四柱推命とは?

四柱推命とは、古代中国の春秋戦国時代に生まれた陰陽思想と五行思想が発展した「陰陽五行説」をベースとした人間の恋愛や仕事や財産といった命運の占いになります。人が生まれた年、月、日、時をそれぞれ「年柱」「月柱」「日柱」「時柱」と呼び、この四つの柱からなる「命式」という表を使った占術のため四柱推命と呼ばれるようになりました。

千支・十千十二支(六十千支)とは?

陰陽思想と五行思想が結びついたことにより、十千と十二支が組み合わさって十千十二支(六十干支、天千地支)ができました。詳しくは割愛しますが、四柱推命の元に十千十二支があると思っていただけたらと思います。十千は甲から始まり癸の計10個で終わり、十二支は子(ね)から始まり亥(い)の計12個で終わります。この最後の癸と亥が組み合わさる癸亥(きがい)が干支の終わりとなり、10と12の最小公倍数である60が干支の数になります。

十支の「丁」の意味

丁未は、陰陽五行説の火性の陰(火の弟)である「丁(ひのと)」と、夏の干支である「未(ひつじ)」が一つになった44番の干支です。「丁」は太陽によって照らされてできる影の部分を指し示す漢字です。「丁」の横線は地面を意味し、縦線は地面に伸びる影を表しています。真っ赤な太陽が頭上にあるときに、影が鮮明になることから「さかん(盛ん)」とか「あたる(当たる、中る)」という意味も生まれました。

十二支の「未」の意味

「未」は8番目の干支で羊(ひつじ)を意味し、陰暦の6月に当たります。陰陽五行説では土性の陰で、季節は夏、月は6月、時刻は13時~15時、方角は南西南を表します。スイレン科の未草(ひつじぐさ)は池沼に生えて、夏に水面に白い花を咲かせますが、未の刻の午後2時頃に開花するので、未草と呼ばれるそうです。また、未は象形文字で、大地を覆う木に若い枝が生えた形なので、「若い、小さい、いまだ、まだ」を意味する漢字になりました。

丁未女性の性格は?

きつい言葉で人を傷つける

丁未女性の特徴は、何ごとにも熱心に取り組みますが、男勝りの性格が勝ってしまい、同僚とも意見が対立することが多いようです。家庭では、教育ママ的な存在になります。丁未女性は不器用なところもあるのですが、思い立ったら粘り強くやり遂げるという根性も持っています。仕事も恋愛も、思惑通りに行かないとついきつい言葉をかけてしまい、相手を傷つけることがあるのです。

他人に任せられない

丁未女性は、自分が我慢できない性格だと分かっていて、すぐに興奮することも自覚しているのです。しかし、他人がやる気がないと分かると、我慢の限界を超えてしまって、つい自分で実行してしまう性格なのです。丁未の人は、他人に任せることが苦手なのです。

誤解を招きやすい

丁未女性は、他人に任せることが嫌いで、独断で決めたり黙って勝手に進めたり、みんなとの協調性に欠けているところも見受けられます。丁未女性は、女性特有のねたみや嫉妬も強いのです。すると、丁の漢字が表す影の部分が強くなり、丁未のアナタの存在が隠れてしまうようになります。すると、いつしか誤解を招きやすくなるのです。丁未女性は、協調性が隠れて誤解を招いてしまい易いのです。

丁未男性の性格は?

自分の殻に閉じこもる

丁未男性は、表面上は穏やかな性格で人との付き合いも自然にこなしています。丁の漢字は、真っ赤な太陽の光に照らされてできる影を表していますが、丁未男性はまさに太陽が頭上にある時期で、これはまさに脂の乗り切った働き盛りの男性を暗示しています。執着心が強く、目標に向かってまっしぐらに進むのです。しかし、いったん回りの人と意見が対立すると、口を閉ざしてしまうのです。心を開くのが下手で、いつしか自分の殻に閉じ籠ってしまいます。

個性が強い

丁未男性は、丁に表される強烈な太陽のエネルギーと、未という未熟さが同居している性格です。丁未男性は、精神的に充分に熟成しないうちに、独断で動いてしまうのです。回りの人が理解するまでに、心を開いて話し合わずに感情のままに生きるのです。仕事に対する才能も十分備えていますが、なかなか理解してもらえない性格で、理解してもらえないほどに、とても個性が強いと言えます。

マイペースで協調性が不足

丁未男性は、執着心が強く仕事も恋愛も熱心に取り組みます。丁未男性は個性が強いと思われているので、周囲との協調性は十分ではありません。相手への批判精神も旺盛で、どうしても誤解を受けることも多くなります。丁未男性は、人に振り回されることも避けたい性格なので、どうしてもマイペースになって協調性も不足するのです。夕方になって太陽が傾くと影も薄く長くなります。このような時には丁未の人のパワーも低下し、周りの人の協力を得なければ孤立してしまいます。マイペースで協調性に欠けるのが、丁未男性の欠点と言えます。

丁未男性&女性の恋愛傾向は?

