Large thumb shutterstock 249095608

ミニマリスト女性の服に見るおしゃれなファッションのポイントとは?

更新:2019.06.21

今じわじわと世間に浸透しつつある「ミニマリスト」と呼ばれる女性たち。そのライフスタイルの中で特に気になるのが服選びのポイントです。少ない手持ちの服をおしゃれに着回すファッションは、ミニマリストでなくても知りたいところ!そのポイントを見ていきましょう。

ミニマリストの考え方

最近話題のミニマリストって?

QUOTE

ミニマリスト【minimalist】:最小限のことしかしない人。最低限必要なものしか持たない人。 引用元:goo辞書

上記を読むと、ミニマリストの考えをファッションに取り入れるには、服をたくさん持っていてはいけないの?とつい身構えてしまうかもしれません。でも、安心してください。ミニマリストに関連する単語のミニマル(英:minimal)には「可能な限り少ないが、充分な量」というニュアンスがあります。

つまり、服を極端に減らすのではなく、自分に本当に必要な服を見極めて、それを上手に組み合わせておしゃれを楽しむのが、ミニマリスト女性のファッションにおける考え方の軸と言えそうです。

ミニマリスト女性のファッションって?

ミニマリスト女性のファッションの特徴

ミニマリスト女性たちは、それぞれが「制服」と呼ばれる定番スタイルを基本とし、少ないワードローブで日々のコーディネートを成立させています。

instagramでは「#私服の制服化」というハッシュタグがあるくらい、ほとんどのミニマリスト女性が取り入れているファッションです。そこには視覚的なルールはなく、ミニマリスト女性たち自身が、一番好きで、着心地が良く、自分を素敵に見せてくれる服を選んだという共通点があります。

ミニマリストなおしゃれのメリット

ミニマリストなおしゃれの最大のメリットは、外出の際、着る服を選ぶ時間がいらなくなり、少ない服を着回すことで、コーディネート力がアップすることです。

また、同じ服を繰り返し着ることで消耗が早くなり、ワンシーズンから3年ほどで服を買い替えることになりますが、服の種類を把握しているため、何が必要なのかが明確で、無駄な買い物を避けることができます。

ミニマリストなおしゃれのデメリット

悩む顔

良いことばかりに思われるミニマリストのファッションですが、生活していく中で、自分のライフスタイルとは異なるシュチュエーションに遭遇することもあるでしょう、そうした時に自分の定番服が合わなくて困ることがあるかもしれません。

しかし最近はレンタルなどのサービスも発達していますから、そういった情報を日頃から頭に入れておき、いざという時に対応できるようにしたり、あらゆるシーンを想定して対応できる小物を揃えるなど、備えておけば、憂いなくファッションをミニマルにすることが可能です。

ミニマリスト女性の服から見えてくる定番服とは?

定番服とは、本当に必要な服

ファッションのテーマは人それぞれですが、どんなスタイルでも、これがあれば安心という共通アイテムがあります。それがすなわち「定番服」となるのです。

具体的に挙げていくとブラウスやニットなどの無地のトップス3枚に、ボトムスが2本程度あれば基本コーディネートを作ることができます。この時、コートなど季節限定のものは、着る機会が限られてるので、数には入れません。

トップスは、明るい色、暗い色、差し色。柄物が着たい場合は、差し色を柄物と置き換えると良いでしょう。ボトムスはカジュアルなタイプとシックなものを揃えると、プライベートとオフィスなどシーン別に対応できます。

そして、トップスとボトムス全てが組み合わせ出来るように揃えれば、それで3×2=6パターン出来上がります。月曜日から毎日違う組み合わせを着たとして、日曜日に再び同じコーディネートが来るので、次の月曜日に服が被ることもなく、毎週決まった曜日に同じ人に会う場合でも安心です。

定番のスタイルを決めることで、朝の時間にゆとりが生まれ、いつもよりきちんと朝食を味わったり、少し早めに出勤して仕事の段取りを組んだりと、充実した時間を過ごすことができます。それが心の余裕となれば、アクシデントでつまづいてしまった時も、きっと前向きに対処することができるでしょう。

