Shutterstock 523691986

【2020】最高気温26度の服装18選!微妙な気温にも対応できるレディースコーデ

更新:2022.03.05

最高気温26度の日にぴったりなコーデを組みませんか?この記事では、26度が最高気温の日におすすめの服装をご紹介します。微妙な気温にも対応できるレディースコーデで、毎日を快適に過ごしましょう。お出かけの際は参考にしてください。



人気|最高気温26度のレディース服装3選!

①花柄ガウンコーデ

最高気温が26度の日は、寒すぎず暑すぎずの、微妙な気温です。そんな日は、ガウンなどの羽織ものを使ったコーディネートや、7分丈のコーディネートなどを用いて、1日のうちの気温の変化に対応できるようにしましょう。半袖やノースリーブを着用しても構いませんが、その場合はボトムスを長め丈にするのがおすすめです。

花柄のガウンは、女性らしさを感じさせる淡いピンクのトップスやホワイトのパンツと合わせて、洗練された印象に仕上げましょう。インナーをパステルカラーの色調で統一することで、花柄ガウンのネイビーが映えます。巾着バッグ合わせで、小物で遊び心を加えると、より素敵に仕上がるでしょう。

最高気温が26度の日でも、これなら快適ですね。人気のガウンの中でも、花柄のデザインは特に人気があります。シンプルなインナーに合わせて、花柄が引き立つように、女性らしいコーディネートを楽しんでください。ボトムスは、ハイウエストのものを選ぶことで、スタイルアップを狙うことができますよ。

②バギーパンツコーデ

人気のバギーパンツは、シンプルな白シャツと合わせると、大人っぽい印象に仕上がります。カジュアルな中にフォーマルな雰囲気も感じられるレディースのコーディネートです。様々な場面に広く対応してくれるので、どんな服装をするか悩んだ日は、ぜひチョイスしてみてください。

落ち着いたブラウンカラーのベルトを合わせてウエストマークすると、シンプルな中にもアクセントの光る、上級者コーデに仕上がるでしょう。夏に軽やかさを出したいときは、サンダルを合わせると、長袖のシャツを使ったコーディネートでも暑苦しく見えることはありません。

③レイヤーコーデ

シンプルな黒のワンピースのインナーには、淡いグリーンカラーのスカートを取り入れることで、キュートなレイヤーコーデを完成させましょう。黒と緑のおしゃれなレイヤースタイルは、王道人気を誇ります。曇りや雨など、天気のあまり良くない日にもマッチする落ち着いた服装は、天気の安定しないシーズンにもぴったりです。

より洗練された印象に仕上げたいときは、ゴールドのバングルなどの小物を合わせることで、遊び心を加えると良いでしょう。シンプルなコーディネートだからこそ、小物使いは一層映えるものです。インパクトのあるアクセサリーや小物も、シンプルな無地のコーデがベースだと、加えやすいでしょう。ぜひ試してみてください。

春|最高気温26度のレディース服装3選!

①パーカーコーデ


シンプルな白パーカーには、淡いピンクのロングスカートを合わせると、女性らしさの感じられる着こなしが完成します。白とピンク、二色使いがおしゃれです。小物や靴には黒を取り入れると、淡いカラーのみのスタイリングでも、印象がぼやけてしまうことはありません。

程よく引き締まってくれるので、メリハリのあるファッションに仕上げたいあなたにおすすめです。春らしい淡いピンクは、小物と合わせてうまくレディースファッションに取り入れてみましょう。

次の関連記事には、白パーカーを使ったレディースのコーディネートが紹介されています。ロングのパーカーやトレーナーなどの可愛い着こなしについてもまとめられているので、白パーカーを使ったレディースコーデをもっと楽しみたいあなたは必見です。春、夏、秋と長く楽しめる白パーカーの着こなしをチェックしましょう。

②シフォンシャツコーデ

シフォン素材がおしゃれな、透け感のあるシャツは、シンプルな白のノースリーブタンクトップと合わせて、斬新なワントーンコーデを楽しみましょう。ボトムスに柄スカートを合わせると、程よいアクセントが加わっておしゃれに仕上がります。春らしいハットを合わせて、全体のバランスを取れば完成です。

タンクトップに透け感のある長袖カーディガンの組み合わせは、半袖よりも涼しさを感じるほどです。暑い春の日も、これなら快適に過ごせるでしょう。夏になっても、サンダルを合わせれば着こなすことのできるアイテムなので、最高気温に応じて季節を問わず楽しんでください。

