Large thumb shutterstock 653170294

コストコの【永井海苔】もずくスープが美味しい!ひと工夫するレシピをご紹介!

更新:2020.10.07

コストコで販売されている、永井海苔のもずくスープを知っていますか?そのままでも美味しいもずくスープのアレンジレシピをご紹介します。もずくスープの詳細や含まれる栄養、ダイエット効果についても記載していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

コストコのもずくスープって?気になる口コミも!

①生もずくを使用した永井海苔の人気商品

コストコで販売されているもずくスープは、永井海苔株式会社の商品です。永井海苔は海苔をメインに扱っている会社ですが、沖縄の海で育ったもずくを使ったスープも販売しています。もずくはフリーズドライではなく、生の状態のもずくに味付けをして、そのままパッキングされています。

生のもずくを使っているので、もずく独特のぬめりや歯ごたえがしっかりと残っているのが特徴です。味付けにはしょうゆと和風だし、そして国産のしょうがを使っています。しょうがの効果で、体の温まるスープに仕上がっていますよ。

②内容量

コストコにある永井海苔のもずくスープは、業務用の15食入りです。永井海苔が通常のお店で販売しているもずくスープは3食入りなので、5倍の量が入っていることになります。

コストコは倉庫型のお店なので、ほとんどの商品が大容量で販売されています。永井海苔のもずくスープの業務用が買えるのは、コストコならではですね。

③値段

財布からお金を出すところ

永井海苔のもずくスープの値段は、コストコ店頭で899円です。オンラインでは現在、取り扱いがないようです。15袋入りで899円という値段なので、1袋当たり約60円です。一般的なフリーズドライのスープと同じくらいの値段です。生タイプのもずくを使ったスープと考えると、安い値段といえますね。

永井海苔 もずくスープ

内容量 15食
値段 899円(約60円/食)
賞味期限 購入日より約7か月

口コミ①味やカロリーについて

スーパーで買い物するおばあさんと娘

永井海苔のもずくスープは、とにかく美味しいという口コミが目立ちます。1杯約60円という値段の安さや、お湯を注ぐだけで飲めるという手軽さが人気の理由です。また、生もずくのぬめりがしっかりあるので、スープ1杯でも満足感があるのに、低カロリーという点も口コミでの高評価に繋がっています。

和風だしのスープなので、酸っぱいものが苦手でもずく酢が食べられない人でも、美味しく食べられます。もずくには体に嬉しい栄養がたっぷり含まれているので、和風だしで食べられるのが嬉しいという口コミもたくさん挙がっています。

口コミ②見つからない

スーパーで買い物する家族

もずくスープを買うのが目的でコストコへ行ったのに、買えなかったという悲しい口コミも多く挙がっています。永井海苔のもずくスープは、コストコでも大人気の商品です。1度食べると美味しさにはまってしまう人が多く、リピート率が高いので、タイミングが悪いと購入できないこともあります。

もずくスープを1度食べてみて「リピートしたい」と思ったら、次に見つけたときに、ある程度まとめ買いしておくのも良いでしょう。

コストコのもずくスープの栄養は?

①フコダインが豊富

緑色の海藻

もずくには、「フコダイン」という成分が豊富に含まれています。フコダインはもずく特有のぬめりの正体です。体に様々な良い効果をもたらす栄養素だといわれ、免疫力を上げてくれる効果や、糖質の吸収を緩やかにする効果が期待されています。

さらには、肌の保湿や抜け毛を予防するともいわれており、体にさまざまな良い効果を期待できる栄養素として、注目されています。

②食物繊維が豊富

岩の上の海藻

もずくには、女性には特に嬉しい栄養素である食物繊維が多く含まれています。フコダインも食物繊維の一種ですが、ほかにもアルギン酸という食物繊維も含まれています。

食物繊維が便秘の改善に良いというのは有名な話ですね。食物繊維はほかにも、余分な塩分やコレステロールを体から排出する働きがあるといわれている栄養素です。

③低カロリー

メジャーとフルーツとオートミール

コストコのもずくスープは、1食あたり18kcalと低カロリーです。もずく自体のカロリーは100gあたり約6kcalで、低カロリーでヘルシーな食材です。体に嬉しい効果を期待できる栄養素が豊富でありながら、カロリーはかなり低い、ダイエット中に嬉しいスープといえますね。

コストコのもずくスープのダイエット効果とは?

①満腹感を得やすい

食事中の女性

もずくには水溶性の食物繊維が豊富に含まれていますが、不溶性食物繊維も多く含まれています。不溶性食物繊維という栄養素は、水を吸収すると膨らむという性質を持っています。つまりもずくスープを飲むと、胃の中で不溶性食物繊維が膨らむので、少量でも満腹感を得やすいのです。

ダイエット中は摂取カロリーを抑えたいものですが、空腹感を我慢するのはつらいですよね。低カロリーで満腹感を得やすいもずくスープは、ダイエットに最適な栄養素を含んだスープといえるでしょう。

②最初に食べると太りにくい

たっぷりの砂糖

糖質を摂取する前にもずくを食べておくと、太りにくいと言われています。もずくは食物繊維が豊富です。食物繊維は消化に時間がかかるため、糖質の吸収を穏やかにして、血糖値が急激に上がりにくくなるとされています。

血糖値が急激に上がると、肥満に繋がりやすくなるといわれていますので、ダイエット中はもずくスープを食事の最初に食べるのが良いでしょう。また、満腹感を得やすいという観点からもおすすめです。

③便秘の改善

赤い壁のトイレ

もずくには2種類の食物繊維が豊富に含まれているので、便秘を改善する効果が期待できます。もずくには、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方が豊富に含まれています。水溶性食物繊維は水分を保持する力に優れているので、腸内で固くなってしまった便を柔らかくする効果が期待できます。

