Large thumb shutterstock 618379862

【2020】コーラルピンクの髪色で柔らかな印象に♡ブラウンと合わせても可愛い!

更新:2020.07.10

コーラルピンクは、色々な系統の色味に変えることができます。そのため、自分に似合うコーラルピンクが見つかりやすいです。今回は、系統別のコーラルピンクをご紹介するとともに、コーラルピンクの髪色が似合う人の特徴についてもまとめてみました!

【ブラウン系】コーラルピンクの髪色

①明るめブラウン系コーラルピンク

明るめのコーラルピンクにするためには、ブリーチありにする必要があります。ブリーチありで色を抜くことによって、コーラルピンクがしっかりと発色するようになります。特にピンク系の色味を強く出したい場合や、明るめの色味にする場合は、ブリーチをしっかりかけましょう。

明るめのコーラルピンクですが、ブラウンが強いので派手な印象になりすぎません。また、ブラウンを混ぜる事で肌に馴染みやすくなるのもポイントです。光に当たった時にコーラルピンクが強く発色するので、透明感を叶える事もできますよ。

②暗めブラウン系コーラルピンク

暗めのブラウン系コーラルピンクは、大人っぽい印象にしたい方におすすめです。ピンクの色味をはっきり出したくない場合は、ブラウンを強く出すようにオーダーすれば、落ち着いた暗めのコーラルピンクになります。ボブなどマニッシュなスタイルにマッチしやすいのが特徴です。

ブラウン系のコーラルピンクですし、暗めに仕上げているので、ハイライトをプラスするのも素敵です。細かいハイライトをコーラルピンクに混ぜる事で、立体感のあるヘアカラーに仕上がります。垢抜けた印象に見せられますよ。

③マットブラウン系コーラルピンク

ブラウン系のコーラルピンクなら、マットな質感に仕上げることができます。マットな質感なので、明るめのコーラルピンクに仕上げても落ち着いた印象に見えるのが特徴です。ボブやセミロングのように、髪の毛に重たさを持たせたい時におすすめです。

④ハイライト入りブラウン系コーラルピンク

ブラウン系のコーラルピンクにハイライトを足す事で、外国人風のヘアカラーに仕上がります。地のコーラルピンクは暗めに仕上げてあるので、派手な印象になりません。毛先になるにつれてハイライトが効いてくるので、髪の毛に透明感と立体感が生まれます。

特にロングヘアの場合は、髪の毛が重たく見えがちです。ハイライトを入れる事で、髪の毛に軽さと動きが出るので、垢抜けた印象のヘアカラーになります。巻き髪と組み合わせることで、より効果的にハイライトが効いてくれますよ。

コーラルピンクのヘアカラーより大人っぽい髪色にしたい方は、ワインレッドがおすすめです。2020年流行りの色でもあるので、トレンドヘアに仕上げたい方から人気があります。以下の記事では、ワインレッドのヘアカラーについてまとめてあるので、是非チェックしてみてください。

【オレンジ系】コーラルピンクの髪色

①明るめオレンジ系コーラルピンク

コーラルピンクは、オレンジとピンクを足したような色味が特徴です。オレンジ色の出力を多めにすることで、明るめのオレンジ系カラーが楽しめます。ブリーチありにすることで、しっかりとオレンジ色が発色するので、明るめの色にしたい場合はブリーチありがおすすめです。

オレンジ系を強めにしたコーラルピンクは、赤味が多くなるのが特徴的です。日本人の髪の毛はもともと赤味がかっているので、馴染みやすいです。ブリーチありで明るめの色ですが、大人の女性でもチャレンジしやすいヘアカラーですよ。

②艶オレンジ系コーラルピンク

オレンジ系のコーラルピンクは、艶っぽさを足す事でトレンド感が出ます。コーラルピンクはオーソドックスなヘアカラーでもあるので、マンネリしがちです。艶感のある仕上がりにすることで、流行りを押さえたヘアカラーが楽しめます。

もともと髪の毛を染めていた方は、ブリーチなしでもオレンジ系コーラルピンクが楽しめます。ブリーチは髪の毛に負担がかかるので、なるべく避けたい方も多いです。ブリーチなしで、オレンジ系コーラルピンクが楽しめるのは嬉しいですね。

③暗めオレンジ系コーラルピンク

暗めのオレンジ系コーラルピンクは、落ち着いたヘアカラーを楽しみたい女性におすすめです。オレンジとブラウンが強めに発色しているので、ピンク色のヘアカラーに抵抗がある方でも大丈夫です。暗めの髪色なので、ブリーチなしで出来るのが嬉しいですね。

④派手色オレンジ系コーラルピンク

オレンジ系のコーラルピンクは、ブリーチありをしっかりすることで派手な色味にできます。2回程ブリーチありでしっかり色を抜けば、コーラルピンクがきれいに発色します。オレンジ系のコーラルピンクなので、日本人の肌色にも馴染みやすく、初めて派手色の髪にする方にもおすすめです。

【パープル系】コーラルピンクの髪色

①暗めパープル系コーラルピンク

暗めのパープル系コーラルピンクは、バイオレットのような色味になるのが特徴的です。大人の女性でも似合う髪色なので人気があります。また、ブリーチなしで楽しめるので、髪の毛に負担がかかりにくいのも人気の理由です。