丁未女性の恋愛傾向

丁未の未は土性の質を持つ十二支で、火の質を持つ丁も土性で、相性の良い組み合わせです。本来、丁未女性は穏やかで几帳面な性格の人が多いようです。丁未女性は、派手に振る舞うことはないのですが容姿端麗で、癒しを与える道端に咲く花のような存在なのです。そして、一度決心したら途中であきらめることのない根性も持っているようです。丁未女性は、ある男性を好きになってしまうと、自分の思いを告白して太陽が存在する限り、その人の影のように寄り添いとげる性格です。丁未女性は、恋愛には一途なのです。

丁未男性の恋愛傾向

丁未男性は、考え方やファッションも個性的です。何事も自分で考えて結論を出してしまいますが、決めたことはマイペースで頑固に進めていく性格です。丁未男性は自信家なので、恋愛に関しても周りの人に相談することもなく、正攻法で進めていきます。丁未の男性は、人の話を真剣に聞く耳を持たないのです。そして、恋愛も仕事も途中で挫折してしまうと、それがトラウマとなってすぐには立ち直れない性格です。ますます自分の殻に閉じこもってしまい、なかなか再起できない性格です。

丁未の相性は?

理想の恋人&結婚相手は「乙卯(いつぼう)」

乙卯の卯(う)は春の干支で、春の草花が群れて咲いているように明るい希望に溢れた性格です。乙卯の人は、いろんな人の中に混ざっても、自分の居場所を見つけて咲くことができるのです。丁未は炎のような太陽と土から成り立っていますから、乙卯とは相性が良いのです。少々頑固で個性的な丁未の人には、春に草花が群れ咲くように場所に合わせて成長する乙卯の人が、恋人や結婚相手に適しているのです。

「壬午(じんご)」が相性抜群!

壬午は、水性の陽の壬(みずのえ)と火性の干支の午(うま)が重なった干支です。午は夏の干支で、真夏の太陽に照らされた大きな海のイメージです。壬午の人は、何かに興味を持つと、すぐに熱中してしまう性格です。壬午の人の恋愛も、好きと決めたら一直線です。丁未のイメージの明るい太陽とその影、その下の大地から成長する若々しい枝葉の姿は、夏の干支の壬午とは相性が良いのです。真夏の太陽によって、枝葉が大きく成長し、将来性のある関係になるでしょう。

「己丑(きちゅう)」は相性最悪!

己丑は土性の陰の己(つちのと)と、冬と春の境目にある干支の丑(うし)が重なった干支です。寒い冬からやっと春に向かう途中です。己丑の己も丑も土性で、沈着冷静で頑固なところがあるのです。土に埋もれている期間が長く忍耐強い性格です。己丑は感情の起伏が大きいので、同じく頑固で個性的な丁未の性格とはぶつかり合い争いが絶えません。丁未と己丑は相性が悪いようです。

丁未の2017年運勢&総合運は?

丁未の総合運

丁未の2017年は、仕事も恋愛も運気が良く、行動範囲が拡大する年です。そしてそれぞれが開花していきます。しかし、有頂天にならずに謙虚に努めることが大事です。開運色は 日本の伝統色の伽羅色(きゃらいろ)、開運石は紫水晶(アメジスト)です。

丁未の金運

丁未の人の今年の金運は、あまり良くはありません。というのも、仕事や交際範囲が拡大して行く年なのですが、それにつれて余計なお金がかかる年になります。もちろん、丁未の人にとっては、将来に向けた大事な投資ですが、財布のひもをしっかり締めて管理が必要な年です。アメジストのパワーストーンをそっと財布に忍ばせてみてください。

丁未の恋愛運

丁未の女性は、未婚なら今年は結婚のチャンスです。今年の前半にも良いご縁ができるはずです。これを逃すと、次のチャンスは3年後になってしまいます。

丁未の仕事運

丁未の人は、人脈も増えてビジネスのチャンスが広がります。営業職の人は、全国を飛び回るような展開になります。しかし、ダラダラと結論を引き延ばすのではだめで、早めの決断が必要です。時機を逃すと、せっかくの枝葉が枯れて落ちてしまいます。

丁未のまとめ

丁未の2017年の運勢は、新しい人脈や仕事が増えてくる年です。丁未の恋愛運も明るい日差しが見えてきます。太陽が真上に近づき、一生の内でもこれまで努力してきたことが開花する年です。丁未のアナタは、温和そうに見えても心の中は情熱的なのです。今年のタイミングを逃さないようにしましょう。

記事が気に入ったらシェアしてね!