INDEX

ファーストピアスのおすすめの太さとは?

ファーストピアスのおすすめの太さの種類とは16G

大ぶり

ファーストピアスのおすすめの太さは16Gです。まず、ピアスの太さというのは「G」(ゲージ)という太さの単位で表します。そして、このGの数字が小さくなればなるほど、ピアスの穴は大きくなっていくのです。そもそもピアスの穴は1サイズしかないと思われていた方もいるかもしれませんね!

ファーストピアスというのは、ピアスをはじめてその場所に開ける人が着けるものです。そのため、わざと普通のピアスの穴の大きさよりも大きい穴をあけて、セカンドピアスがスムーズに出し入れできるようにする仕組みになっているのです。

通常のピアスは大体20G~18Gのサイズが多いのですが、ファーストピアスはそれよりも一回り大きいサイズである16Gで開けるのが一般的なのです。

ファーストピアスのおすすめの太さの種類である16Gとは1.2mm

顔

ファーストピアスのおすすめの太さは「16G」であるとご紹介しましたが、ピアスについてあまりよく知らない人からすると、この「G」(ゲージ)という単位のこともいまいち分からないのではないでしょうか。まず、16Gというのは1.2mmのサイズです。

つまり直径1.2mmの太さのピアッサーで耳に穴をあけるということなんですね。また。一般的なピアスのサイズである18Gというのは、1.0mmのサイズになっており、20Gというのは0.8mmのサイズになっています。ファーストピアスが大きいサイズであることがお分かり頂けるはずです。

軟骨にファーストピアスを開ける場合のおすすめの太さは14G

眼鏡

ファーストピアスといっても、誰しもが耳たぶにあけるとは限りませんよね。ピアスは体の様々な部分に開ける事ができますから、おへそに開ける人もいれば舌にピアスをあけている人もいます。ファーストピアスのサイズは体の部位によって変わってくるのです。

耳たぶ以外の部位で、次に最も開けられる事の多いピアスの種類の場所が軟骨です。軟骨とは耳の外側の部分の事で、耳たぶに比べると硬い質感が特徴的です。この軟骨にファーストピアスをあける場合は14Gという太さの種類が最も一般的だと言われています。

ファーストピアスのおすすめの素材とは?

ファーストピアスのおすすめの素材とはチタン

舌

ファーストピアスのおすすめの素材の種類とは、「チタン」です。ファーストピアスはピアスの穴がしっかり安定するまで、大体2カ月~3か月程つけっぱなしにしておくものですから、アレルギー反応がでないような素材でないといけません。

「チタン」は人工関節などにも用いられていることから分かるように、人間の体内にいれても金属アレルギーなどを起こさず、人体には最も優しい素材であると言われている種類の素材です。そのため、ファーストピアスの素材の選び方としてチタンを選ぶのはおすすめです。

ファーストピアスのおすすめの素材とは医療用サージカルステンレス

黒

ファーストピアスのおすすめの素材として続いてご紹介するのは「医療用サージカルステンレス」です。聞き馴染みのない方も多いかもしれませんが、こちらは医療用のメスなどに使用されている素材なのです。医療用で使われている素材なので腐食しにくく人体にも優しい素材です。

金属アレルギーが出にくい素材だと言われていますが、100パーセントアレルギー反応が出ないというわけではありませんから、金属アレルギーを持っている人は注意が必要です。予め医療機関で相談するようにしてくださいね。

ファーストピアスのおすすめの素材とはシルバー

シルバー

ファーストピアスのおすすめの素材として、シルバーもおすすめです。「チタン」や「医療用サージカルステンレス」に比べると、「シルバー」の方が最も馴染みやすい素材なのではないでしょうか。アクセサリーなどによく使われる素材でもありますよね!

