Large thumb shutterstock 125704436 2

巳年(へび)生まれの性格の特徴11選!〜男女別!恋の干支占い〜

更新:2020.07.03

巳年生まれの性格はどのような特徴なのか、まとめてみました。長所、短所の他、恋愛傾向や向いている仕事についても詳しく記載! また、相性のいい干支についてもご紹介します。巳年生まれにおすすめのパワースポット情報もあり! 巳年生まれの方に役立つ様々な情報や、運勢アップする為のポイントを説明します。 巳年生まれの方は、是非参考にしてみてくださいね。

巳年生まれの性格の特徴は?

巳年生まれの基本的な性格

メガネをかけた女性

どこか神秘的でクールなイメージの巳年。冷静沈着で思慮深い性格です。常に理性的で、場の空気を乱したり、非常識な態度をとったりしません。かと言って、カタブツなわけではなく、独特のユーモアセンスを持ったユニークな人です。

一般常識をきちんとわきまえたうえで、独特の面白さを披露するタイプです。見た目からの第一印象と中身にギャップがあるタイプと思われがちでしょう。

巳年生まれの恋愛傾向

抱き合うカップル

巳年生まれの人は情熱的な恋愛を楽しむ一方で、非常に傷つきやすくデリケートな一面も持っています。一度好きになったら熱心に尽くすタイプで、一途な愛情を注ぎます。どちらかといえば感情的な恋愛をするでしょう。自分の意志はキッパリと伝える勝気な性格ですが、些細なことで傷つくので恋愛で精神を消耗しがちです。

また、嫉妬深く独占欲が強いので、重いタイプと思われやすいかも…。好きな相手には盲目的に尽くすので、浮気はせず一人の相手とじっくり付き合います。

巳年生まれの仕事への意識

絵を描く男性

決められたことを淡々とこなす、ルーチンワークが苦手です。独創的な発想や感受性の強さを持っているので、特殊な世界での活躍を夢見るでしょう。小説家、漫画家、映画監督、ファッションデザイナーといった、個性やセンスを生かした仕事が向いています。

会社員より自由業タイプで、代わり映えのしない仕事は、すぐ飽きてしまうでしょう。また、プライドが高い為上から口出しされるのが嫌いです。組織に所属するより一人でやる仕事の方が本領発揮できます。

巳年生まれの長所

スマホを見ているカップル

巳年生まれは知的でユニーク!

頭の回転が速く、知的な印象の巳年生まれ。思慮深く真面目なので、周囲からはインテリタイプと思われているでしょう。その一方で、突飛な発想を持っており、周囲をクスッと笑わせるようなユーモアを持っています。独特のギャグセンスは、実にユニークで人を楽しませる才能に長けています。

小粋なジョークで人を笑わせるのが得意なので、一歩間違えば毒舌になりそうな皮肉も、上手くジョークとして笑いに変えられるでしょう。

巳年生まれは感受性が高いアート思考

感受性が強く、何事に対しても豊かな感性を発揮します。アート思考が強いので、自分の発想を形にするのが得意です。時に感受性が強すぎて落ち込んだり、ネガティブになったりもしますが、そんなマイナスな感情も、作品に仕上げることができます。

自分が感じた出来事を、何かの作品として形に残すのが得意でしょう。趣味で物語を作ったり、ブログやSNSで自分の気持ちを世間に発信するのが好きです。

巳年生まれは負けず嫌いな努力家

筋トレしている女性

一見クールで大人しいイメージですが、実は人一倍負けず嫌いです。逆境にも負けず、先へ進もうと思ったら絶対にくじけません。自分の目標を叶える為なら、どんな努力も惜しまない努力家です。コツコツと努力を重ねて自分を磨き、夢を叶える人です。

感情を表に出すことがないので、一見すると勝負事には興味が無さそうな顔ですが、実は誰よりも熱い闘争心を燃やしているでしょう。

巳年生まれはおしゃれで華やか

巳年生まれはセンスに優れています。おしゃれな人が多く、華やかなイメージが強いでしょう。自分を着飾るのが好きで、世間の流行より自分の好きなファッションを楽しむタイプです。

独特なセンスを持っていますが、垢抜けた雰囲気で人とは違うオーラを発します。そのセンスを生かして、ファッション業界での活躍も期待できるでしょう。着道楽で洋服やバッグ、アクセサリーなどへの出費は惜しみません。

巳年生まれの短所

巳年生まれはプライドが高い

仲たがいしているカップル

巳年生まれはプライドが高く、人に指図されたり批判されたりするのが嫌いです。感情を表に出すタイプではないので見た目ではわかりませんが、些細な事でも機嫌を悪くしがちです。プライドを傷つけられると、ふてくされたり落ち込んだり、回復までに時間がかかるでしょう。

さらに一度、他人に傷つけられると、どうにかして復讐してやろうと思うのも巳年生まれの特徴で、敵に回すと少し厄介なタイプです!

