Large thumb shutterstock 564011590 1

喧嘩しないカップルの特徴は?彼氏/彼女/ケンカが多いカレカノ

更新:2020.07.24

今回は、喧嘩しないカップルの特徴を紹介していきます。みなさんは彼氏、彼女とケンカすることはありますか?なかには喧嘩したことないカップルやケンカをしたくないのにケンカになってしまう人もいるかと思います。必ずしもケンカすることが悪いことばかりではありません。ケンカするメリットなども紹介していきます。

喧嘩しないカップルの特徴は?

喧嘩しないカップルの特徴①彼氏や彼女のことを理解している

後ろから女性を抱きしめる男性

喧嘩しないカップルの特徴1つ目は、「彼氏や彼女のことを理解している」です。喧嘩しないカップルはお互いの性格を理解し相手を認め合っているという特徴があります。「彼氏はこんな言い方したら傷つくかもしれない」「これを片付けておかないと彼女の負担になってしまうかもしれない」などとお互いを気遣っています。

喧嘩したことないカップルは相手がされたら嫌なことや、してもらえたら嬉しいことを把握しています。ですが、決してお互いの嫌なところに目を瞑っている訳ではありません。

喧嘩しないカップルの特徴②相手を気遣えるような心に余裕がある

隣同士に座り見つめるカップル

喧嘩しないカップルの特徴2つ目は、「相手を気遣えるような心に余裕がある」です。人は仕事が忙しかったり、なにかトラブルがあったりすると心に余裕がなくなってしまいます。相手のことを気遣う心の余裕がなく些細なことで八つ当たりのような対応をしてしまうことも勿論あります。

ですが、なかにはそんなときでも冷静に対応できる、おおらかで器の大きな人がいます。仕事は仕事と、プライベートにまでその感情を持ち込んだりせず、上手に切り替えています。

また心に余裕がないと自分で判断すると、「いまは、こんな状況だからしばらくの間は普段の様に会ったり、連絡したりできないからごめんね」と落ち着くまでの間、ケンカをしたくないのでその前に距離を置きます。喧嘩したことないカップルは自分の精神状態で八つ当たりしないように気を配っています。

喧嘩しないカップルの特徴③お互いに依存せずに趣味なども充実している

ジョギングする女性

喧嘩しないカップルの特徴3つ目は、「お互いに依存せずに趣味なども充実している」です。相手に依存してしまうと、その人を中心に物事を考えてしまい視野が狭くなってしまいます。視野が狭くなり依存してしまうと彼氏や彼女に対し「ちゃんと連絡して」「もっと私との時間を作って」などと相手に要求ばかりしてしまいます。

ですが、お互いに依存せずに趣味なども充実しているカップルは、彼氏や彼女以外のことにも目を向かており、自分の時間を上手に使い自立している為、相手にいろいろと要求せずに大人な付き合いが出来ます。また、このタイプのカップルは相手に合わせることが上手で、彼氏や彼女以外の人間関係も良好な傾向があります。

喧嘩しないカップルの特徴④なにか気になることや不満があれば話し合う

カフェで話をしているカップル

喧嘩しないカップルの特徴4つ目は、「なにか気になることや不満があれば話し合う」です。カップルで一緒にいる時間が長くなれば、お互いの嫌なところや不満に思うことも当然、出てきます。そんなときに相手に対しての不満などを、イラッとしたときにその場で感情的に言ってしまうとケンカになってしまいます。

ですが、お互いの不満を話し合いで解決しようとするカップルは、彼氏や彼女に対して冷静に気持ちを伝えることが出来ます。「忙しいのは分かるけど、連絡が少なくて寂しい」「最近、家デートばかりでたまには、一緒にどこか出掛けたい」などとケンカ腰にならずに伝えます。

喧嘩しないカップルの特徴⑤相手の考えや価値観を否定しない

ハートを持つカップル

喧嘩しないカップルの特徴5つ目は、「相手の考えや価値観を否定しない」です。人は自分を基準に物事を考えてしまうことがあります。その為、自分の価値観が正しく、それから外れたものは間違いと悪気なく相手の考えや価値観を否定してしまいます。誰でも自分の好きなものを否定されれば怒りたくなります。

自分の趣味などの場合は頭にきたとしても、まだ聞き流すことが出来るかもしれませんが、家族や友人を否定された場合は、聞き流すことは難しいですし聞き流してしまうのも、それはそれで問題です。一度、きちんと「自分の家族や友人のことを悪く言われると悲しい」と言う気持ちを伝えることが大切です。

それでも改善されないような場合は、その人との関係を考え直す必要があります。家族や友人の否定も相手を傷つけてしまいますが、それと同じように人格否定も相手を深く傷つけることになります。このように相手を否定することはケンカの原因になることなので、お互いに否定せず尊重しているカップルはケンカをしません。

喧嘩しないカップルの意外なデメリットとは?

