Large thumb 20200630173151027 500

《気温26度》の服装12選!夏・秋にぴったりの季節の変わり目コーデをご紹介!

更新:2022.03.05

気温が26度の日に、何を着たら良いのか悩んでいませんか?季節の変わり目でコーデに悩みがちですが、季節別におしゃれな服装をたっぷりとご紹介します。気温26度の日の服装のポイントや、季節の変わり目におすすめのアイテムもご紹介するので、ぜひ読んでみてくださいね。

気温26度の日の服装・コーデのポイントは?

①最高気温26度の日は透け感のある長袖か半端袖

薄手の白いブラウスを着た女性

最高気温が26度の日のトップスは、透け感のある薄手の長袖がおすすめです。5月や10月に多い最高気温26度の日には、厚手のスウェットやカットソーでは暑すぎます。しかし半袖では朝晩寒いと感じることもあるので、薄手の長袖がぴったりです。七分袖などの半端な丈のものでも、丁度良く過ごせますよ。

②半袖を着るなら羽織をプラスする

タンクトップにチェックシャツを羽織った女性

最高気温が26度の日に半袖を着たい場合には、必ず羽織を用意しましょう。最高気温が26度というのは夏日なので、日中には暑く感じることも多く、半袖で出掛けたくなる人もいます。しかし朝晩にはぐっと冷え込むこともあるので、薄い羽織を持っていると安心して過ごせますよ。

薄手のものならコンパクトになり、昼間に暑くなったらバッグにしまっておくこともできます。日中の紫外線対策にも使えるので、薄手のシャツやカーディガンなどの羽織を上手に使いましょう。

③最低気温26度なら半袖やノースリーブ

ピンクのタンクトップを着た女性

最低気温が26度の日にはかなりの暑さが予想されるので、トップスは半袖やノースリーブが正解です。7月~8月の真夏シーズンを想像すると良いですよ。最低気温が26度の日は、屋外での寒さ対策を考える必要はありません。オフィスなど冷房がよく効いた場所で過ごす場合には、薄いカーディガンなどがあると安心ですよ。

④紫外線対策は必須

芝生の上に置かれたストローハット

最低気温が26度もあって晴れている日には、昼間の紫外線対策が必要です。暑いとついつい半袖やノースリーブ1枚で出掛けてしまいがちですが、強い直射日光が肌に直接当たると日焼けしてしまいます。それどころか、火傷のようになって水ぶくれができてしまうこともありますよ。

最低でも、日焼け止めクリームを塗ることは忘れないようにしましょう。薄手の長袖を羽織ったり、ツバのある帽子を被ったりすると、さらに効率的に紫外線対策できますよ。

晴れた日の紫外線対策について詳しく知りたいと思ったら、以下の記事がおすすめです。最新のおすすめ紫外線対策グッズや化粧品がたっぷりと紹介されていますよ。毎年紫外線が気になるという人は、ぜひ併せて読んでみてくださいね。

【最高気温・夏】26度の日におすすめの服装3選

①ベージュシアーシャツ×ホワイトパンツ

ベージュのシアーシャツに白のパンツを合わせた、夏向きのナチュラルなレディースコーデです。季節は夏でも、最高気温が26度なら薄手の長袖で気持ちよく過ごせます。淡いベージュカラーなら太陽光の熱で暑くもなりにくいので、最適です。

昼間に晴れて暑いと感じたら、シャツの袖をたくし上げてふわっとしたボリュームを出してみましょう。より可愛い着こなしになりますよ。バッグとサンダルは淡いくすみグリーンで揃えると、差し色になっておしゃれに見えます。全身を淡いトーンでまとめると、女性らしい優しい雰囲気になるので、ぜひ真似してみてくださいね。

②ディープスリットTシャツワンピ×グリーンパンツ

深くスリットの入った白のTシャツワンピースに、深いグリーンのパンツを合わせた夏コーデです。スリットの深いTシャツワンピースは、縦のラインを強調してくれるのでスタイルが良く見えます。半端な丈の袖を選べば、最高気温26度の日にちょうど良く過ごせますよ。

袖口がゆったりしていて風を通しやすいのも、夏の暑い日でも快適に過ごせるポイントです。白のワンピースに濃いグリーンのパンツを合わせると、色のコントラストがはっきりしてかっこいい着こなしになります。バッグやサンダルといった小物も黒を選んで、甘さのない着こなしにまとめましょう。

