツですよ!

柄にも気を付けて

ファッション

ここで注意したいのがファッションの柄や色でしょう。有名なのがピンクや黄色と言った所謂「膨張色」と言われる色です。膨張色はその名の通り太って見えてしまうので逆効果です、また横ストライプなどの柄も同じく太った衣装を与えてしまう柄です…服や水着を選ぶ際には柄にも注意したいですね。

デブだって可愛い水着が着たい!

ビキニは憧れ

夏と言えば海!海と言えば水着!そしてビキニですよね、しかし多くの女性はビキニを着ることに一瞬でも躊躇してしまいます。女性にとってビキニへのあこがれはとても大きいものだったりするのです。

女性の魅力を引き出してくれる

可愛い水着やスタイルの綺麗な水着は女性の魅力を最大限に引き出してくれるものでもありますよね。何より、可愛くて綺麗な水着を着ることで女性にとっても気分があがるものです。

水着にもたくさん種類がある!

やっぱり着たい、王道なビキニ

やっぱり水着と言ったらビキニですよね!海やプールの定番とも言えます、あこがれはあるもののなかなか着れない人や一度も着た事がないなんて女性も少なくはありません。数ある水着の中でも一番人気であり王道とも言えるのがビキニです。

ビキニにもさまざまな種類がありますよね、一般的なビキニは女性の下着と同じように上下にわかれた形をしています。しかしビキニの中にも形や特徴があります。三角ビキニやブラジル発祥のブラジリアンビキニなど、自分のスタイルに合ったものを選ぶ必要があるのです。

ぽっちゃりさんでもビキニは着れる

ビキニを着よう!と決意しても悩みは尽きないものです。ビキニの場合他の水着に比べて露出面積が多いですから身体のコンプレックスや日焼けが気になる…なんてことありますよね。

足に自信がない…二の腕が気になる、などなど悩みはそれぞれですよね。自分に合う水着はどんなものなのか選ぶのですら一苦労です。しかし、水着の特徴を掴めばぽっちゃりさんでも可愛い水着が着れるのです。ぽっちゃりさんにもおすすめな水着の選び方ポイント15個をご紹介します。

ぽっちゃりさん向け水着の選び方のポイント15個

ポイントその1:バランスを良く見せる

スタイル

それでは水着の選び方のポイント15個を紹介していきます。体型が気になる…デブって言われたくない!そんな人にはまず自分の体形をカバーしてバランスを良く見せることが大切です。例えば、肩幅が気になるのならばその部分を強調させない事が重要なのです。

タンクトップ系の水着やビキニの場合、肩幅や上半身のぽっちゃりしてしまった部分を隠してカバーしてくれますよ。二の腕付近が気になりデブって言われちゃうのでは…と悩んでいるならタンクトップやサロペットなどを選んでみましょう。

ポイントその2:腰回りをチュニックでカバー

ウエストや腰回りのお肉が気になる…デブと言われてしまったと悩んでいる方にはチュニック系の水着をおすすめします!また肩から太ももくらいまであるワンピースタイプの水着でも腰回りを隠してくれるのでおすすめですよ。

タダシミニスカートタイプは選ばない方がよさそうです、スカートが短めだとどうしても太ももやお尻が強調されて見えてしまいがちですので注意しましょう!ショートパンツタイプの水着を中に来て上から羽織るタイプのチュニックでもお腹周りをカバーしてくれるのでデブなんて言わせませんよ!

ポイントその3:カラーでしゅっとしたスタイルに見せる

先程も述べたように、水着を選ぶときカラーも重要となってくるのです。水着は夏に着るものですからどうしても夏をテーマにしたカラーを選んでしまいがちですがここには落とし穴があるのです!夏らしい南国イメージのカラーや明るい色を選んでしまうと中には逆効果となる膨張色が含まれていた!なんてことがあります。

ぽっちゃりやデブと言われ悩んでいる人にはまず、明るめの色を選ばない事をおすすめします!体型をカバーしたいのであればなるべくシックなものを選ぶようにしましょう。特にネイビーやブラックなどの大人っぽいイメージのカラーで、ワンポイントとしてビーチサンダルやアクセサリーなどに明るいカラーを使いましょう!

ポイントその4:上半身のカバーにフレンチスリーブ

肩周りを隠すためにタンクトップタイプの水着をおすすめしましたが、逆に肩をまるっきり隠してくれるフレンチスリーブタイプの水着もおすすめです。フリルの付いたものであれば可愛さを演出してくれます。

フリルの効果で女性の可愛らしさを引き出してくれるだけではなく、肩のフリルはバストのボリュームアップ効果も視覚的に与えてくれるのです。肩幅を隠して胸を強調してみせてくれるので一石二鳥ですね!