喧嘩しないカップルの意外なデメリット①喧嘩したくないので本音を言わない

壁に寄り掛かる女性

喧嘩しないカップルの意外なデメリット1つ目は、「喧嘩したくないので本音を言わない」です。「こんなことを言ったら相手に嫌われてしまうかもしれない」と言う気持ちから相手に遠慮して自分の気持ちに蓋をしてしまい、ケンカしたくないと言う気持ちから本音を言うことを避けてしまいます。

「ケンカをしないカップル」と「ケンカが出来ないカップル」では大きく意味が違います。先に述べたようにケンカをしないカップルはお互いのことを尊重し、不満があればその都度、言葉にし話し合って解決しています。ですが、ケンカが出来ないカップルは、どちらかが、もしくはお互いが不満を我慢している状態です。

言いたいことを我慢していては、お互いに信頼関係が築けているのかと不安になってしまいますし、気づかないうちに我慢していることがストレスになっているかもしれません。少しずつでも、自分の気持ちを相手に伝えていくように心掛けていきましょう。

喧嘩しないカップルの意外なデメリット②喧嘩したことないと不満が爆発

携帯を持ち不満顔の女性

喧嘩しないカップルの意外なデメリット2つ目は、「喧嘩したことないと不満が爆発」です。先に述べたように「相手に遠慮して本音を言えない」この状態が長期でつづいていた場合、いつかは不満が爆発してしまう可能性が高いです。

その都度、相手に不満を伝えていれば、すぐに解決できていたことも積もり積もった不満となると簡単には解決できなくなり、別れるという最悪のパターンになることも考えられます。爆発のきっかけは、ほんの些細なことでも、今までの不満が溜まり過ぎていたことが原因で最後は些細なことで別れることになりかねません。

喧嘩しないカップルの意外なデメリット③カレカノの信頼関係を築きにくい

泣いている女性を慰める男性

喧嘩しないカップルの意外なデメリット3つ目は、「カレカノの信頼関係を築きにくい」です。喧嘩したことないカップルでお互いに本音で話が出来ていない場合、信頼関係を築くのが難しくなります。

「彼女がどう思っていいるのか分からない」「彼氏は、いつも私の意見を聞いてくれるけど、本当は我慢しているのかも」などお互いが相手のことを思いやっているにも関わらず、本音でぶつかることを避けている為に不安になってしまい信頼関係が築けません。

相手のことを大事に思う気持ちも分かりますが、お互いに本音で話し合える関係になれるように不安な気持ちや、ダメなことはダメと「いままでは言えなかったけど、これからは本音であなたと向き合いたい」と正直に気持ちを伝え、カップルとしてお互いが成長していけるようにすることも大切です。

彼氏と喧嘩したい!恋人と喧嘩するメリットは?

彼氏と喧嘩したい!恋人と喧嘩するメリット①ケンカすることで理解できる

男性の携帯を覗き込む女性

彼氏と喧嘩したい!恋人と喧嘩するメリット1つ目は、「ケンカすることで理解できる」です。まだ、喧嘩したことないカップルはケンカしてはじめて、「相手の気持ちを知ることが出来た」と言うようにケンカをすることでお互いのことを理解できる場合が多いのも確かです。

普段は言えないことでも、ケンカになるといろいろな感情を抑えられずに本音で相手に話してしまうものです。「もっと二人の時間を作ってほしい」「料理を作ったときは美味しいと言ってほしかった」などケンカにならなければ言うつもりがなかった本音を伝えることが出来ます。

ですが、売り言葉に買い言葉で「あなたのそう言うところが嫌い」などと、そんなことを言うつもりがなかったにも関わらず言ってしまう危険性もあるので気をつけてください。

彼氏と喧嘩したい!恋人と喧嘩するメリット②ストレスが溜まりにくい

ベンチに座り両手を広げる女性

彼氏と喧嘩したい!恋人と喧嘩するメリット2つ目は、「ストレスが溜まりにくい」です。普段から我慢せずに不満を伝えることで、ストレスを最小限に留めることが出来ます。一緒にいることがストレスになってしまう前に不満を吐き出すことも大切です。

喧嘩したことないカップルは気づかないうちにストレスを溜めていることがあります。その為、普段から定期的にケンカすることで、大きなケンカを未然に防ぐことが出来ています。大きなケンカに発展してしまうと、最終的にお互いに気持ちの折り合いがつかず別れるという選択になってしまう可能性があります。

ケンカが多いカップルが喧嘩しないカップルになる方法は?

ケンカが多いカップルが喧嘩しないカップルになる方法①相手の話は最後まで

車の中で女性を抱きしめる男性

ケンカが多いカップルが喧嘩しないカップルになる方法1つ目は、「相手の話は最後まで」です。相手からなにか意見を言われると、ついつい話を遮って自分の意見を言ってしまうことがあります。ケンカはしたくないと思ってはいるのですが、反射的に話を被せてしまいます。

まずは、相手の話を最後まで聞いた後に、自分の意見を言うように心掛けることで、ケンカを避けることが出来ます。もし、相手が同じように最後まで聞いてくれない場合は「話を最後まで聞いてほしい」「ケンカはしたくない」と伝えて冷静に話し合いをするようにしてください。

ケンカが多いカップルが喧嘩しないカップルになる方法②感情的にならない

お互いに見つめ合う男女

ケンカが多いカップルが喧嘩しないカップルになる方法2つ目は、「感情的にならない」です。どちらか片方が感情的になってしまうとケンカしたくないと思っていても、そこから冷静になり話し合うことは難しくなります。

「いまの自分は冷静ではない」と自覚しているならば一度、冷静になれるまで距離を置き改めて話し合おうとするだけで喧嘩しないようにすることができます。

ケンカは悪いことばかりではない

喧嘩しないカップルの特徴や、ケンカのメリットやデメリットを紹介してきましたが如何でしたか?またケンカをしてしまって仲直りがしたいと思っている人は「彼氏を怒らせた時の謝り方」「仲直りするきっかけ」などの記事が参考になるかと思います。合わせてご覧ください。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。