③オールホワイト×ブラウンシアーシャツ

白のタンクトップとパンツのオールホワイトコーデに、ブラウンのシアーシャツを羽織った夏の着こなしです。最高気温26度の日は、夏といえどもタンクトップ1枚では薄着過ぎます。透け感のあるシアーシャツを羽織れば、暑苦しく見えずに快適に過ごせる着こなしになりますよ。

またシアーシャツを羽織ることで、肌見せ具合が程良くなって大人でもタンクトップを着やすくなります。今年はカーディガンよりもシアーシャツが流行中なので、タンクトップを着るときは、ぜひ取り入れてみてくださいね。

【最高気温・秋】26度の日におすすめの服装3選

①白バンドカラーシャツ×ベレー帽

白のバンドカラーシャツに細身のブラックデニムを合わせ、ベレー帽を被った秋のレディースコーデです。白シャツと黒パンツという組み合わせはオーソドックスですが、トップスをオーバーサイズにするとおしゃれに見えます。細身のボトムスとのバランスも良くなりますよ。

足元をローファーにしたり、頭にベレー帽を被ったりすることで、秋らしさを演出できます。最高気温26度でまだ暑さの残る秋には、小物で上手に季節感を取り入れましょう。

②シアーシャツ×ブラウンパンツ

ブラウンのタンクトップとパンツに、くすみグリーンのシアーシャツを羽織った秋コーデです。上下に同じブラウンを使った着こなしでも、トップスとボトムスのトーンを変えるとおしゃれに見えます。最高気温26度の秋には、シアーシャツを羽織ると朝や夜の肌寒い時間も快適に過ごせますよ。

ペイズリー柄のビッグトートバッグは、ここ数年の流行アイテムです。持ち手やパイピングが革素材のものを選べば、きちんと感が出るのでオフィスコーデにも使えます。ブラウンカラーを選べば、小物でしっかり秋っぽさを出せますよ。大きいサイズのバッグを手に持つことで、体を華奢に見せる効果も期待できます。

③シアーシャツワンピ×薄ブルーデニム

ベージュのタンクトップと薄ブルーデニムに、淡いグリーンのシャツワンピースを羽織った秋におすすめの着こなしです。タンクトップと薄ブルーデニムの組み合わせだけでは、夏っぽいコーデになってしまいます。最高気温26度の秋には、シャツワンピースを羽織ると、涼しくなる夜でも快適に過ごせますよ。

バッグをレザー素材にしたり、靴をパンプスにしたりすることで、より秋っぽい着こなしになります。ボトムスが薄ブルーデニムのときにサンダルを履いてしまうと、一気に夏っぽくなってしまうので注意しましょう。

【最低気温・夏】26度の日におすすめの服装3選

①ボーダーTシャツ×カンカン帽

ボーダーの半袖Tシャツにインディゴデニムを合わせ、カンカン帽を被った夏のレディースコーデです。最低気温26度の日には相当な暑さが予想されるので、昼間の紫外線対策が必須になります。カンカン帽はツバも広めなので、顔周りの紫外線をカットしてくれますよ。

ボーダーTシャツとインディゴデニムの組み合わせは、ボーイッシュにまとまりがちです。おしゃれに見せたい場合には、足元に白ソックスと赤のバレエシューズを合わせてみましょう。コーデが一気にパリジェンヌのようになり、おしゃれに変身しますよ。

麦わら帽子をコーデに取り入れてみたいと思ったら、ぜひ以下の記事を読んでみてください。麦わら帽子を使ったおしゃれな夏コーデが、たくさん紹介されています。トレンドや流行の傾向も分かりますよ。ぜひ参考にして、夏のおしゃれコーデを楽しんでくださいね。

②白Tシャツ×エスニック柄ロングスカート

白のフレンチスリーブTシャツに、エスニックな雰囲気のロングスカートを合わせた、暑い日にぴったりのコーデです。コットン素材のスカートはブルーやグリーンが使われていて、暑い夏の日でも爽やかに見えます。かごバッグやサンダルを組み合わせると、まるでリゾートにいるかのようなコーデにまとまりますよ。

③バックスリットカットソー×プリーツパンツ

バックスリットの入った白のカットソーに、ベージュのプリーツパンツを合わせた夏のレディースコーデです。最低気温26度の暑い日を快適に過ごすには、風通しの良い服を選ぶ必要があります。バッグスリットの入ったオーバーサイズのトップスなら、かなり風通しが良く快適に過ごせますよ。

ボトムスのプリーツパンツも、ゆるっとしていて暑い日向きです。楽に履けるのにきちんとして見えるのも、プリーツパンツの大きなメリットなので、暑い日には積極的に取り入れましょう。

