INDEX

北海道の10月の天気や気温は?

北海道の10月の天気と降水量

夏が短い北海道は、10月になるとすっかり秋本番の気候になります。秋雨前線の影響で9月に多かった雨は、少し落ち着きますが、まだまだ雨は降りやすいので、旅行や観光などに出掛けるときには、雨具の用意をしていくと安心です。秋特有の空気がぴんと張ったような朝をいち早く体感できるのがこの時期です。

10月の北海道は、朝晩の冷え込みが日ごとに厳しくなっていくので、一日の気温差の対策をしっかりしてお出掛けを楽しみましょう。北海道の秋は足早に過ぎていくので、10月も下旬になると初雪が降る地域もでてきます。また、北海道は広いので、出掛ける地域の天候はしっかりチェックして出掛けるようにしましょう。

北海道の10月の最高/最低気温と平均気温

北海道の10月の最高気温は札幌で15.4℃、最低気温は7.2℃、標高の高いところや海沿いの地域などになれば、気温はさらに下がります。朝晩がしっかり冷え込むので、紅葉がとてもきれいに色づいて、見ごろを迎えます。場所によっては初雪と紅葉の両方を楽しむことができ、紅葉を鑑賞する名所もたくさんあります。

北海道はとても広いので、気温や降水量などは地域によって大きく変わります。ここでは札幌の10月の平均気温、最高気温、最低気温、降水量を2015年~2017年の3年分まとめてみました。お出かけの際に参考にしてみてください。

北海道の10月の気温・降水量
2015年10月 2016年10月 2017年10月
平均気温(℃) 10.8 10.6 11.3
降水量(mm) 98.0 78.0 114.0
最高気温(℃) 15.2 14.6 15.4
最低気温(℃) 6.7 6.9 7.2

北海道の10月の服装選びポイント

北海道10月の服装ポイント①:マフラーや手袋などの防寒具の用意を

10月の北海道は、朝晩の冷え込みが厳しくなります。日没時間も夕方の5時前後と早く、日中の時間が短くなります。そこで、マフラーや手袋などといった防寒具を鞄に入れておくと安心です。実は想定よりも気温が下がって、観光やイベントをじゅうぶん楽しめなかったと、いう人が多いのもこの時期なのです。

寒さの対策はしっかりしておかないと、旅行や観光を楽しむことができなくなってしまいます。とくに、女性は体が冷えやすいので、あたたかい服装に合わせて防寒具の用意は忘れないようにしましょう。マフラーやストールは巻き方を工夫するとおしゃれが楽しくなるアイテムです。いろいろチャレンジしてみるのがおすすめです。

北海道10月の服装ポイント②:紅葉や夜景を楽しむ旅行にはコートが必須

北海道の澄んだ秋の空気の中に映える紅葉や夜景はとてもきれいですよね。そんな景色をしっかり満喫するためにも、コートは必須アイテム。朝晩の冷え込みを考えても、日常的に薄手のコートは必要になるので、携帯しやすい薄いダウンなどを持ち歩くのもいいですよね。

体を冷やさない服装のポイントとして、3つの首(首、手首、足首)を温めるという方法があります。手首を冷やさないファースリーブのコートは「かわいい+あたたかい」のいいとこどりでおすすめです。

北海道の10月の服装コーデ

北海道10月の服装①:オーバーサイズセーターで気温差をカバー

オーバーサイズのセーターは、インナーでの調節が簡単にできるので、気温の差が激しい10月の北海道にぴったりです。もこもこした印象のセーターに、ハイライズのデニムをすっきり合わせてタックインすれば、すらっと脚長効果に期待できます。外から見たシルエットを崩すことなく、あたたかさを調節できておすすめです。

北海道10月の服装②:ライダースで秋の甘辛コーデ

10月の北海道は秋本番!ということで、秋らしいライダースジャケット使った服装がおすすめです。ふわふわしたワンピースにレギンスなど合わせて、甘辛コーデを楽しんでみてはいかがでしょう。北海道の10月は足を出すには寒い季節なので、タイツやブーツなどを合わせたコーデがおすすめです。

北海道10月の服装③:ステンカラーのロングコートは合わせやすさ抜群

北海道の10月に、コートは欠かせないアイテム。定番で使いやすいステンカラーのロングコートは、サラッと羽織るとかっこいい!すっきりとしたスキニーだけでなく、ふわっとしたロングスカートにも合うので、旅行に1枚持って行くのはおすすめです。ビビットなカラーをチョイスすれば、華やかなコーデを楽しめますね。

北海道10月の服装④:秋に使いやすいデニムジャケット

デニムジャケットはいろいろなボトムスと相性が抜群なので、秋の定番アイテム。どんな色にも合わせやすいので、便利に着まわせます。10月の北海道は、寒い日が増えていくので、さらりと羽織ることができるアイテムは必須。ボトムスを黒にすると、カジュアルでありながらもシックさを表現できてかっこよく着こなせます。