ポイントその5:小さい花柄

単色じゃつまらない!可愛くない!と柄を入れたいと思う方におすすめなのは小さ目の花柄です。細かくたくさん花柄があしらわれたものを選びましょう。全体的に体系へ意識を向けない為にも大きな花柄よりは小さめの花柄を選ぶと良いでしょう。

全体的に明るいイメージのものは控えてください、花柄ではあるけど全体的に見ると膨張色になってしまっては意味がありません。シックなイメージから細かい花柄を選ぶことで、着やせ効果も得られると言われています。

ポイントその6:ドットも効果的

みずぎ

デブという印象を植え付けてしまう要因にはやはり柄も重要なのです。大きいイラストが足わられたものだとデブの印象だけではなくなんだか子供っぽい人だな…と言う印象も持たれてしまいがちです。確かに子供向けの水着は大きくキャラクターが描かれたものが多いですよね?

この人デブだな…と思われないポイントの一つとして細かいドットも効果的です。大きな水玉は避けましょう、細かく描かれたドットが有効です!水着以外にも普段のファッションにも有効ですので是非とも活用してみてください。

ポイントその7:ストライプがあしらわれたもの

スタイルを良く見せるファッションとしてストライプをうまく活用することも有名ですよね?最近の水着はバラエティ豊かになってきましたから、パンツタイプや足元まで隠れるような水着も出てきています。そこで是非選んでいただきたいのがストライプ柄です。

ストライプ柄には細く見せるだけではなく足を長くすらっとした印象を与えてくれます。最近はやりのワイドパンツやガウチョパンツにもストライプがあしらわれたものも多いです。腰回りから太ももにかけてデブのイメージを払拭したい方におすすめです。

ポイントその8:パレオで隠す

デブと言う印象を隠すために有効なのが「パレオ」です。パレオと聞くと南国のハワイアンダンスやフラダンスのイメージがありますね。腰回りからお尻、太ももをカバーしてくれるだけでなくひらひらとしたパレオは女性らしさを引き出してくれます。

またパレオを着用するときにはなるべく高い位置に巻きつけるようにしましょう、足が長くてウエストが引き締まった印象を与えてくれますよ。またあえてパレオは派手で明るい色を選びましょう、抜け巻によって着やせ効果に繋がります。トップのビキニは暗めでシックなものを選んでください。

ポイントその9:日焼けにも効果的!ラッシュガード



日焼け対策としても効果的なラッシュガードで気になる部分をカバーしちゃいましょう!日焼け対策以外にも怪我などから身を守ってくれたり、体温の低下を妨げてくれたりとラッシュガードは便利な部分がたくさんあるのです。

ラッシュガードを羽織ることで二の腕などの上半身をカバーしてくれます。最近では襟のついた可愛いものからスポーティーなものまで多彩ですので自分の好きなものを選んでも良いですね。腕をすらっと見せてくれる効果もあるのでデブの衣装を避けたい人に効果的なアイテムなのです。

ポイントその10:あえてピッチリとさせる!

露出を控えて、ゆったりとした水着を選ぶことが多いですがその人の体形によっては逆効果になってしまうこともあるのです。もしもおデブに見えて困る…と言う人の中でもある程度くびれがある方は逆にピッチリとした水着を選ぶのもいいかもしれませんよ!

ピッチリとした水着を選ぶことでバストやヒップにメリハリが生まれます。身体にフィットすることで自分の自身のある部分を強調しましょう。あえてピッチリさせることでウエストがさらに細い印象を与えてくれますよ。水着の選び方15個の中でもあまり知られていない方法ではあります。

ポイントその11:ワイヤーの入ったビキニを選ぶ

水着の中にはワイヤー入りなもの、カップが入っているもの、などさまざまな特徴があります。ぽっちゃりさんにおすすめな水着は「ワイヤー入りの水着」です。ぽっちゃりさんにはカップは比較的必要にはなりませんのでワイヤーの入ったものを選ぶようにしましょう。

ワイヤー入りの水着を選ぶことでバストを上げてサポートしてくれます。そのためデブにみせない15個の選び方でも有効です。また脇周りのお肉をワイヤーによって支えられることで、メリハリのある体つきにしてくれますよね。ブラカップの下にワイヤーが入っているのでしっかりと胸をアップさせて自分で調節も出来ますよ。

ポイントその12:ハイウエストタイプを選ぶ

デブの印象をなくす水着の選び方の一つとしても有効なのがハイウエストタイプのビキニです。通常のビキニよりもウエストの位置が上に出来ているので視線をそらす効果があります。またハイウエストによって引き締めてくれる効果もありますので、着やせして全体的に細く見せてくれるのです。