ミニマリストファッションのコーディネート集

グレーのパーカーに黒のスカート。どちらも持ってる人が多いのではないでしょうか。けれどこのままでは少し地味な感じです。そんなときは小物で差し色を加えましょう。

先ほどと同じパーカーですが、スカートを鮮やかなブルーにチェンジするだけで、一気に印象が変わります。差し色はスカートだけで十分なので、小物はパーカーと同じグレーで統一。上級テクニックですね。

こちらは、モノトーンがベースのパンツスタイルで、足元はスニーカー、バッグはリュックサックとカジュアルな組み合わせが定番服のようです。

その定番服を基本として、例えばバッグとパンプスにチェンジすることで、単調なスタイルにスパイスを効かせています。バッグと靴が変わるだけで、とても新鮮な雰囲気となりました。ここにスカーフやアクセサリーを組み合わせれば、さらにバリエーションが増え、様々なシチュエーションに対応出来ることでしょう!

定番服とは、本当に必要な服

定番服と聞くと、ついつい白や黒のシャツ、ボーダーTシャツにデニムといったベーシックなアイテムを思い浮かべてしまいますが、それにとらわれることはありません。あなたが毎日着たいと思うのなら、例えば花柄の服だって定番服にして良いのです。

インパクトのある柄、色の服が一枚あれば、普段のベーシックなファッションにメリハリが生まれ、その時々の新鮮な気持ちで服を着ることが出来るでしょう。

ミニマリスト女性の服選びに欠かせないテーマって?

ミニマリスト女性のおしゃれにはテーマがあった!

ミニマリスト女性は膨大なファッションのジャンルから、どうやって自分の基本スタイルを決めているのでしょう?それは自分で見つけた、または目指したい「テーマ」から着る服を考えているのです。

ベストセラーになった「フランス人は10着しか服を持たない」で、主人公はホームステイ先のマダムから自分の美しさを引き立てる服を選ぶためには、自分自身をよく観察することが大切だと指摘され、そこから服選びのテーマを持つ大切さを学んだそうです。

自分が目指すおしゃれのテーマを考える

ファッションのテーマの選定にルールはありません。自分の好みやライフスタイルを考え「シック」「モノトーン」「カジュアル」「リラックス」「アクティブ」「スポーティ」「ロマンチック」「ボタニカル」…と服のキーワードをどんどん出していきましょう。

信頼できる友人や女の先輩がいるなら、自分のテーマについて質問し、第三者の意見を参考として聞くのも良いかもしれません。最終的に判断するのは自分ですが、客観的なアドバイスを聞くことができると、自身のコーディネートの幅が広がります。

例えば、外出が好きで街歩きをよくするけど、女性らしい格好が好みという人だったら、「フェミニン」「アクティブ」というテーマで考えてみてはいかがでしょう?

トップスは甘めで上質な素材のブラウスに、動きやすいパンツを組み合わせ、ローヒールのパンプスやバレエシューズを合わせてみる、といった組み合わせが具体的に浮かんできます。

ミニマリスト女性がデートする時の勝負服は?

クローゼットの服、全てが「最強」の一枚という安心感

無地のシンプルな服では、デートする時に可愛いと思われるか不安、という人もいるかもしれませんが、心配することはありません。着る服を厳選し、自分に似合う服だけを持っているミニマリスト女性は、どの組み合わせでも「最強」の服で、自信を持って着ることが出来るので、デートを心から楽しむことが出来るでしょう。

大切なのは、レースやフリルがついているかどうかではなく、本人を一番可愛く見せてくれるかどうかではないでしょうか。自分の魅力を知り、身だしなみを整えることができれば、きっと相手の男性もそのセンスに気付き、一目置いてくれるでしょう。

ミニマリスト女性の味方は頼れる小物たち

定番服をただの地味なファッションにしないために持っていたいのは、シンプルだけどどこかエッジの効いたアクセサリーや時計などの小物類です。これらは大事に使えば一生もの。質の良いものは値段が張るかもしれませんが、長く使え、身につける度に人から褒められるのであれば、その価値はプライスレスです。

ただし、無理をする必要はありません。何かを購入する時は、予算内で買える最も良いものを選びましょう。収入以上の出費を無理にすると、後々どこかでバランスを崩し、生活自体に支障が出てしまっては、何にもなりません。

プチプライスのものがたくさん出回り、安くてもそれなりに良いものが手に入る今の時代だからこそ、ミニマリスト女性は本当に良いものを見極め、ファッションに差をつけることが出来るのです。

レンタル服も賢く利用して、いつもと違うファッションにも挑戦!

