INDEX

沖縄の6月の天気や気温は?

沖縄の6月の天気と降水量

天気と降水量

沖縄の6月は雨と晴れの差が激しい天気が続きます。基本的に寒い日はもうありませんが、梅雨が6月の中半~下旬まで続くので天気予報はこまめなチェックが必要です。

とはいうものの沖縄の梅雨は本土の梅雨と違い、ずっとシトシトと雨が降り続くようなものではありません。スコールの様な雨が降り、数時間後にはまた晴れるという亜熱帯気候の地域ならではの梅雨です。

また、曇りや雨の日でも紫外線は本土の真夏より多く降りそそいでいるので、UVケアや日焼け防止グッズがマストアイテムになります。しっかりとした下準備をして沖縄旅行を楽しみましょう。

沖縄の6月の最高/最低気温と平均気温

雲

沖縄の6月の気温は平均的に27℃前後です。まだ真夏日とはいかないものの、もう十分海にも入れる季節。日中の最高気温や体感温度は30℃を超える日が多くなってきます。

本土の梅雨は雨が降ると少し肌寒く感じることもありますが、沖縄の梅雨はとにかく湿度が高く、ムシムシした状態が長く続きます。ジメジメした蒸し暑い日に汗をかいて脱水症状を起こさないように、気温が低くても水分補給はこまめに行いましょう。

毎年ゴールデンウイーク明けから始まる沖縄の梅雨ですが、平均的に6月の中旬~下旬ごろには終わっているので、沖縄旅行のタイミングが梅雨と被っているのかどうか、事前にチェックしておくのもいいですね。

沖縄の2月の気温・降水確率・梅雨明け日
2015年6月 2016年6月 2017年6月
平均気温 28.7 ℃ 28.4 ℃ 26.6℃
降水量 38.0㎜ 319.5㎜ 444.5㎜
最低気温 26.9 ℃ 26.4 ℃ 24.7 ℃
最高気温 31.3 ℃ 31.0℃ 29.0℃
梅雨明けの日 6月8日(過去最短で梅雨明け) 6月16日 6月22日
Small thumb shutterstock 316576226
関連記事 気温27度の服装23選!天気別レディース春夏服は?最高・最低気温のコーデも

気温27度は初夏から初秋にかけて多い気温であるため、服装に悩まれる方は

沖縄の6月の服装選びポイント

沖縄の6月の服装ポイント①気温は真夏の感覚でOK

夏

梅雨といえども気温・体感温度ともに夏を感じる沖縄。もう感覚的には真夏の服装をイメージしてOKです。水着やサンダルなどを解禁して本土より一足早い夏のリゾートを楽しみましょう。

また、急に雨雲がかかったり、天気が崩れたりする場合もありますから、観光やイベントに参加するときは、雨に対応できるような折り畳み傘やタオルを持っていると役に立ちますよ!

沖縄の6月の服装ポイント②風通しの良い服がBEST

風通し

6月の沖縄は梅雨が明けていてもジメジメと湿度が高い日が長く続きます。お洒落な服装をしたいからといって、重ね着のような通気性の悪い服装はNG。さらっと切れて、汗をかいても大丈夫な通気性の良い服装を選びましょう。

この時期は沖縄県民も何度も一日に何度もシャワーを浴びたりするので、湿度に慣れていないビジターはインナーだけでも少し多めに持って行けば汗をかいた時に着替えられるので便利です。

沖縄の6月の服装コーデ

沖縄の6月の服装①本土ではまだ早いオフショル解禁

6月初旬の本土ではまだ少し早いかな?と思いがちなオフショルコーデ。この時期の沖縄でなら十分着こなせる服装です!ただし、観光やショッピングに夢中になりすぎてデコルテの日焼けケアを忘れないでくださいね。

\ POINT /

黒っぽいコーデには注意!

