Large thumb shutterstock 345514628

なかなか治らない唇の乾燥対策をご紹介!しっかりケアして潤いリップに!

更新:2020.10.01

乾燥した唇がなかなか治らず、困った経験はありませんか?そこで今回は、唇の乾燥を予防するおすすめ対策をご紹介します!唇が乾燥する原因や、リップケアにおすすめの商品などもまとめていますよ。唇の慢性的な乾燥に悩んでいる方は、是非参考にしてくださいね。



唇が乾燥する原因とは?

①ストレスを感じている

ストレス

唇が乾燥してしまう原因として、ストレスが考えられますよ。ストレスを抱えていると、内臓機能や胃の働きが低下してしまいます。基礎代謝が悪化したり、血流が滞ってしまい、唇が乾燥して荒れてしまうのです。唇の乾燥に悩まされている方は、日頃ストレスを感じていないか考えてみましょう。

②胃腸に負担がかかっている

腹痛

胃腸に負担がかかっているというのも、唇が乾燥する原因の一つです。荒れた食生活や暴飲暴食などを繰り返していませんか?食生活が乱れると、胃腸に大きな負担がかかります。胃が弱くなると体の抵抗力が低下してしまい、唇の乾燥や荒れにを引き起こしますよ。

③リップや口紅が合っていない

口紅

唇が乾燥する原因に、普段使っているリップや口紅が合っていないということも考えられます。口紅や色付きリップには、様々な成分が配合されています。中には、唇の刺激になってしまう成分もあります。いつもリップケアをして対策しているのに唇が乾燥する…という方は、使っているコスメの成分を確認してみましょう。

④紫外線を浴びすぎている

太陽

紫外線を浴びすぎてしまうと、唇の乾燥につながると言われています。唇には、UVから皮膚を守る「メラニン色素」がほとんど含まれていません。そのため顔の皮膚よりも紫外線からの刺激に弱く、乾燥しやすい部分だと言われています。

紫外線対策をしないと唇から水分が失われ、乾燥してしまいますよ。それだけではなく、シワやしみ、くすみなどの原因になる可能性もあります。しっかりと紫外線対策をして、唇を日光から守りましょう。

唇の乾燥におすすめの対策7選!

①バランスの良い食事を心がける

食事

唇の乾燥対策として有効なのが、バランスの良い食事を心がける方法です。偏った食生活を続けていると、唇がカサカサになっていきますよ。ビタミンやタンパク質などの栄養素が豊富に含まれた食事を摂るよう、心がけてください。特に、ほうれん草や納豆などに含まれている「ビタミンB2」を摂ると良いですよ。

②口紅はきちんとクレンジングする

クレンジング

唇のカサカサに悩んでいる方は、口紅をきちんとクレンジングすることを心がけましょう。口紅が唇に残っていると、どんどん水分が失われてしまいます。唇用のクレンジング剤をコットンに含ませて、口紅を優しく落としてください。強く擦ったり摩擦を与えると、唇の乾燥が進行してしまうので気をつけましょう。

③しっかりと水分を摂取する

水

唇のカサカサ対策として、水をしっかり補給するという方法もおすすめですよ。いくら唇の外側を保湿しても、体内の水分が不足していると、唇は乾燥してしまいます。常温や温めた水をたっぷりと取り、体内に潤いを与えましょう。冷たい水は胃腸の働きを弱めてしまうので、取らないようにしてください。

④唇パックを行う

パック

唇のカサカサ対策として有効なのが、この唇パックです。唇を集中的に保湿して、唇の乾燥を予防してくれますよ。唇の荒れやカサカサに悩んでいる方は、1日1回この唇パックを取り入れてみましょう。以下に、唇パックの具体的な方法を載せておきますので、参考にしてみてくださいね。

唇パック やり方

  1. 蒸しタオルなどで口元を温めましょう。
  2. 唇の周りが温まったら、全体に保湿力の高いリップをたっぷりと塗ります。
  3. 唇の上にラップをかぶせ、10分ほど放置して完了です。

