Large thumb image

毛穴レス美肌になりたい女子必見。「クレイ洗顔8選」肌質にあわせてご紹介。

更新:2022.08.01

美肌を目指す方のなかには、毛穴の汚れや黒ずみにお悩みの人も多いでしょう。そんな時におすすめしたいのが「クレイ洗顔」です。今回は、おすすめのクレイ洗顔について肌質別にご紹介します。選び方やメリット、デメリットも解説していますよ。ぜひ参考にしてみてください。



クレイ洗顔の選び方とは?

①クレイの種類で選ぶ

スキンケア用クリーム

1つ目は、クレイの種類で選ぶ方法です。一言で「クレイ洗顔」と表しても、配合されている泥の種類は商品によって異なります。泥の種類によって、期待できる効果や保湿力などが少しずつ違っているのです。

以下の表では、洗顔料に配合されている主なクレイの種類をまとめています。クレイの種類は豊富なので、自分の肌質や好みの洗い上がりに合わせてこだわって選んでみましょう。

洗顔料に含まれる主なクレイの種類一覧(一部)

  • ホワイトクレイ(カオリン):洗浄力がマイルドで、乾燥肌や敏感肌の方にも使いやすい。
  • ベントナイト:汚れの吸着力が高く、皮脂汚れをしっかり落すとされる。ベタつきが気になる脂性肌の方向け。
  • ガスール:ミネラルを多く含み、保湿力が高いとされるクレイ。
  • マリンシルト(海泥):マイルドな使用感と高い吸着力が特徴。毛穴の汚れや黒ずみが気になる方向け。

②保湿成分で選ぶ

スキンケア中の女性

2つ目は、保湿成分で選ぶ方法です。クレイ入りのものは一般的な洗顔料に比べて、スキンケア時に肌の水分が奪われやすい傾向にあります。そのため、乾燥肌の方が市販のクレイ洗顔料を購入する際は、特に洗浄成分と保湿成分のバランスをチェックしましょう。

【乾燥肌向け】肌質別におすすめのクレイ洗顔4選

①VELUS シルキークレイウォッシュ

Imgrc0222016959
VELUS シルキークレイウォッシュ ¥1,800

「VELUS シルキークレイウォッシュ」は、生泥のようなクリームテクスチャーが特徴の洗顔料です。カオリンやベントナイトなど、5種類のクレイを配合しています。それに加えて、ハトムギ種子発酵液やハス種子発酵液などの、肌を滑らかにするとされる成分をプラスしているのがポイントです。

汚れを落とすだけでなく、肌のキメを整えるともいわれていますよ。また、セラミドやヒアルロン酸Naなどの保湿成分も入っています。そのため、潤いが不足しがちな乾燥肌の方におすすめです。

商品詳細

内容量 150g

②ファンケル ディープクリア洗顔パウダー

10003306
ファンケル ディープクリア洗顔パウダー ¥1,880

「ファンケル ディープクリア」は、肌の潤いをキープしつつ毛穴汚れをすっきり洗浄することを考えて作られたパウダー洗顔料です。炭とクレイをミックスさせたことで、毛穴の奥の汚れや角栓を効率よくかき出せるといわれています。1回分が個包装になっているので、いつでも清潔に使用可能です。


また、ファンケル独自のアミノ酸系洗浄成分を採用している点も魅力です。このアミノ酸系洗浄成分によって、肌の潤いを保ちながら汚れをしっかり落すとされています。保湿成分として糖やヒアルロン酸も配合しているので、ケア後の顔のつっぱりが気になりやすい乾燥肌の方におすすめです。

商品詳細

内容量 30個入り

③DUO ザホワイトクレイクレンズ

Wccl
DUO(デュオ) ザホワイトクレイクレンズ ¥3,300

「DUO ザホワイトクレイクレンズ」は、くすみケアをコンセプトに作られたクリームタイプの洗顔料です。カオリンやガスールなどの4種類のクレイが配合されています。これらのクレイが古い角質を取り除き、健やかな美肌に導くとされているのです。

