INDEX

京都の6月の天気や気温は?

京都の6月の天気と降水量

天気雨

6月は全国的に梅雨入りする時期となり、京都でももちろん梅雨入りとなります。雨が毎日のように降り続き気分も冴えなくなります。また、気になるのが湿度です。ジメジメして不快感となってしまいます。嫌な季節ですが、梅雨が明ける夏に備えて必要な雨量でもあります。ここは梅雨の季節を大いに楽しんで過ごしたい所です。

京都の6月の最高/最低気温と平均気温

気温

6月は春から夏への季節変化の月です。季節の移り変わりの時期は一日一日気温の変化が起こりやすくなります。日中は蒸し暑さを感じる日もありますが、肌寒い日もありますので体調を崩しやすい時期です。服装も悩みますね。過去3年間の気温や降水量を調べて対策し、体調管理に気を付けて梅雨を元気に乗り越えましょう!

過去3年の気温と降水確率
2015年6月 2016年6月 2017年6月
平均気温 22.8 23.2 22.5
降水量 263.0 284.0 205.0
最高気温 32.9 33.5 34.0
最低気温 14.4 12.6 12.8

京都の6月の服装選びポイント

京都6月の服装ポイント①:肌触りの良い通気性のある素材選び

素材

京都の6月は最高気温が30度を超える日もあり暑く感じます。6月の中旬を過ぎる頃から特に雨が降りやすい傾向があります。梅雨特有のジメジメした日が続くとヘアスタイルが決まらない等の悩みが出てきますよね。服装は蒸し暑さとジメジメとした湿気対策で、通気性のある肌触りの良い素材を選びイベントに参加しよう。

京都6月の服装ポイント②:簡単に羽織れる薄手のアウター

薄手のアウター

京都の6月は蒸し暑い日を感じる日が多くありますが、最低気温が12度代の日もあり少し肌寒く感じる事もあります。また、日中の暑い日や湿気対策で店内ではクーラーを付けているお店もあり、体が冷えてしまう事も考えられます。軽く羽織れるようなカーディガン等を持って行くと大変便利です。

京都の6月の服装コーデ

京都6月の服装①:ボーダーカットソーでカジュアルに

定番ですが毎年人気のあるボーダーカットソー。パンツスタイルはもちろん、スカートにも合わせられとても便利なアイテムです。京都へ旅行に訪れ観光地をたくさん見て回るならカジュアルな服装をおススメします。また、イベントによって少し女性らしくお出掛けしたいな、と思った時でも大丈夫。

膝丈のスカートやタイトなスカート等を合わせれば女性らしさもアップする事間違いなしです。ボーダーカットソーはデザイン・カラーもバリエーション豊富でコーデを楽しめます。6月の気温にも対応出来るアイテムですので、自分好みの形と素材を選びましょう。

京都6月の服装②:デニムシャツでお洒落に

京都の6月は肌寒い日もあるので少し肌寒い日に対応出来るアイテムです。パンツスタイル・スカートとも相性がいいです。黒スキニーパンツと中に半袖Tシャツを着てサッとデニムシャツを羽織ればクールに決まりますよね!暑く感じる日中はデニムシャツを脱いで半袖シャツだけで過ごせます。

デニムシャツのカラーも微妙に違いがありコーデの幅も広がります。また、肌寒い日や時間帯にイベントに出掛けても、デニムシャツの上から薄いカーディガンを羽織ってもお洒落です。色んなコーデを楽しんでみて下さい!

