Large thumb shutterstock 511957972

【プリンも解消】簡単に染まるミストブリーチがスゴい!その使い方をご紹介!

更新:2021.01.19

ミストブリーチという商品をご存知ですか?簡単に髪を脱色することができると、若い女性から人気を集めているアイテムです。そこで今回は、ミストブリーチの使い方や効果をご紹介します!メリット・デメリットも解説していますので、是非参考にしてくださいね。

ミストブリーチの効果とは?

①髪の色を抜くことができる

髪色

ミストブリーチは、髪の毛の色を抜くという効果を持つ商品です。髪の毛には「メラニン色素」という、髪色を黒くする成分が含まれています。このメラニン色素に働きかけることで、髪の色を一時的に薄くできるのですよ。「脱色スプレー」「スプレーブリーチ」とも呼ばれています。

②髪が痛むのを防ぐ

OK

ミストブリーチの効果として、髪が痛むのを防ぐというものがあります。通常のブリーチなどでヘアカラーを繰り返していると、髪に大きな負担がかかってしまいます。しかしミストブリーチは、髪にかかる負担が他のブリーチよりも少ないのが特徴です。

そのため、脱色を繰り返しても髪が痛むことがほとんどありません。髪のダメージを抑えることで、ヘアカラー剤が入りやすいという特徴もありますよ。

③効果は1ヶ月ほど継続する

カレンダー

ミストブリーチの効果は、1ヶ月ほど継続するとされています。すぐに色が戻ってしまう、ということはありませんので、長期間髪を脱色したい方におすすめですよ。

ミストブリーチのメリット3つ

①プリン髪を直すことができる

髪の毛

ミストブリーチのメリットとして、プリン髪を直せるというものがあります。ヘアカラー後しばらく経つと、色素が抜けて黒い髪の毛が生えてきますよね。これは「プリン」と呼ばれる状態です。このプリンを手軽に直すことができるのが、ミストブリーチなのです。

黒くなった髪の毛にスプレーを吹きかけるだけで、色素を抜くことができますよ。プリン状態を解消し、綺麗なヘアスタイルを持続させられます。よく染まる上に持続期間も長い、という嬉しいメリットもありますよ。

ただし髪の毛の根元は、他の部分よりも色素が抜けやすい部位です。スプレーを吹きかけすぎると、根元の髪の色素が抜けすぎてしまい、明るくなりすぎる恐れがあります。プリン髪を直すためにミストブリーチを使う時は、注意してくださいね。

②ナチュラルに髪色を変えられる

ナチュラル

ミストブリーチのメリットに、ナチュラルに髪色を変えていけることがあります。普通のヘアカラーだと髪色が大きく変わってしまうため、すぐに髪を染めたと気づかれてしまいます。一方ミストブリーチは、量を調節することで少しずつ髪の色素を抜くことができるのです。

また他のブリーチ剤とは違い、ミストブリーチは保存が効くのも特徴です。数日かけてゆっくりと髪色を染めていけるため、周りに気づかれにくいですよ。

美容院に行かなくても、自宅でナチュラルな髪色になれる商品です。販売店も多く、ドラッグストアやドンキなどでも発売されていますよ。

③好みの髪色に調節しやすい

茶色のボブの女性

好みの髪色に染められるというのも、ミストブリーチのメリットです。ミストブリーチは、徐々に髪色を変えていく商品です。そのため、一気に髪色が変わってしまう…ということがありません。

ミストブリーチのデメリット4つ

①ムラのある仕上がりになることもある

不満

ミストブリーチのデメリットとして、仕上がりにムラがでてしまうことがあります。ミストブリーチはスプレータイプですので、どうしても髪全体に塗布すると付着液の量に差が出ます。そのため、髪色がまばらになりがちなのです。

狭い範囲ならば手軽に染められますが、髪全体に使うとなると手間がかかるというのがデメリットですよ。特に襟足や耳の後ろなどの死角に、染めムラができることが多いです。全体をムラなく染めたいのなら、髪の毛を小分けにしてからスプレーしましょう。

②効果が出るのに時間がかかる

時間

ミストブリーチは、髪色の変化に時間がかかる商品です。他のブリーチ剤と比較し、ミストブリーチは脱色剤の量が抑えられています。放置時間も長めに設定されていますし、何日もブリーチを行う必要があるのです。どれくらい日数がかかるかは髪色次第になりますが、数日かかる可能性があることを覚えておいてください。

③髪や地肌が痛むこともある

傷む

ミストブリーチは低刺激な脱色剤ですが、ノーダメージで使用できるという訳ではありません。何度も繰り返し使っていたり、肌が弱い方が使用すると、髪や頭皮が痛む可能性があります。「絶対に髪が痛まない」という訳ではないので、注意してください。

④パーマがすぐにかけられない

禁止

ミストブリーチを行なった後は、すぐにパーマをかけられないというデメリットが発生します。ミストブリーチに含まれている脱色剤には、髪に含まれるタンパク質を壊す作用があります。タンパク質が破壊された髪にパーマをかけても、効果が十分に発揮されません。

髪のタンパク質が戻るまで、最低でも1週間はかかると言われています。ミストブリーチを行なった直後は、トリートメントなどで髪をケアするようにしましょう。

またこちらに、人気の洗い流さないトリートメントがまとめられている記事を載せておきます。商品ごとの口コミや使い方が、詳しく解説されていますよ。是非こちらの記事にも目を通してみてくださいね。

根元|ミストブリーチの使い方とは?

