四柱推命とは?

四柱推命とは、古代中国の春秋戦国時代に生まれた陰陽思想と五行思想が発展した「陰陽五行説」をベースとした人間の恋愛や仕事や財産といった命運の占いになります。人が生まれた年、月、日、時をそれぞれ「年柱」「月柱」「日柱」「時柱」と呼び、この四つの柱からなる「命式」という表を使った占術のため四柱推命と呼ばれるようになりました。

千支・十千十二支(六十千支)とは?

陰陽思想と五行思想が結びついたことにより、十千と十二支が組み合わさって十千十二支(六十干支、天千地支)ができました。詳しくは割愛しますが、四柱推命の元に十千十二支があると思っていただけたらと思います。十千は甲から始まり癸の計10個で終わり、十二支は子(ね)から始まり亥(い)の計12個で終わります。この最後の癸と亥が組み合わさる癸亥(きがい)が干支の終わりとなり、10と12の最小公倍数である60が干支の数になります。

干支の「甲」の意味

甲子(こうし)は、木性の陽の十干「甲(きのえ)」と、水性の陽の十二支「子(ね)」が重なって成り立っています。六十花甲子の1番目の干支です。甲子とは、冬の水辺に立つ大樹のイメージです。「甲」はカニやエビ、亀の甲殻類の生き物の堅い外被を意味します。亀の背中は甲らとも呼ばれます。また、十干の甲、乙、丙などは順番を意味する1、2、3に相当し、甲は1番目で乙は2番目に相当します。契約書にも、「甲は~」、「乙は~」、というように区別に使用されるので、なじみ深い文字でもあります。陰陽五行説では、甲は大樹を象徴し、自我・独立・頑固・マイペースを表しています。

十二支の「子」の意味

子(し、ね)は干支の中では1番目で、動物名は鼠(ねずみ)です。陰陽五行説では水性の陽に当たります。季節は冬、月は11月、時刻は23時~1時、方角は北を表します。地球の南北を表す線は子午(しご)線で、子(し)は北を午(ご)は南を意味します。子という文字は象形文字で、頭部と手足をイメージした乳児の形から成り立っています。子は漢書では「増える」を意味する「孳(し)」で、植物が子孫を増やすために成長を始める種子の状態を表しています。

甲子女性の性格は?

几帳面でスキがない

甲子女性は、外出したリ誰かと合う時には、身なりをきちんと正すような神経の持ち主です。化粧もきちんと直してからしか会わないのです。甲子女性は、スッピンでは絶対に誰にも会いません。服装も派手ではありませんが、スキのない着こなしなのです。甲子女性の容姿を見ると、真面目で几帳面な性格が分かるのです。

感受性が強く勝気である

甲子女性は、物事を正しく見つめることが得意で、感受性が強いのです。洞察力が鋭くて、しかも適当なところで妥協するのも嫌いな性格です。甲子女性は、曖昧な考え方の人とは意見が合わないので、自分の意見を押し通すようになり、勝ち気な性格だと思われるのです。

自尊心が強い

甲子女性は、いったん決めるとその目標に向かって着実に進んで行くのです。スキが無いので冷たい感じに見えるのですが、仕事は効率的に進めるのが得意です。恋愛では、自分に自信があるような芯が通ったスマートな性格の年上男性に、心が惹かれることになるでしょう。

甲子男性の性格は?

くそ真面目で一本気

甲子男性は、六十花甲子と言われるように、60の干支の1番目であるために何事もトップが好きなようです。姿かたちは置いといて、実質的に1番を目指すのです。甲子男性は、目標を目指してくそ真面目に進んで行く姿は、一本気な性格を表しています。

金銭感覚が鋭い

甲子男性の性格の中でも、真面目で几帳面なところは群を抜いているのです。甲子男性は、数字の扱いは得意なので、計算は速くて正確なうえに記憶力も優れているのです。そこで、金銭感覚にも優れていて、無駄な出費や浪費はできない性格なのです。甲子男性は、金銭的にしまり屋が多いようです。

人情家

甲子男性は、外見は素朴で野暮ったい印象なのですが、いろんな経験と知識も豊富で、人に頼られる人格なのです。困っている人にはつい手を差し伸ばすようなところもあって、意外にも人情家なのです。甲子男性は、無骨ですが人情家の雰囲気の存在でもあります。

甲子男性&女性の恋愛傾向は?

