Large thumb shutterstock 618379862

【2020】おしゃれなオレンジ系ヘアカラー20選!ブリーチなしでも綺麗な髪色に♪

更新:2020.07.28

オレンジ系のヘアカラーは、日本人に馴染みやすく人気があります。様々な色の種類があるので、自分好みのカラーリングが楽しめますよ。今回は、おすすめのオレンジ系ヘアカラーを集めてみました!ブリーチなしで楽しめる色も多いので、チェックしてみてください!

【レッド編】オレンジ系ヘアカラー5選

①ダークオレンジレッド×ウルフカット

暗めのオレンジレッドは、落ち着いた印象に見せてくれるカラーなので、大人の女性にもおすすめです。暗めの髪色なので、四季を問わず楽しめます。今年はくすみのある暗めカラーが流行りとなっているので、暗めのオレンジレッドならトレンドを意識した髪色になります。

ウルフカットと組み合わせることで、女性らしいヘアスタイルに仕上がります。ボブヘアのウルフカットは、髪の毛の動きが出て、フェミニンな印象に見せてくれます。毛先の部分を外ハネにすれば、さらに可愛らしいヘアスタイルに仕上がります。

②ブリーチなしオレンジレッド×ウェーブヘア

明るい髪色のオレンジレッドは、ブリーチなしで楽しむ事もできます。日本人の髪色は赤味がかっている事が多いので、オレンジレッドのようなヘアカラーが染まりやすいという特徴があります。そのため、ブリーチなしでも明るいオレンジレッドをカラーリングすることができるのです。

ブリーチなしなら、髪の毛にあまり負担をかけたくない方や、初めて髪の毛を染める方でも安心してカラーリングをすることができます。オレンジレッドの髪色にウェーブヘアを組み合わせれば、柔らかく女性らしい雰囲気を出すことができます。

③ツヤ感オレンジレッド×ミディアムボブ

ツヤ感のあるオレンジレッドは、トレンド感が出るのでおすすめです。2020年はツヤっぽい質感の髪色が注目されています。明るいオレンジレッドも、ツヤ感を意識することで流行りを押さえた髪色になります。アプリコットのような色味なので、ミディアムボブでもキュートな印象に仕上がります。

④明るめオレンジレッド×ゆるふわスタイル

明るめのオレンジレッドには、ゆるふわなスタイリングを組み合わせましょう。明るめの髪色は派手な印象を持たせるので、ヘアスタイルでフェミニンさを出すのがポイントです。また、ゆるふわスタイルにする事で、髪の毛に動きが出るので、立体感のあるヘアスタイルになります。

⑤レッド強めカラー×フェミニンボブ

オレンジレッドの髪色にするのであれば、赤を強めに出した髪色がおすすめです。赤色が強く発色するので、色落ちも綺麗ですし、馴染みやすいです。光に当たった時にオレンジ色が発色するので、夏らしい色味のヘアカラーになります。

派手な印象を持たせやすい髪色なので、フェミニンなボブと組み合わせましょう。明るい派手髪でも、ヘアスタイルを女性らしくすれば、フェミニンにまとまります。オレンジ系のヘアカラーは、インナーカラーに使うのも人気です。以下の記事では、オレンジのインナーカラーをまとめているので、是非チェックしてみてください!

【ベージュ編】オレンジ系ヘアカラー5選

①ピンクベージュ系オレンジ×毛先軽め

ピンクベージュとオレンジを混ぜた髪色は、女性らしさを出すのにぴったりです。柔らかい色味になるので、派手な髪色が苦手な方でもチャレンジしやすいです。オレンジ色がベースになっているので、肌馴染みが良く、日本人に似合いやすい髪色です。

毛先を軽めにしたスタイリングと組み合わせることで、垢抜けた印象になります。ウルフカットのようにハンサムなスタイリングでも、女性らしい色なのでフェミニンに仕上がるのが特徴です。

②柔らかオレンジベージュ×ふんわりスタイル

柔らかなオレンジベージュには、ふんわりとしたスタイリングがおすすめです。ベージュ系の髪色は近年の流行りですが、オレンジと混ぜることで肌馴染みが良くなります。明るい髪色が似合わないという方でも、オレンジベージュであればマッチしやすいです。

ブリーチを施す事で、透明感のあるオレンジベージュに仕上がります。ふんわりとしたスタイリングなら、動きが出て透明感をアピールする事ができますし、女性らしい印象のヘアスタイルになります。

③ハイライト風オレンジベージュ×ウェーブヘア

ベージュオレンジをハイライト風に入れることで、おしゃれなスタイルが完成します。暗めの髪色が好きという方は、暗めのベージュオレンジの上から、明るめのベージュオレンジを重ねましょう。同じカラーを別のトーンで入れているので、まとまりのあるカラーリングになります。

また、ウェーブスタイルで髪の毛に動きを持たせることで、よりハイライトの効果を感じることができます。軽い質感になるので、ミディアムやロングのように長めのレングスでも垢抜けて見えます。

④オレンジベージュハイライト×ストレート

オレンジベージュのハイライトカラーには、ストレートスタイルもおすすめです。ハイライトを入れる事で、髪の毛に立体感が出ます。ストレートスタイルでも、立体感のある垢抜けたヘアスタイルに仕上がります。オレンジベージュのハイライトは、ナチュラルな印象になるので、初めてハイライトをする方にも向いています。

⑤暗めオレンジベージュ×ボブ

暗めのオレンジベージュには、重たいボブヘアがおすすめです。暗めのヘアカラーですが、ベージュが混ざっているので、軽さのあるカラーになります。重たいボブヘアでも、髪色に軽さがあれば野暮ったく見えません。毛先を内巻きにして、アレンジを加えるとおしゃれですよ。