暗めのヘアカラーにしているので、光に当たった時にパープルが発色するイメージです。普段はシックで落ち着いた色味に見えます。コーラルピンクがベースなので、女性らしく仕上がるのがポイントです。

②明るめパープル系コーラルピンク

明るめのパープル系コーラルピンクは、ブリーチありで完成する髪色です。ブリーチありで色を脱色するので、かなり派手な髪色に仕上がります。パープル系ですがラベンダー系ではなく、バイオレット系の色になるのが特徴です。

女性らしさのある色なので、巻き髪やふんわりとしたヘアスタイルとの相性がいいです。ロングヘアなら、様々なアレンジを楽しむことができるので、派手髪を楽しめますね!インナーカラーなどで遊び心のある髪型にするのも素敵です。

③パープル強めコーラルピンク

パープルが強めに発色するコーラルピンクは、フェミニンな髪色を楽しみたい方におすすめです。ブリーチなしで染めれば落ち着いた色味になるので、派手な色が苦手な方でもチャレンジできます。パープルが強いので、髪の毛に透明感が出て外国人の様なヘアスタイルになります。

【ベージュ系】コーラルピンクの髪色

①グラデーションベージュ系コーラルピンク

ベージュ系のコーラルピンクは、グラデーションにしやすいのが特徴です。ベージュ系のコーラルピンクは明るめの色味が多いので、はっきりとしたグラデーションが楽しめます。髪の毛の短い方にもおすすめです。ベージュ系のコーラルピンクなので、優しい印象に仕上がりますよ。

②明るめベージュ系コーラルピンク

明るめのベージュ系コーラルピンクにする場合は、ブリーチを2回する必要があります。ベージュの色味をはっきりと出すので、完全に色を抜いてからじゃないと綺麗に発色しません。ベージュ系ですが、コーラルピンクなのでブロンドのように明るすぎる色になる事がないので、ナチュラルに仕上がります。

③ピンク強めベージュ系コーラルピンク

ピンクが強めのベージュ系コーラルピンクは、ピンク色を主張したい方におすすめです。コーラルピンクにベージュが混ざる事で、全体的に明るい色味となりピンク色が綺麗に発色します。春先など、暖かな季節にはぴったりのヘアカラーです。

落ち着いた印象にしたい方は、グラデーションにするのが良いです。その場合は、根元の部分はブリーチなしにする事で、はっきりとしたグラデーションに仕上がります。頭皮に近い根元付近はブリーチなしにしたい方が多いので、グラデーションは髪へのダメージも少なく済みます。

コーラルピンクの髪色が似合う人の特徴とは?

①肌の色がイエローベース

肌

コーラルピンクは、パーソナルカラーがイエローベースの方に似合う色です。コーラルピンクは、ピンクとオレンジが混ざった色なので、肌の色が黄色味がかっているイエローベースの方は、同じ系統のコーラルピンクが似合うという特徴があります。コーラルピンクの髪色にすることで、肌色を明るく見せられますよ。

また、イエローベースの中でもスプリングとオータムの2種類に分けることができます。コーラルピンクは特にスプリングの方に似合う髪色です。スプリングの方は、ピンク系や明るめの色が似合うという特徴を持っているので、コーラルピンクがマッチしやすいです。

オータムの方も似合わないというわけではありませんが、肌に馴染みにくい可能性もあります。その場合は、ブリーチなしで色を抑えたコーラルピンクや、ブラウン系のコーラルピンクをチョイスすることで、オータムに似合うようになります。

②髪の毛の赤味が強い

髪

コーラルピンクが似合う人の特徴として、髪の毛の赤味が強いという特徴が挙げられます。そもそも日本人の髪の毛は赤味が強い事が多いです。ただ地毛が真っ黒な髪色の方などは、赤の色素が他の人より薄いです。

そもそもの髪の毛の赤味が強いと、コーラルピンクがしっかりと髪に馴染みます。また、色落ちも綺麗にしていくので、コーラルピンクを長い期間楽しむことが出来るのです。髪の毛の赤味が強ければ、ブリーチなしでもコーラルピンクが発色するのでおすすめです。

自分の髪色が赤味がかっているかどうかを判断するのは難しいかと思います。美容師さんなどに確認してもらうのがベストです。また、陽の光に髪の毛を透かせて、赤やオレンジ系に光れば赤味が強いので、自分で1度判断してから、美容師さんに相談してもいいですね!

コーラルピンクの髪色で可愛いヘアを楽しもう!

コーラルピンクの髪色は、明るく女性らしい印象に仕上げてくれるので人気があります。一口にコーラルピンクと言っても、ブリーチありかブリーチなしかで色の濃度は変わります。また、ブラウン系・オレンジ系・パープル系・ベージュ系と様々なコーラルピンクがあります。

コーラルピンクが似合わないと思っている方でも、色の系統を変えればマッチすることもあります。コーラルピンクが似合う人の特徴や理想の髪色から、自分にあったコーラルピンクを探してみましょう。

以下の記事では、イルミナカラーのコーラルについて詳しくまとめています。ぜひ気になる方は、一緒にチェックしてみてください!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。