Large thumb shutterstock 524899408

別れても友達でいられる彼氏彼女の心理6選|友達関係になれる別れ方も

更新:2020.07.20

あなたは、彼氏・彼女と別れても友達や親友になれますか?もしくは、なりたいと思いますか?ここでは、別れても友達や親友でいられると思う彼氏・彼女の心理や、別れても友達関係でいられる別れ話の方法についてご紹介しています。カップル事情は各自で色々ありますので、ご参考程度までに。

別れても友達になれる元カップルってどのくらいいるの?

別れても友達・親友になれる割合は出ていないが連絡するのは3割

別れても友達・親友になれる割合を出した情報は見当たりませんでしたが、別れた後に復縁するのは約2割、別れた後の元彼氏・元彼女に連絡するのは3割程度いるという調査報告はありました。

残るはあと5割ですが、「自分は友達や親友になれないと思うけど周りにそうなっている人たちがいる」という話もあるので、その5割のうち何割かは別れても友達や親友になれているということではないでしょうか。別れても友達になれるカップルは多くはないありませんが、いるにはいるということです。

別れても友達・親友になれると思う人はいるが少数派

別れても友達・親友になれると思う人はどのくらいいるのか?あるアンケートによれば、彼氏側でなれると思う人は31.7%、なれないと思う人は68.3%いました。

彼女側でなれると思う人は31.4%、なれないと思うひとは68.6%で、彼氏側より「なれる」と思う人は若干多いものの、割合はほぼ変わりない結果となっています。

別れても友達・親友になりたいと思う人にも理由は様々

上のアンケート結果によれば、別れても友達・親友になれると思う人は少数派でした。これはつまり、「別れても友達や親友になれたいと言う人のことがよく分からないと思う人が多い」ということでもあります。

では、なぜ友達や親友になりたいのか?その理由は様々ですが、ザックリ言えば「縁は切りたくないけど恋人関係ではいられないから」です。人間関係の種類は色々ありますが、恋愛パートナーとしては気になる部分や傷付く部分が多々あるけど、友達や親友くらいなら関係なくなるレベルの何かがあるのかもしれません。

別れても友達でいられるのはどんな人?彼氏彼女の心理6選

別れても友達でいられる彼女彼氏の心理①長い付き合いだから

別れても友達でいられる彼女彼氏の心理、その1は「長い付き合いだから(昔から付き合いがあるから)」です。あるアンケートによれば、別れても友達でいられる理由について、彼氏側の意見では第1位、彼女側の意見では第2位に「昔から付き合いがあるから」が挙がります。

別れても友達でいられる彼女彼氏の心理②納得して別れたから

別れても友達でいられる彼女彼氏の心理、その2は「(互いに)納得して別れたから」です。彼氏側の意見では第2位、彼女側の意見では第1位に挙がる別れても友達でいられる心理であります。どちらが悪いという訳でもなく、どちらも平和的な別れ方を望んだ2人なら有り得る心理と言えます。

別れても友達でいられる彼女彼氏の心理③共通の友が多いから

別れても友達でいられる彼女彼氏の心理、その3は「共通の友達が多いから」です。彼氏側の意見では第3位、女性側の意見では第4位に挙がる心理になります。

なぜ共通の友達が多いから別れても友達でいられるのか?それは、彼氏側・彼女側どちらとも繋がりある共通の友人がいると「集まる時に会うことになる場合が多いから」です。共通の友達がいたとしても、相当嫌われているなら会いたくないので集まりには出てこないでしょう。出てくるなら、友達にはなれる可能性があります。

別れても友達でいられる彼女彼氏の心理④過去は過去だから

別れても友達でいられる彼女彼氏の心理、その4は「(自分が)過去は過去とするタイプだから」です。要は、「自分は過去を引きずらないから別れても友達でいられる」ということです。彼氏側では第4位、彼女側では第3位に挙がる意見および心理ですが、相手が引きずるタイプだと「確かな友達」にはなれないでしょう。

別れても友達でいられる彼女彼氏の心理⑤趣味は合うから

別れても友達でいられる彼女彼氏の心理、その5は「趣味は合うから」です。彼女側の意見の上位5位には無く、彼氏側の意見の第5位にあった心理であります。「恋人としてはアレだけど、趣味の友達なら良いかな・・」ということでしょう。

別れても友達でいられる彼氏彼女の心理⑥友達なら最高だから

別れても友達でいられる彼氏彼女の心理、その6は「友達なら最高の相手・関係と思えるから」です。彼氏側の意見の上位5位には無く、彼女側の意見の第5位にあった心理になります。