【ピンク編】オレンジ系ヘアカラー5選

①強めピンクオレンジ×立体感ヘア

ピンクを強めに出したピンクオレンジは、派手な髪色を好む方に向いています。ピンク色が強く発色しますが、オレンジがベースになっているので、肌馴染みのいいヘアカラーになります。ピンクオレンジは、日本人がチャレンジしやすい種類の髪色なので、派手髪好きな方におすすめです。

段やウェーブで動きを出した、立体感ヘアと組み合わせるのがおすすめです。髪の毛に動きが出るので、垢抜けた印象のヘアスタイルに見えます。

②柔らかめピンクオレンジ×グラデーション

柔らかいピンクオレンジは、女性らしさを出してくれるカラーです、ハイトーンなので、ブリーチを施してから色を入れると、綺麗に発色します。グラデーションアレンジにすると、より個性的で可愛らしいヘアスタイルになります。

グラデーションの場合、根元に近い部分はオレンジが強く発色します。逆に毛先はピンクが強めに発色するので、ピンクオレンジの色の変化が楽しめます。巻き髪と組み合わせることで、立体感がプラスされます。

③オーソドックスピンクオレンジ×アッシュ

ピンクオレンジを大人っぽくしたいのであれば、アッシュカラーを組み合わせましょう。くすんだ色味のアッシュは、明るいピンクオレンジを落ち着いた印象に見せてくれます。ピンクオレンジのように明るいヘアカラーが似合わない方でも、アッシュが混ざれば馴染みやすくなります。

④ピンクオレンジ×ローライト

ピンクオレンジのように明るい髪色は、ローライトをプラスする事で大人っぽく見せる事ができます。髪の毛に陰を作ることができるので、立体感が出てボリュームのある髪型になります。髪の毛のボリュームアップをしたい方や、ショートヘアの方におすすめです。

⑤ハイライト風ピンクオレンジ×ツヤ感

ピンクオレンジをハイライト風に入れると、垢抜けた印象になります。ベースの色が暗いので、ピンクオレンジを使っていても派手な印象になりにくいです。髪の毛にツヤ感をもたらすようなカラーリングと組み合わせることで、より大人っぽさのあるヘアカラーになります。

【ブラウン編】オレンジ系ヘアカラー5選

①明るめオレンジブラウン×ふわふわボブ

落ち着いた印象になりやすいオレンジブラウンですが、オレンジ色を強く発色させることで、明るい色に発色します。アプリコット系のキュートな色味になるので、若い女性におすすめです。ふんわりとしたボブヘアと組み合わせると、より可愛いヘアスタイルが楽しめます。

②暗めオレンジブラウン×ピンク

暗めに調節したオレンジブラウンに、軽くピンク色を混ぜる事で、個性的なカラーリングが楽しめます。オレンジブラウンとピンクは相性がいいので、マッチしやすいですし、女の子らしい髪色に仕上がります。毛先をアレンジしたヘアスタイルと組み合わせましょう。

③暗めオレンジブラウン×綺麗な退色アレンジ

暗めのオレンジブラウンは、大人っぽさの出る色です。色落ちも綺麗な色味にカラーリングにすることで、長い期間オレンジブラウンを楽しむことが出来ます。オレンジブラウンは日本人にマッチしやすい髪色なので、比較的綺麗な色を保ちやすいです。

④ブリーチなしオレンジブラウン×ウェーブロング

明るめのオレンジブラウンでも、ブリーチなしでカラーリングすることができます。オレンジ系のカラー剤は、日本人の髪の毛に馴染みやすいので、明るい色でもブリーチなしで楽しめるのです。ブリーチで髪の毛に負担をかけたくない方に向いています。ウェーブロングと組み合わせて、アンニュイな雰囲気にしましょう。

⑤ブラウン強め×ゆるウェーブ

落ち着いたオレンジブラウンにしたい場合は、ブラウンが強めに発色するように調整しましょう。光が当たった時にオレンジが発色するレベルなので、普段はブラウン系に見えます。ブリーチなしでできるので、髪の毛に負担もかかりにくいです。ゆるめのウェーブで上品なヘアスタイルにするのがおすすめです。

オレンジ系ヘアカラーを使ったグラデーション

①オレンジレッドグラデーション

オレンジレッドをベースにしたグラデーションは、派手なイメージにしたい方向けの髪色です。毛先になるにつれて、オレンジが強く発色するので、毛先が目立つようなスタイリングになります。

②暗めオレンジグラデーション

黒をベースに、毛先になるにつれてベージュオレンジになるようなカラーリングをする事で、落ち着いた色味のグラデーションが楽しめます。オレンジがあまり発色しないので、派手な印象になりにくいです。外国人風のヘアスタイルが好きな方に向いています。

③ハイトーンオレンジグラデーション

ブリーチを全体に施す事で、ハイトーンのオレンジグラデーションが完成します。毛先のオレンジ色も、かなり明るめに発色するので、派手な印象のヘアスタイルが楽しめます。全体的にウェーブをかけて、動きのあるヘアスタイルと組み合わせましょう。

オレンジ系ヘアカラーを楽しもう!

オレンジ系のヘアカラーは、日本人の髪に馴染みやすくおすすめのカラーです。色々な色があるので、自分にあったオレンジ系ヘアカラーを見つけてみましょう。以下の記事では、オレンジブラウンの髪色についてまとめています。ブリーチなしで出来る色が多いので、初めてカラーリングする方にもおすすめです。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。