INDEX

水色の服って誰でも合う?おしゃれに着こなすコツ

水色ニットは無難に使える

水色の洋服って難しそう…合う人を選ぶんじゃない?と思っている女性は多いのではないでしょうか。水色というとスカイブルーのような鮮やかな色を思い浮かべがちですが、やわらかい色調の水色もたくさんあります。

水色は人の肌になじみにくいイメージがあるかもしれませんが、無機質な感じがホワイトやブラックなどにマッチするんです!普段からモノトーン系の洋服を買うことが多いなら、水色を取り入れてみるといいですよ。

モノトーンコーデに差し色として使うことができるカラーのため、意外と無難に着こなせる色なんです。トップスで取り入れてもいいですし、水色スカートやワンピでもOKですよ!

初心者はグレー寄りのブルーを選ぼう

今まであまり水色をチョイスしたことがないけど、チャレンジしてみようかな…という初心者はまずグレー寄りのものから選んでみてください。

淡いブルーがニュアンス程度に残った水色なら、合わせられる色の幅が広がるため着まわしがしやすくなります。ふんわりとした印象が強くなりますので、グレー寄りの水色って女性のファッションにとてもマッチするんです!

水色に合う色①相性No.1!【ブラック】

ブラックなどの暗色でアクセントを加える!水色がなじむコーデ

それでは早速水色コーデの実例をチェックしていきましょう!水色によく合わせるカラーと言えば、まずおすすめしたいのがブラック。ふんわりした水色と引き締まったブラックは相性が良く、全体的なバランスが取れるため鉄板の組み合わせなんです!

スカートで組み合わせる場合はマットなブラックだと重くなってしまうので、写真のような濃い暗色系のスカートでもおすすめ。おしゃれ感をアップさせるなら足元にさりげなく水色を使ってみましょう。水色パンプスはかなり使いやすくて可愛いので、一足持っておくといいですよ。

しっかりブラックもOK!肌見せで女性らしさUP

もうちょっと強めのブラックで挑戦したい、そんなときはこんなコーデをしてみましょう!ブラックの印象が重くなりすぎないように、トップスはちらっと肌見せできるものを選ぶと相性ばっちりです。

黒スカートと合わせる場合は、しゃきっとしたデザインのシャツはきちんと感が出すぎてしまいますので注意しましょう。黒×水色の抜け感のポイントは「肌見せ」と覚えておけば大丈夫です。

水色×黒パンツも最強!

水色のトップスに黒ボトムスをあわせるなら、きりっと引き締まったパンツがおすすめです!重くならないように細めのシェルエットを選ぶとよく合いますよ。

黒パンツと合わせるとカジュアルダウンした印象になりますので、「女性らしいスタイルの組み合わせばっかりで飽きてきた…」という方におすすめしたいコーデです!

スニーカーに合うので、ちょっとの用事でおでかけしたいときにもぴったり。特に水色ニットと相性がいいですし、着る人を選ばないのでチャレンジしてもらいたいコーデ実例です。

水色に合う色②女子力アップコーデ【ホワイト】

夏は爽やかに水色×ホワイトで

水色に合う色といったら、もちろんホワイトも欠かせません!爽やかな印象になって清潔感がでますので、デートスタイルにも超おすすめなのがこの組み合わせ。特に水色ワンピにホワイトシャツをさらっと羽織るコーデが一押しです。「女子力ありすぎて私には無理かな…」と諦めないで!

丈が長めのミディワンピースにすればぐっと落ち着きますし、薄い白ニットカーディガンを羽織るとさりげなく女性らしさをアピールできますよ。夏向けのコーディネイト実例ではありますが、白羽織もの×水色ワンピは素材を変えれば秋冬も着こなせます!

水色×ホワイトならワイドパンツも軽く見える!

おしゃれ上級者が好むワイドパンツ。私も着てみたい!とチャレンジしたけど試着して似合わなかった…という経験がありませんか?もしかしたら、水色ワイドパンツにしてみると簡単に着こなせるかもしれません。

ワイドパンツはシェルエットが膨らみますので、色によって与える印象が大きく異なります。カーキやブラック、ホワイトなどは比較的着こなすのが難しく着る人を選んでしまうんです。

でも、水色ならワイドなシェルエットでも軽い印象になりますので着やすいんですよ!軽さを際立たせるなら白色のトップスが合うので、ワイドパンツにチャレンジしてみたい方におすすめのコーデです。

白レーススカートで上品に

水色のトップスに合う白スカート、それはレース素材!ふんわりした印象に傾きがちな水色ニットは、タイトなシェルエットの白スカートと非常に相性がいいんですよ。

女性らしいのに、甘すぎない絶妙テイストは性別を問わず男女から受けのいい組み合わせです。友人同士でのお出かけでも、恋人とのデートにも着ていけるようなコーデですよ。

水色に合う色③あえて同系色でおしゃれに【ブルー系】

ワンピコーデは同系色で甘く仕上げる!