結婚式や年末年始のパーティなど、定番服では出席できないシーンも、大人になれば多々あります。しかし、いつあるか分からないシュチュエーションのために、ドレスを確保しておくのは、スペースがもったいないです。

そういった時に使用したいのが、レンタルドレス。その時の旬のデザインが選べたり、クリーニングも保管場所も不要で、宅急便で受け取りや発送が自宅で出来るので、わざわざ出かける必要もありません。(ただし、着られないと本末転倒なので、試着出来るのであればした方がもちろん良いです。)

筆者も親戚の結婚式の時に利用しましたが、ドレス、アクセサリー、バッグと、必須アイテムがあらかじめセットでコーディネートされていて、非常に便利でした。

華やかな席ということもあり、いつもは選ばないような色や形にチャレンジすると、ワクワクしてとても楽しいですし、自分自身のコーディネートの幅が広がり、新しい発見ができます。

ミニマリスト女性の「おしゃれな服」は進化する!

似合う服は年齢と共に変わっていく

自分のライフスタイルを見定め、これ!と決めてコーディネートも考えた末に買い揃えた服たちが、永遠に着られるわけではありません。どんな高価な服も、何度も繰り返し着れば傷みます。服というのは、消耗品なのです。

目に見える体型や加齢の変化はもちろんですが、目に見えない部分、すなわち年齢を重ねることでファッションへの価値観が変われば、着たいと思う服も変わりますし、それに伴い似合う服も変わるのです。

ライフスタイルや人生の各ステージにふさわしい服を

すっきりした部屋

ミニマリストをテーマにファッションを見てきましたが、服を減らしすぎたり、ルールに縛られるのではなく、自分にふさわしい装いを見つけ出すための、一つの「考え方」として取り入れることが、あなたのファッションをより洗練させていく近道になるのではないでしょうか?

電話をしている女性

例えば、仕事が楽しくてしょうがない時期なら、その仕事にあったファッションがあなたの軸となり、基本のワードローブとなるに違いありません。

スーツに辛口でシャープなアクセサリー、ジャケットを脱いだ時には柔らかくて着心地の良いブラウスを合わせ、人前で話す時は格好良く、机に向かう時は少しリラックスして仕事が捗るような装いを心がけると良いでしょう。

寝転ぶ二人

人生のパートナーを見つけ、そのステージが変化したら、再びワードローブを見直す良い機会かもしれません。結婚すると、相手が家族となり毎日顔を合わすことになります。

恋人時代とは異なり、生活を共にするのですから、お互いがくつろぎ、心地よく過ごせるファッションを、二人で探していくのもきっと楽しい時間となるでしょう。

まとめ

大好きな服と一緒におしゃれを一生楽しもう

家族でショッピング

人生には色んな時期があります。何をやってもうまくいく時、いかない時、そんな時、友人や家族以外で力になってくれるのが、洋服です。筆者はアパレルで働いた経験がありますが、接客をしていて常に感じていたのは、服に迷うお客様は、人生に迷っていることが多いということでした。

好きな装いは、ときめきや勇気を着る人に与えてくれます。ミニマリストを目指す女性たちは、服を厳選するプロセスを通し、ふさわしい装いを見つけることで、自分自身のあるべき姿を明確にしています。だからこそ、そのライフスタイルは潔く、活き活きと輝いて見えるのかもしれません。

空を見上げて深呼吸

もしあなたが今の自分のファッションに満足していないのなら、自分の生活の「良いところ」「改善したいところ」を見つめ直してみましょう。そして「こういう生活がしたい」というキーワードを見つけたら、その生活を楽しむ自分を想像してみるのです。その時、あなたが着ている服はどんな服でしょうか?

あなたらしい基本スタイルを考える、そのプロセスから楽しんでみてください。それはそのまま、これからの人生を楽しむことに繋がっていくことでしょう!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。