また、保湿成分としてグルタミン酸やグリシンをはじめとした、17種類のアミノ酸を豊富に配合している点も特長です。これらの成分が、乾燥しがちな肌に潤いを与えるとされています。そのため、洗顔後のカサつきが気になる乾燥肌の方におすすめです。

商品詳細

内容量 120g

④b.glen クレイウォッシュ

Imgrc0094903072
b.glen (ビーグレン) クレイウォッシュ ¥4,076

「b.glen クレイウォッシュ」は、なめらかなクリームテクスチャーが魅力的な洗顔料です。モンモリロナイトというクレイを豊富に配合しており、毛穴に溜まった汚れや皮脂を吸着するとされています。

また、整肌成分としてグリチルリチン酸ジカリウムや、カミツレ花エキスなどを配合している点も魅力です。そのため、余分な皮脂によるニキビや吹き出物が気になる、脂性肌の方のスキンケアにおすすめできます。

商品詳細

内容量 150g

同じ乾燥肌向けの洗顔料であっても、年代によって配合されている成分やコンセプトは少しずつ違っているのです。以下の関連記事では、乾燥肌におすすめの洗顔料について紹介しています。ぜひこちらもチェックしてみてください。

【脂性肌向け】肌質別におすすめのクレイ洗顔4選

①ロゼット 洗顔パスタ海泥スムース

4901696533901
ロゼット 洗顔パスタ 海泥スムース ¥660

「ロゼット 洗顔パスタ海泥スムース」は、陶器のようなつるつる肌へ導くことを目的とした洗顔料です。きめ細かい海泥パウダーを配合しており、古い角質や余分な皮脂汚れをからめ落とすとされています。

また、保湿成分として、ノイバラ果実エキスを配合しているのも特長です。この成分が肌を引き締め、健やかな美肌に導くいわれています。

商品詳細

内容量 180g

②CLAYGE クリアウォッシュ

4582300061371
CLAYGE(クレージュ) クリアウォッシュ ¥1,760

「CLAYGE クリアウォッシュ」は、透明感のある印象の素肌を目指すことを目的とした洗顔料です。毛穴の奥の汚れを取り除くとされる天然クレイに加えて、酢を配合しています。

酢は、肌を引き締める成分として採用されており、肌表面の皮脂を取り除くといわれています。そのため、肌のベタつきが気になる脂性肌の方のスキンケアにおすすめです。

商品詳細

内容量 120g

③ファンケル 泥ジェル洗顔

4908049587758 1
ファンケル 泥ジェル洗顔 ¥1,254

「ファンケル 泥ジェル洗顔」は、黒ずみや角栓などといった毛穴の悩みに合わせて作られたアイテムです。みずみずしいテクスチャーのジェルが肌に密着し、負担をかけることなく余分な皮脂や汚れを洗浄するとされています。

また海泥やベントナイト、カオリンという3種類のクレイを豊富に配合している点も特長です。これらのクレイが余分な皮脂を洗浄するといわれています。そのため、顔のベタつきやテカリが気になる脂性肌の方のスキンケアにおすすめです。

商品詳細

内容量 120g

④ダヴ ディープピュア洗顔料

4902111736679 2
ダヴ ディープピュア洗顔料 ¥350

「ダヴ ディープピュア洗顔料」は、脂性肌向けに作られた洗顔料です。柔らかいテクスチャーの泡が、余分な皮脂や汚れを洗浄し、なめらかな肌に洗い上げるとされています。

洗浄補助成分のカオリンが、テカリの原因となる皮脂を除去するといわれている点も魅力です。そのため、ベタつきが気になる脂性肌の方におすすめできます。


商品詳細

内容量 130g

クレイ洗顔にはどんな種類があるの?