青×青ってどうなんだろう、と避けていませんか?意外に水色の同系色は相性が良く、季節を問わずにコーデできるので覚えておきたいファッションテクニックのひとつです。



特にワンピースの羽織ものは同系色を用意しておきたいところ。白ニットでは膨張して見えてしまう、とコンプレックスを抱えているなら同系色でクールに仕上げてみましょう!肩周りをすっきり見せたい、着やせした場合はダークな水色をさらっと羽織るといいですよ。

同系色コンビは柄を入れて変化をつける

同系色のコーデをするときに意識したいのが、柄で変化を取り入れるということ。無地の組み合わせにしてしまうと地味な印象になってしまうので注意してください。

もし無地×無地にするなら、大きいアクセサリーで目線を外すか目立つ靴・かばんなどで変化を取り入れてみましょう。柄物のボトムスは着こなすのが難しいので、もし同系色コーデをするなら柄トップスでチャレンジするといいですよ。

ワントーンコーデは足元を引き締めて

同系色コーデがなんだかイマイチ決まらない…そんな悩みを抱えている時は暗めの靴で引き締めてみましょう!やさしい軽めカラーの靴をはいてしまうと、全体的にぼんやりした印象になってしまいます。水色の同系色コーデに合うのは黒。冬なら写真のようなブーティー、夏ならパンプスが合うのでチャレンジしてみてください。

水色に合う色④ニット・トップスを渋めな印象に【グレー】

水色ニットには暗めグレーでかっこよく

水色に合う色で意外と使いやすいのが、グレー。スモーキーな感じになりますので、比較的秋~冬に合うコーデです。渋めに引き締めてくれる効果があり、鮮やかな水色に合うので「主張の強い水色ニットを買ったはいいけど、どうやって合わせたらいいかわからない」という悩みを持つ方におすすめ。

グレーのパンツは水色以外にも合わせやすいアイテムですので、一本持っておくと便利です。かっこよくなりすぎてしまう!と感じるのであれば足元にかわいいアイテムを取り入れてみましょう。

淡い水色にはやさしいグレー

水色と言っても淡いニットもありますよね。やさしい色には、淡いグレーを合わせてみてください。同じ明るさのコーデをするときは、先ほどの同系色コーデで紹介した引き締め色を取り入れて。

靴やかばんで黒を取り入れ、さらにちらっと見える指先にダークカラーのネイルを差し色にしてもグッド。秋冬ならワインレッドのネイルをしてみるといいですよ。

ダークなグレーはマニッシュなジャケットで

もしダークグレーを上着で合わせてみたい、そう思ったら水色トップスよりもちょっと丈が長いマニッシュなジャケットをチョイスしてみましょう。かわいいデザインだと甘くなりすぎてしまうので、合うのは断然かっこいい系のものです。

水色に合う色⑤大人っぽく仕上がる【ブラウン】

意外と似合う!上級者コンビ

水色とブラウンって合うの!?とびっくりした方、これは必見の組み合わせなんですよ。水色は色調の特性上冷たくなりがちで、合わせやすい色はモノトーンが中心になってしまいますよね。それでも可愛いのですが、人と違うファッションをしてみたいならブラウンがおすすめです。

ミスマッチになるかと思いきや…合わせてみるとまろやかな印象に。大人っぽく仕上がりますので、落ち着いた印象のコーデをしてみたい日にチャレンジしてみてください。

濃い目のブラウンにはやさしい水色を

深いブラウンを合わせたい、そんなときは薄い水色と掛け合わせて見るとバランスよくまとまります。ブラウンといっても濃さはさまざまですので、合う色調かどうかはチェックしましょう。

カラーのテイストで合う・合わないがありますのでブラウンは比較的上級者向け。ショップでおしゃれな店員さんと相談しながらコーデを探してみることをおすすめします!

【番外編①】水色ワンピを一枚で着る!アイテムとの合わせ方

ハットで夏らしさアップ!

水色はさらっと一枚のワンピースで着る事だってありますよね。そんなときに意識したいのが小物の使い方。季節感を出したいのなら、夏は軽い素材のハットやかばんを取り入れてみましょう!

水色を柄で取り入れてみて!

もしシンプルに着こなしたいなら、水色の柄が入ったワンピースもおすすめです。無地の水色ワンピだとアイテムにこだわらないと地味になってしまいますが、柄ものなら一枚でもばっちり決まります。足元は黒のパンプスが合うのでチャレンジしてみてください。

水色に似合う色や水色のトップス・ニットを使ってオシャレを楽しもう

女性らしさを引き立たせる水色コーデ。合わせにくいからあまりチャレンジしないと避けていた方でも、この記事を読んだなら水色コーデマスターです!

鮮やかなものからグレー寄りの淡い色調のものまでさまざまで、自分に似合う色探しをするのがとても楽しいカラーなのが水色。着こなせるようになるとファッション上級者になれますから、どんどん挑戦してみてください!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。