INDEX

そもそもボブってどんな髪型?

グラデーションカットで作ったヘアスタイルのこと

ボブヘア

ボブとは髪が肩ぐらいまでの長さで、トップから全体に丸みを帯びているスタイルのことをいいます。まとまりがあり、重ためのスタイルが特徴です。ボブスタイルが人気で魅力的な理由として、ボブといってもいろいろな種類があるので、どんなひとでも必ず自分に似合うスタイルがみつかるというところです。

ボブスタイルはセルフカットができる!

ハサミ

セルフカットは失敗したらどうしようと思い、なかなかやる気になれないかもしれませんが、コツさえわかれば自宅で好きなときにできるようになります。必要な道具も簡単に揃えることができますし、毎月の美容院代も節約することができます。この記事ではボブのセルフカットのやり方と、道具とちょっとしたコツを紹介します。

【道具編】ボブのセルフカットのやり方は?

ボブのセルフカットに必要な道具①鏡

鏡

鏡は自宅に持っているというひとがほとんどだと思います。持ち運べるような小さな手鏡よりも、髪全体を見られる大きさの鏡のほうが、カットしているときに全体のバランスが見やすいのでおすすめです。ついでに少し大きめの手鏡もあると、大きな鏡と合わせ鏡をして後ろ髪の確認が簡単にすることができますよ。

ボブのセルフカットに必要な道具②コーム

コーム

髪を整えることができれば普通のくしでもいいのですが、できれば平たいコームを用意しておくと、カットするときに切る目安にできるので、カットした毛先がガタガタになる失敗を減らすことができます。それにコームの柄がとがったものを使えば、髪を分けるときにキレイに分けることができるのでおすすめです。

ボブのセルフカットに必要な道具③ハサミ

ハサミ

ハサミは必ずヘアカット専用のハサミを用意しましょう。工作バサミのようなハサミでは髪を痛めてしまう原因になります。セルフカットをする場合、通常のハサミのほかに、スキバサミもあるとおすすめです。通常のハサミでバッサリ切ってもいいのですが、スキバサミで少しずつ切っていくと切りすぎる失敗がしにくいですよ。

ボブのセルフカットに必要な道具④霧吹き

霧吹き

百円ショップなどで手に入る霧吹きです。カットする前に髪の毛を濡らすために使います。髪の毛を濡らすことで髪がまっすぐになり、毛がまとまるのでカットしやすくなります。あらかじめシャワーで髪を濡らしてもいいのですが、カットしているうちに髪が乾いてしまったときなど、水分を足したいときに使えるので便利です。

ボブのセルフカットに必要な道具⑤ダッカールピン

髪

髪の毛をブロッキングする際に使う、美容室でもおなじみのダッカールピン。カットするときに髪にはさめば、カットするときの目印にもなるのでとても役に立ちます。髪の毛をまとめられればいいので、ダッカールピンを持っていない人や、ダッカールピンではうまく髪をまとめることができないひとにはヘアゴムがおすすめです。

ボブのセルフカットに必要な道具⑥ケープや新聞紙

散髪

カットした毛は注意していても飛び散ってしまいます。毛を散らかさないように、散髪用のケープを用意しましょう。百円ショップなどでも手に入ります。散髪用のケープがない人は、床に新聞紙など大きめの紙を敷いて、体が入るくらいの大きめのゴミ袋をかぶれば、散髪用のケープと似たような役割をはたしてくれますよ。

【実践編】ボブのセルフカットのやり方は?

