INDEX

メンズのスーツと黒シャツのかっこいいコーデ7選

メンズのスーツと黒シャツのかっこいいコーデ①ラグジュアリーコーデ

メンズのスーツと黒シャツのかっこいいコーデは、自分の個性を見つめ直して組み合わせましょう。男性芸能人や有名人が、黒シャツに黒のスーツやジャケットの組み合わせで着ているのを良く見かけます。そもそも着用しているご本人自体が、魅力的なオーラをまとっているため、ブラックオンブラックに負けていません。

黒のワイシャツはドレスコードが限られます。ビジネスシーンやお祝いの席では御法度です。カジュアルな日常の外出やパーティでも、ごくプライベートなものに限られます。一般的には夜の仕事をしている方、というイメージもあります。一方で、黒が似合う方は品が良く落ち着いた大人の男性のイメージもあります。

黒シャツをおしゃれに着こなすには、自分の個性を見つめ直しましょう。似合うスーツの色、夏や冬などの季節感を大事にすることもポイントです。ネクタイはもちろんポケットチーフや襟チップなどの小物も含めた全体のバランスを考えましょう。画像では存在感ある黒シャツより、グリーンの靴が主役で、クールで爽やかです。

\ POINT /

襟チップとは?

カラーチップ、カラートップ、カラーキーパーとも呼ばれます。襟の先につけるアクセサリーです。その名の通り襟先に付けて保護する役目もあります。

メンズのスーツと黒シャツのかっこいいコーデ②品のいいベージュのスーツ

メンズのスーツと黒シャツのかっこいいコーデは、品のいいベージュのスーツが無難です。ベージュのスーツはビジネスシーンでは着用しませんが、黒とベージュの相性は万人に似合う組み合わせです。発色のいい綺麗なベージュを選ぶことで、品よく仕上がります。ポケットチーフも黒でおしゃれに決めたいですね。

メンズのスーツと黒シャツのかっこいいコーデ③黒のグラデーションの配色

メンズのスーツと黒シャツのかっこいいコーデは、黒のグラデーションの配色にすることです。日常着なれた紺色のスーツも濃い目を選んで、細かなストライプが入ったものだと素敵です。ネクタイも同じ紺色でも素材を別にすることで、視線が黒シャツではなくネクタイに向かいます。ポケットチーフの白も差し色で効いています。

メンズのスーツと黒シャツのかっこいいコーデ④ネクタイのピンクを差し色に

メンズのスーツと黒シャツのかっこいいコーデは、ネクタイのピンク色を差し色に使うことです。黒のハードな印象をピンクが和らげます。やや甘めのピンクにすると顔写りも良く、ピンクと相性のいいグレーのスーツを選ぶのもおすすめです。グレーのスーツは着る人を選びません。いつもと違う魅力が見つかるコーデです。

ビジネスシーンでのスーツの活用は多種多様なものがあります。暑い時期のクールビズも、もはや定番です。下記の関連記事で、スーツだけでなく、シャツやスラックスなどのアイテムを気にした着こなしも、ショッピングの際の参考になります。

メンズのスーツと黒シャツのかっこいいコーデ⑤カッターシャツを変えてみる

メンズのスーツと黒シャツのかっこいいコーデは、カッターシャツから敢えて変えてみることです。パーティにはカッターシャツやネクタイは外して、華やかさを添えるコーディネイトがおすすめです。タイやポケットチーフの赤にセンスが垣間見えます。仕立てのいいグレーのベストが、さらに「黒」を引き立ててくれます。

同じシャツなのに呼び方が違う?
ワイシャツ Yシャツとも書きます。ホワイトシャツから変化した呼び方で、主に東日本でそう呼びます
カッターシャツ スポーツ用品のミズノの商品名で、「勝った」に掛けて縁起が良いため、西日本で使われます

メンズのスーツと黒シャツのかっこいいコーデ⑥ドット入り黒シャツで遊ぶ

メンズのスーツと黒シャツのかっこいいコーデは、ドット入り黒シャツで遊ぶことです。ドット入りはたいていの男性に似合います。また女性受けできるアイテムです。ダブルボタンのスーツは、組み合わせが濃い色のシャツでこそ、セクシー感がアップします。保守的なスーツを着崩せるのは、おしゃれ上級者でかっこいいです。

