Middle %e5%a3%ac%e6%88%8c

INDEX

四柱推命とは?

四柱推命とは、古代中国の春秋戦国時代に生まれた陰陽思想と五行思想が発展した「陰陽五行説」をベースとした人間の恋愛や仕事や財産といった命運の占いになります。人が生まれた年、月、日、時をそれぞれ「年柱」「月柱」「日柱」「時柱」と呼び、この四つの柱からなる「命式」という表を使った占術のため四柱推命と呼ばれるようになりました。

干支・十干十二支(六十干支)とは?

陰陽思想と五行思想が結び付いたことにより、十干と十二支が組み合わさって十干十二支(六十干支、天干地支)ができました。詳しくは割愛しますが、四柱推命の元に十干十二支があると思っていただけたらと思います。十干は甲から始まり癸の計10個で終わり、十二支は子から始まり亥の計12個で終わります。この最後の癸と亥が組み合わさる癸亥が干支の終わりとなり、10と12の最小公倍数である60が干支の数になります。

十干の「壬」の意味

壬(じん、みずのえ)は十干の七番目であり、陰陽五行説では水性の陽に当てはまります。みずのえ、というのは水の兄という意味で、そこからイメージされるのは大河や大洋のような心の広さ、度量の大きさです。情熱的な割に策略を巡らせるだけの計算力がありますが、短気なところも目立つという矛盾の多い十干です。恋愛では恋多き人生を歩むタイプで、離婚や再婚をすることが多いのも壬の特徴です。
 

十二支の「戌」の意味

戌(じゅつ、いぬ)は十二支の十一番目であり、陰陽五行説では土星の陽に当たります。季節は秋、月は9月、時刻は19・20・21時、方角は北西微南を表します。忠誠心の強い番犬のように義理堅く、我慢強い性質を持ちます。攻めより守りが得意で、主役より補佐役が適任という縁の下の力持ちポジションの人です。ただし、頑固すぎて周囲の人の足止めをしてしまうこともしばしばです。

壬戌女性の性格は?

独立独歩のラッキーウーマン

壬戌は非常に強い運気の持ち主です。何をやっても人より頭一つ抜きんでて、その勢いを止めることは誰にもできません。他者からの干渉を嫌うため、仕事も私生活もひとりでテキパキこなしてしまいます。個性も強いので、集団の中にいると浮いてしまう事もよくあります。

芸術家でロマンチスト

アーティストに多い戌の性質が活き、芸術面に高い適性を発揮します。集団が苦手なところも相まっていますから、会社で雇われるよりも趣味や個性を活かせる仕事を選んだ方が成功します。何事にも情熱を燃やしたいロマン主義で、その感受性を開花させれば素晴らしい作品を仕上げられるでしょう。

結婚でトラブル多し

壬戌の女性は男性よりも恋愛・結婚にトラブルが起きやすく、特に結婚した後あれこれ問題が起きるパターンが多いです。プライドの高さや短期な面がケンカを引き起こしたり、思わぬ毒舌で家族を傷つけたりします。しかし、最後には円満な家庭へと導かれる星のもとに生まれているので、取り越し苦労で結婚を諦めることはありません。

壬戌男性の性格は?

誠実で正直、ただし我が強い

壬戌の男性は真面目で誠実、そして正直です。人を裏切るなんて考えもせず、恩義には必ず報い、礼の心を忘れません。戌には珍しくリーダーの資質もあるため、どんなポジションについても才能を発揮することができます。しかし一方で自分の意見を通したがる面もあり、それがうまくいかないと途端に不平不満を漏らします。

プライドが高い

壬戌の男性はとにかく勝ち気で、プライドが高いです。自分の尊厳を傷つけられると短気な導火線に火が付きます。そして戌の持ち味の我慢強さが、壬の性質である短気さに負けてしまうのです。また、綺麗好きで自分のテリトリーを大切にするので、土足で踏み込まれるとやはり切れてしまいます。

不屈の闘志の持ち主

どんな困難が待ち受けていても、目標を達成するためなら諦めません。戌の性質があるため意志が強く、ちょっとやそっとのことでは壬戌を止めることはできないのです。素早く頭の回るような賢さもあるので、プロジェクトを完成に導くのに壬戌がひとりいればとても頼りになります。

壬戌男性&女性の恋愛傾向は?