①シャンプーをして汚れを落とす

シャンプー

根元にミストブリーチを使いたい時は、まずシャンプーを行なう必要があります。髪の毛に汚れや汗、スタイリング剤などが付着している状態では、ミストブリーチの効果が下がってしまいます。シャンプーをして、一度髪を清潔にしてください。

シャンプーを行なった後は、ドライヤーなどでしっかりと髪を乾かしてください。その後、タオルなどを首に巻きつけましょう。こうすることで、ミストの付着を防ぐことができますよ。

②20センチほど離した位置からブリーチをかける

セッティングが完了したら、ミストブリーチを20センチほど離れた場所から吹きかけてください。ミストを吹きかけた後は、クシなどでブリーチを均等に伸ばすと良いですよ。こうすることで、ムラのない仕上がりに近づきます。

③30分ほど放置する

時計

ミストブリーチを塗布した後は、30分ほど放置しましょう。そのまま放置しても良いですが、時間を短縮したい!という方にはドライヤーを使うことをおすすめします。ブリーチを付着させた部分にドライヤーを当てることで、脱色効果を高められる、という口コミが多く寄せられていますよ。

脱色効果を高めることで放置時間も短くなりますし、髪色を明るく仕上げることもできます。強い効果を希望しているのなら、是非ドライヤーで熱を加えてみてくださいね。

④シャンプーでブリーチを洗い流す

洗い流す

放置した後は、シャンプーを使ってミストブリーチを洗い流しましょう。お湯だけだと薬剤が落ちず、髪や地肌に負担がかかってしまいます。必ず、シャンプーで髪を洗うようにしてください。その後はトリートメントなどで髪を整えてあげると良いですよ。

グラデーション|ミストブリーチの使い方とは?

①髪を洗ってブロッキングをする

ミストブリーチでグラデーションカラーを行う際も、まずシャンプーで髪を洗ってください。髪についた汚れをしっかりと落としたら、ゴムなどで髪をブロッキングします。髪を分けることで、ムラのない仕上がりになりますよ。

髪を分けた後は、グラデーションの境目になる部分に、ビニールなどを付けておきます。境目を見えるようにすることで、より綺麗なグラデーションヘアになります。

②毛先からブリーチ剤を塗っていく

毛先

髪の毛をブロッキングしたら、毛先からミストブリーチを吹きかけていきます。グラデーションの境目までブリーチを塗布したら、一度ラップで包んで5分置きます。その後、2つ目の境目までブリーチをかけましょう。これを、グラデーションを作りたい場所まで繰り返してください。

③5分ほど放置して洗い流す

流す

毛先から根元までミストブリーチをかけたら、5分ほど放置した後に洗い流します。シャンプーとコンディショナーで髪を整え、ドライヤーを当てたら完成です。

またこちらに、セルフで髪をグラデーションヘアにする方法についての記事を載せておきます。詳しいやり方や口コミなどが、丁寧に解説されていますよ。是非こちらの記事にも目を通してみてくださいね。

インナー|ミストブリーチの使い方とは?

①髪をブロッキングする

ブロッキング

ミストブリーチでインナーカラーを作りたい時は、まず髪全体をブロッキングする必要があります。ブロッキング前には、髪の毛を洗うか、ヘアブラシで梳かしておくと良いです。髪に付いた汚れを取り除き、状態を整えることで、インナーカラーを綺麗に入れることができますよ。

髪に付いた汚れを落とした後は、髪の毛をゴムで分けます。ミストブリーチで染めたい部分だけを残し、それ以外は上の方でまとめてください。まとめ方が緩いと髪が落ちてきたり、ブリーチ剤が付いたりする恐れがあります。しっかりとブロッキングを行うようにしてください。

②髪にミストブリーチを吹きかける

ミストブリーチ

ブロッキングが終わったら、ミストブリーチで髪色を脱色します。毛先から根元にかけて、ミストを塗布していきましょう。首にブリーチ剤がつかないよう、あらかじめタオルを巻いておくと良いですよ。またブリーチ剤を吹きかける際は、一本一本丁寧に薬剤を広げるイメージで行なってください。

ミストブリーチを吹きかけた後は、薬剤を塗布した場所をクシなどで梳かしてください。こうすることで薬剤のムラを整え、均等に髪色を抜くことができます。使用するクシは、なるべく目が細かいものを使うと良いですよ。この一手間で仕上がりが異なってきますので、ぜひ試してみてください。

③ブリーチ剤を流す

お風呂

ミストブリーチを使い、規定時間の通りに放置した後は髪を洗い流します。上にまとめている髪にブリーチ剤が付かないように注意しながら、シャワーなどでしっかり薬剤を流しましょう。

ミストブリーチを使って好みの髪色に仕上げましょう!

ミストブリーチは他のブリーチ剤と比較し、髪が痛むことが少ないのが特徴です。気軽に髪色を変更することができ、使いやすいという口コミも多いです。今回紹介したミストブリーチの使い方を参考にしながら、好みの髪色に仕上げてくださいね。

WRITER

avatarImage
yesk1214koke

コスメや占い、心理に関するライティングが得意です。毎日の暮らしをより良いものにできるような記事作りを心がけています。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。