INDEX

夢占いにおけるお経の夢の基本的な意味

夢占いにおけるお経の夢占いの意味①「勉強や仕事で悩みがある」

仕事

夢占いにおけるお経の夢は勉強や仕事での大きな悩みを抱えて不安定な状態あるという意味があります。入試や新しいプロジェクトに対して大きな壁を感じているときに見ることがあります。

陰湿な雰囲気を感じるお経の夢では、その現実からなかなか抜け出せない状況であることをあらわしています。さらに、この困窮した状態はしばらく続くことが暗示されます。

夢占いにおけるお経の夢占いの意味②「人間関係がこじれている」

喧嘩

夢占いにおけるお経の夢は人間関係でトラブルがあることを意味しています。特に大勢の人がいる中でお経を聞く夢をみたときは、自分対複数の人間関係で悩んでいる状態です。周囲から孤立して寂しいときにこの夢をみることがあります。

読経の声の大きさにより、トラブルの大きさが変わってきます。読経の声が大きくなればなるほどトラブルの相手はあなたよりも上の立場にある人であることが多いです。

夢占いにおけるお経の夢占いの意味③「人に言えない問題がある」

秘密

夢占いにおけるお経の夢は人には決して言えないような行為や隠し事があり、それを後悔していたり懺悔している気持ちがあることを意味しています。

自分でも良くないことだと分かっていても、やめられないものがある場合や人を騙したことなど、親に顔向けができないようなことはありませんか。浮気をしている人やギャンブル依存症の人がよくお経を聞く夢を見ることがあります。

お経を聞く夢の夢占い

【お経の夢占い1】お経を聞く夢の基本的な意味

祈り

夢占いにおいて、お経を聞く夢は人には言えない秘密があるときにみることがあります。その秘密は悪い内容であることが多いです。人には知られたくないことを隠したいという強い思いと、このままではいけないという自制心が働いているときにみることがあります。

お経を聞くことで心が安らかになり、とても目覚めの良い朝を迎えることができた夢のときは、頭を抱えている問題がクリアになっていく暗示があります。

お経を聞く夢をみたあとに、どんな目覚めであったかによっても吉凶分かれる夢です。すっきりと起きることが出来れば、あなたの背中を押してくれる夢となるでしょう。

【お経の夢占い2】葬式でお経を聞く夢

葬式

夢占いにおいて葬儀の夢は再出発を意味しています。葬儀でお経を聞く夢では誰の葬儀であるかが重要になります。あなたがお経を聞く立場がなにであるかによって変わることから、吉凶混合の夢となります。

他人の葬儀に参列してお経を聞く夢では近い将来に悩みが吹き飛ぶほどの幸せなことが起こる暗示です。予想もしなかった方向から問題が解決する可能性があります。

葬式の夢はとても悲しい気持ちを抱かせる夢ですが、新たなスタートができることを暗示しています。自分の葬儀の場合と親の葬儀の場合の夢占いについては次の項目でタイプ分けしていますのでご覧ください。

【お経の夢占い3】どこからか聞こえるお経を聞く夢

街並み

夢占いにおいて、どこからか声が聞こえてくる夢はどんな内容であっても、あなたを導く声となります。お経を聞く夢はあなたの悩みを解決するために誘導してくれる存在が現れることを意味しています。

読経の声が小さかったり、を聞いて物悲しくなったときは、その存在に気付くことが容易ではないことを意味しています。手を差し伸べてくれる人を見つけることができるように心のアンテナを髙く張りましょう。

ときに、その声は甘い誘惑としてあなたにささやきかけることがあります。うますぎる話には十分注意をすることが大事であることを夢は教えています。

お経をお坊さんが読んでいる夢の夢占い

【お経の夢占い4】お経をお坊さんが読んでいる夢の基本的な意味

未知

夢占いにおいて、お坊さんの夢は自制心のあらわれを意味します。お坊さんは徳の高い人物の象徴であり、善良な人のイメージが強い存在です。ときに、お坊さんは死を連想させることで忌み嫌われる存在でもあります。

お経をお坊さんが読んでいる夢では、自分がこれからやろうとしてることが間違っているのではないかと悩んでいたり、こんなことを続けていてはいけないという自制心が働くことから見ることがあります。

【お経の夢占い5】自分の葬式でお坊さんがお経を読んでいる夢

挑戦

夢占いにおいて、自分の葬式の夢は心機一転を意味します。自分の葬式でお坊さんがお経を読んでいる夢では、今までの自分を捨てて新しい自分に生まれ変わることができることを暗示しています。

夢にお坊さんが出てくることで、自分の中にある自制心が強く働くことがあります。このことによって、無意識のうちに正しいものを選択することができます。

それまで悪いことを行っていた場合、心を入れ替えて再チャレンジするきっかけが訪れていることを夢が教えてくれています。このきっかけを逃さないようにしましょう。

【お経の夢占い6】生存している親の葬式でお坊さんがお経を読んでいる夢

親

夢占いにおいて、生きている親の葬式の夢は親からの独立を意味します。生存している親の葬式でお坊さんがお経を読む夢は親が本当に死んでしまうのではないかという不安を感じる夢ですが、精神的に親離れができたときにこの夢をみることがあります。

また、親に言えない問題を抱えている人や親の援助で生きている人がこの夢をみたときは、親に隠していた問題がバレたり、親からの援助が切れる暗示です。やましいことに思い当たる人は注意が必要です。

もし、隠し事ややましいことがあるのでしたら、その問題を清算することを心掛けましょう。そうすることで、本当の意味での親離れが出来る日も近いでしょう。以下では、死者蘇生の夢占いをご紹介します。合わせてご覧ください。

Small thumb shutterstock 603842570
関連記事 【夢占い】生き返る夢の意味10選|亡くなった死者が蘇る意味とは?