\ POINT /

アウターの合わせ技

デニムジャケットは、トレンチコートにINすると、とてもおしゃれなコーデになります。アウターの合わせ技で、気温差をカバーしていきましょう。

北海道10月の服装⑤:花柄ワンピースで大人ガーリーにおでかけ

10月は秋本番の北海道は、花柄のワンピースでかわいくお出掛けしたい!そんな時には、デニムジャケットをさらっと羽織ってかわいくなりすぎない大人ガーリーコーデを楽しんでみてはいがかでしょう。デニムジャケットはトレンチコートにINしてもおしゃれなので、1日の気温の差が激しい季節のお出かけにはぴったり。

北海道10月の服装⑥:ロングガウンはニット素材もおすすめ

サッと羽織れて便利なロングガウンは、素材をニットのあたたかいものにすると、10月の北海道でもかわいく着られます。色合いを淡いものにしておけば、合わせるインナーの幅も広がり、便利に着まわせます。寒くなりはじめると、ダーク系の服装をする人が増えるので、あえてピンクでかわいく攻めるのもおすすめです。

北海道10月の服装⑦:チェスターコート+パーカーでかわいく

チェスターコートもオーバーサイズで使うのがおすすめ。パーカーの上からでも羽織れちゃうサイズ感のものは使いやすさ抜群です。ボトムスをすっきりしたスキニーにすると、華奢でかわいいコーディネートになります。寒さ対策もバーカーの下にあたたかいインナーを着こんでしまえるので便利です。

北海道10月の服装⑧:ふんわりしたタートルネックがやさしい印象に

もふもふしたかわいいタートルネックのセーターに、黒いスカートを合わせてあたたかさとかわいさを兼ね備えたおしゃれコーデ。10月の北海道の寒さ対策には首元冷やさない服装が必要なので、タートルネックはおすすめのアイテムです。セーターのもふもふ感がやわらかくやさしい印象になりますね。

北海道10月の服装⑨:初旬ならアウターなしで身軽なコーデも

袖の部分にボアが付いた大きめニットに、ロングスカートを合わせた、アウターなしの身軽なコーディネートも、10月初旬の北海道を楽しむのにぴったり。あたたかさと動きやすさを兼ね備えた服装は、気温差の激しい土地の旅行や観光を楽しむためには必須です。日が落ちて寒くなったらインナーで調節しましょう。

北海道10月の服装⑩:使いやすさ抜群のシャツワンピース

チェックのシャツワンピースがかわいい秋のお出かけコーデ。10月の北海道の服装にはコートは必須。ノーカラーのやさしい色合いのコートがワンピースのかわいさをアップさせてくれるだけでなくフェミニンな印象に。シャツワンピは、ボタンを開けて羽織として着ることもできるので、旅行に持って行くと便利なアイテムです。

北海道10月の服装⑪:トレンチコートとカラーボトムスがおしゃれ

10月の北海道はコートとどう合わせるかがポイント!トレンチコート+カラーワイドパンツで今風の着こなしになります。ワイドパンツをカラーロングスカートにしてもおしゃれですね。インナーはタートルネックのニットを合わせると首元あたたかな服装になるので、体を冷やさずに楽しく観光できておすすめです。

北海道10月の服装⑫:淡い色のチェスターコートでフェミニンに

水色のチェスターコートにブルーのツイードスカートでフェミニンにコーディネート。トップスを、タートルネックのニットに変えると、10月の北海道でもあたたかく過ごせます。気温が10℃になるころが、ブーツをおろすタイミングといわれているので、10月は足元をブーツにしてもおしゃれですよね。

北海道の10月のおすすめ観光スポットは?

北海道のおすすめ観光スポット①:三国峠の紅葉

北海道・大雪山国立公園内にある三国峠は、北海道内で最も標高の高い場所を走る国道として知られています。いちばん高いところで、標高1139m。眼下に広がる一面の紅葉を楽しみたい人にはおすすめの観光スポットです。レンタカーを借りて、秋真っただ中の三国峠をドライブすれば、すてきな思い出が残ること間違いなし!

三国峠の紅葉は、毎年9月の下旬ごろから色づきはじめ、10月の中旬には見ごろを迎えます。三国峠から12kmほど下がったところには、ログハウス風のカフェ「三股山荘」があります。そこで食事をとって休憩したあとに、白樺林をのんびり散策するのもおすすめです。

北海道のおすすめ観光スポット②:函館の夜景

日本三大夜景として有名なのが、函館山の山頂展望台からみる夜景です。10月の北海道は、空気が澄んでいて夜景がいちだんときれいに見えるのでおすすめの観光スポットです。夜景がきれいに見えるトワイライトタイム(日没の20分くらいあと)の展望台はとても混雑するので、少し早めに到着しておくようにしましょう。

ロープウェイは山麓駅から山頂駅までおよそ3分で到着し、ゴンドラからは遠ざかる街並みをガラス越しに眺めることができます。JR函館駅からベイエリアを経由して、山頂まで乗り換えなしで行ける路線バスが出ています。片道400円で利用できるので、とても人気があります。