ボブのセルフカットのやり方①ブロッキングする

髪を濡らす

はじめに霧吹きなどで髪全体を濡らします。全体的に髪がしっとりしたら、カットしやすいようにダッカールピンを使って髪の毛を分けていきます。最初に耳の前と後ろで髪の毛を分け、前方の髪の毛をまとめてしまいましょう。そして、残った後ろ髪を二つに分けて、さらに上、真ん中、下と3等分してまとめてください。

はじめてセルフカットするひとや、失敗するのが不安だというひとは、髪をもっと細かくブロッキングしておく方法がおすすめです。先ほど後ろの髪を上、真ん中、下と三等分しましたが、そこからさらに左、真ん中、右と三等分して細かくするだけです。手間はかかりますが、一度に切る量が少なくなるので失敗が減ります。

\ POINT /

ダッカールピンでうまく髪がまとめられなかった時はヘアゴムを使う

自分でダッカールピンを使って髪がまとめられないひとにおすすめなのは、ヘアゴムを使うことです。ピンでとめるよりも外れにくくなります。ダッカールピンだとゆるくまとまってしまうこともありますが、ヘアゴムだとキレイにまとめることができます。また、髪の毛が長いひとや多いひとも、ダッカールピンよりヘアゴムを使った方が、カットするときに邪魔にならないかも知れません。

ボブのセルフカットのやり方②後ろの髪を切る

鏡を見る女性

髪は下からカットしていきます。まず初めにカットするのは、ブロッキングした後ろの髪の、一番下の髪です。まとめておいたダッカールピンを取り、コームで髪をまっすぐに整えます。そして切りたい長さに合わせてダッカールピンで髪を挟むか、コームを当てて、ハサミで少しずつカットしていきます。

\ POINT /

少し長めにカットすると修正しやすい

カットするときに理想よりも少し長めにカットしておくと、切りすぎたという失敗をすることがありません。髪は乾いたら少し短くなるので、最終的に整えるのは髪を適度にカットし終えて、髪を乾かしてからにしましょう。

次に、真ん中にまとめた髪を下ろして、一番下の髪の長さに合わせてカットします。カットするときは、真ん中にまとめた髪を、はじめにカットした髪の長さに合わせて、ダッカールピンでとめるとカットする長さがわかりやすくなります。カットする前には、必ずコームで髪をまっすぐに整えましょう。

一番下と真ん中のカットが終わったら、最後は一番上の髪を同じようにカットしていきます。一番上にまとめた髪を下ろし、コームで整えて少量ずつカットしていきましょう。この時にはじめにカットした髪より少し長めにカットすると、髪の毛が内巻きになるのでまとまりやすくなります。

ボブのセルフカットのやり方③前側の髪を切る

ボブヘア

後ろ髪のカットが終わったら、前半分の髪の毛を切ります。前半分の髪の毛を上下に分けて、上の髪はダッカールピンでひとつにまとめます。そして下ろしたままの下半分の髪を、後ろ髪に合わせてカットしましょう。最後に残った上半分の前髪を下ろしてカットしたら、全体のバランスを見ながら微調整して、できあがりです。

セルフカット以外でもセルフカラーに興味がある方は下記記事をご覧ください。「セルフで髪をグラデーションカラーにするやり方」につて詳しく解説しています。自分でグラデーションカラーができるなんて驚きですよね。是非合わせてチェックしてみて下さいね。

Small thumb shutterstock 437756851 1
関連記事 セルフで髪をグラデーションカラーにしたい!やり方徹底解説

近頃よく見るグラデーションカラーの髪っておしゃれできれいですよね。実は

カチューシャを使ったボブのセルフカットのやり方

カチューシャで簡単にボブのセルフカットができる!

カチューシャ

自分で後ろ髪を確認しながらカットするのは難しく、見えない分、手間取ることも多いです。ですが、カチューシャを使うと、後ろを見なくても簡単にカットすることができるようになるんです。この方法は髪をブロッキングすることもないので、髪の毛をうまく分けることができないというひとにもおすすめです。

カチューシャで簡単に!ボブのセルフカットに必要な道具

ヘアセット

先に紹介したボブのセルフカットのやり方【道具編】の道具のほかに、飾りなどがついていないシンプルなカチューシャと、バリカンを用意します。バリカンの種類は色々ありますが、有線タイプのものよりも無線タイプのものの方が、自分で使っているときにコードが邪魔にならないのでおすすめです。

