INDEX

朝のパーマのスタイリングをラクにする夜の手入れは?ブローのコツは?

朝のパーマスタイリングやセットがラクになる手入れ①しっかり根元を乾かす

夜はシャンプー後、よくタオルドライし、ドライヤーで髪の根元を乾かします。指を入れて髪を浮かせながら、地肌にドライヤーの風を行き渡らせましょう。

湿り気が残らないように、髪の根元を完全に乾かすことは夜の手入れで欠かせません。すると毛先も自然に乾いてきます。朝のセットやスタイリングを楽にするために、しっかり根元を乾かしましょう。

\ POINT /

根元を乾かすことが重要なポイント

実は根元がヘアスタイルを決める大事な場所。よく乾かさないと翌朝、根元から変なくせがついてしまい、直すのが大変になってしまいます!

手入れ②手洗い流さないトリートメントをつけてブロー

ドライヤーをかける前には、必ず洗い流さないトリートメントをつけて、ドライヤーの熱から髪の毛を保護すると良いでしょう。毎日の事なので、このひと手間で髪のダメージが違ってきます。また、なめらかさが出てスタイリングもしやすく、仕上がりも良くなります。

オイルタイプ、クリームタイプ、ミストタイプと色々ありますので、お好きなものを選んでみましょう。いい香りのする、お気に入りの洗い流さないトリートメントがあると、気分も上がりますね。

コールドパーマとデジタルパーマの性質の違い

コールドパーマは濡れている時にパーマが出る

コールドパーマは、1剤と2剤のパーマ液を使って、お薬の力でかけるパーマです。濡れている状態の時、いちばん強くパーマが出て、乾かすとパーマがゆるくなります。根元からかけられるので、ボリュームを出したり、柔らかい印象のカールを得意とします。熱を加えるパーマよりも、傷みにくいと言われています。

コールドパーマの性質から、スタイリングのコツがあります。上手にコツを掴むと、短時間で素敵に仕上げられるようになりますよ。詳しくは、「コールドパーマの朝が楽チンなスタイリング方法」を見て下さい。

デジタルパーマは乾かした時にパーマが出る

デジタルパーマは、薬剤と60℃以上の熱の力でかけるパーマです。デジタルパーマは、乾いている状態の時にパーマが強く出ます。熱を加えるので、地肌に近い根元にはかけられませんが、コテで巻いたような質感を出す事ができます。パーマの持ちも良いのが特徴です。

熱を加えるパーマなので、コールドパーマに比べるとダメージが大きいと言われています。どちらのパーマが良いか、髪質によっても合う合わないがありますので、信頼できる美容師さんに相談しましょう。

コールドパーマ:朝の簡単な手入れとスタイリング方法

朝のパーマの手入れ・スタイリング①毛先中心にしっかり濡らす

朝は、毛先をスプレーや寝ぐせ直しミストなどを使ってしっかり濡らします。朝シャンする人はシャワーで濡らしてしまうのもGOOD。コールドパーマを綺麗に出す手入れのポイントは、よく濡らすこと。いちどしっかり濡らしてからスタイリングするのがコツです。

朝のパーマの手入れ・スタイリング②スタイリング剤を上手に使ってセット

コールドパーマの場合、よく濡らしてパーマを出してからスタイリング剤をつけ、自然乾燥させると朝の手入れが簡単です。ワックスやムースなどスタイリング剤を付けておくと、乾いた時にカールがキレイです。

下記の記事でパーマヘアにおすすめのスタイリング剤を紹介しています。朝の手入れやセットを簡単にしたい人や綺麗なパーマに見せたい人は是非ご覧ください。

Small thumb shutterstock 402572776
関連記事 パーマ向けスタイリング剤ランキングTOP7|おすすめの市販ムースは?

パーマをかけたらヘアアレンジも楽になってバリエーションも増えますよね。

遅刻寸前!とにかく時間がない朝のパーマの手入れ・セット・スタイリング

遅刻

髪を濡らす時間もない!とても急いでいる朝に簡単に手入れやセットするには、コールドパーマなら、ムースやパーマを立体的に出すタイプのスタイリング剤をささっと揉みこめば、パーマが出てきちんとした印象になります。濡らしてパーマが出る、コールドパーマならではの利点ですね。そのまま自然乾燥でオッケーです。

デジタルパーマ:朝がラクになる手入れとスタイリング方法

パーマの手入れ・スタイリング①下準備は夜のうちにやっておく

ヘアケア

デジタルパーマは、夜のうちに乾かし、しっかりパーマを出してセットしておくと、実は朝の手入れが楽なんです。スタイリング方法は、根元を乾かしたあと、毛先はねじりを加えながら、手のひらでふんわり包んでカールを作るように、少し持ち上げてドライヤーの熱をあてスタイリングします。

