四柱推命とは?

四柱推命とは、古代中国の春秋戦国時代に生まれた陰陽思想と五行思想が発展した「陰陽五行説」をベースとした人間の恋愛や仕事や財産といった命運の占いになります。人が生まれた年、月、日、時をそれぞれ「年柱」「月柱」「日柱」「時柱」と呼び、この四つの柱からなる「命式」という表を使った占術のため四柱推命と呼ばれるようになりました。

千支・十千十二支(六十千支)とは?

陰陽思想と五行思想が結びついたことにより、十千と十二支が組み合わさって十千十二支(六十干支、天千地支)ができました。詳しくは割愛しますが、四柱推命の元に十千十二支があると思っていただけたらと思います。十千は甲から始まり癸の計10個で終わり、十二支は子(ね)から始まり亥(い)の計12個で終わります。この最後の癸と亥が組み合わさる癸亥(きがい)が干支の終わりとなり、10と12の最小公倍数である60が干支の数になります。

干支の「丙(ひのえ)」の意味

丙は十千(じっかん)の三番目であり、陰陽五行説では火性の陽に当てはまります。丙の字の由来は、両脚がしっかりと台形に踏ん張った形で、そこから芽が地上に出てきて葉が広がった状態を表しています。丙は古代中国の陰陽五行説の十干に基づいた順番を表し、甲、乙、に続いて3番目の位置に相当します。丙は四柱推命では万物を暖かく照らす太陽を意味し、丙の人は明るく楽しい人が多いようです。火性の陽なので、性質は激しくて派手で華やかさを備えた性格です。ただ、雨の日は姿を見せないように、考えや行動が急に変わることがあるようです。

十二支の「申(さる)」の意味

申は、9番目の干支で、季節は秋、月は7月、時刻は15時~17時、方角は南西微北です。申の文字は空から大地に伸びる稲妻のイメージで、そこから「伸(のびる)」、「神(かみ)」の意味に変わり、神に願い事を伝える「申(もうす)」に繋がっています。また、自然の果実が成熟した状態を表しています。この干支を覚えやすくするために、猿が割り当てられたのです。猿のイメージから、世渡り上手とかお調子者と思われているようです。

丙申女性の性格は?

頭の回転が速い

仲間で何かを相談する時に、決まって良いアイデアを出すのが丙申女性なのです。いろんなことを経験しているのかも知れませんが、的確に情報を提供するのです。遊びに行くならどこが良いとか、どこのレストランが雰囲気が良くて料理がおいしいとか、頭の回転が速いので知識が次々と湧き出てくるようです。仲間も丙申女性に頼り切りになるのです。

好き嫌いが激しい

丙申女性は、頭の回転が速くてどんどん先に進んでしまうことがあるので、人の話をじっくりと聞く間もないのです。そして、自分に都合が良いように考えてしまい、都合が悪いことは聞く耳を持たなくなるのです。丙申女性は、周りの人からは好き嫌いが激しい性格だと思われてしまいます。

誤解され易い

丙申女性は、じっくりと人の話を聞くことが苦手なので、思いやりが足らないと誤解され易いのです。じっくりと話ができないのは、意外と臆病なところがあるからです。丙申女性は、本心では相手のことを思い悩んで、敏感になり過ぎているからです。対話にとって、本当の姿を理解してもらえれば、誤解されることは無くなると思います。

丙申男性の性格は?

神経質なところも

丙申男性は、表面上は穏やかで親しみやすい雰囲気ですが、自分の思い通りの方向に進んで行かないと思うと、気分的に落ち込んでしまって神経質になることがあります。丙申男性は、社交的で明るいのですが、意外と利己的で打ち解けなくなることがあるのです。

気分屋

丙申男性は、利己的なところがあると言いましたが、好きなことには損得を考えずに没頭する癖があります。周りの人が何を言おうとも、自分の世界に入り込んでしまって、自分の道をひたすら進んで行きます。そのうちに、何か気に入らないことが起こると、急に方針を変えてしまうのです。かなりの気分屋でもあります。

世渡りがうまい

丙申男性は、頭が良くて計算高い性格でもあります。自分の目標を明確に立てていて、人知れず目標に向かって努力するのです。情熱家で冷静さが足らない所もあるのですが、周りを観察するのもうまくて、上手くいきそうならすぐに取り入れるような、世渡り上手なところもあります。

丙申男性&女性の恋愛傾向は?

