Large thumb shutterstock 424656067

夏のスエード靴コーデ15選!ベロアとの違い・夏にNGなスエードパンプスは?

更新:2019.06.21

爽やかな夏スタイルのアクセントとなるスエード靴・パンプスを使ったコーデをご紹介しています。サンダルだとカジュアルなイメージのスエード素材ですが、スエードパンプスならキレイめファッションにも上品に合わせることができます。さまざまなスタイルのスエード靴コーデをご紹介していますので、ぜひご参考ください。

スエードとは?ベロアとの違いは?

スエードとは皮の内側を起毛させたもの

QUOTE

皮革をなめして、表面をローラーで摩擦して、短く細かいけばを1面に立てた革。表面を起毛してスエード風に仕上げた綿織物、合繊タイプの物もそう呼ばれている。 毛足が短く柔らかな手触りのものほど良質で皮地のしなやかさを活かして服生地や女性用靴などに使用される。 引用元:weblio辞書 アパレル・ファッション用語集

スエードとは、主に子牛や子山羊の革からできています。皮革の裏側をやすりがけや、サンドペーパーでこすることで、毛羽立たせて起毛させた素材となっています。子牛や子山羊だけでなく、木綿や合成繊維をスエード素材のように加工した素材も同様にスエードと呼ばれています。

スエードは独特の光沢感が特徴的

スエードの大きな特徴は起毛加工された素材でありながら、滑らかさと独特の光沢感があるところです。短い毛足が滑らかな素材の印象を与えながら、光の当たり方によって表情が変化するユニークな素材感が魅力的です。起毛加工により、素材のあたたかみを感じると同時に光沢感から夏のファッションにも人気の素材です。

ベロアとの違いはスエードより毛足が長いこと

ベロアはスエードと同じく、起毛加工されたなめし革で作られることもあります。スエードとの違いは、スエードに比べてベロアの方が毛足が長く、毛並みがあらいところです。また、ベロアはビロードとも呼ばれています。毛足の長さからスエードよりも柔らかく、あたたかい印象があるため、秋冬の素材に向いています。

【夏のスエード靴コーデ】おすすめスエードサンダルコーデ5選

【夏のスエード靴コーデ】①スエードストラップサンダル×膝丈スカート

夏のおすすめスエード靴コーデ1つ目は、黒のスエードストラップ付サンダルと膝丈スカートのコーデです。スエードサンダルでも黒色を選ぶと上品で大人っぽいイメージになります。トップスも同じ黒色でリンクさせることで統一感を出し、おしゃれな雰囲気になります。トレンドのグレンチェックを取り入れるのもおすすめです。

【夏のスエード靴コーデ】②スエードサンダル×デニムガウチョパンツ

夏のおすすめスエード靴コーデ2つ目は、スエードサンダルとデニムガウチョパンツのコーデです。デニムガウチョパンツにストライプのオフショルトップスを合わせると夏らしいコーデに仕上がります。グレーのスエードサンダルは主張しすぎず、全体の爽やかな色合いに同調するため、バランス感のあるコーデになります。

【夏のスエード靴コーデ】③スエードサンダル×ワイドデニムパンツ

夏のおすすめスエード靴コーデ3つ目は、黒のスエードサンダルとワイドデニムパンツのコーデです。全体的に黒を基調としたシックなコーデでも、デニムパンツやカンカン帽を合わせると夏らしいコーデになります。黒のスエードサンダルを合わせるとカジュアル過ぎず、大人っぽい雰囲気のコーデに仕上がるのでおすすめです。

【夏のスエード靴コーデ】④スエードストラップサンダル×かごバッグ

夏のおすすめスエード靴コーデ4つ目は、スエードクロスストラップサンダルとかごバッグコーデです。トレンドのかごバッグはカジュアルですが、モノトーンカラーのコーデに合わせると大人っぽい夏コーデに仕上がります。サンダルは、スエード素材のクロスストラップを合わせると、足もとに抜け感を出すことができます。

シンプルなコーデは小物でトレンドを取り入れたり、デザイン性のあるキャッチーなアイテムを合わせると、おしゃれ感がぐっと増します。シンプルながらも、どこかおしゃれなポイントがあるコーデはお出かけやデートなどにもおすすめです。

【夏のスエード靴コーデ】⑤スエードサンダル×ワイドパンツ

夏のおすすめスエード靴コーデ5個目は、スエードサンダルとワイドパンツのコーデです。白のブラウスにベージュのワイドパンツ、同じくベージュのスエードサンダルを合わせて全体的に、まとまりのあるコーデになっています。小物にかごバッグを加えることで、アクセントとなり、夏らしい雰囲気に仕上がります。

