Middle shutterstock 532185574

目次

秘密主義者の性格や心理とは

秘密主義者の心理とは

秘密主義

みなさんのお近くに秘密主義者の方はおりますでしょうか。あるいはご自身が秘密主義者という可能性もありますよね。そういった秘密主義者の方はどういった心理状態なのか、気になるところです。秘密主義というのは、人間であれば誰もが持っている特徴と言えるでしょう。それが現れやすいか、現れにくいかの違いです。

したがって、秘密主義が過ぎるからと言って、変な風に見たり、軽蔑したりするのは避けましょう。彼ら彼女らの心理や性格を知ることによって、上手に付き合っていくこともできます。人間の一つの性格における特徴なんだくらいに思っておくことで、それほど気にならなくなります。

秘密主義者の心理としては、自意識過剰であまり内面を知られたくないという特徴が挙げられます。いつも自分が他人からどう思われているのか気になってしまい、思うように自分を表現できないというケースです。悪意があるわけではなく、他人との関係性を気にしすぎる傾向があるということを、頭に入れておくと良いでしょう。

秘密主義者の性格とは

秘密主義者の性格

秘密主義者の性格は、多種多様なものが絡み合って形成されているパターンがほとんどです。生まれながらにして、秘密主義者という人はほとんどいないでしょう。そうではなく、様々な人間関係や生活を重ねていく中で、秘密主義という人格が形成されていくものです。

そういった意味で、誰もが秘密主義者になる可能性があるということも抑えておくと良いでしょう。それが良いか悪いかという話ではなく、そうなる可能性があるということです。「人に知られたくない過去がある」、「人と関わると疲れる」、「他人に干渉されたくない」など、あらゆる理由で人の性格は変わっていきます。

そういった心理面や性格面の考え方について理解した上で、秘密主義者の特徴を把握していくと、より彼らの状況を理解しやすくなるでしょう。

秘密主義の性格の特徴

1.コンプレックスがある

コンプレックス

ここからは、秘密主義者の性格の特徴についてご紹介していきます。最初にご紹介するのは、「コンプレックスがある」という特徴についてです。コンプレックスというものは、誰しもが持つ可能性があるもので、それも性格面や外見におけるまで、幅広い面でコンプレックスが出てくる可能性があります。

自分の容姿に自信がないといったケースや、ネガティブなことばかり考えてしまうなどといったコンプレックスは誰しも持つ可能性があるでしょう。そういったコンプレックスの数が多かったり、特定のコンプレックスに対する想いが強すぎると、秘密主義に走る傾向があります。

自分自身がコンプレックスだと感じているものを、相手に知られてくないという気持ちが強くなりすぎて、秘密主義になってしまいます。そこには自己愛も含まれており、自分を大切にする心が、相手を受け付けさせなくするというケースも多く見られます。

2.人と関わりたくない

関わらない

続いては、「人と関わりたくない」という秘密主義者の特徴について見ていきます。秘密主義者の代表的な心理として、「人間嫌い」ということが挙げられます。そもそも、人と関わりを持つことが嫌いというタイプの人です。

こういったタイプの場合は、秘密主義というより、人と関わる機会を自ら減らしているので、結果的に秘密主義に見えるというケースが多くなります。人と関わりたくないので、当然ですが自ら自分の話をすることもありません。

こういったタイプと上手く付き合っていくには、まず相手が人と関わりたくないと思っていることを理解してあげることが大切です。むやみにコミュニケーションを取ろうとしても、逆効果なだけですので、必要最低限のコミュニケーションで、その場をしのぐスキルも大切になってくるでしょう。

Small thub shutterstock 249095608

一人が好きなのは楽で安心だから?!孤独を感じない心理と特徴に迫る!

みんなとワイワイ一緒に楽しむ人が好きな人もいれば、一人で過ごす時間が好

3.人を信用できない

不信

「人を信用できない」という特徴も、秘密主義者に見られる性格の一つです。何か話したいことがあったとしても、「話して裏切られてしまったらどうしよう」とか、「嫌われたらどうしよう」などといったことを考えてしまい、なかなか積極的にコミュニケーションを取れないということもあります。

つまり、人と話したい気持ちや、人と関わりたい気持ちはあるにせよ、結果的に隠していることが多く見えてしまい、秘密主義認定されるパターンです。こういったタイプの人は、相手のことを信頼して、話す勇気を持つことで、少しずつ秘密主義から解放されるケースもあります。

Small thub shutterstock 62913508

人間不信の特徴5つとは?症状を克服するための直し方もご紹介!

