Large thumb m keep aspect %e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%87

男ウケならこれ!水族館デートの服装16選!春夏秋冬のモテコーデを押さえよう!

更新:2021.09.16

水族館デートに行く予定があるけど、どんな服装で行けば良いかわからないという人も多いですよね?そこで、20代後半から30代前半の大人女子向けの水族館コーデを、春夏秋冬の四季に分けてご紹介します。水族館コーデのポイントと一緒に、着こなし方をチェックしましょう。

【春】水族館デートにおすすめの服装4選

①グレースウェット×ドットスカート

グレーのスウェットとドットスカートを合わせた、春らしい着こなしです。水族館デートは、一日中ほぼ動きっぱなしです。そのため、スウェットやフレアスカートなど、動きやすい服装が最適と言えます。

特に、付き合う前の初デートでは、気合を入れすぎないゆるめの服装の方が、男性も安心します。フレアスカートなどのしおらしいアイテムは、ヒールの靴でバランスをとりたくなりますが、動くことを考えるとスニーカーがベストです。

②ガウンコート×リネンサロペット

ガウンコートとリネンサロペットを合わせた、すっきりとした春コーデです。薄手のガウンコートは、肌寒さが残る春のアウターに適しています。大人っぽいノーカラーコートなので、20代後半から30代前半の女性にピッタリです。

アウターがシックなので、可愛らしいサロペットを合わせても落ち着きが出ますよ。春の水族館デートは、長時間歩くと少し汗ばむことがあります。そのため、アウターの下に着る服は、通気性の良いリネンサロペットがおすすめです。

③シャツワンピース×スキニーデニムパンツ

春は、鮮やかなオレンジのシャツワンピースとスキニーデニムパンツの、スマートな着こなし方も良いでしょう。シャツワンピースだけでも良いですが、デニムのパンツを合わせることで、カジュアルで親しみやすい雰囲気を出すことができます。

着こなしのポイントは、全体的に明るい色をメインにしているところです。水族館内は暗いため、黒系の暗色をメインにすると、服装が沈んでいしまいます。そのため、白系や赤系、ピンクなどの春らしいカラーを入れるようにしましょう。

④カーキデニムジャケット×プリーツスカート

デニムジャケットとプリーツスカートを合わせた、春の甘辛ミックスな服装です。プリーツスカートとカットソーにデニムジャケットを合わせるだけで、辛さの混じった一段階おしゃれな服装になります。

普通のデニムでは子供っぽくなるという場合は、カーキのメンズ色の強いデザインを合わせてみましょう。そうすることで、20代後半から30代前半の女性らしいシックな装いになります。

【夏】水族館デートにおすすめの服装4選

①リネンワンピース×ライム色パンツ

リネンワンピースとライム色のワイドパンツの、爽やかな夏コーデです。夏の定番アイテムであるリネンワンピースは、ワイドパンツと合わせることでクールに着こなせます。特に、20代前半から30代後半の女性は、パンツを合わせたメンズライク系がおすすめです。

ベージュのリネンワンピースだけでも明るさは出せますが、さらにライム色パンツで華やかさを出しているのがポイントです。流行りのカシュクールデザインのワンピースで、さり気なくおしゃれもアピールしましょう。

②シアードレスシャツ×ミントグリーンパンツ

透け感が可愛いシアードレスシャツは、ワイドパンツでカチッと着こなすのがポイントです。シアードレスシャツは、ただのシースルーのシャツではなく、華やかさがあるのが特徴です。そのため、20代後半以降の女性でも、幼稚に見えない涼しげな着こなしが作れますよ。

しかし、スカートを合わせると、シアードレスシャツでも子供っぽく見えることがあります。そのため、カチッとしたワイドパンツでバランスをとりましょう。また、ミント色にすることで爽やかさを出すことができますよ。

③ロゴTシャツ×茶色フレアスカート

シンプルな茶色のフレアスカートは、やんちゃなロゴTシャツと相性が良いです。夏の水族館コーデと言っても、明るい服装が苦手という人も多いでしょう。そういう時は、茶色のフレアスカートで秋感を加えつつ、ロゴTシャツで夏らしいクールな雰囲気も足しましょう。

シンプルな着こなしなので、付き合う前の初めてのデートでもOKですし、付き合ってからでも違和感はありません。適度にゆるさと堅さのバランスがとれているので、水族館以外のデートの時にもおすすめです。

④ボーダートップス×Vネックワンピース

優しげな印象を出したい時は、ボーダーを取り入れてみましょう。初めてのデートの時は特に、きつい女性に見られたくないという人も多いです。そういう時は、ボーダーのトップスとキャミワンピースで、ふんわりとした素朴な雰囲気を出すと好印象です。

さらに、ボーダーは夏にピッタリのアイテムなので、季節感もあるおしゃれな着こなしになります。マリンルックは、20代後半から30代前半の女性にも合う万能な合わせ方なので、迷ったらボーダーを合わせてみましょう。

【秋】水族館デートにおすすめの服装4選

①デニムジャケット×リゾートワンピース

秋の水族館デートには、デニムジャケットとリゾートワンピースを合わせた、シンプルなコーデがおすすめです。リゾートワンピースというと夏をイメージしますが、茶色系のアイテムなら秋でも違和感はありません。また、動きやすいので、水族館デートも思う存分楽しめます。

しかし、リゾートワンピースだけでは、場合によっては肌寒く感じることがあるでしょう。そのため、やや厚めのデニムジャケットで、季節感と少し子供っぽさを足すと、防寒もできて男ウケも良いコーデになります。