壬戌女性の恋愛傾向

幸運に恵まれるので出会いには事欠きませんが、短気な性格が邪魔をして別れるのも早いです。しかし、自分を理解してくれる相手と出会えたなら、夢と情熱にあふれた素敵な恋愛をすることができるでしょう。結婚するなら壬戌と反対の性質を持つ堅実なタイプがおすすめです。生活に波乱はありますが、子宝には恵まれますし最後には幸せをつかむ人が多いのが壬戌の結婚運です。

壬戌男性の恋愛傾向

壬戌の男性は浮気や不倫など絶対にしません。恋人のために尽くし、愛情を一辺倒に注ぎます。しかし頑固で短気なので、付き合っていると疲れてしまうこともしばしばあるでしょう。壬戌男性とお付き合いする時は、恋愛以外にもリフレッシュできる場を持ち、互いにガス抜きをしてケンカを避けましょう。

壬戌の相性は?

理想の恋人&結婚相手は「丁卯(ひのとう)」

丁卯の人は明るく快活ですが、言葉がきっかけのトラブルを生みがちです。それは壬戌も同様なので、同じ悩みを共感することができるはずです。負けず嫌いな頑固さや義理人情に厚い部分など共通点はとても多いので、一緒にいると価値観を共有できるでしょう。ただし丁卯の男性は浮気性なので、その部分にだけは注意してください。

「丙寅(ひのえとら)」が相性良好

自己鍛錬を忘れない丙寅の人を見ていると、幸運で世渡りする壬戌はいい意味でのライバル意識を燃やします。そして、自分も努力するようになるのです。他にも人のサポートが好きな壬戌は、他者からの援助を受けることの多い丙寅の絶好のパトロンになりえます。注意しなければいけないのは、丙寅は素直で優しいので、壬戌の毒舌をそのまま受け止めてしまうことがあります。優しく接しましょう。

「甲辰(きのえたつ)」は相性最悪!

甲辰も壬戌と同じで非常に短気なので、しょっちゅうケンカをする相性です。女性にはヒステリーを起こしがちな特徴があるので、泥沼の争いになりかねません。甲辰には本来社交性があるのですが、壬戌とだけはウマが合いません。適度に距離を置いてトラブルを避けるのが無難です。

壬戌の2017年運勢&総合運は?

壬戌の総合運

壬戌にとって2017年は、あまり喜ばしい年とはなりません。色んなことが思うように進まず、ストレスがたまる年になります。他人も当てにできず、自分の力で解決しなければなりません。しかし思い出してほしいのですが、もともと壬戌は自立心の高い干支です。なので、いつもどおりに行動すれば気がつかない間に問題が解決、ということも十分考えられます。あまり落ち込まず、前向きにやり過ごしましょう。

壬戌の金運

まず、人にお金を貸してはいけません。絶対に返ってこないと、戌の運気に出ています。壬の運気としては、あまり浮き沈みの無い金運と出ているので、慎重にお金を使えば大損害にはならなそうです。投資には向きません。

壬戌の恋愛運

新たな出会いにはいいのですが、すでに結婚している人は家庭内のトラブルに悩まされる可能性が高いです。今は我慢の時であるとぐっとこらえて、相手のわがままに噛みつかず穏やかな対応をすることで問題の悪化を避けられるでしょう。

壬戌の仕事運

地道な努力が周囲の目を惹く年です。大きな進展はありませんが、総合運の運気で不調な対人関係を、巻き返せるのが仕事面と言えます。仕事のストレスが原因で抵抗力が落ち、風邪などの病気になりがちなので、運動や休養を意識的に取ることで抵抗力をつけましょう。

壬戌のまとめ

いかがでしたでしょうか。女性の結婚運が低めの壬戌ですが、最後には幸せが待っているのでご安心ください。今年は運気の流れとしてトラブルに巻き込まれ苦労しがちですが、細かい点に気を使えば避けられるトラブルも多いです。ただし金運は低いですので、お金の取り扱いには細心の注意を払いましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。