Large thumb pexels mixu 1323207

髪を下ろすのが似合わない原因って?小鼻&頬骨が出てる人が似合う髪型を紹介

更新:2022.04.13

髪の毛を下ろすのが似合わない人の原因について説明していきます。なんで似合わないんだろうと思ったことはありませんか?また、小鼻が出ている人や、頬骨が出ている人に似合う髪型についても紹介していきます。この記事を参考に自分に似合ったバランスの髪型を見つけてください。



髪を下ろすのが似合わない原因とは?

髪を下ろすのが似合わない原因①髪質

髪質

髪を下ろすのが似合わない原因の1つ目は、髪質です。髪質によっては自分に似合わない可能性があります。サラサラの髪質が似合う人もいれば、フワフワの髪質が似合う人がいます。反対にサラサラが似合わない人がいればフワフワが似合わない人もいます。

つまり、自分の似合わない髪質だとどうしても似合わない見た目になってしまいます。似合う髪質にシャンプーなどで変えていくようにしましょう。場合によってはヘアーサロンを活用しましょう。

髪を下ろすのが似合わない原因②骨格

似合わない髪型に悩む女性

髪を下ろすのが似合わない原因の2つ目は、骨格の問題です。つまり顔の形によって似合う髪型と似合わない髪型が出てくるということです。例えば、頬骨が出ている骨格の人がその頬骨が見えるような髪型にした場合、似合わないと言われることがあったり、頬骨を隠せばいいのにと言われることがあります。

髪の毛を下ろす場合も同じです。余りにも痩せてる骨格の場合には髪の毛を下ろして骨格を隠すような髪型にする必要がありますし、反対に余りにも丸みを帯びている骨格の場合も、前髪で骨格を隠す必要があります。髪の毛を下ろす時に似合うかどうかは、その人の骨格に左右されるポイントなので注意しましょう。

髪を下ろすのが似合わない原因③体型

体型と髪型を合わせる女性

髪を下ろすのが似合わない原因の3つ目は、体型の問題です。残念ながら体型によっては髪の毛を下ろさない方が似合う場合があります。体型と髪型のバランスによってはその人のスタイルがかなり変わって見えてしまうこともあります。特に痩せた体型の人は髪の毛を上げた方が似合う傾向にあるので注意しましょう。

髪を下ろすのが似合わない原因④性格(雰囲気)

雰囲気と髪型合う女性

髪を下ろすのが似合わない原因の4つ目は、性格の問題です。なんだかんだ言っても髪型を決める最大のポイントはその人の雰囲気です。普段きつそうなことを言っている人であれば、髪の毛は上げて堂々としている印象です。


反対に、集団でも物静かで争いを嫌うタイプは髪の毛を下ろしているどころか、前髪で顔を隠しているイメージです。この様に、その人の雰囲気やイメージに合わせても似合う髪型は変わってきます。時分のイメージをしっかりとつかみましょう。

髪を下ろすのを似合わせる方法

髪を下ろすのを似合わせる方法①自分の骨格を知る

骨格のチェック

髪を下ろすのを似合わせる方法の1つ目は、自分の骨格を知るということです。自分がどんな骨格をしているのかを知ることができれば、髪の毛を下ろすとしても似合うような下ろし方をすることが可能になります。以下の記事で骨格の診断ができるので確かめてみましょう。

髪を下ろすのを似合わせる方法②イメチェンした設定にする

あからさまなイメチェン

髪を下ろすのを似合わせる方法の2つ目は、イメチェンしたという設定にするということです。急に髪型が変わると別人の印象を与えてしまいますが、イメチェンをしたということにすれば、今まで髪の毛を下ろしていなくても、これからは下ろすのが普通になります。

髪の毛を下ろすのがどうしても似合わない人はいます。自分に似合う髪型は診断などで探してみるしかありませんが、それでも髪の毛を下ろしたい場合には、似合わなくてもいちいち追及されないように予めイメチェンであることを公言して突っ込まれないようにしてみましょう。

髪を下ろすのを似合わせる方法③無理やりに馴染ませる

毎日同じ髪型にする

髪を下ろすのを似合わせる方法の3つ目は、無理やりに馴染ませるということです。毎日見ていることでその髪型の違和感を取り除くという方法です。最初は見慣れない髪型や似合わないと思っていた人も、毎日見ていることでそれが普通になり、違和感を感じなくなります。

つまり、たとえ髪の毛を下ろすのが似ていない髪型であっても、毎日見せ続けることで自分の髪型がその髪型だと印象付けてしまえば、それは似合う似合わないではなく、その人の髪型になるのです。


髪を下ろすのを似合わせる方法④目立たない服装を着る

目立たない服装にする女性

髪を下ろすのを似合わせる方法の4つ目は、目立たない服装を着る方法です。髪型が似合わない診断結果となり、似合う髪型を探している内に似合わない髪の毛を下ろす髪型にしてしまった場合には、服装を地味にして存在を消しましょう。

あくまでも応急的な措置ですが、自分の存在感を消すことで、違和感のある髪型に注目されるのを避けるという方法です。どうしても髪の毛を下ろしたい場合には有効ではありませんが、髪型診断をしている最中であったり、似合う髪型を探している最中であれば有効な手段となります。自信がつくまで存在感を消しましょう。

髪を下ろすのを似合わせる方法⑤ヘアアクセで誤魔化す

帽子などで誤魔化す女性

髪を下ろすのを似合わせる方法の5つ目は、ヘアアクセで誤魔化す方法です。髪型診断をして似合わない髪型だと分かっていながらも髪の毛を下ろしたい場合には、ヘアアクセなどをつけて髪型を誤魔化す方法もあります。