③スカーフコーデ

シンプルなセットアップには、スカーフをプラスして、上品な風合いを出しましょう。白のセットアップに映えるオーシャンブルーのスカーフは、なるべく大判のものがおすすめです。コーディネートの中でもひときわ目立つインパクトのあるアクセントになってくれるのはもちろん、他の用途にも便利に使うことができます。

涼しくなってきたら、バッグに付け替えることで温度調節のできるスカーフは、ファッションのアクセントになってくれるのみならず、実用性も抜群です。

足元はシンプルなヒール靴を合わせると、春らしく上品に仕上がりますよ。トップスは長めの半袖で、涼しげにスタイリングするのがおすすめです。明るい色味で統一したスタイリングは、春から夏にかけて重宝することでしょう。

夏|最高気温26度のレディース服装3選!

①ショートパンツコーデ


夏は、ショートパンツを取り入れたコーディネートが定番です。淡いピンクのトップスと合わせて、軽やかにスタイリングしましょう。女性らしさの感じられる、ふんわりとした袖が特徴的なトップスは、ショートパンツと合わせるのにぴったりです。半袖よりも少し長めなので、夏の日焼けが気になる女性にもオススメできます。

フォーマルな雰囲気に仕上げたいときは、ヒールサンダル、カジュアルに楽しみたいときは、シンプルなフラットサンダルを合わせると良いでしょう。ショートパンツはカジュアルになるイメージがあるかもしれませんが、このような個性的なデザイントップスと合わせると、また違ったファッショナブルな印象に仕上がります。

②ウエストマークコーデ

夏は、とにかくシンプルでさっぱりとした服装がおすすめです。中でも、ウエストをマークしたシンプルなトップスは汎用性が高く、ボトムスを変えるだけで色々な着こなしができます。落ち着いたブラウンのタイトスカート合わせなら、上品さも感じられ、大人の女性にもぴったりです。

半袖トップスを夏らしく爽やかに着こなしましょう。ウエストマークのリボンとタイトなスカートによって、程よく全身のシルエットが引き締まって見えるのも、嬉しいポイントです。体型にコンプレックスのある女性も、これならうまくカバーできるでしょう。

③デザインワンピースコーデ

デザイン性の高いワンピースは、落ち着いたモスグリーンが個性的でおしゃれです。暑い夏も、これならファッショナブルで快適に過ごせるでしょう。足元はサンダルではなく、黒のパンプスを合わせることで、程よい大人な表情を作ることができます。フォーマルなイメージも感じられて、清潔感たっぷりに仕上がりますよ。

秋|最高気温26度のレディース服装3選!

①シャツワンピースコーデ

秋には、ウォームブラウンのシャツワンピースが活躍してくれます。同色のベルト付きなので、一色のみで仕上げたシンプルなワンピースコーデも、メリハリが効いてお洒落でスマートです。半袖よりも少し長めのスリーブで、秋の冷たい夜風に当たっても安心です。気温の変動が激しい秋を快適に過ごすのにぴったりですね。

②ジャケットベストコーデ

ベストジャケットは、シンプルなビッグシャツと合わせることで、ちょっぴり中性的なイメージに仕上げましょう。シンプルな黒のスニーカー合わせで、カジュアルなテイストも取り入れると、普段着としてぴったりなスタイリングが楽しめます。


秋こそ、個性的なファッションアイテムを使ったおしゃれをするのにぴったりな季節です。気持ちが塞ぎ込んでしまいがちになる曇りや雨の日も、ファッショナブルなコーデなら明るく過ごせるでしょう。マニッシュでかっこいいスタイルが好きな女性必見のコーディネートです。

③ストライプコーデ

ストライプ柄のおしゃれなシャツには、落ち着いたブラウンのパンツを合わせ、ゆったりとした秋の装いを楽しみましょう。シャツはパンツにインせずに着こなすことで、おしゃれに仕上がります。淡いブルーグレーのスニーカーが、程よくカジュアルなアクセントになってくれると同時に、女性らしさを演出してくれます。

シャツがブラックとホワイトではっきりとした鮮やかな色合いである分、スニーカーには淡い色味を取り入れて、女性らしさをプラスしておきましょう。暑い日は、スニーカーをサンダルに変えるのもおすすめです。靴一つでコーディネート全体の表情が大きく変わるので、色々と試してみてください。

以下の関連記事には、気温が26度の日の服装が紹介されています。曇りや雨の日に適した天気別のレディース春夏服や、最高気温、最低気温それぞれのおすすめが紹介されているので、この記事と併せてチェックしてみてください。幅広い視点で気温26度の時の服装をチェックしておけば、急激な気温の変化も怖くありません。

曇り|最高気温26度のレディース服装3選!

