Large thumb shutterstock 421986769

スケボーブランドのロゴ6選!冬のおすすめレディースファッションも

更新:2022.03.05

スケボーをする人もそうでない人にも、スケボーブランドはロゴがおしゃれでストリートファッションには欠かせないアイテムとなっています。今回スケボーのデッキにも人気のロゴやアパレルブランド、冬におすすめのレディースの服装をご紹介します。



スケボーブランドのロゴとは?

スケボーブランドのロゴはデッキに使われるデザイン

スケボーブランドのロゴは、主にスケートボーのデッキに使われるデザインです。デッキとは、スケートボードの板のことを指します。一般的なデッキは木製のものが多く、サイズやブランドなどによって価格が異なります。スケボーブランドから販売されているデッキには、ブランドのロゴが描かれています。

スケボーブランドデッキのデザインには2種類あり、ブランドのチームに所属しているプロスケーターのネームが入った「シグネチャーモデル」と、ブランドのロゴがデザインされた「チームモデル」があります。また、何も描かれていないデッキに色々なブランドのロゴステッカーを貼って、オリジナルデッキを作る人も多いです。

スケボーブランドのロゴはアパレル洋服に使われるデザイン

スケボーブランドのロゴは、アパレルに使われるデザインです。現在スケボーブランドは100種類以上あり、スケボーをしない人でもおしゃれなロゴやデザインで、ファッションに取り入れる人が多くなっています。トレンドのストリートコーデやスポーツミックスコーデに人気となっています。

スケボーアパレルブランドではスケーターのための洋服や、スケボーはしないけどおしゃれな洋服を求めている若者向けのアイテムまで豊富に揃っています。スケボーアパレルブランドロゴを取り入れた洋服は、インパクトがあるものが多く街中でも目立つこと間違いありません。洋服以外に小物も充実しており、女性にも人気です。

スケーターに人気のスケボーブランドのロゴ6選

スケーターに人気のスケボーブランドのロゴ①ディーシー


スケーターに人気のスケボーブランドのロゴ1つ目は、ディーシーです。スケボーをしない人でも「D」と「C」が組合わさったロゴは、1度は見たことがあるのではないでしょうか。スニーカーなどのシューズをメインとしたブランドで、シンプルながらおしゃれなロゴが男女共に評判の良いブランドです。

ディーシーは1993年にプロスケーターを中心に5人から創られたシューズブランドです。現在はスケートボードだけでなく、スノーボードのアイテムも充実しています。スケボーコーデにも、普段使いのカジュアルコーデにもおすすめのブランドです。

スケーターに人気のスケボーブランドのロゴ②スピットファイア

スケーターに人気のスケボーブランドのロゴ2つ目は、スピットファイアです。最も知名度の高いスケボーブランドといって良い程の人気で、炎にニヤリと笑う顔が描かれたロゴはインパクト抜群です。Tシャツやパーカーなどスケボーコーデに欠かせないアイテムの他に、ステッカーが人気となっています。

スピットファイアは主にウィールと呼ばれるスケートボードのタイヤのブランドです。プロスケーターからアマチュアのスケーターまで絶大な人気を誇り、ウィールだけでなくウェアーやファッション小物まで幅広いアイテムが評判のブランドです。

スケーターに人気のスケボーブランドのロゴ③サンタクルーズ

スケーターに人気のスケボーブランドのロゴ3つ目は、サンタクルーズです。インパクト抜群の手の平に口が付いているロゴは衝撃的で、世界中でも認知度の高いブランドロゴとなっています。

サンタクルーズは、カリフォルニア州のサンタクルーズという地名そのままのブランド名で、スケボー界でも歴史のあるブランドです。大きくロゴがデザインされたTシャツやキャップは、スケーターだけでなくおしゃれ好きな若者の心を掴んでいます。一見グロテスクなロゴデザインも、独特な色使いがおしゃれで個性的です。

スケーターに人気のスケボーブランドのロゴ④ボルコム


スケーターに人気のスケボーブランドのロゴ4つ目は、ボルコムです。ボルコムストーンと呼ばれる石をモチーフにしたロゴは、シンプルなが存在感のあるデザインです。ボルコムは、アメリカのスケートボードやスノーボード、サーフボードのアイテムを扱うストリート系ブランドです。

スケボーアパレルブランドの商品は派手なものが多いですが、ボルコムはシンプルなデザインのアイテムが多く、幅広い年齢層に人気となっています。スケボーコーデやストリートコーデ、海でも山でも使えるカジュアルでスポーティーな商品がデザイン性、機能性にも優れていると好評価のブランドです。