丙申女性の恋愛傾向

丙申女性は、何ごとにも真剣に考えてしまいます。恋愛でも同じで、少し神経質なほど相手のことや将来について考えすぎる癖があります。これは、用心深いことと、たいへん感受性が強い性格だからです。好きな人ができても、なかなか気を許すことができないのです。ましてや、結婚に踏み切るまでには、時間がかかりそうです。恋愛よりも、むしろお見合い結婚の可能性が高そうです。

丙申男性の恋愛傾向

丙申男性は、神経質な性格なので、恋愛には慎重になります。相手の性格や仕事、趣味や過去の交際歴など、いろいろと確認しながら進めていくのです。気分屋なので、恋愛の途中でも他の女性に興味を持ったり、自分の思う通りに行かないと神経質になって、相手の女性を困惑させてしまうのです。丙申の男性は、恋愛をする時は自分の目でしっかりと相手を判断して、この人と思う時はその女性を信頼して交際することです。

丙申の相性は?

理想の恋人&結婚相手は「甲子(こうし)」

甲子は、十干と十二支の干支(かんし)を組み合わせてできる60種類の干支の中で、一番最初の干支(六十花甲子)です。甲子の人は、信じたことをきっちりとやり遂げるという一途な思いを秘めた性格なのです。自分が見初めた人を一途に愛し続ける、古風な性格なのです。心変りが心配な丙申の性格ですが、一途に愛し続ける甲子の熱意には、負けてしまうのです。丙申と甲子は、お互いに支え合えることから相性が良いのです。

「辛巳(しんし)」が相性抜群!

辛巳は、金性の陽の「辛(かのと)」と、火性の陰の「巳(み)」が重なってできている18番目の干支です。巳の光に照らされて輝く貴金属(宝物)なのです。気品が溢れ出て華やかで目立つ存在です。丙は四柱推命では、万物を明るく照らす太陽の意味を持っているので、辛巳の宝物をさらに輝かせることができます。丙申と辛巳とは、相性が良いのです。

「甲寅(こういん)」は相性最悪!

甲寅は、木性の陽の「甲(きのえ)」と、春の十二支の木性の陽の「寅(とら)」が重なってできている51番目の干支です。どちらも木性(大樹)の陽であるので、力強く生命力のある性格なのです。堂々として負けず嫌いな性格ですが、丙と意見が衝突すると、燃え盛る丙の炎で焼き尽くされてしまうのです。そんな危険をはらむ関係なので、丙申と甲寅は、相性は良くはありません。

丙申の2017年運勢&総合運は?

丙申の総合運

丙申の2017年の総合運は、あなたの決断に左右されます。何事にも迷いや焦りを感じてしまい、行動を起こす手前で立ち止まっているのです。この停滞は、運気を低迷させることに繋がります。周りの人の力や助言を聞いて、行動を起こす年です。初心貫徹の気持ちが大切です。

丙申の金運

丙申の人は、2017年は金運に恵まれた年になりそうです。この意味は、一獲千金の賭けごとではなく、堅実に暮らすことで金運が上がっていくという意味です。1年を通じて、お金は上手く回っていき、きちんと貯蓄もできる年です。副業の金儲けも上手なのですが、深みにハマらないことが大切です。

丙申の恋愛運

丙申の人は、仕事が忙しいのでついつい恋愛を後回しにしてしまうのです。好き嫌いがあるので、好きになった人にも積極的に行動する自信がないのです。丙申の女性は、女性らしい優しさが不足しているかも知れません。2017年は、自分の気持ちを積極的に表に出して、アタックする年にすべきです。丙申の明るい性格から、きっと上手く行くはずです。

丙申の仕事運

丙申の人の2,017年の仕事運は、今までの努力が認められて、多方面からの依頼が舞い込んで来る年です。自分には手に負えないと思っているような仕事も、急に決まったりする運命なのです。しかし、あなたの周りに協力的な人が集まってくるのです。丙申の人は、仲間に助けられながらやり抜くことができます。普段から、関係のある人とのコミュニケーションを取っておきましょう。

丙申のまとめ

丙申の人の2017年の運勢は、おおむね良好な1年になります。神経質なくらいに堅実なのですが、この性格は恋愛では停滞を招きます。恋愛の殻が破れなくて、不安になってしまうのです。恋愛も仕事も、迷いや焦りは禁物で、自分が決めた仕事や好きになった人には、初心貫徹の気持ちで前に進んでください。きっと良い結果が待っています。

記事が気に入ったらシェアしてね!