北海道のおすすめ観光スポット③:秘境オコタンペ湖

10月の北海道観光には、北海道三大秘郷湖のひとつオコタンペ湖へ足を運んでみるのはいかがでしょう。支笏湖洞爺湖国立公園の特別保護地区に指定されているので、実際に湖畔に立ち入ることはできませんが、道道78号線にある展望台から眺めると、時間や角度によってさまざまに変化する湖の遠景を楽しむことができます。

オコタンペ湖は、札幌の市街地から車でおよそ1時間のところにある、比較的便利にアクセスできる秘境なので、観光にはぴったりのスポットです。紅葉も見ごろになる10月のオコタンペ湖のグリーンやブルーに変わる湖面とその周りの色づいた木々のコントラストを楽しんでみてください。

北海道のおすすめ観光スポット④:藻岩山の紅葉と夜景

北海道が秋本番になる10月、藻岩山への観光がおすすめです。アイヌ語では「インカシルベ(いつもそこにあがって見張りをするところ)」といわれていて、かつてはアイヌの聖地でもあった標高531mの山です。10月は藻岩山も紅葉が見ごろで、ロープウェイやケーブルカーを使って山頂の展望台から見渡すことができます。

昼の紅葉だけでなく、夜の藻岩山は夜景もきれいで、札幌の夜景を堪能することができます。展望台には、「幸せの鐘」があり、デートスポットとしても人気です。鐘の周囲の手すりに、二人の名前を書いた南京錠を付けるとそのカップルは絶対に別れないという伝説は有名ですよね。

北海道の10月のおすすめイベントは?

北海道のおすすめイベント①:まりも祭り

10月に阿寒湖でおこなわれる「まりも祭り」は、国の特別天然記念物の「まりも」のを保護する目的で開催されるイベントです。「まりも」は、アイヌの人々が湖の妖精として大切にしていましたが、盗採されて激減してしまったので、再び湖に戻してもらうことを願って、「湖の神々に許しを請う儀式」として続けられています。

アイヌの伝統に則って、執り行われる儀式は必見です。青年が丸木の舟で天然のまりもを迎えに行く儀式、古式舞踊が披露される「護る儀式」、長老が湖に還す「送る儀式」は、とても幻想的で見ごたえがあります。また、タイマツ行進は、一般の来場者も参加できるのでおすすめです。

北海道のおすすめイベント②:とかちばん馬まつり

ばん馬に鉄ソリをひかせて、直線200mのコースで競うレース「ばんえい競馬」がおこなわれている帯広市では、10月になると「とかちばん馬まつり」が開催されます。北海道の開拓当時に活躍した農耕馬のパワーを競うばん馬を世界で唯一文化として継承している帯広ならではのイベントです。

イベントのメインには、6人1組で鉄ソリをひく「ワールド人間ばん馬チャンピオンシップ」がおこなわれます。サラブレッドのおよそ2倍もの体格をしているばん馬と、ふれあったり乗ったりできる「ふれあいコーナー」もあるので、観光に訪れてみてはいかがでしょう。

北海道のおすすめイベント③:あっけし牡蠣まつり

北海道厚岸町は牡蠣の名産地で、一年中出荷できる牡蠣は甘味が濃厚で身がふっくらとしているのが特徴です。10月におこなわれる「あっけし牡蠣まつり」は、新鮮な牡蠣の他に、アサリやホタテ、サンマ、ホッキ貝などをバーベキューで味わうことができます。

バーベキューだけでなく、かきラーメンや、かき弁当、アサリ汁などの厚岸町のおいしいグルメも出店されます。イベント期間中の日曜日には、「牡蠣のつかみどり」も開催され、無料で参加することができます。北海道の牡蠣の名産地で、おいしい牡蠣三昧を堪能してみてはいかがでしょう。

北海道のおすすめイベント④:もんべつグルメまつり

北海道紋別市で10月におこなわれる「もんべつグルメまつり」は、オホーツク氷紋の駅の駐車場をイベント会場として開催されます。無料で利用できる海鮮バーベキューコーナーが設置されているので、その場で買ったばかりの新鮮な海鮮を焼いて食べることができます。

会場には、無料で利用することができるバーベキューコーナーが設置されているので、買ったばかりの食材を焼いて味わうことができます。新鮮な海産物をその場で楽しめるのはうれしいですよね。イベント開催期間中はたくさんの催しもあります。朝10時からのホタテステーキ5枚のタイムセールはお値打ちで見逃せませんよ。

季節に合わせた服装で北海道の10月を楽しもう!

10月の北海道の気温や天候に合うおすすめの服装をご紹介しました。秋が深まっていく北海道は、おいしい食べ物も増えて多くのグルメイベントが開催されます。紅葉や、夜景などきれいな景色をみることができる定番スポットや穴場スポットを盛り込んだ旅行やお出掛けを計画してみてはいかがでしょう。

厳しく長い冬がはじまる前に、山々がポップでカラフルに彩られる秋本番の北海道の見事な絶景を、大切な人や気の合う仲間と共有することができるのはすてきですよね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。