ハイウエストビキニの場合、全体的に細く見せてくれるだけではなくウエストの位置を上に見せてくれるので足が長く見せてくれます!またハイウエストなので気になるお腹周りも綺麗にカバーしてくれる優れものですよ。

ポイントその13:ワンピースを選ぼう

ぽっちゃりさんにおすすめな水着としてワンピースがあります。ワンピースの最大の特徴は胸元のVラインでしょう。Vラインが入っていることでバストに視線が行きやすくなります。またふわっとした印象でお腹周りをカバーしてくれるのです。

ウエストにくびれがなく、デブって思われそうで自信がない…と思っている方に有効な水着ですよ。シックで大人っぽい印象のものを選べば女性らしさやセクシーさも演出できちゃいます。

ポイントその14:カシュクールタイプのワンピ

カシュクールタイプのワンピースはVラインの胸元だけではなく、ハイウエストのように胸元のカシュクールによってシュッとしたウエストを演出してくれます。

カシュクールによってウエストを細く見せてくれるだけでなく、ハイウエストビキニと同じ様に足を長くすらっとした印象にもって行ってくれますよ。全体的に細いイメージを与えてくれるのでデブだなんて言わせません!

ポイントその15:二の腕をカバーしてくれるオフショルダー

上半身のぽっちゃりが気になる!そんな方におすすめなのがオフショルダーの水着です。近年流行とも言われているタイプの水着で胸元から二の腕にかけてコンプレックスに感じている方にはぜひオフショルダータイプをおすすめします。またハイウエストビキニと一緒に併せることで全体的に細く見せてくれますよ。

デブにみせないコツ!小物にもこだわる

ヒールタイプのサンダルを選ぶ

水着で体型をカバーしたけど、でもまだ不安な方は小物にもこだわってみましょう!デブの衣装がついてしまう体型にはヒールタイプのサンダルがおすすめです。ヒールは足もとを細くそして長く見せてくれる効果があります。

厚底のビーサンも有効的!

また最近では厚底タイプのビーチサンダルや、ヒールのあるビーチサンダルも多く販売されています。ぺったんこのビーサンを選ぶよりもちょっと厚めのものを選んで足もとから細くシュッとした体形を演出しましょう!

デブにみせない!Tシャツみたいな水着がいい!

体型を隠す最終手段

水着

どうしても肌を見せたくない…体型をすべて隠してしまいたい…そう感じているならばTシャツタイプの水着を選びましょう!最近では女性らしいTシャツの水着もたくさんありますし下はボトムでお尻をカバーしてくれるものが多いですよ。

透け感のある物もあり!

水着

トップのビキニの上にちょっと透け感のあるTシャツを着ても良いでしょう、その際は暗めのトップを選ぶことで大人っぽさや色っぽさを演出してくれます。

デブに見えちゃう!逆効果なファッション

横ストライプはNG

ぽっちゃりさんへのおすすめの柄としてストライプをあげましたが、横ストライプはおすすめできません。何故なら横向きの場合逆効果になりかねないからです!縦へのストライプは細く見せてくれる効果がありますが、横は逆に太く見せてしまうのです。

大きな水玉のピッチリ水着

小さなドット柄に比べて大きめのドットを選んでしまうと逆効果になることがあります。またピッチリタイプの水着で大きめの水玉を着てしまうと水玉が広がって見えてデブの衣装を与えてしまいますので注意してください。

デブをちょっとでも細く見せるために!

自分に合った水着を選ぶ

ファッション

海やプールに行って水着を着るとなったらどうしても気になっちゃうのが体型などのコンプレックスですよね?露出の多い季節ですから少しでも細くきれいなスタイルに見せたいものです。デブだと思っている場所によって選べる水着の種類もさまざまですから自分の体形に合ったものを選ぶように心がけましょう。

あなたの魅力を活かそう!

魅力

あなた自身の魅力は必ずあります。痩せる努力をしてもいいでしょうし、そのままの体系を活かす方法もあるでしょう。コンプレックスの部分をカバーして、デブだなんて言わせないようにしましょう!

最適な水着を選んで最高の夏にしよう!

いかがでしたでしょうか?ここまでぽっちゃりさんでも魅力的にみせてくれる水着やそのポイントに迫ってきました。上半身をカバーしてくれるものから、太ももや腰回りを隠してくれるものまでたくさんありましたね。たくさんあって悩んでしまうかもしれませんがまずは自分の体型と向き合ってみましょう!

自分の体形と向き合って自分はどこがコンプレックスだと感じているのか、どこを隠したらバランスよく魅力的な水着を着て楽しめるのかを確認することが大切です!その上で柄や色などに注意して自分をより一層輝かせてくれる水着を選びましょう。あなたにとっての夏が充実したものとなりますように願っています。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。