そんなシルバーも、金属アレルギーが出にくい素材として、おすすめされています。ただファーストピアスの素材としてはあまり一般的ではないですし、高価なものになってしまうため、やはりチタン製のファーストピアスなどが一番ポピュラーだと言えます。

ファーストピアスのおしゃれなデザインのおすすめ5選

ファーストピアスのおしゃれなデザインのおすすめ①パール

パール

ファーストピアスのおしゃれなデザインのおすすめ、1つ目にご紹介するのは「パール」です。まず、ファーストピアスというのは開けてからピアスホール(ピアスの穴)が安定するまで2~3ヶ月間ずっとつけっぱなしにしておくものです。途中で外して別のピアスに付け替えたりなどはできません。

ですから、なるべく自分が気にいっていて使いやすいピアスにすることが重要です。中でも「パール」はつけているだけで存在感があるだけでなく、品も良く、どんな服装にも似合うため非常におすすめなファーストピアスのデザインです。

ファーストピアスのおしゃれなデザインのおすすめ②クリスタル

指輪

ファーストピアスのおしゃれなデザインのおすすめ、2つ目にご紹介するのは「クリスタル」です。クリスタルというのはダイヤモンドのようなデザインで、キラキラと輝く素材のものを指します。ファーストピアスではごく一般的な素材とも言えるでしょう。

クリスタルは、形をとっても色をとっても非常に使い勝手がよく、どんなシーンでもどんな服装でも合うデザインなので、途中ではずすことのできないファーストピアスのデザインとしては非常におすすめですよ。

ファーストピアスのおしゃれなデザインのおすすめ③カラークリスタル

ジュエリー

ファーストピアスのおしゃれなデザインのおすすめ、3つ目にご紹介するのは「カラークリスタル」です。カラークリスタルとは先ほどご紹介したクリスタルに色がついているものです。形や素材はクリスタルと変わりがないのですが、赤や青などの色がついているため様々な種類があります。

カラークリスタルは、自分の好きな色の石を選ぶ事ができるため、自分好みのファーストピアスをつけられるというのが一番のメリットですが、ずっと数ヶ月間の間着けているため、服装などに合わせて色をチェンジすることができないのがデメリットです。

ファーストピアスのおしゃれなデザインのおすすめ④石

石

ファーストピアスのおしゃれなデザインのおすすめ、4つ目にご紹介するのは「石」です。ターコイズなどと言った石の様な素材のファーストピアスも数多くあります。クリスタルやパールなどと違って、非常に珍しいのでファーストピアスという感じがあまりしないのがおすすめの理由です。

個性的なファッションやハイファッションなどを普段から好むような方は、ターコイズの石などを用いたファーストピアスを選ぶと、ファーストピアスではなく普通のピアスをつけているような風に見えていいかもしれませんね!

ファーストピアスのおしゃれなデザインのおすすめ⑤丸

丸

ファーストピアスのおしゃれなデザインのおすすめ、5つ目にご紹介するのは「丸」です。今までパールやクリスタルなどといったデザイン性重視のファーストピアスをご紹介してきましたが、この「丸」のデザインは最もファーストピアスに適しているデザインです。

ファーストピアスはピアスの穴を安定させるためにずっと着けておくものですからあまり動いたりするのはよくありません。まんまるのシルバーでできているこのデザインであれば、ひっかかったりする心配がないので、安全なファーストピアスだと言えますよ。

ファーストピアスが終われば、続いてはいよいよ自分の好きなピアスを着けられるようになります。そんなピアスですがお手入れが必要なアクセサリーでもあります。以下の記事ではピアスのお手入れ方法などについてまとめてあるので、是非チェックしてみてくださいね!

Small thumb shutterstock 415629373
関連記事 ピアスのお手入れ方法は?必要な道具やメンテナンスの手順も

正しい方法でお手入れをすることで、お気に入りのアクセサリーを長い間使い

ファーストピアスの選び方のポイント5選

ファーストピアスの選び方のポイント①樹脂は避ける

ストップ

ファーストピアスの選び方のポイント、1つ目にご紹介するのは「樹脂は避ける」というポイントです。樹脂ピアスというのは金属アレルギーの人でも安心して着ける事ができるとして、色々なデザインや樹脂の種類のものが販売されていますが、樹脂はファーストピアスにはNGな素材です。

樹脂ピアスは素材が柔らかいため、着け続けていると目に見えないような小さな傷が樹脂につきます。そしてそこに細菌が侵入してしまうと、まだ完成していないピアスホールへも細菌が侵入し、化膿する可能性があるからなのです。そのためファーストピアスに樹脂ピアスはおすすめできません。