カチューシャで簡単に!ボブのセルフカットのやり方

コーム

まずカチューシャを普通につけてください。カチューシャをおでこから後頭部へ向けて、希望のボブの長さまでずらしていきます。希望の長さまでずらしたら、左右がまっすぐになっているかを確認して、カチューシャを動かさないように手でしっかり固定してください。カチューシャにそって髪を電動バリカンで刈っていきます。

カチューシャが動かなければ、カチューシャに沿って後ろ髪がまっすぐ刈られていきます。バリカンを入れる範囲は耳の後ろあたりから後ろ髪までにしましょう。バリカンで刈り残しがないように切ったら、カチューシャを外します。耳の横の左右の刈り残しを、バリカンではなくハサミを使ってバランスを見ながら切っていきます。

\ POINT /

あらかじめ切りたい長さの所にスキバサミを入れておくと刈りやすい

カチューシャを使ったボブのセルフカットのやり方をするときは、後ろ髪をバリカンで刈るまえに、あらかじめ希望の長さの場所にスキバサミを入れておくと刈りやすくなります。バリカンで刈るときに髪が逃げたりして刈りにくい場合もありますが、先に毛の量を少なくしておくと、多い毛束を刈るよりも刈りやすくなるからです。なかなか刈れないというときはスキバサミでカットしておきましょう。

Q web

https://ameblo.jp/uraran33/entry-10597949869.html

引用元:三十路過ぎ・・・独身レジバイト

動画で「ミディアムボブ」の切り方&やり方を学ぼう!

セルフカット動画で「ミディアムボブ」の切り方を勉強

わからない

ミディアムボブの具体的な切り方がイメージできない時は、髪の毛のセルフカット動画を見ることをおすすめします。だいたいの流れは同じですが、細かな部分が違っているので、自分のやりやすい切り方がきっと見つかります。

実際にセルフカットしている動画を見ることでイメージもしやすくなりますよ。この後おすすめ動画を紹介していきますが、ボブのセルフカットのやり方の動画はたくさんあるので、自分ができそうなやり方を探してみるのも良いですよ。

「美容師のボブカットレッスン講座」もセルフカットの参考になる

動画を見る

美容師さんのボブカットレッスン講座も参考になりますよ。セルフカットのやり方ではありませんが、ボブカットをするときのポイントを細かく説明しながらカットしてくれているのでとてもわかりやすいです。動画は6つあって長いですが、細かく説明が聞きたい、ゆっくり見れる時間があるというひとにはおすすめです。

自分でボブのセルフカットを行っている動画はこちら!

動画を見る

ボブのセルフカットのやり方の中でも、とくに難しいのが後ろの髪だと思います。この動画では後ろ髪をゴムでひとまとめに結んで、バリカンで刈っています。他の動画と違い、誰かに切ってもらっているのではないのでイメージしやすいのではないでしょうか。再生時間も5分ないくらいなので、すぐに見ることができます。

自分で後ろの髪の毛をキレイにセルフカットするコツは?

後ろの髪の毛は「少しずつ切る」のがセルフカットで失敗しないコツ

失敗した

セルフカットで失敗してしまった原因として多いのは、切りすぎて失敗したということではないでしょうか。その失敗は、少しずつ丁寧に切ること、そして自分でイメージしているよりも長めにカットして、少しずつゆっくり微調整しながらカットしていけば減っていきます。

美容師さんのカットの仕方を見よう見まねでやってしまうと、思わぬ髪型になってしまうこともあります。セルフカット初心者さんや慣れていないはじめのうちは、少しずつ慎重に、そして丁寧にカットしていけば、カットしたときの失敗が減っていきます。そして回数をこなしていくと、失敗することもなくなるはずです。

ついつい勢いあまって切ってしまうかもしれませんが、慣れないうちは少しずつカットしていきましょう。セルフカットがはじめてだというひとは、いきなりボブのセルフカットのやり方をしてしまうより、まずは少量の前髪からセルフカットの練習してみるといいかもしれません。