人間不信の症状にはいくつかの特徴があります。克服したいなら直し方が分か

秘密主義の性格の特徴2

4.プライドを守りたい

プライド

続いては、「プライドを守りたい」という理由で秘密主義に走る人の特徴についてご紹介します。これも秘密主義者によく見られるケースで、性格的にプライドが高い人に散見されます。特に元々プライドが高い人は、プライドが傷つくことを恐れて、秘密主義を貫きます。

人に弱みを握られたくないという気持ちも強いので、自分にとって都合の悪いところは全て隠そうとします。そのプライドや人からの見え方をより良いものにするために、さらに見栄をはったり、都合の悪いことを隠したりします。

そういった循環が度を過ぎると、秘密主義のイメージが定着しやすく、何か隠し事があるのではないかと、周囲から勘ぐられやすくなってしまうという特徴があります。

5.過去にトラウマがある

トラウマ

「過去に何らかのトラウマがある」人も秘密主義になりやすい性格的な特徴と言えます。特に、信用していた相手に裏切られたといったケースや、何か人に話した際に、それを悪意を持って利用されたケースがある場合には、そのトラウマから秘密主義になりやすくなります。

誰しもが持つ自己愛の中でも、人に傷つけられた経験を持つ人は、その自己愛が強くなりやすい傾向にあります。過去の経験から、自分を守ろうとした結果、秘密主義になってしまうというのは、往々として見られるケースです。

6.そっとしておいて欲しい

一人

「そっとしておいて欲しい」というケースで、秘密主義になることもあるでしょう。これは、普段から秘密主義の人に限らず、一時的に秘密主義になる人にも見られる性格的な特徴と言えます。

何かつらいことがあった時や、上手くいかないことがあった時に、純粋に一人になりたいというのは、誰しも経験したことがあるのではないでしょうか。そういった状況において、人にあれこれ聞かれることに対して、嫌気が差すというのは自然なことです。

普段から秘密主義の人であれば、余計にそういった気持ちが強くなり、さらに話さなくなってしまうでしょう。「そっとしておいて欲しい」オーラが出ている人には、そっとしておいてあげることが大切です。

秘密主義の性格の特徴3

7.人と距離を置きたい

距離

続いては、「人と距離を置きたい」という性格的な特徴についてご紹介していきます。秘密主義の人には、自分以外の人と深く関わることが苦手という特徴があります。そういった特徴が強く出すぎた場合に、人と距離を置きたいと思うことがあるのでしょう。

こういったケースでは、一時的に人と距離を置きたいのか、恒常的に人と距離を置きたいのか見極めることも大切です。一時的なものであれば、再び秘密主義から解放されることもありますので、上手に判断して、良い付き合いに結びつけることもできます。

恒常的に人と距離を置きたいというケースにおいては、その人の意思を尊重してあげることも大切です。その人にとって、他人との最適な距離感があるはずですので、そこから先に足を踏み入れないように気をつけることも重要でしょう。

8.失敗したくない

失敗

秘密主義の性格的な特徴として、「失敗したくない」という想いがあることもあります。例えば、過去に信用している相手に相談事をしたら、思いっきりバカにされたなどの経験があると、秘密主義になりやすくなります。

過去の経験から、これ以上話すと自分が傷つくとか失敗するといったバロメーターがある人は、それ以上深いことを話さなくなるので、結果的に秘密主義になってしまいます。一方で、コミュニケーションにおいて、過去に何かしら傷ついた経験がある人は、その分聞き上手という特徴もあります。

9.話すタイミングがない

タイミング

秘密主義には、単純に「話すタイミングがない」というケースもあるでしょう。話そうとしていてもいつも聞き役に回るばかりで、話すタイミングを失ったまま、会話を終えるというパターンです。

聞き役に徹していて問題ないのであれば、そのままでも構いませんが、何か話したいことがあるのであれば、話をさえぎってでも、話すべきです。そうすることで、秘密主義ではなく、単に話せなかっただけだということを、相手に理解してもらえるでしょう。

干渉されたくない?「彼氏」や「男関係」にも注目

干渉されたくないと思う気持ち

干渉

秘密主義には、人に「干渉されたくない」という気持ちも強くあるでしょう。人からあれこれ言われるのが苦手で、自分の気持ちに正直に生きていきたいと考える人も数多く存在します。

そういった人たちは、自分で生きていくスキルがある人と考えることもできるでしょう。単純に人に干渉されたくないと思うと同時に、自分自身の力で生きていく自信があるから、放っておいて欲しいという気持ちも芽生えてくるのでしょう。

秘密主義者の彼氏や男関係の状況

彼氏

秘密主義者の彼氏や男関係は往々にして、ネットなど、友人や知人から知られないところで進んでいる可能性があります。自分のことを知られたくないと思っている人が、わざわざ普段会う仲間内の中から、彼氏や男友達を作ろうとはしないでしょう。

また、誰にも話していないような独自の趣味があるなど、別のコミュニティーがあれば、そこから彼氏や男関係を構築している場合もあります。いずれにしても、人に知られないように恋愛活動を進めている可能性が高いと言えるでしょう。

秘密主義者の性格まとめ

秘密主義者の性格は、いろいろなものが複雑に絡み合って構築されていくものです。そういった意味で、改めて秘密主義には誰もがなる可能性があるということを認識しておくことが大切です。

その可能性を否定することなく、自分自身の性格と向き合い、秘密主義の人とも上手く関係構築していくことで、より良い人間関係を築いていくことにつながるでしょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。