全体的にゆったりとした、夏らしい季節感のあるコーデになっています。シルエットにゆとりのあるブラウスをワイドパンツにタックインすることで、メリハリが付き、スタイルアップになります。ワイドパンツとスエードサンダルの色を同じにすることで腰から足先までカラーが繋がり、脚長効果になるおすすめのテクニックです。

【夏のスエード靴コーデ】おすすめスエードパンプスコーデ10選

【夏のスエード靴コーデ】⑥スエードパンプス×差し色スカート

夏のおすすめスエード靴コーデ6つ目は、スエードパンプスと差し色スカートのコーデです。全体的にベージュや白でまとめたコーデに鮮やかな色合いのスカートを合わせて、おしゃれで目を引くコーデになっています。スエードのパンプスは、エナメルなどの光沢感が強いパンプスよりもカジュアルで柔らかい雰囲気になります。

スカートのシルエットはスタイルを格上げするタイトスカートや女性らしいフレアスカート、トレンドのラップスカートなどさまざまな種類がありますが、いずれのシルエットでも丈は膝にかかるくらいか、膝下丈を選ぶとコーデが大人っぽく見えるのでおすすめです。

【夏のスエード靴コーデ】⑦スエードパンプス×大人オールインワン

夏のおすすめスエード靴コーデ7つ目は、スエードパンプスと大人オールインワンのコーデです。黒のトップスとベージュのオールインワンに、グレージュのスエードパンプスを合わせることで、おしゃれなカラー使いにより大人っぽく仕上げたコーデです。グレージュのスエードパンプスは、フェミニンな雰囲気にもしてくれます。

【夏のスエード靴コーデ】⑧ベージュスエードパンプス×ベージュトップス

夏のおすすめスエード靴コーデ8つ目は、ベージュスエードパンプスとベージュのトップスのコーデです。パンプスとトップスは同じベージュ色で合わせることで、全体のコーデに統一感を出します。柔らかい色のベージュに引き締めカラーのネイビースカートを合わせ、メリハリをつけることで、まとまりのあるコーデになります。

【夏のスエード靴コーデ】⑨スエードパンプス×ボーダートップス

夏のおすすめスエード靴コーデ9つ目は、スエードパンプスとボーダートップスのコーデです。ボーダートップスとデニムを合わせた夏らしいマリンコーデに、小物を黒色でまとめるとシックな雰囲気になります。黒のスエードパンプスは、カジュアルなコーデも上品な雰囲気にグレードアップしてくれるのでおすすめのカラーです。

【夏のスエード靴コーデ】⑩差し色スエードパンプス×スキニーデニム

夏のおすすめスエード靴コーデ10個目は、差し色スエードパンプスとスキニーデニムのコーデです。カジュアルなスキニーデニムにスエードパンプスを合わせることで、足先にかけて女性らしいラインが出るので、おすすめです。スキニーデニムは基本的にどの色の靴とも相性が良いので、真似しやすいコーデです。

黒やベージュなどの全体を調和させたり、引き締める色のスエードパンプスを選ぶのも良いですが、マスタードカラーやショッキングピンクなど差し色となる鮮やかなカラーを選ぶとシンプルなコーデでも、おしゃれ度が上がります。

【夏のスエード靴コーデ】⑪赤スエードパンプス×ペールトーンコーデ

夏のおすすめスエード靴コーデ11個目は、赤のスエードパンプスにペールトーンでまとめたコーデです。パンツやトップス、バッグなどは白やベージュの淡い色合いでまとめ、足もとにビビッドな赤色のスエードパンプスを合わせると、他と差が付くおしゃれ上級者なコーデに仕上がります。

足首から上はペールトーンの柔らかい雰囲気となっており、トーンが違う力強い赤色のスエードパンプスをコーデすることで、靴より上のペールトーンの雰囲気を引き立てます。このように全体的に淡い色でまとめたコーデの足もとに注目を集めるテクニックは、身長が低い方におすすめのコーデです。

【夏のスエード靴コーデ】⑫シンプルスエードパンプス×白シャツ

夏のおすすめスエード靴コーデ12個目は、シンプルなスエードパンプスと白シャツのコーデです。白シャツにアンクル丈のデニムパンツ、そしてスエードパンプスを合わせたコーデは真似しやすいのでおすすめです。白シャツとデニムパンツのシンプルなコーデには、スエード素材の靴を合わせると、こなれ感が出ます。

コーデのシルエットも色もシンプルなので、差し色になるスエードパンプスを合わせると全体的に、ぐっとおしゃれになります。スエードパンプスはポインテッドトゥやラウンドなど、さまざまなシェイプがあるので、シンプルなデザインだからこそ、パンプスの形にこだわることで、洗練された雰囲気になり、おすすめです。