後ろの髪の毛は「下を向かず、まっすぐ正面を見て」カットする

まっすぐ正面を見る

カットするときには必ずまっすぐ正面を見てカットしましょう。特に前髪だとカットした毛が髪にかかってしまうこともあるかもしれませんが、切りすぎてしまうので下を向いてはいけません。下を向いたり顔を横に傾けたりせずに、まっすぐ前を向いたほうが左右のバランスも整ってきれいな仕上がりになります。

セルフカットにおすすめなボブスタイル

セルフカットにおすすめ①切りっぱなしボブ

切りっぱなしボブはブラントボブといって、毛先をまっすぐに切ったボブスタイルです。ふわっとして丸みを帯びたボブが流行っていましたが、外ハネになっているシャープなシルエットのボブも一昨年から人気が出てきているんです。切りっぱなしボブは毛先のざっくり感が魅力で、海外セレブやモデルさんの間で人気があります。

通常だと切り口が見えないようにぼかしたりしていますが、切りっぱなしボブはあえて切り口がバツっと見えるようになっているんです。一見こどもっぽくなってしまいそうですが、切りそろったカットラインがほどよいラフ感やクラシカル感を出してくれるので、大人っぽい上品な雰囲気になります。

ボブのセルフカットのやり方がわかっても、自分でキレイに整えられない。もしくは、きっちり満足する出来にならないというひとでも、【切りっぱなしボブ】なら毛先をまっすぐに切ったボブスタイルなので、きちっと毛先を切り揃えることもありません。ボブのセルフカットのやり方の中でも簡単にできるのではないでしょうか。

セルフカットにおすすめ②ミニボブ

見えづらい襟足部分をバリカンで刈って、左右の髪はハサミでカットするだけなのでとても簡単にカットすることができです。バリカンはアタッチメントを変えればカットの長さを変えることができます。アタッチメントの種類が多く、長めのカットができるバリカンを選んでくださいね。

カットの説明などはありませんが、バリカンとハサミを使って、ミニボブにしている様子の動画があったのでひとつ紹介します。30秒ほどの動画なのですぐに見れますよ。

セルフカットにおすすめ③ミディアムボブ

ミディアムボブもセルフカットにおすすめです。少し長めのボブスタイルなので比較的自分で切りやすい髪型ですよね。ミディアムボブはある程度の長さがあるので普段のアレンジもいろいろ楽しめるのが嬉しいです。もしセルフカットで少し失敗してしまってもアレンジ次第でなんとでも素敵にセットできちゃいますよ。

髪を結んだり、コテで巻いたりしていい感じにごまかせるミディアムボブは、セルフカット初心者も安心して挑戦できます。万が一失敗してしまっても長さがあるので美容院で直してもらえますよ。「自分で髪を切るのがちょっと怖い…」という女性は是非ミディアムボブのカットに挑戦してみて下さいね。

また「コテやアイロンは髪が痛むので使いたくないけど…巻き髪はしたい」という方は下記記事をご覧ください。「おすすめ100均カーラー&簡単巻き髪・カーラーの使い方」について紹介しています。100円のカラーで素敵な巻き髪が作れちゃうなんて驚きですよね。是非参考にしてみて下さい。

Small thumb shutterstock 380387038
関連記事 100均カーラー8選!ダイソー/セリア別・簡単巻き髪&前髪・使い方も

あなたは100均のカーラーを使ったことはありますか?ダイソー/セリア/

ボブのセルフカットのやり方を楽しもう

ひとくくりでボブといっても、大人可愛いボブヘアから色気のあるボブヘアまでたくさんの種類があり、そしてそのアレンジもたくさんあります。ぜひ、あなたに似合うボブスタイルを見つけて、ボブのセルフカットのやり方をマスターして、ボブを楽しんでみて下さいね。

最後に「髪が多くてまとまらない…」と悩んでいる方は下記記事をご覧ください。髪が多い人必見の「重い髪を薄くする方法」について紹介しています。是非参考にしてみて下さい!

Small thumb shutterstock 177721904
関連記事 髪が多い人はすくといい?段を入れる?重い髪を薄くする方法

髪の量が多い人は、美容院ですく人が多いと思います。なにしろアップにすれ

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。