Middle %e4%b8%81%e5%8d%af

目次

四柱推命とは?

四柱推命とは、古代中国の春秋戦国時代に生まれた陰陽思想と五行思想が発展した「陰陽五行説」をベースとした、人間の恋愛や仕事や財産といった命運の占いになります。 人が生まれた年、月、日、時をそれぞれ「年柱」「月柱」「日柱」「時柱」と呼び、この四つの柱からなる「命式」という表を使った占術のため、四柱推命と呼ばれるようになりました。

干支・十干十二支(六十干支)とは?

陰陽思想と五行思想が結びついたことにより、十干と十二支が組み合わさって十干十二支(六十干支、天干地支)ができました。詳しくは割愛しますが、四柱推命の元に十干十二支があると思っていただけたらと思います。 十干は甲から始まり癸の計10個で終わり、十二支は子から始まり亥の計12個で終わります。この最後の癸と亥が組み合わさる癸亥が干支の終わりとなり、10と12の最小公倍数である60が干支の数になります。

十干の「丁」の意味

丁は十干の四番目、陰陽五行説では火性の陰に当てはまります。丁の語源は、釘の頭の形を表す象形文字。また、植物の芽が地面から外に出ようともがくけれど、まだ頭打ちにされている状態のイメージも表します。 「丁」は火の陰性。真っ赤に燃え上がる火よりも、静かに繊細に燃え続ける「灯(ともしび)」のイメージもあります。(灯にも、丁の字が使われていますね!)

十干支の「卯」の意味

卯は十二支では四番目にあたり、陰陽五行説では木性の陰に当たります。季節は春、月は2月、時刻は5・6・7時、方角は東を表します。 「卯」という字は、門を両側に押し開ける様子を表した象形文字とされています。そこから、障害を押しのけるという意味があります。 卯は本来「ぼう」と読みます。「冒(おおうを意味する)」から、草木が伸び地面を覆う様子を表すという説や、「茂(しげるを意味する)」から、草木が茂る様子を表すという説もあります。また、左右対称の漢字であることから、左右対称の双葉が芽を出している様子を表すという説も。 卯の人は、草木の茂る春のように明るく愛される人。人懐っこく、社交性のあるムードメーカー的な存在が多いでしょう。

丁卯女性の性格は?

印象は「春のように明るい社交家」

芽が吹き出し草木生い茂る、春のうららかなイメージを表す卯を持つ丁卯女性。社交性があり、さっぱり明るい印象を持っているのが特徴です。ちょっぴりおっちょこちょいな面もあり、ムードメーカーとして愛されるキャラクターの持ち主です。

実はミステリアス

丁が表すのは仄かな灯、太陽ではなく月。そして卯は草木が地面を覆う春を表します。丁卯は「春の夜の月」のイメージがあるのです。そのイメージ通り、丁卯女性は、実はミステリアス。あっけらかんとした表向きの裏に、奥深い内面を隠し持っています。 地頭が良く、賢い。直観力が優れ、頭の回転が早い。そして独自の内面世界を持ち、芯が強い。ただの可愛らしい女の子だと思って近付くと、まるですべてを見透かされたような、不思議な雰囲気に驚いてしまう人も多いでしょう。

儚い灯のように繊細

良く言えば穏やかで繊細ですが、悪く言えば神経質で小心者。今にも消えてしまいそうな灯のように儚く、体力や気力が少ない人が多いのも特徴です。 平和主義なので自己主張せず、引っ込み思案。ちょっとしたことにも敏感に神経をすり減らしてしまいますので、厳しい競争社会を生き抜くのは、丁卯女性にとっては辛いでしょう。丁卯女性をサポートし、良さを認め引き出してくれる人の存在が、鍵となります。

丁卯男性の性格は?

印象は「春風のように爽やかで気まぐれ」

春を表す卯を持つ丁卯男性。明るく爽やか、何にも捉われず自由でお調子者な一面も持つ、春風のようなイメージの人です。 小さなか弱い火のイメージである丁も持ち合わせているため、情熱がすぐ冷めてしまう気まぐれな一面も。けれど、灯は小さくても持続力があるもの。年齢を重ねるにつれ、忍耐力や粘り強さが強くなるはずです。

実は内面が複雑なくせもの

静かに燃える灯のイメージである丁は、表面には出さなくても心の底で情熱を抱いている人が多いものです。爽やかな見た目に騙されてはいけません。丁卯男性は、実はくせものなのです。 負けず嫌いで、計算高くて、短気。そして実は、過度の自信家でもあります。軽くてお調子者なだけの男性かと思ったら、実際は奥深い内面を持つ個性あふれる人なのです。

自分の世界を持つ天才肌

根が繊細で体力がない人が多いため、なかなか簡単に表舞台に上がることができないものの、有能な丁卯男性。まず地頭が良いので、何でも知識を吸収してしまいます。さらに直感力があり頭の回転も早いため、とっさの判断力にも定評があるでしょう。 内に秘めるタイプですので、ときに自分の世界に引きこもってしまうことも。そんな大人しめな彼を引きずり出し、その能力を見つけて引き立ててくれる人に出会えれば、中年以降から活躍の場を広げられるでしょう。

丁卯の恋愛傾向は?

