INDEX

「たいせい」と読む男の子の名前について

「たいせい」と読む名前の印象

贈り物と手

「たいせい」という男の子の名前が人気を集めています。響きが力強く、強くたくましい男の子を想像することができます。また、漢字によって古風にするとや現代風にすることもでき、自由に印象を決めることができるのも、この名前が人気の理由の1つだと思います。

名前に込める想いは人それぞれ違います。思い思いのイメージの漢字を当てて、素晴らしい「たいせい」を考えてくださいね。この記事で紹介する「たいせい」に使える漢字は素晴らしい由来や意味を持つものが多くありますので、きっと、名前に込めたい想いや願いにしっくりくる漢字が見つかると思いますよ!

「たいせい」と読む名前によく使われる漢字ランキング

可愛いカップル
「たいせい」に使う漢字人気ランキング
  • 1位 大成 大きな事を成し遂げられるように
  • 2位 泰成 落ち着いた人柄で成功を収められるように
  • 3位 太生 たくましく生きてほしい
  • 4位 平清 周囲に好かれる綺麗な心を持ってほしい
  • 5位 汰正 たくましく正直になってほしい
  • 6位 大誠 真面目で正直な人に育ちますように
  • 7位 大生 広い心を持って生きていってほしい
  • 8位 泰生 人から好かれる穏やかな人に成長してほしい
  • 9位 太成 頼られる一人前の男性になってほしい
  • 10位 汰世 世界に羽ばたける人物になりますように

「大」を使った「たいせい」と読む男の子の名前

「大」の画数、意味、由来、イメージ

母と息子

大という漢字は、人が大きく両手を広げた様子を正面からみたところを表しています。人間は偉大な存在ということから、大きいという意味ができました。この漢字には、”優れていて立派”や”重要”という意味があります。おおらかさや活発といったイメージを持たせられます。

大の漢字の画数は3画で子供でも簡単に書けるところも人気の理由の1つです。「たいせい」の名前以外にも大の漢字を使った名前は、安定した人気があります。字面が末広がりになっていて、縁起が良いところもお子様に贈る始めてのプレゼントである”名前”にふさわしい漢字です。

「大」を名前につける時の願い、想い

抱っこされるベビー

大を使った名前には、様々な気持ちを込めることができます。例えば、広々とした大地からイメージを膨らませて、「広い心を持ち、周囲を和ませることができる人になってほしい」という由来などいかがですか?他には、シンプルに大物になってほしい、としてもいいでしょう。

想像次第で、お子様への様々な想いをこめることができる漢字です。名前に込めたい願いは1つじゃなくてもいいのです。こうなってほしい、という想いがたくさんあるのなら好きなだけ込めて、お子様に世界に1つだけの贈り物をしてくださいね。

「大」を使った「たいせい」と読む名前

幸せ親子

「大生」、「大成」、「大誠」、「大世」、「大勢」、「大征」、「大惺」、「大政」、「大星」、「大晟」、「大晴」、「大聖」、「大青」、「大瀬」、「大靖」

「泰」を使った「たいせい」と読む男の子の名前

「泰」の画数、意味、由来、イメージ

肩車される男の子

泰という漢字は、大の部分が人が両手を広げているところを表し、両手=廾、下の水の部分の3つから成り立し、沢山の水で洗い流す様子を表しています。この漢字の意味は、”ゆったりして落ち着いている様子”という意味があります。この意味からは、優しさや平和をイメージすることができます。

泰の画数は10画で、無限の可能性がある人物になると言われています。素晴らしい才能を発揮し、優しい性格で周囲から愛される人に成長してくれそうですね。優しさとたくましさを兼ね備えた泰という漢字から抱く印象は”ゆったり”としていて、人気が高いのも頷けます。

「泰」を名前につける時の願い、想い

白い家族

泰が持つゆったりとしたイメージから、「何事にも動じることのない、落ち着いた人になってほしい」という願いを込めるのはどうでしょうか。また、「平和な人生を歩んでくれますように」とシンプルに想いを込めるのもいいと思います。

また、安泰という言葉からイメージして、「一生豊かに暮らしていけますように」という願いを込めるのもおすすめです。我が子が困ることのないように…という親心を感じる願いです。

「泰」を使った「たいせい」と読む名前

幸せ親子

「泰生」、「泰成」、「泰誠」、「泰世」、「泰勢」、「泰征」、「泰惺」、「泰政」、「泰星」、「泰晟」、「泰晴」、「泰聖」、「泰青」、「泰声」、「泰靖」

「太」を使った「たいせい」と読む男の子の名前

「太」の画数、意味、由来、イメージ

笑顔の一家

太という漢字=泰を略したものです。泰は沢山の水で洗い流す様子を表しており、太の大の部分は手と足を広げ立つ姿、点は泰のした部分である水の部分を省略したものです。太の漢字の意味は”大きく豊か”や”尊い人にそえる語”です。この漢字からは、”しっかりしている”や”平和”のイメージを持つことができるでしょう。

太の漢字の画数は4画で、努力する性格を示しています。「たいせい」にこの漢字を使用すると、努力家で広い心を持った優しい男の子に成長してくれそうです。

「太」を名前につける時の願い、想い

仕事しつつ抱っこ

太の漢字を「たいせい」の名前に使った場合、「大きくてたくましい男の子に育ってほしい」と願いを込められますよ。他には、「勇気があって明るい性格の『男の子に成長して欲しい」という期待を込めることができるでしょう。