①ボーダートップスコーデ

曇りの日は、エレガントな透け感の感じられるシフォンスカートを合わせて、シンプルなボーダートップスを個性的に楽しみましょう。暗い気持ちになってしまいがちな曇りの日の憂鬱さを吹き飛ばしてくれるような、透け感たっぷりなアイテムは必携です。

秋らしい色合いのスカートなので、まだ残暑の残る秋の曇りの日におすすめです。シンプルなオフホワイトのスニーカーでカジュアルダウンさせたら、透け感たっぷりな個性的なスカートも、普段着に落とし込みやすくなりますよ。

②ロングカーディガンコーデ

ロング丈のカーディガンは、曇りの日にこそ映える配色が魅力的です。暗い空を背景にして明るく映えるマーブル柄のカーディガンは、芸術性さえ感じさせます。春にピンクを主役に着こなすのもよし、秋に芸術的なファッションに取り入れるのもよしです。

曇りという天気も、コーディネートを映えさせるために利用してしまいましょう。インナーは半袖のシャツで、最高気温が26度の1日でも、暑苦しさを感じることなく、爽やかに過ごせるよう体温調節をするのがおすすめです。春に着こなす時は、パンプスをサンダルに変えても良いですね。

③ビッグサイズシャツコーデ

シルエットの大きなボーダーシャツは、ダイナミックに着こなすのがおすすめです。シンプルなロールアップパンツと合わせて、上下でボリューム感の違いを出すと良いでしょう。蛍光色のおしゃれなバッグをアクセントに、足元のサンダルでぬけ感を演出したら、曇りの日も爽やかに1日を過ごすことができますね。

暗い色でコーデを組んでしまいがちな梅雨の時期、曇りの日も、あえて明るい蛍光色をポイント使いすることで、明るい気分になれる爽やかなスタイリングが叶います。さらに、大きめのボーダートップスにはチェーンのネックレスでアクセントをつけ、バランスをとると、コーデにアクセントが加わりますよ。

雨|最高気温26度のレディース服装3選!

①半袖レイヤーシャツ×デニム

雨の日はレイヤーシャツで、いつもの半袖のシャツとはちょっぴり違う、変則的な個性派おしゃれを楽しみましょう。足元はサンダルを合わせると、雨の日も快適です。

半袖のシャツでシンプルにコーディネートするのも良いですが、たまにはデザイン性のある半袖シャツにレイヤーインナーを組み合わせて、一味違ったスタイルを楽しみませんか?雨模様にぴったりな鮮やかブルーのデニムが、良い味を出してくれますよ。

②タイトニットコーデ

タイトニットは、春や秋にぴったりな、温度調節に向いているファッションアイテムです。淡いブルーのデニムと合わせて、きちんと感のあるカジュアルを楽しみましょう。足元は女性らしくパンプスを合わせるもよし、サンダルで軽やかに決めるもよしです。

雨の日は、淡いブルーのボトムスで、雨の降る空模様にマッチするコーデを楽しみましょう。ニットのインナーにはシンプルな半袖シャツを合わせると、簡単に温度調節できる、季節の変わり目にぴったりなスタイルの完成です。

③サボサンダルコーデ

鮮やかオレンジレッドのシャツには、落ち着いたダークグレーの半袖シャツ、さらにその下にシフォンフリルのトップスをレイヤードすることで、重ね着スタイルを楽しみましょう。足元はサボサンダルでカジュアルに仕上げるのがトレンドです。雨の日は、なるべく鮮やかで明るい色味の女性らしいコーデで、気分をあげましょう。

最高気温26度の日にぴったりなレディースの服装を楽しもう

最高気温が26度の日には、この記事に紹介したようなコーディネートで、快適な1日を過ごしましょう。曇りや雨など天気に合わせたスタイリングや、春夏秋と、それぞれの季節に適した着こなしは、同じ最高気温26度の日でも捉えるべきポイントが微妙に違います。シーンに適した服装で、お出かけを楽しみましょう。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。