⑤スクラブでマッサージをする

スクラブ

リップスクラブでマッサージをする方法も、おすすめの乾燥対策です。スクラブは唇に残った角質や汚れなどを取り除き、カサカサ感のないなめらかな唇に導く効果がありますよ。慢性的な唇の荒れに悩んでいる方は、是非この方法を試してみてください。

またリップスクラブを使う際は、なるべく唇に優しい商品を選ぶようにしましょう。テクスチャが柔らかいものや、シュガーで作られたザラザラ感のない商品がおすすめですよ。スクラブマッサージは、お風呂上がりなど唇が柔らかくなったタイミングで行うのがベストです。

⑥内臓を温める


リラックス

内臓を温めることも、おすすめの乾燥対策です。日頃から冷たい飲み物や食べ物を食べていると内臓機能が低下し、慢性的なカサカサリップになってしまうと言われています。温かいスープや白湯などを意識して飲み、内臓を温めて対策してみましょう。

⑦唇のエクササイズを行う

エクササイズ

唇の乾燥や血色の悪さが気になる方には、リップエクササイズをおすすめします。リップクリームで唇を保湿した後、上下の歯で唇を挟みます。10秒ほどそのままキープし、パッと口を開きましょう。血行が良くなり、カサカサを予防することができますよ。

またこちらに、唇をケアする方法がまとめられている記事を載せておきます。荒れてしまった唇もプルプルに保湿できる、おすすめのケアが多数解説されていますよ。リップケアについて詳しく知りたい!という方は、是非こちらの記事にも目を通してみてくださいね。

唇の乾燥におすすめのケアグッズ5選!

①シュガーリップスクラブ

M keep aspect a1b074f7 d827 4839 bc18 d5e39ea9b597
レブロン シュガーリップスクラブ ¥814

「シュガーリップスクラブ」は、レブロンから発売されている唇用のスクラブです。砂糖で作られた柔らかいスクラブ粒が配合されており、優しく唇の角質を落とします。保湿力の高いフルーツオイルも含まれていますので、乾燥しやすい季節でも安心して使用できますよ。

②唇用美容液

M keep aspect 467f33c5 30b2 45b0 88ea 8e5dc7e80ee7
ルシフェル 唇用美容液 ¥2,080

「唇用美容液」は、ルシフェルから発売されている、おすすめ商品です。りんご果実培養液やヒト幹細胞培養液などが配合されており、唇を健康な状態に導くと言われています。使い心地も良く、唇内部はしっとり、表面はサラサラになります。また無添加処方にも拘られていますので、肌が弱い方にも人気ですよ。

③唇のナイトパック

M keep aspect 92e94b6a 877b 420f 907c 61ed81e87bb5
Re:Purun 唇のナイトパック

「唇のナイトパック」は、Re:Purunから発売されている商品です。ワセリンやミツロウなどの保湿成分が豊富に配合されており、唇を集中的に保湿します。寝る前に唇に塗るだけで簡単に保湿パックができる、人気の高いアイテムですよ。是非購入を検討してみてくださいね。

④リップケア バーム

M keep aspect de084a12 2800 4b6f 860b 9e15103c1af9
キュレル リップケア バーム ¥1,056

「リップケア バーム」は、キュレルのおすすめ商品です。低刺激タイプのバームで、唇を優しく保湿してくれます。炎症を抑える消炎剤が配合されていますので、乾燥でヒリヒリと痛む唇にもおすすめです。保湿力が長持ちするので、睡眠前のリップケアなどに使ってみてください。

⑤ディープモイスチャー リップ

M keep aspect 939fc5d0 cdb2 4f7c 85f5 950b6402fb6c
ニベア ディープモイスチャー リップ ¥354

「ディープモイスチャー リップ」は、ニベアから発売されているおすすめ商品です。ヴェール処方が採用されており、唇にクリームが密着します。潤いを閉じ込め、荒れた唇を改善すると言われていますよ。ハチミツやトレハロースなど、5種類の保湿成分が配合されていますので、保湿力も高めです。

またこちらに、保湿力の高いおすすめリップクリームが紹介されている記事を載せておきます。敏感肌でも使える商品や、プチプラ価格のアイテムなど、様々なリップクリームが解説されていますよ。唇の乾燥に悩まされている方は、是非こちらの記事にも目を通してみてくださいね。

唇の乾燥を悪化させるNG行動とは?