死んだはずの愛する人たちが生き返る夢はどこか、嬉しいようで悲しい気分に

お経で除霊する夢の夢占い・幽霊の夢

【お経の夢占い7】お経で除霊する夢の基本的な意味

除霊

夢占いにおいて、除霊の夢は精神的にとらわれているものからの脱却を意味します。お経で除霊する夢では今抱えているトラブルから脱却できることを暗示しています。

自分の中にある悪の部分を除霊という形で清算する力が備わったときにこの夢をみることが多いでしょう。前向きな気持ちになれる夢です。

抱えている問題に対して自己解決できるチャンスが訪れる予感です。ここぞというときに、あなたが弱気にならないよう勇気づけている夢でもあります。

【お経の夢占い8】幽霊が成仏するお経の夢

クリア

夢占いにおいて、幽霊の夢は見えないものへの不安をあらわしています。幽霊が成仏するお経の夢では、あなたを悩ませていた噂話などの見えない問題がクリアになることを意味します。

夢の中で、幽霊が恨めしそうに、また名残惜しそうに成仏した場合、問題のクリアと共に遺恨が残ったり、時間がかかる場合がありますが、すっきりと成仏していく夢であった場合は吉夢となり悩みが晴れて穏やかな日々を手に入れることができます。

【お経の夢占い9】幽霊が成仏できないお経の夢

きらい

夢占いにおいて、幽霊が成仏できないお経の夢では、幽霊が成仏する夢とは正反対になり、疑心暗鬼が強まることを暗示しています。周囲の人が自分の悪口を言っているなど、被害妄想に取り憑かれているときにこの夢をみることがあります。

噂話や悪口が本当に存在するものであるかは知りようがありません。他人の言動に惑わされてないように耳をふさぐことも必要です。以下では悪魔・デビルの夢占いをご紹介します。幽霊との違いがあるか合わせてご覧ください。

亡くなった人にお経をあげる夢の夢占い

【お経の夢占い10】亡くなった人にお経をあげる夢の基本的な意味

警告

夢占いにおいて、亡くなった人の夢は、その人からあなたへのメッセージであることが多いです。そのメッセージは危険を知らせるものもあり、亡くなった人とお経の夢では、あなたとの関係性によって警告の強さが変わってきます。

あなたにとって夢に出てきた相手が近い人であればあるほど、その警告は強いものになります。夢の中で相手が何を伝えていたのかを思い出してみましょう。

【お経の夢占い11】亡くなった親にお経をあげる夢

親

夢占いにおいて、亡くなった親の夢はあなたへの警告夢であることが多いです。亡くなった親とお経の夢では、この先に訪れることが良くない方向へ進む可能性が高いことを教えてくれています。

亡くなった親の顔が怒っていた場合、あなたはその警告を無視して進む可能性が高く、にこやかな笑顔だった場合は方向性を変えることが出来る岐路に立っていることを意味しています。

自分が目指すものは正しいものであるのか、もう一度精査してみましょう。自らが取った行動が思わぬマイナスになる可能性があります。

【お経の夢占い12】亡くなった歴史上の人物にお経をあげる夢

歴史

夢占いにおいて、歴史上の人物の夢はカリスマ性を求めている状態を意味します。仕事や人間関係において、自分にはカリスマ性が足りないと感じているときに見ることがあります。

この夢をみるときは人に認められたいという欲求が強くなっています。自分がどのように人にみられたいと思っているのかは、夢に出てきた歴史上の人物が誰であったかで判別することができます。

修行中の僧侶が読経する夢の夢占い

【お経の夢占い13】修行中の僧侶が読経する夢の基本的な意味

ゲーム

夢占いにおいて、僧侶の夢はお坊さんと同じく自制心をあらわしていますが、ここでは葬儀などで読経するお坊さんではなく、修行している僧侶として分けてみていきます。

ゲームやアニメなどで出てくる僧侶のキャラクターのように、各地で修行しながら自己鍛錬を磨いている僧侶は、自分がまだまだ半人前であることをあらわしています。

【お経の夢占い14】自分が僧侶になって読経している夢

防衛

夢占いにおいて、自分が僧侶になって読経している夢は過去の行いや人間関係を振り返って、自分は悪くないと自己防衛に入っている状態を意味します。

他からの影響を受けて今の自分が困っている状態であることを憂いていることをあらわしており、自分ではなく環境が変わらなければなにも変わらないと他力本願であることを意味しています。

【お経の夢占い15】僧侶が踊りながら読経する夢

ダンス

夢占いにおいて、僧侶が踊りながら読経する夢は、実際に話にきいた様子や見たものの影響を強く受けている可能性が高いです。特にゲームやアニメなどの影響を受けてみることがあるでしょう。しかし、そのような環境に触れていない人がこの夢をみた場合は注意が必要です。

あなたを騙そうとしている人が近くにいる暗示があります。読経の声が軽やかに聞こえる夢であれば、あなたは儲け話に注意が必要になり、暗く沈んだような声であればあなたの身近な人が騙されることが起こる可能性があります。甘い言葉には十分注意しましょう。

身辺を整理して新出発しよう!

お経の夢は仕事や人間関係の問題がこじれているときによく見る夢ですが、ときに自らを省みるきっかけとして現れることで、日頃の行いに注意するように警告しています。よくない人間関係などの身辺整理をしてみましょう。あなたにこのままではいけないと注意してくれています。

また、お経の夢を見たときは、仕事の手を一度止めて自分に必要なものは何なのかをもう一度考えてみましょう。ものごとに優先順位を付けることで前向きに進むことができるようになります。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。