不溶性食物繊維は胃や腸の中で水分を吸収し、便の量を増やしてくれるといわれています。この2種類の食物繊維の相乗効果で、もずくを摂取すると便秘の改善に働きかけます。便秘が改善すると体内の余分なものを排出しやすくなるので、太りにくい体づくりやダイエットに良いでしょう。

スープはカロリーが低いものが多く、満足感も得やすいのでダイエットに向いているメニューです。スープを活用してダイエットしたいと思ったら、脂肪燃焼スープを作ってみませんか?1週間飲むと効果が出るといわれている脂肪燃焼スープについては、下の記事を参考にしてくださいね。

【そのまま】コストコのもずくスープレシピ

①キムチもずくスープ

コストコのもずくスープに、豆腐とキムチを加えるだけの簡単レシピです。もずくスープをそのまま食べる時には、お椀やカップにお湯を注いで作りますが、豆腐を加える場合には軽く温めたいので、鍋で一度煮立てるのがおすすめです。

豆腐を加えずにキムチだけを入れる場合には、お椀などでそのまま作ってもOKです。和風だしのスープにキムチの辛みが効いて、一味違うスープになりますよ。

キムチもずくスープ

  1. 鍋にもずくスープと水を入れ、沸かす。
  2. 絹豆腐とキムチを加え、再度沸かす。

②コチュジャンもずくスープ

コストコのもずくスープに、コチュジャンを加えてピリ辛にアレンジするレシピです。ほかに具材を加えてさらにアレンジする場合には、鍋で作るのがおすすめです。コチュジャンで味を変えるだけのアレンジなら、お椀やカップでそのまま作れます。

コチュジャンの塩味が加わるので、お湯は規定量より少し多めがおすすめです。もずくスープの原材料に入っているしょうがに加えて、コチュジャンの唐辛子の効果で、そのまま飲むよりも、さらに体が温まるスープになります。

コチュジャンもずくスープ

  1. お椀にもずくスープと湯を入れる。
  2. 好みの量のコチュジャンを加えて、よく混ぜる。

③具だくさんもずくスープ

もずくスープにたっぷりの野菜と卵を加えて作る、具沢山もずくスープへのアレンジレシピです。野菜や卵を加熱したいので、お椀やカップにそのままではなく、鍋で作りましょう。もずくスープとお湯を鍋に入れて煮立たせたら、冷蔵庫に余っている好みの野菜を刻んで加えればOKです。

野菜に火が通ったら、溶き卵を回し入れます。野菜のうまみと卵のまろやかさで、スープの味がグッと美味しくなります。さらにたっぷりの具材で、そのまま飲むよりも満足度がアップするので、ダイエット中におすすめのアレンジです。1パック約60円と値段も安いスープなので、ダイエット中の食事にどんどん活用しましょう。

具だくさんもずくスープ

  1. 鍋にもずくスープと水を入れ、沸かす。
  2. 好みの野菜を千切りにして鍋に加え、軽く煮込む。
  3. 溶き卵を回し入れ、少し加熱する。

【アレンジ】コストコのもずくスープレシピ

①もずくと卵の雑炊

もずくスープを雑炊にアレンジするレシピです。鍋にもずくスープとお湯を入れて煮立たせ、ご飯を加えて軽く煮込んだら、溶き卵を回し入れるだけで完成です。

永井海苔のもずくスープは、味が少し濃いめという口コミもあるので、お湯の量は規定量でOKです。雑炊は、ご飯をそのまま食べるよりも少量で満足できるので、ダイエット中にぴったりですね。

もずくと卵の雑炊

  1. もずくスープと水を鍋に入れ、沸かす。
  2. 少なめのご飯を加えて軽く煮込む。
  3. 溶き卵を回し入れて、軽く加熱する。

②もずく冷奴

もずくスープと刻んだ野菜を混ぜて、良く冷えた豆腐の上に乗せるだけの、もずく冷奴のレシピです。もずくスープの味があるので、醤油はいりません。もずくスープはお湯で作るので、暑い日にはなかなか食べづらく感じるかもしれません。もずく冷奴なら冷たくもずくを食べられるので、夏におすすめのさっぱりアレンジです。

もずく冷奴

  1. 良く冷やした絹豆腐の水を切って、皿に盛る。
  2. もずくスープに、刻んだトマトやキュウリ、オクラなどを混ぜる。
  3. 豆腐の上に野菜入りのもずくスープを乗せる。

③もずくそうめん

もずくスープをそうめんの汁として食べるアレンジレシピです。和風だしがベースで、味が良いという口コミの多いスープなので、シンプルなそうめんと食べると相性抜群です。コストコのもずくスープは値段も安いので、味に飽きがちなそうめんとぜひ組み合わせてみましょう。

ぬめりのあるもずくスープをかけたそうめんは、食欲がないときでもスルスルと口に入っていきます。もずくスープをお湯で溶いて、茹でたそうめんに掛けると、温かいもずくにゅう麺のレシピになります。

もずくそうめん

  1. そうめんを茹でて、冷水でよく締める。
  2. もずくスープを少量のお湯で溶き、冷水を加える。
  3. 茹でたそうめんに冷たいもずくスープを掛ける。

コストコのもずくスープは美味しくてダイエット向き!

永井海苔のもずくスープは、美味しいのにカロリーが低く、ダイエットに嬉しい効果が期待できるおすすめの商品です。コストコなら大容量で売っているので、値段も安く購入することができます。アレンジもしやすいので、コストコのもずくスープを上手にダイエットに取り入れてみましょう。

コストコには、ほかにも美味しいスープがたくさんあります。下の記事でご紹介しているオニオングラタンスープも美味しくて低カロリーなので、ぜひ併せて読んでみてくださいね。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。