甲子女性の恋愛傾向

甲子女性は、自分の方から男性にアプローチすることはほとんどありません。自尊心が高いことと相手を洞察する力が強いため、納得する相手が見つからないからです。甲子女性は、容姿の良い男性が好みです。だれもが認めるようなイケメンタイプに興味があるのです。甲子女性は、自分の意見を聞いてくれるイケメンが好きなのです。

甲子男性の恋愛傾向

甲子男性は、外見は洗練されていない古いタイプの男性だが、物知りで信頼されているので女性の人気はあるのです。甲子男性と付き合ってみると、おもしろくないほどに真面目ですが、いたって人情家で世話焼きなのです。孤独で寂しがっている女性にとっては優しく頼りになるので、意外な女性と密接な恋愛に発展するかも知れません。

甲子の相性は?

理想の恋人&結婚相手は「丙子(へいし)」

丙子は、火性の陽の十干「丙(ひのえ)」と、水性の陽の十二支「子(ね)」が重なってできている13番目の干支です。子は真冬の11月の季節に当たるので、丙子のイメージは真冬の海の上を照らす太陽のイメージです。甲子の甲も大樹を意味するため、丙子の大樹を照らす太陽と水は、お互いを支え合うので相性は良いのです。丙子と甲子は、お互いを成長させることができるので、丙子と甲子は相性が良いのです。

「己丑(きちゅう)」が相性抜群!

己丑は、土性の陰の十干の「己(つちのと)」と、12月の土性の陰の十二支「丑(うし)」とが重なってできている26番目の干支です。どちらも、土性の陰に当たるのです。己丑とは、春まじかの季節の田園のイメージです。己丑は、寒い冬を越してきた忍耐強さを秘めているのです。甲子は寒さ厳しい冬を越して来たので、春を待つ干支です。どちらも、春を待って耐えてきて、これから枝や葉を伸ばして成長するのです。己丑と甲子は、相性が良いのです。

「壬午(じんご)」は相性最悪!

壬午は、水性の陽の十干「壬(みずのえ)」と、5月の季節の火性の陽の十二支「午(うま)」が重なってできた19番目の干支です。午は真夏の太陽のイメージで、壬午とは真夏の太陽に照らされる海を表します。壬午は、火と水が混ざっているので不安定で、そのため特別な直観力を持っているのです。そこで決断が速くどんどん進めていくので、耐えることが得意な甲子にとっては、ペースが合わないのです。壬午と甲子は相性が悪いのです。

甲子の2017年運勢&総合運は?

甲子の総合運

甲子の人の2017年の総合運は、引き続き好調でまずまずの1年になると思います。仕事も恋愛でも、周りから期待されるので、それに応えることによって充実感が得られる年なのです。今までと同じように、大切に生活することで、更なる運気の上昇を呼ぶことになります。

甲子の金運

甲子の2017年の金運は、後半にかけて良くなります。今でも、あなたの周りの環境がどんどん良い方向に変わってきているはずです。仕事でも、大きな仕事を任せられるようになってきます。これに尻込みをしないで、積極的に対応することで遂行し、実力をつけてください。この努力が金運を押し上げていきます。

甲子の恋愛運

甲子の2017年の恋愛は、予想外の展開が起こる年です。甲子のあなたにとって、非常に刺激的な出来事が起こるのです。片思いの相手から言い寄られるとか、熱愛状態の彼女に振られるとか、ともかく波乱の1年です。甲子のあなたの現在の恋愛を壊さないためには、彼女の誕生日や何かの記念日には、驚くようなプレゼントをすることです。そして、悪い方向への流れを断ち切るのです。

甲子の仕事運

甲子の2017年の仕事運は、恵まれた年になります。いろんな仕事や舞い込んできます。それをあなたが自信を持って選別して、頑張ってやり抜くのです。心配しなくても、上司や仲間が手伝ってくれます。日頃から、その人達とコミュニケーションを取っておくことが大切です。

甲子のまとめ

甲子という干支は、60種類の組み合わせの中でもトップの干支なのです。甲子のあなたの好き嫌いにかかわらず、何かにつけて目立ち、そして比較される運命なのです。仕事にしろ恋愛にしろ、興味を持って見つめられるのです。と思うと、その運命を逆手にとって、大きく飛躍する年にしましょう。甲子の人は、チャレンジの年なのです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

記事が気に入ったらシェアしてね!