NG行動①唇の皮を剥く

剥く

唇の乾燥が悪化するNG行動として、唇の皮を剥いているということがあります。唇の乾燥が進行すると、皮剥けが起こりますよね。気になるからと、ついつい皮を剥いてしまっていませんか?無理やり唇の皮を剥いてしまうと、深く皮がめくれて皮膚が傷つく恐れがあります。唇がダメージを受け、荒れが酷くなりますよ。

唇が皮剥けを起こしている時は、皮には触らないようにしましょう。代わりに保湿力の高いリップクリームをたっぷりと塗り、乾燥を防いでください。こうすることで、めくれてしまった皮は自然に取れますよ。

NG行動②唇に摩擦を与えている

摩擦

唇を擦ったり触ったりして摩擦を与えるのも、NG行動の一つです。唇は、他の皮膚よりもダメージを受けやすい部位です。摩擦を与え続けてしまうと、角質層が傷ついてしまい、潤いがどんどん逃げてしまうでしょう。炎症や色素定着の原因にもなりますよ。唇の乾燥を予防したいのなら、なるべく触らないようにしてください。

NG行動③刺激の強い食べ物を食べる

香辛料

唇が荒れている時に、酸味や辛味の強い食事を食べるのもNGです。乾燥している唇の表面は、細かい傷が付いている状態です。食事に含まれる香辛料が傷から浸透し、唇の角質層を傷つけてしまいますよ。乾燥が悪化し、荒れる原因になります。唇が乾燥している時は、食べ物に注意してくださいね。

NG行動④唇を舐める

舐める

唇を舐めるという行動も、唇の乾燥を進行させてしまうNG行動の一つです。唇を舐めると唾液が付くため、唇が潤ったような感覚になりますよね。しかしこの唾液が蒸発する際、唇内部の水分も一緒に奪ってしまうのです。唇を保湿するどころか、乾燥を悪化させてしまいますよ。

NG行動⑤口呼吸をしている

口

唇の乾燥を悪化させるNG行動に、口呼吸があります。口を使って呼吸をしていると、自分の吐いた息が唇に当たり、乾燥を進行させてしまうのです。唇が荒れている時は、できる限り鼻呼吸を心がけるようにしてくださいね。

なかなか治らない唇の乾燥をケアする方法とは?

①ワセリンを塗る

リップ

唇の乾燥がひどく、なかなか治らない時は、ワセリンを塗る方法をおすすめします。ワセリンを塗ることで、唇を外部摩擦や刺激から保護することができますよ。保湿力も高いので、カサカサ唇からツヤツヤリップに改善できます。治らない唇の乾燥や荒れに悩んでいる方は、是非この方法を試してみてください。

②口の中を清潔に保つ

歯ブラシ

唇の乾燥がなかなか治らない時は、口の中が荒れている可能性があります。口の中に細菌やウイルスが繁殖していると、唇も荒れやすくなってしまいますよ。こまめなうがいや歯磨きを行い、口の中の清潔を保ちましょう。

唇が乾燥する原因を知って適切に対策を行いましょう!

唇が乾燥してしまう原因には、日頃の生活習慣やコスメなど、様々な要因が考えられます。今回紹介した対策の方法やおすすめグッズを参考にすれば、カサカサ唇から脱却することができるでしょう。是非この記事の内容を実践してみてくださいね。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。