「太」を使った「たいせい」と読む名前

子供の部屋

「太生」、「太成」、「太誠」、「太世」、「太勢」、「太[征」、「太惺」、「太政」、「太星」、「太晟」、「太晴」、「太聖」、「太青」、「太靖」、「太声」

「平」を使った「たいせい」と読む男の子の名前

「平」の画数、意味、由来、イメージ

幸せそうな人

平という漢字は、于(手斧という意味)と八(木片の意味)を組み合わせたもので、平たく木を削り、木のくずが飛び散る様子を表現しています。これと別に、平たく浮き草が浮いている様子とも言われています。この漢字の意味は”かたよりが無い”や”変わった様子が無い”で、平和なイメージを持つことができるでしょう。

この漢字の画数は5画です。5画は、包容力や温かさを示します。周囲の人に対して平等に接することができる優しい人になってくれそうです。名前に使用することで”誰からも好かれそうな人に育ってくれそう”な印象のこの漢字が人気なのも納得です。

「平」を名前につける時の願い、想い

絵本を読む母

健康的な響きから、「優しくて明るい性格になってほしい」と想いを込めるのがおすすめです。また、漢字の意味である”変わった様子が無い”からイメージして、「波風がたたない平和な毎日を送っていけますように」と願うこともできます。

「平」を使った「たいせい」と読む名前

赤ちゃんの部屋

「平生」、「平成」、「平誠」、「平世」、「平勢」、「平征」、「平惺」、「平政」、「平星」、「平晟」、「平晴」、「平聖」、「平青」、「平声」

珍しい「鯛」を使った「たいせい」と読む男の子の名前

「鯛」の画数、意味、由来、イメージ

見詰め合う母と息子

鯛の由来ですが、日本中どこの海でも周年とることができることから、この漢字が成り立ちました。お祝いの時には欠かせないおめでたい魚として知られていますが、漢字の意味にも”めでたい”というものがあります。魚へんの漢字を名前に使うのは珍しいと思いますが、古風な名前を希望する人に人気がある漢字となっています。

周りとは被りたくない、または個性的な名前にしたい、というパパママにはおすすめの漢字です。この漢字が持つイメージは、”おめでたい時に登場する魚”だけに、”お祝い事”や”めでたい”というイメージがあります。

お子様が産まれることはとてもおめでたいことなので、「誕生おめでとう」という気持ちを表すためにこの漢字を使用するのも素敵だと思います。個性的な魅力を持った男の子に成長していってくれそうです。

「鯛」を名前につける時の願い、想い

寝るベビー

鯛=おめでたい魚というイメージを活かして、「幸福な気持ちになれる出来事がたくさん訪れますように」という願いを込めてはいかがですか?お子様への愛情を強く感じることができる素敵な願いだと思います。

また、鯛=魚であることから、「泳ぎが上手な子になってほしい」や「周りを楽しませることができる明るい人に成長してほしい」という想いを込めることもできます。イメージ次第で何通りもの想いを漢字に込めることができるでしょう。

「鯛」を使った「たいせい」と読む名前

赤ちゃんと指つなぎ

「鯛生」、「鯛成」、「鯛誠」、「鯛世」、「鯛勢」、「鯛征」、「鯛惺」、「鯛政」、「鯛星」、「鯛晟」、「鯛晴」、「鯛聖」、「鯛青」、「鯛声」

美しく輝く「太陽」にちなんだ「たいせい」と読む男の子の名前

おすすめの「たいせい」と読む名前①高貴な印象の「帝惺」

抱っこされるベビー

帝という漢字は”天下を治める”という意味、惺には”心静か”という意味があります。それぞれの画数から見る性格は、帝=9画で集中力が高い、惺=12画で憎めない性格を示しています。

漢字の意味と画数から見て「帝惺」という名前は、「偉い存在になるが、憎めない性格で周囲から愛される存在」という意味があります。天下を取りながらも、周りへの気配りは忘れない人格者へと成長してくれることでしょう。

おすすめの「たいせい」と読む名前②明るく周りを照らす「恭清」

赤ちゃんの部屋

恭は10画で”無限に可能性がある”とされており、漢字の意味は”丁寧で慎み深い”です。清は、11画で”明るくておおらかになる”とされていて、漢字そのものの意味は”清らかな水”です。

このことから「恭清」という名前は、「明るくて広い心と丁寧に周りに接する人柄」を意味します。誠実な態度で、活躍できる場を自ら広げていくことでしょう。10画は”無限に可能性がある”という意味があることから、世界で活躍してくれそうな期待を抱くことができるでしょう。我が子の将来が楽しみになる名前です。

「たいせい」と読む男の子の名前に使わない方が良い漢字

男の子の名付けに避けたい漢字①辛い人生になりそうな「耐」

孤独な男性

「耐」という漢字は、”たえる”という意味があります。「自分のことは後回しで、人を優先させる」というイメージで、なかなか幸せになれない印象が強い漢字です。たいせいの”たい”に当てられますが、この漢字は人名には適していないと思われます。

「たいせい」に使うなら、他にたくさん魅力的な漢字がありますので、よっぽどこの漢字を使わないといけない理由が無いのなら、避けるべき漢字です。

男の子の名付けに避けたい漢字②由来が良くない「苔」

悲しむ人

「苔」は”たい”と読むので、「たいせい」に使えないこともないのですが、漢字の意味が”下等植物の名”というもので、「たいせい」だけでなく名前全般に使うべきではない漢字でしょう。”たい”には素晴らしい由来や意味を持った漢字が他にありますので、そちらの使用をおすすめします。

男の子に「たいせい」という素晴らしい名前を贈りましょう!

「たいせい」に人気の漢字やおすすめの名前や漢字を紹介しましたがいかがでしたか?気に入った漢字が見つければ幸いです。漢字によって印象が変わる「たいせい」は、決めるのも楽しいと思います。ご両親の希望の願い事や想いを名前に込め、お子様に最高の名前を贈ってくださいね!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。