巳年生まれは執念深い

男性に怒る女性

巳年生まれの特徴としてよく言われるのが、執念深いという事。過去の事をいつまでも覚えていて、敵を攻撃し続けるタイプです。「過去の事は水に流して」という言葉は、巳年生まれの前では通用しません。もし誰かと揉め事を起こしたら、相手が謝罪して反省するまで、絶対に許さないでしょう。

記憶力がよく、一度された事はいつまでも忘れません。嫌いになった相手を許す気になれないので、喧嘩別れする相手も多くありませんか?

巳年生まれは孤立しがち

一人で座る女性

どこか他人を避け、一人でいたがる巳年生まれ。集団より一人でいる方が性に合っている個人主義者。しかし、他人を避けすぎて「付き合いが悪い」、「つかみどころがない」と思われがち。気が付くと一人ぽつんと孤立してしまいます。孤独は気にしないタイプですが、いざという時に頼れる仲間がいないと自分が困るかも。

巳年生まれは心を開かない秘密主義

どこか疑い深く、他人に心を開かないところがあります。秘密主義で、自分の胸の内を見せたがりません。また、感情を表に出さないタイプなので、周囲の人から見ると何を考えているのかさっぱりわからないと思われがちです。ミステリアスなオーラに包まれており、とっつきにくいと思われているかも。

巳年生まれの恋愛運は?

巳年生まれの恋愛運(男性編)

仕事中の男女

密かにモテるタイプでありながら、あまり恋愛に縁がないと感じていませんか?実はこのように感じるのは、あなた自身が他人に心を開かない内向的なタイプだからです。あなたにいい感情を抱く相手は少なからずいるのですが、他人を避け、孤立しがちな為に、相手と打ち解ける段階にもいかないのです。

恋愛運を高めるポイントは、人付き合いに積極的になること。自分から出会いの場に行ったり、相性のよさそうな相手は自分から誘ったりしましょう。また、恋愛に対して神経質で、慎重すぎるところもあります。時には大胆に、勢いに任せるのもいいでしょう。誘われるのを待つのではなく、自分から誘う努力をしてみて。

巳年生まれの恋愛運(女性編)

指輪をもらう女性

恋愛に関して鈍く、相手の感情に気付きにくいところがあります。持ち前の感受性の強さも、恋愛になると途端に働かなくなるようです。セックスアピールが強く人当たりがいい為、友人だと思っていた相手からいきなり告白されてしまう事も。

相手の気持ちに気付けるようアンテナを張り、恋愛感情を抱いているか注意深く付き合うことが大切です。また、どこか内にこもりがちなので、そもそも出会いがないという方は、積極的に出会いの場に足を運んでみましょう。ダメンズに引っかかりやすいのが巳年女性の特徴です。悪い相手とはキッパリ別れるのも大切です。

巳年生まれと相性のいい干支は?

巳年生まれと相性のいい干支(男性編)

手をつなぐカップル

巳年生まれの男性と最も相性がいいのは、丑年の女性です。巳年と丑年は正反対と言ってもいいくらい真逆の性格をしていますが、だからこそお互いを刺激し合う、いいパートナーになれます。二人一緒だと、ますますパワーアップする最高の相性が感じられるでしょう。

巳年生まれと相性のいい干支(女性編)

見つめあう男女

巳年生まれの女性と最も相性がいいのは、酉年の男性です。巳年が攻撃だとしたら、酉年は守りのタイプ。しかしお互い頭の回転が速く、似たような感性の持ち主です。一見正反対に見えますが、根本的に似ている二人なので、気が合うパートナーとなれるでしょう。

巳年生まれにおすすめ!運勢アップのパワースポット

スポット

巳年生まれの方におすすめのパワースポットは、やはり蛇にちなんだ神社です。中でもおすすめなのが、山口県岩国市にある白蛇神社。名前の通り、白蛇を祀ってある神社です。吉日、巳の日などにお参りすると、更にご利益が得られると言われています。蛇をかたどった白蛇おみくじが人気ですよ。

主に金運アップのご利益で知られていますが、その他にも健康長寿、商売繁盛、家内安全など様々なご利益が期待できます。こちらで取り扱っているお守りや財布は、運気を高めてくれると話題です。

また、今流行の御朱印帳も取り扱っており、オリジナルデザインの御朱印帳も買えますよ。住所 〒740-0017 山口県岩国市今津町6丁目 電話番号 0827(30)3333

まとめ

巳年生まれの性格や恋愛運についてまとめてみました。巳年生まれの方、もしくは巳年生まれについて知りたい方は、是非参考にしてみてください。自身の恋愛傾向や相性のいい相手を知る事で、より素敵な恋愛を楽しんでみましょう!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。