【夏のスエード靴コーデ】⑬黒スエードパンプス×テーパードパンツ

夏のおすすめスエード靴コーデ13個目は、黒のスエードパンプスとテーパードパンツのコーデです。全体的に黒色でまとめたシックなコーデにベージュや同系色のハットを合わせることで、夏でも暑苦しくないブラックコーデになります。

テーパードパンツはゆとりのあるシルエットなので、スキニーパンツを合わせるよりも全体的に、こなれたおしゃれ感を出すことができるのでおすすめです。黒のスエードパンプスで足の甲を出すことで、抜け感が生まれ、カジュアルでありながらも洗練された雰囲気のコーデに仕上がるのでおすすめです。

【夏のスエード靴コーデ】⑭赤スエードパンプス×ベイカーパンツ

夏のおすすめスエード靴コーデ14個目は、赤スエードパンプスとベイカーパンツのコーデです。シンプルなトップスとベイカーパンツに、首のスカーフやチェーンバッグなど小物を工夫し、おしゃれな雰囲気に仕上がっています。足もとには全体の差し色になる赤色のスエードパンプスを合わせ、女性らしいアクセントを加えます。

【夏のスエード靴コーデ】⑮スエードパンプス×シフォンブラウス

夏のおすすめスエード靴コーデ15個目は、スエードパンプスとシフォンブラウスのシンプルコーデです。ゆったりシルエットのブラウスに、パンツをタックインするとシルエットにメリハリがつき、スタイルアップになるのでおすすめです。

ピンクやオレンジの明るい色合いを使ったコーデに、落ち着いたグレージュのスエードパンプスを合わせると女性らしさがありながらも、大人っぽいコーデに仕上がります。ストレートパンツやテーパードパンツのような、ゆとりのあるシルエットのパンツにパンプスを合わせると足首が細く見えるため、おすすめのコーデです。

夏のNGスエード靴・スエードパンプスは?

ブーツやブーティは秋冬の季節感が出るのでNG

夏のNGスエード靴は、編み上げのブーツやブーティです。もともとは秋冬向けの素材であり、皮革のあたたかみのある素材感や、独特の光沢感から季節感があるため秋冬にはおすすめのアイテムです。しかし、脚を覆う面積が大きいブーツやブーティは、夏では暑苦しく見えてしまう可能性があります。

秋冬には向かないスエード素材のブーツやブーティの中にも、つま先が開いたオープントゥのブーティや、コルクなどの夏素材で作られたウェッジソールのスエードブーツなど、春夏向けのデザインもあります。スエード素材のブーツやブーティを春夏でも履きたい方には、ソールの素材などで季節感のあるデザインがおすすめです。

スエード靴×ソックスの組み合わせは夏には重たく見えてしまう

夏のNGスエード靴コーデは、スエードサンダルやパンプスにソックス・タイツを組み合わることです。スエードはもともと、あたたかみのある素材感であるため、夏でもソックスやタイツと合わせてしまうと全体的に足もとが重たく、暑そうに見えてしまう可能性があります。

しかし夏でもソックスと合わせたい方や、裸足でサンダルやパンプスを履くことに抵抗がある方は、シースルーデザインの透け感のあるソックスや、レース・かぎ編み素材などのソックスを合わせると清涼感があり、おしゃれに見えるので、おすすめです。

スエードパンプスは優しいトーンや明るい色で夏らしく

夏のスエード靴やスエードパンプスの注意点は、優しいトーンや明るい色を選ぶことです。スエード素材の靴やパンプスには、さまざまな色がありますが、どのような色やトーンを選ぶかでコーデの印象が変わります。

グリーンやオレンジ・ブルー・ブラウンなどは、暗いトーンを選ぶと重たく見える可能性があるため、明るいトーンや柔らかいペールトーンの色を選ぶのがおすすめです。ベージュや黒の定番色や、赤・ピンクは季節を問わずに履ける靴が多いので、不安な方は、そのような色から選ぶと良いでしょう。

スエード靴やパンプスでおしゃれな夏コーデを楽しもう

靴を履いた女性と男性

スエード素材の靴やパンプスは、皮革の素材感や光沢感からカジュアルなコーデも、大人っぽく格上げさせてくれるのでおすすめのアイテムです。黒やベージュなどの定番色や明るめ・優しいトーンなら秋冬だけでなく、夏にも活躍します。夏でも、スエード靴やパンプスを使って、ひと味違うおしゃれな夏コーデを楽しみましょう。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。