②白ニット×カーキプリーツスカート

白のニットベストにカーキのプリーツスカートを合わせた、ゆとりのある服装です。フェミニンなプリーツスカートは、カーキやブラウンなど、渋めのカラーにすると秋コーデに合います。トップスは、ゆるめの白のベストを合わせることで、堅さとゆるさのバランスが良い服装になりますよ。

20代後半から30代前半の女性の場合、ベストをやや長めにすると、大人っぽく着こなせます。靴は歩きやすいスニーカーがおすすめですが、子供っぽくなりそうな場合は、ローファーでも合います。

③カーキニット×デニムワイドパンツ

カーキニットとデニムのワイドパンツの組み合わせは、男性に安心感を与える服装です。カチッとした服装も良いですが、ラフな恰好でデートに来てほしいという男性も多いです。特に、付き合う前の初デートの時は、ある程度ゆるめの方が、男性の緊張もほぐれます。

普通のデニムにTシャツでも良いですが、20代後半から30代前半の女性は、ニットとワイドパンツでゆるさを出すのがおすすめです。カーキ色を取り入れると、一気に秋らしく仕上がるので試してみましょう。

④赤ニット×リボンスカート

付き合う前の初めてのデートで気合いを入れたい人には、赤ニットとリボンスカートの組み合わせがおすすめです。秋の定番カラーである赤のニットは、大人な雰囲気漂うムーディーなアイテムです。少しゆるさを出すと男ウケが良くなるので、可愛らしいリボンスカートと合わせてメリハリをつけてみましょう。

リボンスカートは、20代後半から30代前半の女性の場合、タイトスカートが適しています。カッチリしているので、水族館の後にディナーをする時にもピッタリです。また、コートなどを羽織れば、秋のみならず冬にも着回すことができる服装になります。

【冬】水族館デートにおすすめの服装4選

①ボアジャケット×スラックス

ボアジャケットとスラックスを合わせた、大人カジュアルな冬コーデです。見た目も着心地も温かいボアジャケットは、冬の水族館デートでも大活躍します。しかし、上がボリューミーになるため、すっきり見せたい場合は、ボトムスは細身のスラックスでバランスをとるのがポイントです。

かなりラフな服装になるので、付き合う前というよりは、気心が知れた間柄になってからのデートにおすすめです。真冬の場合は、ボアジャケットだけだと寒い可能性があるので、インナーにニット系を着てしっかり防寒するようにしましょう。

②ハイネック×レザースカート

ハイネックとレザースカートの、すっきりとした着こなしです。スマートに見えるハイネックと、クールなレザースカートは、20代後半から30代前半の女性の雰囲気にマッチします。両者がどちらもシュッとしているので、上にパーカー系を着てもゆるすぎないのがポイントです。

レザースカートは、付き合う前のデートの服装としては、やや尖がった印象になります。そのため、ある程度知り合った仲になってからのデートにおすすめです。もし、初デートに着て行くのなら、トップスにトレーナーやニット系アイテムを合わせると良いでしょう。

③ポンチョコート×デニムパンツ

ゆとりのあるポンチョコートを使った服装は、蒸れるのが気になる人におすすめです。厚着をする冬は、意外と夏よりも汗をかくことがあります。しかし、ポンチョコートは通気性が良いため、蒸れによる臭いが気になりにくくなります。さらに、デニムパンツを合わせることで、動きやすい服装になりますよ。

見た目のインパクトが大きいので、付き合う前の初デートで、相手に印象を残したい場合におすすめです。ポンチョ系の着こなしが分からないという人は、以下の記事も参考になりますよ。

④カーキニット×デニムプリーツスカート

カーキニットとデニムスカートの王道の冬コーデです。普通のデニムスカートとニットでは、30代前半の女性には少し子供っぽくなってしまいます。しかし、プリーツデザインにすることで、落ち着きを出すことができますよ。ニットも、やや大きめサイズのものを選べば、アウターいらずで快適な冬の水族館デートが楽しめます。

トップスやボトムスの色は、なるべく明るいトーンのものを選ぶと良いでしょう。オーソドックスな着こなしなので、付き合う前や後に関わらず、あらゆるデートのシーンに合います。

水族館デートの服装のポイントは?

①動きやすい服装

水族館デートの服装は、動きやすさが最も重要なポイントです。せっかくおしゃれをしても、すぐに歩き疲れてしまう服装では、楽しいデートが台無しになります。そのため、動きのあるフレアスカートやワイドパンツを選び、スニーカーやぺたんこのローファーなど、歩きやすい靴と合わせるのがおすすめです。

②水に濡れても良い服装

雨の日やショーで水に濡れることを考えて、速乾性のある服装を選ぶことも重要なポイントです。例えば、リネンやポリエステルなど、吸水性が高く通気性の良い生地のトップスやボトムスを選んでみましょう。また、春夏はなるべく薄着で、秋冬はゆったりとしたデザインの服を選ぶのも良いです。

③明るい色を取り入れる

水族館デートの服装には、明るい色を取り入れてみましょう。明るい色とは、白系や赤系、黄色系などを指します。これらの色がちょっとでも入ることで、暗い水族館内でも目立つ服装になります。特に、付き合う前の初デートでは、明るい色のアイテムを着用して、華やかな女性に見せるのがおすすめです。

大人な服装で水族館デートを楽しもう

20代後半から30代前半の女性は、カジュアルだけど大人っぽい服装が、水族館デートに最適なコーデと言えます。記事内でご紹介したポイントを踏まえながら、自分に合った着こなしを見つけてみましょう。水族館デートが初めてという人は、以下の記事も参考にしてみてください。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。