オフショルでシックに黒のコーデを着こなしたい人もいると思いますが、黒は熱を吸収する色なので、直射日光の下ではあまりおすすめできません。なるべく薄い生地の明るい色のものを選びましょう。

沖縄の6月の服装②着回し便利なショーパンは荷物削減に便利

6月の沖縄はショーパンが大活躍!雨に濡れても海へ行っても着まわせるショーパンは1つあるだけで、何通りにも使いこなせるアイテムなので、荷物削減にも効果てきです。水着の上から履いてビーチで脱げるような素材のものがあれば、ホテルの部屋からビーチまでの移動が便利ですね。

沖縄の6月の服装③タンクトップコーデで暑い日もOK

タンクトップ

普段1枚で着ることはあまりないタンクトップ。沖縄の6月は湿度も気温も高いので暑がりさんにはとてもおすすめのアイテムです。

また、Tシャツだと出来てしまうTシャツ焼けの後も残らないので、肌をきれいにムラなく焼きたいと思っている人にも重宝します。ブラトップやチューブトップなども役立つアイテムなので荷造りの時にコーデの候補に入れてみては?

沖縄の6月の服装④リゾート感が楽しめるマキシ丈アイテム

マキシ丈

沖縄旅行といえば南国のリゾートを思い浮かべる人も多いはず。そんな場所で着たいのはやっぱりマキシ丈アイテム!色々な柄や色があるのであまり被らないところもポイント。スカートやツカンツタイプ、ワンピースタイプなど様々なマキシ丈アイテムの中から、お気に入りの一着を沖縄旅行のお供にしてみては?

沖縄の6月の服装⑤ホテルディナーで活躍の大人コーデ

リゾートホテルでディナーを楽しむときにあれば便利な大人コーデ。シックなワンピースやモノトーンなリゾートスタイルのセットアップがあれば、ホテル内でのコースディナーへ行った時もワンランク上の楽しみ方ができます。

特にハイクラスなホテルに泊まる予定がある方は、ショーパンやタンクトップでディナーへ行って恥ずかしい思いをした!なんてことにならないように、ホテルの下調べ&服装のチョイスが必要です。

沖縄の6月の服装⑥雨でもへっちゃらなビニールサンダルコーデ

6月の沖縄は梅雨の時期。雨の多い日が続くので布や革製のサンダルは雨水を含んでしまうのであまりおすすめできません。また、気温や湿度も高いのでカビにならないようにも注意が必要です。

ビニールサンダルなら、おしゃれ感、こなれ感も演出でき、雨が降ってきても水に対する耐久性が高いものがおおいので、履きなれたビニールサンダルがあれば観光や野外のイベント参加にも安心です。

沖縄の6月の服装⑦旅行中の長時間移動に便利なオールインワン

長時間の移動を考慮したオールインワンがあれば快適な旅行が楽しめます。沖縄へ行くには飛行機や船が必須。また沖縄も公共交通機関があまり整っていないので、車移動が基本です。

固い素材のボトムや締め付けのキツイトップスはかっこいいけれど、楽しく快適に旅行をするならゆるめのオールインワンがおすすめです。6月の沖縄は気温も高めなので汗をかいても大丈夫な素材だと嬉しいですね。

沖縄の6月の服装⑧体感気温の変化に対応できる羽織りものが便利!

6月の沖縄の気温は高いのですが、意外と冷える場所があるので上から羽織れるものがあると便利です。お店の中やホテルのロビーなどは、ガンガンに冷房が効いていることろがほとんどなので屋外は暑いのに、屋内はとても寒い!といった状況がよくみられます。

羽織れるものがあれば体温調整をするのにも、日差し除けにも使えるので、薄手で軽く邪魔にならないものがあれば旅行中に重宝します。コーデにも幅がでるアイテムだとファッションも楽しめますよ。

沖縄の6月の服装⑨朝の服選びの時短にはセットアップ

沖縄旅行の予定をしっかりと決めてから行動したい人にはセットアップコーデがおすすめ。メイクに朝食に荷造りに忙しい朝に、パットコーデが決まるセットアップなら、貴重な時間を無駄にせず観光へ出発できます。

セットアップなら上下別々の着こなしも楽しめるので、沖縄へ出発する前の荷物準備の時に、お気に入りのセットアップをメインの服装に選ぶとさらにコーデを考える時短効果が期待できます。