「趣味は合うから」と同様に「恋人としてはアレだけど、友達なら良いかな・・」という感じですが、彼女側意見の方が「なぜ友達なら良いと思うのか?」について漠然としています。恐らく、それだけ「友達なら最高の相手・関係と思えるから」と答えた別れても友達でいられる彼女心理は千差万別なのでしょう。

以下の記事では、「元彼女に誕生日LINEを送る元彼氏の心理」についてご紹介しています。友達感覚なのか?そうではないのか?分からないことがある方は、目を通してみると良いかもしれません。

別れても友達関係でいられる別れ話の方法5選

別れても友達関係でいられる別れ話の方法①別れた理由を認識

距離

別れても友達関係でいられる別れ話の方法、その1は「(互いに)別れた理由を認識する」ことです。この別れ話の方法が友達関係でいられることに繋がるとされるのは、「なぜ別れることになったのか?」を互いにちゃんと認識することで、キッパリと別れることが出来る可能性が上がるからです。

キッパリ別れて友達関係になれた元彼女・元彼氏は、次の恋愛における良いサポーターとなります。恋愛の中で、その元彼女や元彼氏の何が良くないのか?もっとこうしたら良いのでは?などを的確にアドバイス出来るでしょう。

「恋愛相談していたら元恋人とアレコレなっちゃった」なんて人もいますが、それはキッパリ別れられていないからです。良い記憶ばかり意識上に留めては、今と比べて「あの頃・あの人は良かった」なんて思っているから戻るのです。もしくは、ただの欲でしょう。

別れても友達関係でいられる別れ話の方法②連絡は暫くしない

連絡しない

別れても友達関係でいられる別れ話の方法、その2は「連絡は暫くしない」ことです。別れ話をした後にやるべきことであり、友達以上恋人未満といった中途半端な感情にならないため、または寂しい感情を起こさせないために大事なことになります。

自分側が相手に何の名残りも無くなった時、あるいは片方・双方に新たな恋人や好きな人が出来た時など、ある程度の期間が経って、心の面でも別れが過去は過去のものになったなら、友達として連絡がとれそうな場合には連絡してみるのも良いでしょう。

別れても友達関係でいられる別れ話の方法③共通の友と縁を保つ

共通の友達とは繋がりを

別れても友達関係でいられる別れ話の方法、その3は「共通の友人と縁を保つ(縁を切らない)」ことです。共通の友人と集まることになった時、もしかすると元彼女・元彼氏もそこに来るかもしれません。つまり、共通の友人との縁を保てば元彼氏・元彼女との縁も切れないのでは?という推測を基にした方法です。

共通の友人と集まる時に、あなたも来ることを予期して元彼女・元彼氏が来ない選択をしたなら、それほどの感情を持たれているということですので、友達関係すら難しいという結論になります。もし、来たなら友達関係にはなれる可能性はありますが、自分の気持ちだけでなく、相手の様子も察するようにしてください。

別れても友達関係でいられる別れ話の方法④新しい恋愛をする

新しい恋

別れても友達関係でいられる別れ話の方法、その4は「新しい恋愛をする」ことです。別れ話の方法と言うよりは、別れ話をした後のことになります。

新しい恋愛は過去の恋愛を断ち切る方法としては最適ですが、別れてすぐに新しい相手が出来ると、疑いをかう恐れがあるため、別れてすぐの頃はとりあえず新しい相手探しくらいの段階で留めておきましょう。

別れても友達関係でいられる別れ話の方法⑤友達関係を提案

会話

別れても友達関係であられる別れ話の方法、その5は「友達関係・親友関係になることを提案する」ことです。別れ話の際に「友達に戻りたい」「友達関係くらいが丁度良いと思う」「親友になりたい」などを伝えてみましょう。恋人関係をやめて、友達や親友の関係になれるかは、相手の反応や考え方によります。

以下の記事では、「元彼氏・元彼女が夢に出て来た」方向けの内容となっております。未練を意味する・・という解釈もあるため、気になる方はご覧ください。

別れても友達になれるのは別れる理由・別れ方(状況)・相手の心理による!

別れても友達でいられる彼氏彼女の心理・別れても友達関係でいられる別れ話の方法・別れても友達や親友になりたい人についてなど、ご紹介しました。

別れても友達になれると思う!と答える割合は少数派でしたが、「恋人より友達のような感覚がある」「恋愛感情は無いけど平穏に別れた」などの際は別れても友達でいられるかもしれません。ただし、友達になりたいと言う理由や心理は様々です。

相手が別れ話の時に「友達になりたい」と言った時、あるいは自分側が「友達になりたい」と提案する時は、なぜ友達になりたいのか?別れた理由は?別れ方はどうであったか?など踏まえて、今後を考えた適切かつ冷静な判断をしましょう。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。