メンズのスーツと黒シャツのかっこいいコーデ⑦黒ワイシャツで印象が変わる

メンズのスーツと黒シャツのかっこいいコーデは、スーツに印象を変えることです。同じスーツでも組み合わせで「かっこいい」のレパートリーが増えます。Black on Blackとはいえ、スーツより濃い色のベストで引き締め、首周りの黒は軽めの分量です。真っ白なポケットチーフで清潔感ある好印象のコーデです。

Black on Blackは一歩間違えると、「だらしない」「ホスト風」「怖い感じ」となってしまいます。隙のないスーツコーデにすることで、「かっこいい」が前面に押し出されます。カジュアルなパーティでは、画像での白シャツよりも黒シャツコーデの方が、一目瞭然で目立つこと受けあいです。

メンズの黒シャツに合わせたいネクタイとジャケット3選

メンズの黒シャツに合わせたいネクタイとジャケット①カジュアルでフランク

メンズの黒シャツに合わせたいネクタイは、カジュアルでフランクな印象の品です。くすんだピンクは日本人に良く似合う色と言われています。胸元の差し色として、黒のハードなイメージを和らげてくれるピンクの使われたネクタイはおすすめです。

メンズの黒シャツに合わせたいジャケットは、ブラウン系のツイードのお品です。ツイードのジャケットは1着あると便利です。寒い時期は画像のように、黒のタートルネックセーターとの相性が抜群です。袖口から除く、インの黒も効いています。パンツはベージュのチノパンやデニムのジーンズでもオールマイティです。

メンズの黒シャツに合わせたいネクタイとジャケット②渋めの高級感デザイン

メンズの黒シャツに合わせたいネクタイは、渋めの高級感あるデザインです。黒シャツの色がさらに引き締まって見えます。手のかかった素材の西陣織のネクタイは、一目見ただけで品質の良いものだと分かるはずです。黒は組み合わせ次第で安っぽくだらしない服装に見えますので、ネクタイを選ぶ際には気を付けたいものです。

メンズの黒シャツに合わせたいジャケットは、粋な麻の辛子色のお品です。ベージュと違って個性的なきりりとした辛子色は、好き嫌いが分かれると思います。それでも黒シャツの似合う方なら、必ず似合うお色です。ぼんやりとした白っぽい麻生地よりも、黒が引き立つ大人の渋さを感じます。

メンズの黒シャツに合わせたいネクタイとジャケット③クールな清潔感

メンズの黒シャツに合わせたいネクタイは、斜めストライプのお品です。大抵誰もが何本か持っているデザインです。黒にあったクールなストライプを選ぶことで、カジュアルシーンでもきちんと感が印象付けられます。

メンズの黒シャツに合わせたいジャケットは、同色のベスト付きジャケットです。ノーネクタイでもだらしなく見えません。黒に近いお色のジャケットとベストであれば、クール感がまします。ジャケットを脱いでも、黒シャツのセクシーさが強調できる組み合わせです。

スーツと黒シャツのダサいコーデに見えないコツは?

ダサいコーデに見えないコツ:オールブラックにしない

スーツと黒シャツのダサいコーデに見えないコツは、オールブラックにしないことです。くだけた感じを選ぶとホスト風になりますが、黒のオンパレードでもダサいホスト風に見えてしまいます。その印象付けがされてしまうと、「セクシー」にたどり着けられるかどうかは、残念ながら微妙なところです。

ダサいコーデに見えないコツ:黒のグラデーションにする

スーツと黒シャツのダサいコーデに見えないコツは、黒のグラデーションにすることです。スーツは肩で着る服装です。体形によっては、オールブラックはオタク風にも見えてしまい、ダサいです。グレーや紺、あるいは同じ黒でも素材の全く違うものや、光沢のあるものなどで組み合わせましょう。

メンズの黒シャツのスーツコーデの男性はとてもかっこいい!

黒い色のイメージは不安や恐怖も表しますが、すべての色を吸収してしまう強さや強い自己主張もイメージさせてくれます。黒は一言で「自信」を表す色と言われています。心理的にはさらに「洗練されてる」「威厳がある」「高級な装い」だと、見る人に印象付けてくれます。

何よりも、「女性にとっては、頼りがいのある男性に見える」のが、黒シャツを身に付けた男性の第一印象です。それらを簡単に言い表すと「かっこいい」になるのです。ダサい感じに見えないネクタイやジャケットの選び方、色の組み合わせなど、女性の視点からスーツコーデのアドバイスをしてあげましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。