例えば、髪全体をカチューシャで覆ってしまうことで髪型の全体像が見えてこなくなります。大き目のリボンのカチューシャを使ったり、前髪に目立つピンを使うことで髪の毛全体ではなくアクセに注目を集める方法も有効です。

自分に似合う髪型を見つける方法

自分に似合う髪型を見つける方法①髪型診断という方法

髪診断をした女性

自分に似合う髪型を見つける方法の1つ目は、髪型診断という方法です。自分の骨格や体型、普段の性格など様々な要因でその人に合った髪型は変わります。それらを診断してくれるサービスを活用して、自分の似合う髪型を探すという方法があります。以下の記事を詳しく読んで参考にしてください。

自分に似合う髪型を見つける方法②耳とのバランスを考える


耳を隠すような髪型

自分に似合う髪型を見つける方法の2つ目は、耳とのバランスを考えるということです。顔全体のバランスも大事ですが、それ以上に気を付けたいのが耳の大きさです。実は耳の大きさによっても似合う髪型は変わってきます。

ほんの少し分け目を変えるだけでも似合う似合わないが変わってくる髪型では、耳の大きさを基準にして、自分の似合う髪型を探してみる方法がおすすめです。他の部分はメイクで変えられますが耳の大きさは変えられないので、耳の大きさに合う髪型を探してみましょう。そこから他の髪型を作るようにするのです。

自分に似合う髪型を見つける方法③5.5センチの法則

5.5センチの法則

自分に似合う髪型を見つける方法の3つ目は、5.5センチの法則です。自分の顔立ちがショートなのかロングなのかどちらに似合うのかを診断する方法です。

耳の下から顎までの長さを測ります。この長さが5.5センチ以下の場合にはショートが似合う顔立ちだという診断です。誰でも簡単に測ることができるので確かめてみましょう。また、この値が短ければ短いほどベリーショートが似合う顔立ちになるそうです。

自分に似合う髪型を見つける方法④おでこが狭い人は前髪を深めに

前髪を深くする

自分に似合う髪型を見つける方法の4つ目は、おでこが狭い人は前髪を深めにするということです。大人っぽい前髪は長くて左右に流したりしている印象ですが、おでこが狭いとそんな前髪は似合いません。無理に大人っぽい髪型にするのではなく、似合う前髪を作りましょう。

小鼻が出ている人が似合う髪型とは?

小鼻が出ている人が似合う髪型①ポニーテールでバランスを意識

顔全体のバランスをチェックする女性

小鼻が出ている人が似合う髪型の1つ目は、ポニーテールでバランスを意識することです。すっとした表情に見えてしまうのが小鼻が出ている人の特徴です。怒っていなくても怒っているように見られがちなので、髪型でそのバランスを崩してあげるのがいいでしょう。

ポニーテールの中でもおすすめなのがパーマをかけてポニーテールにする方法です。ふわふわとした見た目が、きつめの顔立ちとのバランスを保ってくれます。特にショートヘアだと小鼻が出ているだけで男勝りな性格だと思われがちです。髪の毛を伸ばすことも検討してみましょう。

小鼻が出ている人が似合う髪型②お団子ヘアでバランスを見る

おでこ全体を出す女性

小鼻が出ている人が似合う髪型の2つ目は、お団子ヘアで全体のバランスを見るということです。小鼻が出ている人はとにかくバランスが大事です。自分の顔の大きさや形によって微妙にバランスが違ってしまうので、似合ったちょうどいいバランスを探しましょう。

おでこは出すのが基本ですが、そのバランスによっては少しだけ出したり、分け目を作って出す方法も考えれます。もしも耳まで出す場合にはピアスやイヤリングなどのワンポイントアクセをしっかりとつけましょう。おすすめの髪型としては、お団子ヘアです。お団子の大きさを変えることでバランスを保ちましょう。

頬骨が出ている人が似合う髪型とは?

頬骨が出ている人が似合う髪型①お団子ヘアでてっぺんのボリュームを意識

頭のてっぺんにボリュームがある女性

頬骨が出ている人が似合う髪型の1つ目は、お団子ヘアでてっぺんのボリュームを意識するということです。頬骨が出ている人はどうしても顔全体が大きく見えてしまいます。横に広がる髪型をすると余計に顔が大きく見えてしまいます。

例えば頭のてっぺんでお団子を作るような髪型が望ましい髪型です。上へ上への髪型を意識して自分のコンプレックスを意識させない髪型を探しましょう。特にお団子の大きさを少し大きくすることで横の意識が消えます。

頬骨が出ている人が似合う髪型②顎ラインにボリュームを持ってくる

顎のラインに髪の毛を持って行く女性

頬骨が出ている人が似合う髪型の2つ目は、顎ラインにボリュームを持ってくる方法です。髪の毛で頬骨を隠すことで顔の輪郭を分からなくさせ、細い顔立ちに錯覚させることができます。

ただし、顎のラインにぴったり髪の毛を添わせてしまうと骨格がなんとなくバレてしまうので、あくまでもふんわりと顎のラインに髪の毛を持ってくるイメージを忘れないようにしましょう。

髪を下ろすのが似合わない原因を知ってバランスのいい髪型をしよう!

いかがでしたか?髪の毛を下ろすのが似合わない原因について紹介、解説してきました。今回の記事を参考にして自分で似合う髪型を探しておしゃれを楽しみましょう!

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。