スケーターに人気のスケボーブランドのロゴ⑤スラッシャー

スケーターに人気のスケボーブランドのロゴ5つ目は、スラッシャーです。スラッシャーは1981年から始まったスケートマガジンブランドで、その中からスケートブランドとしてスラッシャーが生まれました。ブランド名が燃えているデザインは、一目でスラッシャーと分かる存在感抜群のロゴです。

マガジンを宣伝するために作られたアパレル商品は、当時から現在に至るまで、多くの若者を虜にしています。スケーターやおしゃれなファッションに敏感な人から支持されているブランドです。スラッシャーのブランドロゴがデザインされたTシャツやパーカー、着ている人も多く、キャップも大人気となっています。

スケーターに人気のスケボーブランドのロゴ⑥ヴァンズ

スケーターに人気のスケボーブランドのロゴ6つ目は、ヴァンズです。カジュアルなシューズでお馴染みのヴァンズですが、創業当時はスケーターを中心としたスニーカーブランドでした。現在は、スケーターはもちろんBMXのライダー、ロックミュージシャンからも愛されている一流ブランドとなっています。

ヴァンズのロゴはスケートボードがデザインとなっており、「VANS」の文字の下に「OffTheWall」の型破りという意味がデザインされています。定番のチェックフラッグ柄のスリッポンは爆発的人気となり、スケーターだけでなき、カジュアルコーデには欠かせないアイテムとなっています。


スケーターやサーファーなどのブランドロゴはおしゃれなものが多く、ブランドを知らない人でもロゴの印象だけで洋服などを購入する人も多いようです。スポーツブランドのロゴもおしゃれなものが多く、コーデに取り入れる人が増えています。スポーツブランドのロゴを紹介している記事も覗いてみてください。

おすすめスケボーレディースファッション4選

冬のおすすめスケボーレディースファッション①ディーシーパーカー

View this post on Instagram

#dcパーカー

A post shared by 熊参上 (@xiongcanshang) on

冬のおすすめスケボーレディースファッション1つ目は、ディーシーのパーカーを使ったスポーツコーデです。パーカーとジャージパンツの定番の組み合わせですが、胸元に大きくデザインされたディーシーのパーカーが目を惹くコーデです。

袖のサイドのラインがアクセントになっているスポーティーな着こなしで、スケボーをするときもアクティブに動き回れます。オーバーサイズのパーカーも人気となっており、シンプルなデザインでパンツはもちろん、スカートとも相性が良くおすすめです。

冬のおすすめスケボーレディースファッション②ヴァンズスニーカー

冬のおすすめスケボーレディースファッション2つ目は、ヴァンズのスニーカーを使ったカジュアルコーデです。ヴァンズ定番のラインデザインのオールドスクールが足元をおしゃれにしてくれています。

パーカーとキャップでアメリカンテイストな着こなしです。コーデュロイパンツが冬らしく、カジュアルながら落ち着いた雰囲気もあります。スケボーするときにも動きやすいおすすめコーデです。

冬のおすすめスケボーレディースファッション③ボルコムデニムジャケット

冬のおすすめスケボーレディースファッション3つ目は、ボルコムデニムジャケットを使ったストリートコーデです。内側がボア仕様のジャケットは1枚でも暖かく、冬でもスマートに着こなせます。ボア仕様ながら薄手で、激しい動きのスケボーをするときにも動きやすいのが特徴です。

インナーにボルコムのロンTを合わせれば、スタイリッシュなストリートコーデが作れます。ビッグシルエットで、人気のレイヤードコーデにもおすすめです。袖を折り返せばボアが出て可愛らしい印象になります。

冬のおすすめスケボーレディースファッション④スラッシャー半袖パーカー

冬のおすすめスケボーレディースファッション4つ目は、スラッシャーTシャツとパーカーを使ったレイヤードコーデです。真っ赤な半袖のTシャツに黄色のスラッシャーのロゴがインパクトがあり、インナーに合わせた白のパーカーとの相性も抜群です。黒のジョガーパンツを合わせたバランスの良い着こなしです。

トレンドのストリートコーデにはスケボーアパレルブランドが欠かせないアイテムとなっています。メンズだけでなくレディースにも人気のストリートコーデをアイテム別で紹介している記事がありますので、こちらも合わせて読んでみてください。

おしゃれなスケボーブランドのアイテムをコーデに取り入れよう!

スケボーをする人もそうでない人も、おしゃれなスケボーブランドのアイテムを身につけることで、カッコいいコーデになります。好みのスケボーブランドのロゴやデザインを見つけて、おしゃれを楽しんでください。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。