「クレイ洗顔」と一言で表しても、様々な種類のアイテムが販売されています。ここからは、クレイ洗顔の種類についてご紹介します。種類によって特徴が異なりますので、ぜひクレイ洗顔選びの参考にしてください。

①洗顔フォームタイプ

洗顔フォーム

「洗顔フォームタイプ」は一般的な洗顔料と同じく、水を加えて泡立ててから使うのが特徴です。使うたびに泡立てる必要がありますが、その分内容量が多い傾向にあります。そのため、コスパを重視したい方におすすめです。

②クリームタイプ

なめらかなクリーム

「クリームタイプ」は、一見洗顔フォームタイプとよく似ていますが、泡立てずにそのまま使えるのが特徴です。そのため、忙しい朝の洗顔や、スキンケアを時短したい時におすすめできます。また、クリームタイプには、肌の刺激になりうる界面活性剤が入っていないのも魅力です。

③パウダータイプ

パウダータイプのアイテム

「パウダータイプ」は、乾燥させた洗顔料を細かく砕いたものです。水分を含んでおらず、適量の水を加えて馴染ませるだけで、キメ細かい泡が作れます。

洗顔フォームタイプのアイテムよりも、優しく肌を洗えるのが魅力です。また、基本的にパウダーは1回分ごとに個包装になっているので菌が発生しにくく、いつでも清潔に使用できます。

クレイ洗顔を使うメリットとは?

①毛穴の奥の汚れまで届きやすい

スキンケアをしている人

1つ目のメリットは「毛穴の奥の汚れまで届きやすい」という点です。クレイ洗顔に使われる泥は微細であり、一般的な洗顔料の泡よりも毛穴の奥まで入り込めるとされています。そのため、毛穴の奥の汚れや角栓をすっきり洗浄し、清潔な美肌へ導くといわれているのです。

②高い吸着力

多彩なスキンケア用品

2つ目のメリットは「高い吸着力がある」という点です。一般的にクレイはマイナスの電気を帯びており、プラスに帯電する物質を取り入れる性質を持つとされています。この性質により、洗い残しが起こりやすいファンデーションや古い角質などを、クレイが吸着して取り除くといわれているのです。

クレイ洗顔を使うデメリットとは?

①肌が乾燥しやすい

肌の状態が気になる女性

1つ目のデメリットは「肌が乾燥しやすい」という点です。汚れをしっかり落したいがために、クレイ洗顔で長時間スキンケアをする方もいるのではないでしょうか。

しかし、あまり長い時間洗っているとクレイが乾燥してしまい、肌に必要な皮脂まで奪ってしまう可能性があります。皮脂は奪いすぎると、肌が乾燥する原因に繋がってしまう場合があるのです。

②肌を傷付けてしまうことがある

肌荒れに悩む女性

2つ目のデメリットは「肌を傷付けてしまうことがある」という点です。クレイは天然のスクラブであるため、洗顔時にこすりすぎると摩擦によって肌の表面に傷がついてしまう可能性があります。肌に傷が付いてしまうとヒリヒリした痛みや、ニキビや顔の赤みなどといった肌荒れに繋がる場合があるのです。

③排水パイプに負担がかかる可能性がある

洗面所

3つ目のデメリットは「排水パイプに負担がかかる可能性がある」という点です。クレイ洗顔でスキンケアする際は、基本的にそのまま排水溝に流しても問題はありません。

しかし、レッドクレイをはじめとした鉄分を含む素材の場合は、ステンレス製の排水パイプが錆びてしまう可能性があります。また、排水溝を掃除していないと、クレイが髪の毛や他のゴミと絡まり、排水溝の中で詰まってしまう場合があるのです。

肌質に合ったクレイ洗顔でスキンケアをしてみよう!

毛穴の奥の汚れを取り除くことを考えて作られたクレイ洗顔の数々は、美肌作りにおいて活躍してくれるでしょう。ぜひ今回ご紹介したおすすめの商品を参考に、あなたの肌に合ったクレイ洗顔でのスキンケアを楽しんでください。

クレイ洗顔以外にも、毛穴汚れへのアプローチを考えたアイテムは存在しているのです。以下の関連記事では、毛穴が目立たなくなる洗顔料を紹介しています。プチプラ商品やスキンケア方法も解説していますので、ぜひこちらもご覧ください。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。