Large thumb shutterstock 367078607

唇を噛むようなハムハムキスのやり方は?ハムハムされた時の相手の心理も

更新:2021.06.03

思わず夢中になってしまうハムハムキスを知っていますか?唇を噛むようなハムハムキスは、相手を虜にする力を持っています。ここではハムハムキスのやり方や、ハムハムされた時の相手の心理や、ハムハムキスをされた時の対処法を紹介します!気持ちよくなれるハムハムキスを習得しましょう!

ハムハムキスとは?

ハムハムキスとは唇で相手の唇を噛むキスのこと

ハムハム

ハムハムキスとは唇で相手の唇を噛むキスのことを言います。相手の唇を自分の唇だけで挟むように噛むので、お互いの唇の感触だけで楽しむキスです。舌を使わないのでディープなキスでもなく、ただ唇を重ねるだけのフレンチなちゅーとも違うところがポイントです。相手の唇をまさにハムハムするキスなのです。

ハムハムキスを有名にしたのはドラマのキスシーン

キス

ハムハムキスという名前が世間に知れ渡ったのは、ドラマ「失恋ショコラティエ」のキスシーンがきっかけとされています。唇をハムハムするキスシーンは過去の作品でも幾度も見られましたが、ドラマ「失恋ショコラティエ」で嵐の松本潤さんと石原さとみさんがハムハムキスをしたことで一気に有名になったキスです。

ハムハムされた時の相手の心理6つ

ハムハムされた時の相手の心理①気持ちいい

キス

続いて気になるハムハムされた時の相手の心理を6つ紹介します。まず1つ目は「気持ちいい」です。唇の柔らかさが相手に思いっきり伝わるので、相手の唇の感触に気持ちいいと感じることが多いです。唇ってこんなに柔らかくて気持ちいものなのかと思わず驚いてしまうのが、ハムハムの魅力です。

自分でも気づかないほど唇の柔らかさは相手に気持ち良さを与えがちです。ハムハムされたことで唇の気持ち良さを知ってしまった人は、その気持ち良さの虜になってハムハムを求め続けてしまう傾向があります。他のどんなキスよりもハムハムキスが気持ち良くて好きという人もいるほどです。

ハムハムされた時の相手の心理②エロい

キス

ハムハムされた時の相手の心理2つ目は「エロい」です。唇しか使わないが故のエロさを感じる人もいます。そもそもハムハムキスを有名にしたドラマのキスシーンは、「エロい」ということで話題にもなりました。見ているだけでエロさが伝わってくるので、実際にハムハムされたらエロいと感じるのも当然のように思えますね。

ハムハムをエロいと感じる理由はいくつもありますが、その中には、唇だけで相手を求めている感じがエロいという理由もあります。全ての神経が唇に集結しているかのごとく、唇だけで相手を求めている雰囲気は、相手にエロさを感じさせる要素なのです。

自分にエロさが足りないと感じている人は、エロさを感じさせるハムハムがおすすめです。さらに下の記事を参考にして興奮させるコツを習得してみるとエロさがアップするはずです。エロさを身につけるためにぜひ読んでみてください。

ハムハムされた時の相手の心理③興奮する

キス

ハムハムされた時の相手の心理3つ目は「興奮する」です。ハムハムされて興奮する人も多くいます。唇の柔らかさを全面に押し出すハムハムは、まさに唇の愛撫と言える気持ち良さなのです。唇の柔らかさによる気持ち良さとハムハムのエロさは、相手を興奮させる要素を兼ね備えています。

ハムハムだけでなく、吐息や仕草も相手の興奮をアップさせる材料になります。ハムハムを実践したいと考えている人は、吐息や仕草を駆使して相手をさらに興奮させてみると良いかもしれませんね。下の記事が参考になると思いますので、ぜひ読んでみてください。