ファーストピアスの選び方のポイント②シンプルなデザイン

シンプル

ファーストピアスの選び方のポイント、2つ目にご紹介するのは「シンプルなデザイン」です。ファーストピアスは数ヶ月間の間着けたままにしておかなければならないため、自分が飽きのこないデザインにするのが無難なのです。

そのため、なるべくシンプルで使い勝手がよく、どんなデザインの服にもぴったりと合うようなファーストピアスのデザインを選ぶのがおすすめですよ。ファーストピアスが終われば好きなデザインのピアスをたくさん着けられるので我慢しましょう。

ファーストピアスの選び方のポイント③ずっと着けられる

モノクロ

ファーストピアスの選び方のポイント、3つ目にご紹介するのは「ずっと着けられる」というポイントです。ファーストピアスは数ヶ月間つけたままにしておかないとなりませんから、どんな場面でもずっと着けられるものがおすすめです。例えば急な冠婚葬祭でもタブーにならないようなデザインを選ぶとよいでしょう。

冠婚葬祭には様々なファッションマナーがあります。特にお葬式ではそういったマナーが重要視されますよね。以下の記事ではお葬式でのネイルマナーについてまとめてありますから、是非一度参考にしてみてくださいね。

Small thumb shutterstock 554826721
関連記事 お葬式やお通夜・法事のネイルマナーは?ダメなネイル例と隠す方法も

お葬式やお通夜や法事といった席でのネイルのマナーって気になりませんか?

ファーストピアスの選び方のポイント④自分のファッションに合う

ファッション

ファーストピアスの選び方のポイント、4つ目にご紹介するのは「自分のファッションに合う」というポイントです。やはり、おしゃれな人はファッションやTPOに合わせてアクセサリーから小物に至るまでのトータルコーディネートを考えますよね。

もちろんピアスもその一つであるかと思います。ただ、ファーストピアスはずっとつけっぱなしにしておかなければならないので、なるべく自分のファッションに似合うようなデザインのものを選ぶ事が重要ですよ。

ファーストピアスの選び方のポイント⑤邪魔にならない

ピンク

ファーストピアスの選び方のポイント、5つ目にご紹介するのは「邪魔にならない」というポイントです。ファーストピアスを選ぶ場合、つけっぱなしにしておいても日常生活に影響を及ぼさないものを選ぶ事が重要です。

ピアッサーのおすすめ4選

ピアッサーのおすすめ①ワンダーワークス(樹脂)

職人

ピアッサーのおすすめ、1つ目にご紹介するのは「ワンダーワークス」です。こちらのピアッサーは医者が監修したピアッサーなので安全面にしっかりと考慮したピアッサーになっています。やはり自分であけるのはいくらかのリスクが伴いますから安全なピアッサーを使いたいですね。

ピアッサーのおすすめ②ジェーピーエス

桜

ピアッサーのおすすめ、2つ目にご紹介するのは「ジェーピーエス」です。こちらのピアッサーは肌が弱い方や金属アレルギーの方にも安心な純チタン制になっているため、肌トラブルが心配な方にはおすすめのピアッサーです。

ピアッサーのおすすめ③ピアッサーピナック

ボブ

ピアッサーのおすすめ、3つ目にご紹介するのは「ピアッサーピナック」です。こちらは会社が独自に開発した構造によて、従来より短い時間で穴をあけることができます。そのため、痛みを軽減することができるんですよ!

ピアッサーのおすすめ④瞬間ピアッサー

モデル

ピアッサーのおすすめ4つ目にご紹介するのは「瞬間ピアッサー」です。こちらは19Gという細い太さになっているので、痛みを感じにくいのが特徴です。はじめてピアスをあける方にはぴったりでしょう。

ファーストピアス選びは慎重に

いかがでしたか?今回はファーストピアスにおすすめな素材の種類やデザイン、選び方についてをご紹介しました。以下の記事ではそんなファーストピアスを外す期間について詳しく紹介されていますので、ファーストピアスをあけた次が、以下の記事を御覧になってみてくださいね!

Small thumb shutterstock 282367043
関連記事 ファーストピアスを外すのNG期間はいつまで?ケア方法も合わせてご紹介!

皆さんはファーストピアスがいつになったら外してOKなのかご存知ですか?

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。