Large thumb %e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e5%88%86%e3%83%9d%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%ab

【顔や身長が原因?】巻髪が似合わない人の特徴!似合わせるコツもご紹介!

更新:2020.11.11

巻髪が似合わない事に悩んでいる方は多いはずです。ただ、巻髪が似合わない事にはきちんと理由があります。今回は巻髪が似合わない理由についてまとめてみました!理由が分かれば、解決策が分かるので、自分に似合う巻髪を楽しむことができますよ。

【顔の骨格編】巻髪が似合わない人の特徴

①丸顔

モノクロ

丸顔の女性は、巻髪が似合わない傾向にあります。巻髪は、顔の縦をカバーしてくれるヘアスタイルです。丸顔の女性が巻髪にすると、顔の横幅やフェイスラインの丸さが強調されてしまいます。巻き髪にも色々な種類があるので、丸顔をカバーできるような巻き方にチャレンジしてみましょう。

基本的に丸顔の女性の場合は、髪の毛のトップにボリュームを持たせるのが効果的です。トップにボリュームがあるとフェイスラインに目が行かなくなるので、丸顔をカバーすることができます。トップにボリュームを持たせたヘアアレンジと巻髪を組み合わせて、似合うヘアスタイルを楽しんでみましょう。

特に、センター分けは丸顔をカバーするのにおすすめのスタイルです。センター分けにした髪の毛を、高い位置から巻く事で、丸いフェイスラインが自然にカバーされますよ。また、トップにボリュームを持たせたポニーテールと巻髪を組み合わせたアレンジも良いです。

②頭が大きい

ミックス巻

頭が大きい女性も、巻髪が似合わない傾向にあります。巻髪は、顔周りにボリュームを持たせてくれるヘアスタイルです。そのため、もともと頭の大きい女性が巻髪をすると、頭がより一層大きく見えてしまいます。頭と体のバランスが取れなくなってしまい、似合いにくくなってしまうのです。

頭が大きい女性の場合は、なるべくゆるい巻髪にチャレンジすると良いでしょう。また、顔が大きい女性の場合は、顔周りの毛を大きく巻くように意識するのがおすすめです。自分の骨格に合わせた巻き方で、コンプレックスをカバーしましょう。

③ゴツゴツした骨格

オフショル

ゴツゴツとした骨格の女性も、巻髪が似合いにくいです。巻髪はフェミニンで、女性らしさのあるヘアスタイルなので、骨ばった骨格とはマッチしにくいとされています。頬骨が出っ張っている方やエラが張っている方は、巻髪が似合いにくいので注意しましょう。

巻髪に慣れていない場合、どんな風にスタイリングをすればいいのか悩む方も多いはずです。以下の記事では、コテやヘアアイロンを使った巻髪を作る方法をまとめています。簡単にできるやり方も紹介しているので、不器用な方でもチャレンジしやすいですよ。

【顔タイプ編】巻髪が似合わない人の特徴

①顔が薄い

ポニーテール

顔が薄い女性は、巻髪が似合わない傾向にあります。巻髪は華やかでゴージャスなヘアスタイルです。そのため、薄い顔の女性が巻髪をすると、顔が髪型に負けてしまうのです。薄い顔の女性がチャレンジする場合は、なるべくゆるくて落ち着いた巻髪にしましょう。

また、薄い顔の女性が巻髪をする場合、メイクをしっかりとするのも解決策の一つです。顔が巻き髪に負けないようにメイクを濃いめに仕上げる事で、釣り合いが取れます。ファッションも、巻髪に合う系統にすると、全体のバランスが取れますよ。

②童顔

スパイラル

童顔の女性も巻き髪が似合わないとされています。巻髪は大人っぽさのある髪型です。そのため、顔が幼い女性が巻髪をすると、アンバランスな印象になってしまいます。童顔の方はゴージャスな巻髪ではなく、シンプルな巻髪にチャレンジしてみましょう。

また、童顔の女性は巻髪とヘアアレンジを組み合わせるのもおすすめです。ポニーテールやハーフアップのようなヘアアレンジと巻髪を組み合わせれば、童顔でも自然に馴染みやすくなります。華やかな印象になるので、よそ行きの時の髪型にもぴったりですよ。ぜひ、参考にしてみて下さいね。

③男性的

ベレー帽

男性的な顔の方も、巻髪が似合わない傾向にあります。巻髪は女性らしさを出すヘアスタイルです。そのため、もともとの顔タイプが男性っぽい方は、巻髪と顔の雰囲気がアンバランスになってしまいます。

男性的な顔の方が巻髪を楽しむ場合は、毛先だけ巻くなどシンプルなアレンジにしましょう。がっつりと巻いた巻髪が似合わなくても、シンプルなアレンジであればマッチしやすいです。また、顔周りだけゆるく巻くスタイルもおすすめですよ。

【身長編】巻髪が似合わない人の特徴

①背が低い

シルバーヘア

背が低い女性は、巻髪が似合わない傾向にあります。巻髪は髪の毛にボリュームと重さが出るので、背が低い女性がすると、より身長を低く見せてしまいます。適度な巻髪であれば、全身のバランスを崩す心配がありませんが、ボリューミーなスタイルは低身長の方に似合わないので注意しましょう。

低身長の女性がボリュームのある巻髪を楽しみたい場合、髪の毛の長さを短くすると良いです。ボブやセミロング程度の長さであれば、ボリュームのある巻髪をしても、全身とのバランスが取りやすくなります。