ハムハムされた時の相手の心理④焦らされている感じ

キス

ハムハムされた時の相手の心理4つ目は「焦らされている感じ」です。ハムハムされたことで「焦らされている」と感じる人もいます。ディープキスのように舌が入ってくるわけでもなく、唇だけで相手を攻めるハムハムは、焦らしている行為とも言えます。発展するようで発展しない感じが、まさに”焦らし”と呼べるでしょう。

女性はもちろんですが、男性も焦らされると余計に興奮する傾向があります。下の記事では彼氏に実践できる効果的な焦らしテクニックを紹介しています。ハムハム以外にも焦らしテクを使って、相手を余計に興奮させてみるのも良いかもしれません。

ハムハムされた時の相手の心理⑤唇がやわらかい

キス

ハムハムされた時の相手の心理5つ目は「唇がやわらかい」です。ハムハムされたことで唇のやわらかさを実感することも多くあります。唇以外の歯や舌を使わない分、余計に唇本来の柔らかさを直に感じることができるのです。ハムハムされて初めて唇の本当の柔らかさを知ったという人もいるほどです。

ハムハムされたことで唇の柔らかさを知った人は、その唇の柔らかさの虜になってハムハムを好きになってしまう傾向があります。ハムハムをするときは、唇のお手入れが欠かせませんね。潤った唇なら、唇の柔らかい感触がアップするでしょう。

乾燥などの影響で唇の皮がむけてしまっていては、ハムハムキスの魅力も半減してしまいます。下の記事には唇の皮むけの対処と対策がまとめてありますので、唇のケアに悩んでいる人はチェックしてみてください。

ハムハムされた時の相手の心理⑥もっとハムハムしていたい

キス

ハムハムされた時の相手の心理6つ目は「もっとハムハムしていたい」です。ハムハムされた人はその気持ち良さに興奮し、もっとハムハムしていたいと思うことがあります。”ずっとハムハムしていたい”と感じるような中毒性があるのがハムハムキスなのです。ハムハムされた人がおねだりしたりしてくることもあります。

「もっとハムハムしていたい」と感じる人は、その思いからハムハムをやり返してきたりもします。ハムハムをされて興奮してエロい気持ちになってはいるものの、ハムハムをやめられなくて発展させられないというジレンマに陥ってしまいがちです。

唇を噛むようなハムハムキスのやり方は?

【基本編】ハムハムキスのやり方/相手の唇を自分の唇で噛むように挟む

キス

ここからはハムハムキスのやり方を説明してきます。まず「相手の唇を自分の唇で噛むように挟む」というのが基本のやり方です。相手の唇全体を自分の唇で挟むようなイメージでスタートすると良いと思います。そこから、相手の上唇や下唇を唇で噛むように挟んでいきます。

注意すべき点は、唇に力を入れ過ぎないことです。唇に力を入れ過ぎてしまうと、唇本来の柔らかさが失われてしまう恐れがあります。なるべく唇には力を入れず、相手の唇の感触を確かめるようにハムハムすると、相手にも自分の唇の感触が伝わります。

【基本編】ハムハムキスのやり方/相手の唇を自分の唇で甘噛みする

キス

さらにハムハムキスの基本的なやり方として、「相手の唇を自分の唇で甘噛みする」というやり方があります。あくまでも唇で甘噛みします。噛む力は、比較的強めでも平気です。歯を使って甘噛みした場合、強く噛んでしまうとただ痛いだけになってしまいますが、唇での甘噛みは強めに噛んでも痛く感じないのです。

唇自体が柔らかいので、歯で噛むような痛みを感じにくいのが理由です。むしろちょっと強めに甘噛みした方が、エロさもアップしますし、唇の感触も強く伝わりやすくなります。上唇、下唇と分けて甘噛みすると良いでしょう。

【応用編】ハムハムキスのやり方/フレンチなちゅーから徐々にハムハムキス

キス

ハムハムキスのやり方の基本を習得したら次は応用です。「フレンチなちゅーから徐々にハムハムキス」というやり方を説明します。寝起きのちゅーとして使ってみるのがおすすめです。「おはよう」の挨拶的なちゅーをしたら、上唇、下唇とゆっくりハムハムしていきます。フレンチなちゅーとの違いをあからさまに演出できます。