丁卯女性の恋愛傾向

丁卯女性は、月や灯のようにミステリアスで、容姿端麗な人が多いのが特徴です。また独特の色気も美的センスも持ち合わせているため、恋愛経験も豊富になるでしょう。大人しくても内に情熱を秘めているので、つい情愛におぼれ周囲が見えなくなってしまうことも。 よく気が付き、家庭を温かく守る良妻賢母となるタイプ。幸せな家庭を築くためにも、冷静な目を持ち、パートナー選びを慎重にするよう心がけましょう。

丁卯男性の恋愛傾向

ソフトで調子よく、軽い印象のある丁卯男性。端正なイケメンが多いので、恋人には事欠かないでしょう。その代わり、悪い誘惑に陥りやすい危険もあります。 実は内に熱い情熱の炎を燃やしているタイプなので、この人と決めたら灯のように静かに、けれど粘り強くアプローチを開始します。彼の持つ独特の世界観を受け入れ、共有してくれるような懐の深い女性が似合うでしょう。

丁卯の相性は?

恋愛・結婚の相性が最高なのは壬午(みずのえうま)・壬戌(みずのえいぬ)

壬午は、「壬」の海のような懐の深さと「午」の明るさを併せ持つ人。心から天真爛漫なので、どこか内にこもりがちの丁卯とは正反対。けれど反発し合わず、逆にお互いにカバーし合える良い関係となれるのです。 壬戌は、「壬」の海のような懐の深さと「戌」の力強さを併せ持つ人。パワフルで世話好き、周りを巻き込んで突き進む力に、丁卯も強く影響を受けるはず。お互いの良さを引き出し合い、運気が上がる関係です。

相性が良いのは己亥(つちのとい)

土性の陰「己」と水性の陰「亥」を併せ持つ己亥は、「水を含む不安定な土」というイメージ。どこか自分の世界を持っていて、波乱ある人生を歩む人です。自分の世界を大事にしている丁卯とは、似た者同士。お互いを認め合うことができる関係です。

相性が悪いのは癸酉(みずのととり)・己酉(つちのととり)

癸酉と己酉は、どちらも社交的な「酉」を持っており、人のために尽力したり、人を育てたりする力を持つ人。けれど、一見社交的なのに二面性のあるアクの強い丁卯は、扱いづらいと感じるかもしれません。 丁卯にとってもうまくコミュニケーションがとりづらく、なかなか発展しない相性なのです。

丁卯の2017年運勢は?

総合運

新しいことがスタートする年です。やりたかったこと、気になっていたことにチャレンジするなら、2017年が最適でしょう。 ただし、運気の波が激しいのも2017年の特徴。うまくいったと思ったら、すぐに失敗・・・など、がっかりするようなこともあるかもしれません。もともとの運気は良い年ですので、平常心でいることが重要です。

金運

金運にも波があります。貯まるときは貯まるのですが、出費がかさむときは驚くほどかさんでしまいます。新しいことが始まる年なのですから、当然と言えば当然なのかもしれません。 その出費は、これからの人生のために必要なこと。自己投資や人のために使うお金なら、惜しみなく使いましょう。

恋愛運

波が激しい時期ですので、だめな時期はさっぱりなのですが、突然良い出会いに恵まれたりしそうです。また、既にパートナーがいる人も、関係が前進する可能性があります。 運が悪いからと諦めず、踏ん張り続けることがカギ。また、ずるずるした関係や悩みは、思い切って断ち切るのが正解です。

仕事運

やった分だけ成果が出て、報われる1年となります。ただし、人からの影響で何かと苦労をする可能性も。悩みが尽きないときは、周りにいる信頼できる人に相談しましょう。転職や独立などは、2017年は見送った方が正解です。

丁卯のまとめ

火性の陰「丁」と、木性の陰「卯」を併せ持つ丁卯。有能なのに押しが弱かったり、明るく見えて内面が複雑だったり、ミステリアスな個性を持つ人です。 丁卯のポイントは、才能や良さを理解し、うまく引き出してくれる人や環境と出会うこと。大器晩成型ですので、尊敬できる人や飽きずに取り組める何かが見つかれば、その才能がうまく開花するはずですよ。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。