②背が高すぎる

冬

背が高過ぎる女性も、巻髪が似合わない傾向にあります。背が高過ぎると、男性的な印象を持たせがちです。そのため、巻髪のように女性らしいヘアスタイルがマッチしにくくなってしまいます。また、巻髪は全身と頭のバランスが取りにくくなるので、アンバランスな印象になってしまいがちです。

背が高い女性は、毛先だけ巻くなど全身のバランスを意識するようにしましょう。また、ポニーテールなどすっきりとしたヘアアレンジと巻髪を組み合わせた髪型もおすすめです。コテのミリ数によっても仕上がりが変わるので、自分に似合う巻髪を見つけてみましょう。

巻髪が似合う人の特徴とは

①面長

帽子

面長の女性は巻髪が似合う傾向にあります。巻髪は、顔の縦を強調するヘアスタイルです。すっきりとした面長のフェイスラインと巻髪がマッチしやすいので、似合いやすいとされています。また、面長の女性は大人っぽい事が多いので、巻髪との相性が良いです。

特に、面長の女性は大きめな巻髪が似合いやすいです。38ミリなどの大きめサイズのコテを使って、ボリュームのあるヘアスタイルに仕上げましょう。顔周りの毛を外に向かって巻くようにすれば、面長をカバーして、綺麗なフェイスラインに見せる事ができます。

②派手顔

美容院

派手顔の女性は、巻髪が似合いやすいです。巻髪はゴージャスなヘアスタイルなので、濃い顔の人の方がバランスが取れます。薄い顔の女性は顔が巻髪に負けがちですが、派手顔であれば、顔が髪の毛に負ける心配がありません。

ただ、派手顔の方が巻髪をすると、ゴージャス過ぎる印象になる場合もあります。派手過ぎる雰囲気になってしまいがちなので、全体のバランスを見ながらスタイリングするように注意しましょう。

③大人っぽい

ピンクシャツ

顔の印象が大人っぽい女性も、巻髪が似合う傾向にあります。巻髪は大人っぽさのある髪型です。もともとの顔が大人っぽければ、どんな巻髪でもマッチしやすくなります。また、大人っぽい女性の場合は、暗い髪色でも巻髪が映えるのが特徴的です。

ただ、大人っぽい顔立ちの女性は、ヘアアレンジと巻髪を組み合わせたスタイルが似合いにくい傾向にあります。大人っぽい女性はポニーテールやハーフアップと巻髪を組み合わせるのではなく、ダウンスタイルにするのが良いでしょう。

巻髪を似合わせるコツ

①シルエットを意識する

丸顔のように、顔の形的に巻髪が似合わない場合は、髪の毛のシルエットに注意しましょう。例えば、丸顔の女性は縦幅を強調したようなシルエットにする事で、巻髪がマッチしやすくなります。輪郭をカバーするような巻き方をして、似合うように工夫しましょう。

エラ張りのように、骨格が目立つタイプの方は、顔周りの髪の毛をしっかり巻くように意識するのがポイントです。エラを隠すように顎周りの毛を巻く事で、フェイスラインをカバーして巻髪が馴染みやすくなります。基本的に、ひし形を作るように意識すれば、全体的にバランスの良いヘアスタイルが完成しますよ。

②ボリュームに注意する

巻髪を似合わせるようにアレンジしたい場合、ボリュームに注意するのもポイントです。特に頭が大きい方や、背が低い方などは巻髪のボリュームを調整する事で、マッチしやすくなります。毛先だけを巻いたり、内巻きにする事で髪の毛のボリュームが押さえられます。

また、髪の毛の長さも重要です。特に身長が理由で巻髪が似合わない女性は、髪の毛の長さを変える事で解消することができます。全身と髪の毛のバランスが、丁度良くなるようにカットしましょう。自分で分からない場合は、専門の美容師さんに相談すると、アドバイスがもらえますよ。

③髪色を明るくする

巻髪が似合わない場合、髪の毛の色を明るくするのも一つの解決策です。黒髪の場合、重たい印象になります。黒髪と巻髪を組み合わせれば、全体的に重たくなり過ぎてしまいがちです。そのため、髪色を明るくして軽さを出すようにすれば、巻髪が似合いやすくなります。

また、黒髪は大人っぽい顔立ちの方に似合いやすい髪色です。そのため、童顔の方は明るい色の巻髪にする事で、似合いやすくなります。黒髪ベースでも、透明感や抜け感のあるカラーリングにすれば軽さが出るので、ぜひ試してみて下さい。

巻髪が似合わない特徴を知って改善しよう!

巻髪はゴージャスで大人っぽさのあるヘアスタイルなので、人気のヘアスタイルです。しかし、巻髪が似合わない女性は、なぜ似合わないのか理由が分かっていない方が多いです。似合わない理由を知っていれば、自分に合った巻髪で似合わせる事が可能になります。

特に、巻髪は太さやシルエットによって印象が大きく変わるため、自分に合ったヘアスタイルが見つけやすいです。髪の毛の色や長さを変えることによって、巻髪がマッチしやすくなるケースも多いので、是非付アレンジしてみてください。

巻き髪にチャレンジする場合、一体どんな風に巻けばいいのか分からない女性も多いはずです。以下の記事では、髪の毛を上手に巻くためのコツややり方を紹介しています。内巻きや、外巻きのように種類別に紹介しているので、巻髪のレパートリーを増やしたい方にもおすすめですよ。是非チェックしてみてくださいね!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。