【最低気温・秋】26度の日におすすめの服装3選

①ベージュレイヤードTシャツ×プリーツパンツ

ベージュのレイヤード風Tシャツにブラウンのプリーツパンツを合わせた、秋のレディースコーデです。秋といえども、最低気温26度の日にはかなり暑さが残ります。トップスが長袖では暑過ぎるので、半袖を選ぶのが正解です。ボトムスも風を通すように、ゆるっとしたサイズのものがおすすめですよ。

スタイルは夏向けのものでも、濃いめのベージュやブラウンなどの色を選べば秋らしさを演出できます。靴やバッグなども秋っぽいものを合わせて、季節感を意識してコーデを組み立てましょう。

②ボーダーゆるTシャツ×ワイドデニム

オーバーサイズのボーダーTシャツに、ワイドデニム合わせた秋向けコーデです。ボーダーTシャツは夏にもよく使われますが、秋らしく着こなすには小物使いにポイントがあります。

カジュアル派の人は、足元はサンダルではなくスニーカーを合わせましょう。また頭にシックなカラーのバケットハットを被ると、秋っぽく見せながらまだ強い日差しもカットできます。紫外線対策もしながら、上手に秋らしい季節感を演出しましょう。

③黒タンクトップ×ブラウン柄スカート

黒のタンクトップにブラウンカラーの柄スカートを合わせ、カーディガンを肩掛けした秋の着こなしです。最低気温26度の日は、秋でもまだかなり暑さが残っています。トップスはタンクトップ1枚でも過ごせますが、秋らしさを出すためにカーディガンを肩掛けしましょう。

スカートの色をブラウンにするのも、季節感を出すための大切なポイントです。シックな色遣いでまとめれば、足元がサンダルでも夏っぽく見えません。まだ暑い秋の日にどうしてもサンダルを履きたい場合には、全身の色遣いに気を付けてみると良いですよ。

気温26度の季節の変わり目におすすめの服装アイテム

気温が26度の日にぴったりのアイテムをご紹介します。季節の変わり目でアイテム選びが難しい26度という気温ですが、上手にファッションを楽しみましょう。

①七分袖トップス

M keep aspect 71zckruwdxl. ac ul1500
コーエン USAコットンレイヤード七分袖トップス ¥2,970

最高気温が26度の日に快適に過ごせるトップスといえば、半端袖のTシャツです。七分袖のTシャツなら昼間でも暑過ぎず、朝や夜も寒さを感じずに過ごせます。1枚でレイヤード風に見せてくれるTシャツなら、重ね着をする必要もなくサッと1枚でおしゃれに見せられますよ。

オーバーサイズを選ぶことで風通しも良くなり、晴れた暑い日でも気持ちよく着られます。パンツにもスカートにも合わせやすいシンプルなものを、ぜひ用意しておきましょう。

②シアーシャツワンピース

M keep aspect 416nn hojfs. ac
神戸レタス シアーサイドスリットワンピース ¥2,860

気温26度の日には、シアーシャツワンピースもおすすめです。シャツワンピースの良いところは、1枚で着ることも羽織として使うこともできるという点ですよ。流行りのシアータイプなら、透け感があるので気温26度の日でも暑過ぎません。

最低気温26度の日には、朝や夜の肌寒い時間に着られます。また、晴れてかなり暑い日には紫外線対策としてぴったりですよ。シャツワンピースは用途が多く、長いシーズン使える便利なアイテムなので、ぜひ1枚用意しておきましょう。

③ストローハット

M keep aspect 71vz6t3wljl. ac ul1500
田中帽子 カンカン帽 ¥6,600

暑い日の紫外線対策としておすすめなのが、ストローハットです。晴れた日にUVカットクリームを塗るのはもちろんですが、顔周りの日差しを遮るには帽子がぴったりですよ。ストローハットなら通気性も良いので、頭の中が蒸れません。

シンプルなストローハットも良いですが、人と違うデザインが欲しいならカンカン帽がおしゃれです。メンズライクなコーデにも可愛らしい着こなしにも合うので、今年の夏はぜひカンカン帽を被ってみましょう。

気温26度の日にぴったりの服装で快適に過ごそう

気温26度の日のコーデは、昼間と朝や夜との温度差が大きい場合もあり、コーデを組むのが難しくなります。晴れていれば昼間の紫外線対策も必要になり、気を使うポイントが多くなりますね。しかし暑い日ならではのおしゃれも楽しめます。気温26度の日にぴったりのコーデを見つけて、おしゃれを楽しんでくださいね。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。