沖縄の6月の服装⑩写真撮影でも使えるサングラス&つば広帽子

サングラス&つば広帽子

写真撮影にもアイテムとして使えるサングラス&つば広帽子は、6月以降の沖縄には必須です。沖縄のキツイ紫外線は頭皮や顔だけでなくデコルテなども容赦なくジリジリと焼いてしまいます。本土の真夏よりもはるかに多い量の紫外線を浴びることになりますので、日焼け止め対策は欠かせません。

また、紫外線は目にも入ってきますので、目を傷つけないためにもUV加工がされているサングラスをコーデに取り入れてしまうのがおすすめです。

沖縄の6月の服装⑪ビーチサンダルは履きなれたものがベスト

サンダル

沖縄旅行での楽しみはやはり海!と思っている人も多いはず。ですが沖縄のビーチは珊瑚や岩が多いところがあり、天然のビーチはリーフが浅瀬まできているところもあります。現地の人たちはビーチサンダルを履いたまま海へ入る人もいるほどです。

いつもは歩きなれない砂浜や海辺でも脱げたり靴ズレしたりしないように、普段から使っている履きなれたビーチサンダルを選びましょう。服装を考える上でもいつものサンダルのほうがコーデもしやすいですね。

沖縄の6月の服装⑫水着&ウォータープルーメイクはMUSTアイテム

水着

どこのビーチも海開きが終わっている6月の沖縄では水着はMUSTアイテムです。よく、現地調達しようと考える方も多いですが、沖縄はまだまだ都会にくらべるとショッピングできるところが少ない地域ですので、お気に入りのものを持ってくるのが基本だと思ってください。

また、海水浴やマリンアクティビティーをするならいつものメイクではすぐに落ちてしまったりよれてしまうことが考えられるので、メイク下地やマスカラなどの落ちやすいアイメイクの道具はウォータープルーフのものを準備しましょう。

\ POINT /

肌が弱い人は特に注意!

何度も書かれていますが、6月の沖縄の紫外線は曇っていても本土の真夏の比ではありません。顔だけでいいや!と思わずしっかりと全身の日焼け対策を行いましょう。また、日焼けしたい!という人もサンオイルなどを塗り、直射日光に直接肌を晒すことは避けましょう。

沖縄の6月のおすすめ観光スポットは?

沖縄のおすすめ観光スポット①備瀬のふくぎ並木

沖縄の定番観光スポットの「美ら海水族館」からすぐの場所にある備瀬のフクギ並木は、昔ながらの沖縄の集落の雰囲気を楽しめる人気の観光スポットです。フクギの木が作る自然のクーラーで炎天下の沖縄でも涼しく散策することができ、並木道の途中でアイスやドリンクを売っているところもあります。

リゾート感にはもう飽きてしまった人にも、優しい沖縄が再発見できる癒しスポットなので、レンタカーから降りて散策がてらフクギ並木をお散歩してみてはいかがでしょうか?

沖縄のおすすめ観光スポット②果報バンタ

果報バンタは、沖縄本島の中部に位置するうるま市から車で行ける離島の宮城島にある絶景スポットです。うるま市の勝連から離島に向かって続く海中道路を走ること30分。なんと「ぬちうなー」という塩工場の駐車場の奥にあります。

バンタとは沖縄の方言で崖を意味する言葉。果報バンタは幸せの崖という意味です。絶景ポイントで癒されたあとは、塩工場の「ぬちうなー」で濃いめの塩ソフトクリームを食べるのがおすすめです。

沖縄のおすすめ観光スポット③ニライカナイ橋

沖縄本島の南部、南城市の高台から海に向かって伸びる絶景の橋「ニライカナイ橋」。S字のカーブを描いて坂を下っていくこの橋はまさに絶好のドライビングスポットです。天気のいい日は真っ青な青い空と、どこまでも続くエメラルドグリーンの海が目下に広がる大パノラマが見られます。