手の隙間から、ドライヤーの温風をあてて乾かしていきます。乾いたなと思ったら、冷風に切り替えて冷やします。すると、カールがよく固定されます。全体をいくつかに分けて、スタイリングしていきます。

夜のうちにきちんとセットして、そのまま出かけられるくらい、スタイリングをしておくのが朝の手入れを簡単にするコツです。スタイリング剤は、洗い流さないトリートメントのみを夜に使用し、ムースやワックスなどセット力があるスタイリング剤は、朝に使うといいでしょう。

パーマの手入れ・スタイリング②朝は軽いセットでOK!

デジタルパーマは、きちんとブローしてから就寝すれば、朝の手入れは楽チン!カールが比較的キレイに残っていると思います。少し潰れてしまった部分があれば、そこだけをスプレイヤーや寝ぐせ直しミストで濡らし、ドライヤーの熱でカールを出してスタイリングします。

デジタルパーマは、熱を加えることでカールが出るので、濡れたまま自然乾燥しても、キレイなカールが出てくれません。デジタルパーマの特徴を考えると、夜にしっかりブローしてスタイリングしておくことがコツ。朝が格段と楽になりますね。

パーマの手入れ・スタイリング③寝ている間にカールを守る便利グッズを使用

せっかく、デジタルパーマをかけて、毎晩がんばってスタイリングして寝ても、寝相がひどかったり寝返りが多くて、朝にはカールが取れてしまう…手入れやセットが面倒…なんて人はナイトキャップがおすすめです。昔ながらのイメージですが、シルク製のナイトキャップもあり、なんと美髪効果もあるそう。

ナイトキャップっておばちゃんのイメージしか出てこないかもしれませんが、今はとても注目されていて、髪を美しくしたいモデルさんや芸能人も愛用しているそうですよ。とくにデジタルパーマが増えている今、ナイトキャップがカールを守り、朝のスタイリングを楽にしてくれるので、試してみる価値はありそうです。

忙しい朝にパーマヘアのセットやスタイリングを簡単にする手入れのコツ!

根元を中心によく乾かすと朝のパーマの手入れ・セット・スタイリングが楽!

寝る

コールドパーマもデジタルパーマも、根元を中心によく乾かしてから寝ることが一番のポイントです。よく乾かしたつもりでも、どこか湿り気が残っていると、ひどい寝ぐせがつきやすくなります。頭全体を触って確かめるといいでしょう。

髪を濡れたままにしない

髪

髪が濡れたまま寝てしまうと寝ている間に枕などでこすれて、髪の表面のキューティクルが傷み、いくら朝パーマの手入れやセット・スタイリングを丁寧に行ってもパーマが綺麗に見えません。

パーマをかけた髪はとてもダメージを受けやすくなっているのです。せっかくパーマをかけたのに髪が傷んでボロボロでは、パーマの魅力も半減してしまいます。

また、乾かさないで寝ると、雑菌が繁殖して、頭皮のイヤな匂いの原因にもなります。なにより、寝ぐせの原因になってしまいますので、夜は髪をきちんと乾かしてから寝るようにしましょう。

忙しい朝でもパーマヘアのスタイリングを楽しもう!

いかがでしたでしょうか?忙しい朝は、少しでも寝ていたいですよね。今回は、コールドパーマとデジタルパーマのそれぞれの特徴から、朝が簡単、楽チンになるスタイリング方法を、ご説明させていただきました。

せっかくパーマをかけたのに、どうしてもうまくブローやスタイリングができない方や、これからパーマをかけようか迷っている方は、今回の内容をぜひ役立ててみてください。コツを掴んだら、毎朝のパーマヘアのスタイリングが楽しくなりますね!

パーマがかかっていると、ヘアアレンジもしやすいですし、ただ結んだだけでも毛先のニュアンスが出て素敵です。パーマをかけようか悩んでいる方もぜひ、この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

どれほどお手入れをしっかりしていたりとれにくいパーマをかけていても、時間が経てばかけた頃よりパーマが綺麗に出にくくなります。しかし、そんなとれかけパーマヘアもアレンジでしっかりパーマとは違うヘアスタイルを楽しむことができます。下記の記事でとれかけパーマのアレンジを紹介しているので、ご参照ください。

Small thumb shutterstock 530326441
関連記事 とれかけのパーマのおすすめアレンジ方法13選|ヘアケア用品や復活方法も

せっかくかけたパーマがとれかけてくると、気分も下がってしまいますね。今

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。