ハムハムキスは、二人のイチャイチャタイムを盛り上げてくれるものなので、夜にやるより朝にやったほうが、二人の甘い時間が続くかもしれません。夜のハムハムキスは、また別の顔を持ったキスなので、二人のテンションを上げる愛撫としてやると盛り上がりもアップするはずです。

【応用編】ハムハムキスのやり方/ハムハムに変化をつける

キス

続いて紹介するハムハムキスのやり方は「ハムハムに変化をつける」です。強く甘噛みしたり優しく挟んでみたりとハムハムに強弱をつけたり、首や鎖骨などにハムハムする場所を変えたりすることで、焦らし効果とエロさをアップさせる応用的なやり方です。ハムハムは唇以外の場所にも効果があるのでぜひ試してみてください。

他にもハムハムの最中に少しだけ舌を入れてみてまたハムハムに戻したりしても、ハムハムの効果アップが期待できます。相手を焦らせば興奮度も高まりますし、エロさもよりアップします。夜のイチャイチャタイムで変化をつけたハムハムキスをすれば、いつもよりお互いに興奮した状態でエッチに持ち込めるでしょう。

ハムハムキスのやり方を習得したら、他のキスを気持ちよくやる方法もぜひ習得しましょう。下の記事には、気持ちいキスのやり方をまとめて紹介しています。ぜひ参考にしてテクニック習得に向けて練習、実践してみてください。

ハムハムキスをされた時は?

【受け身型】ハムハムキスをする相手に合わせる

キス

相手からハムハムキスをされたときの対応の仕方を紹介します。まず「ハムハムキスをする相手に合わせる」という受け身型の対応です。とにかく相手のハムハムに身を委ねます。相手に委ねて合わせていても、お互いに気持ち良さを感じられるのがハムハムキスの良いところとも言えます。

ハムハムキスに慣れていない人が無理に何かしようとすると、相手のハムハムの邪魔になってしまう可能性もあるので、ハムハムキスに慣れていない人は相手に委ねるのがベストと言えるでしょう。

【受け身型】ハムハムキスをされたら唇の力を抜く

キス

ハムハムキスに受け身で対応する人は「ハムハムキスをされたら唇の力を抜く」ということも大切な対応の一つです。ハムハムされる側の唇に力が入っていると、自分も相手も唇の感触を楽しむことが難しくなってしまいがちです。ハムハムキスをされたらなるべく唇の力を抜くように心がけましょう。

唇の力を抜いていれば、相手がハムハムキスをやりたいようにやることができます。甘噛みされても大して痛くないはずなので、力を入れなくても大丈夫でしょう。ハムハムキスはされる側はもちろんですが、やっている側も唇の感触を楽しんでいることを忘れないようにしていれば、唇の力を抜くことができるはずです。

【攻め型】ハムハムしてくる相手の下唇や上唇を挟む

キス

ハムハムキスを受けるだけではなく自分も攻めたいという人は、「ハムハムしてくる相手の下唇や上唇を挟む」という対応をしてみてください。自分の上唇をハムハムされたら相手の下唇を、自分の下唇をハムハムされたら相手の上唇を挟むようにハムハムして、ハムハムをやり返す対応の仕方です。

お互いにお互いの唇を挟むように噛むと、柔らかいだけではない唇の感触も楽しむことができます。相手がハムハムを唇以外にやってきたら、自分も他の箇所にハムハムして、する側とされる側を同時に楽しめるのが、ハムハムキスをより楽しめる方法とも言えます。

ハムハムキスでさらに盛り上がろう

ハムハムキスは、気持ち良さやエロさなどプラスな感想が多いキスです。恋人と大いに盛り上がるイチャイチャタイムを過ごすなら、ぜひハムハムキスをしてみてください!マンネリ化の防止にも役立って、ハムハムキスの虜になるはずです!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。