沖縄のおすすめ観光スポット④新原ビーチ

新原ビーチは、沖縄のおすすめ観光スポット③で紹介した「ニライカナイ橋」のすぐ近くにある、沖縄感が漂うローカルなビーチです。昔ながらの雰囲気が楽しめる集落を抜けた先にあるビーチなので秘境感も抜群!海水浴やビーチ散策だけでなく、グラスボートに乗って濡れないまま珊瑚の観察ができるツアーなどもあります。

海水浴はちょっとハードルが高い、小さな子どもを連れている家族にもおすすめのビーチ。貝殻を拾ったりビーチ沿いの食堂でご飯を食べたりと様々な楽しみ方ができるビーチです。

沖縄のおすすめ観光スポット⑤アウトレットモールあしびなー

アウトレットモールあしびなーは、沖縄本島の南部、空港から車で20分程度の場所にあるアウトレット。人気ブランドから沖縄限定のファッションアイテムまでなんでも揃う大型のショッピングモール。

なんと、本土で売り切れていて手に入らなかったものがここにあった!という声もあるので、リゾートへ来たからには買い物もしたい!と思っているよくばり女子にはもってこいの場所です。

沖縄の6月のおすすめイベントは?

沖縄のおすすめイベント①糸満ハーレー

毎年6月に開催される糸満ハーレーは、沖縄の伝統行事。海に各地の青年会や地元の若者がサバニと呼ばれる木製の船を出し、早さを競うイベントです。

沖縄県民は「糸満ハーレーが始まったら梅雨が終わるね!」というほど、夏本番を知らせる季節の風物詩でもあります。地元感を感じたいなら是非一度見に行ってみては?

沖縄のおすすめイベント②普天間フライトラインフェア

普天間フライトラインフェアは、本土の人にはあまりなじみのない、沖縄米軍基地の中で行われるイベント。毎週末には、どこかの基地でフリーマーケットあガレージセールを開催している沖縄の米軍基地ですが、普天間フライトラインフェアはその中でもとても大きいイベントです。

普天間基地の滑走路の上を車で走れたり、実際に米軍が使用している戦闘機や輸送機が見れたりと、普段できない体験ができるのも魅力的。お祭りに出店してる露店もアメリカンなものがほとんどなので、日にちがあえば是非足を運んでほしいイベントです。

沖縄のおすすめイベント③宮古島ロックフェスティバル

2018年は6月23日に開催される宮古島ロックフェスティバル。毎年有名アーティストが沖縄の離島である宮古島へ集結し熱いロックフェスを開催します。JALやANAなどの航空会社もパッケージツアーを出しているので、気になるアーティストがいる人は是非チェックしてみてください。

沖縄のおすすめイベント④エイサーナイト

沖縄の伝統舞踊であるエイサーはうちなーんちゅの夏の風物詩。沖縄市のコザという街はエイサーの聖地とよばれ、毎年6月の中頃から各地の青年会がエイサーを披露します。それぞれのエイサー団体によって振り付けや曲が違うので、ずっと見ていても飽きない、パワフルなエイサーナイト。

沖縄の伝統も地元感も異国情緒も一緒に楽しめるイベントなので、6月の沖縄へ旅行にきたのなら、一度は足を運んでみてはかがでしょうか?

沖縄のおすすめイベント⑤うたの日コンサート

6月に沖縄本島中部の沖縄市で開催される、うたの日コンサート。あの有名な沖縄出身バンドのBIGINが立ち上げた野外音楽イベントです。

“うた”を主役にした一日をコンセプトに企画されたこのイベンドです。なんと今では東京、大阪、宮城などにも広がり、全国的にその土地に根差した“うた”をたたえるイベントになっています。

季節に合わせた服装で沖縄の6月を楽しもう!

夏

6月の沖縄は梅雨の雨も、亜熱帯の気候も、ピーカンのリゾート感も味わえる時期。旅行のシーズン的には梅雨真っただ中で飛行機のお値段もお安めのプチプラ旅行ができるシーズンです。気温や行きたい観光スポット・イベントに合わせたコーデを準備して沖縄旅行へ行きましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。