京都6月の服装③:雨の日のお出掛けはレインブーツで

6月には梅雨入りが予想されますので旅行やイベントで京都に訪れるのであれば雨の日用の靴を準備しておくと安心です。レインブーツなら雨が本格的に降っても足元が濡れずにすみます。コンパクトに収納できるタイプのレインブーツなら携帯用にバッグに入れておけるので便利です。服装に合わせてレインブーツを選びましょう。

京都6月の服装④:肌触りのよいストレッチパンツで爽快に

梅雨入りの時期である6月は雨の降る日が多い事が予想されます。肌触りの良いストレッチパンツを選ぶ事でジメジメした感触が軽減されます。また、レインブーツを履く際にもストレッチパンツなら綺麗に履きこなせます。もちろん晴れの日ならスニーカーやフラットパンプス・ヒールのあるパンプス、どんな足元でも決まります。

また、撥水加工の施したパンツも出ていますので梅雨時は1本持っておくと便利です。カラーやデザインも豊富に揃っているのでお気に入りのストレッチパンツを選び色違いで何本か持っていると良いでしょう。ストレッチの効いたパンツで動きやすくイベントにも参加しても大丈夫です。

京都6月の服装⑤:ドルマンブラウスならリラックス気分で観光地巡り

6月は雨の日も多く湿気も高くなりますので、どうしても蒸し暑い日となります。肌にべったりと張り付いてしまうと気分もあがりません。ドルマンTシャツは脇の下が大きく開いてゆったりとした形なので、風通しも良く通気性もいい服装です。ジメジメした蒸し暑さや雨降りでも多少は軽減できるはず。快適な旅行となるしょう。

京都6月の服装⑥:ラバーサンダルで濡れるのを覚悟でイベントを楽しもう!

まだ6月ですが最高気温は30度を超える日もあります。上記の表を見ても年々、最高気温が上がっています。蒸し暑くてレインブーツなんて履く気分じゃない!と思うなら、もう初めから濡れるのを覚悟でラバーサンダルはいかがでしょうか。雨が降って足元がベチョベチョに濡れても問題なし。もちろんタオルは必須です。

京都6月の服装⑦:薄手のカーディガン持参しよう

梅雨時期は蒸し暑い日が続きます。京都旅行で観光地を歩き湿度で蒸し暑く汗もかくでしょう。また、雨降りで体も濡れてしまっている状態で、お店や電車等に入ると冷房が効いて体が冷えてしまう可能性があります。こんな時に1枚羽織るアイテムを持っていると体も冷やさずにすみます。薄手の物で良いので持参しましょう。

京都6月の服装⑧:ガーゼストールで爽やか旅行に

6月にもなると紫外線対策も必要です。梅雨入りして雲空ですが6月の紫外線は要注意です。肌触りのよいガーゼストールならムシムシした時期でも最適に使えそうです。また、室内に入り冷房がガンガン効いている時でも活躍してくれるでしょう。紫外線対策・冷房対策どちらでも使用できる肌触りの良い1枚を選びましょう。

京都6月の服装⑨:チュールスカートで気分を上げてイベントに行こう

膝丈のチュールスカートはレインブーツに合わせても、とても可愛く涼しげな印象になります。京都に訪れた日がラッキーにも快晴の日であっても、スニーカーやフラットパンプスに合わせれば決まります。梅雨の季節はジメジメとして気分も上がりませんが、チュールスカートのふわふわした装いに気分も上がるでしょう。

京都6月の服装⑩:リネンシャツで清涼感に包まれ観光しよう

6月は蒸し暑さで汗をかいて不快感となってしまいます。そうならない為にリネンシャツを選べば涼しく快適に過ごせます。肌触りがよくさらっとして爽快感があり着心地も抜群です。春夏に人気がある素材ですが、リネン素材の種類もたくさん出ているのでお気に入りシャツを見つけよう。

京都6月の服装⑪:梅雨時の観光には雨に強いバッグを

梅雨時期の京都旅行には雨降りの日を考えて雨や汚れに強いバッグをおススメします。雨にうたれずぶ濡れバッグでは気になって観光どころではなくなります。防水バッグも今はお洒落な物や雨に強い素材のバッグも出ているので1つ持っておくと便利です。旅行時のみならず普段使いも出来るバッグを選びましょう。

京都6月の服装⑫:カジュアルシャツワンピースで爽やかに

雨の日にお出掛けする気分を上げる為に、爽やかなシャツワンピースにレインブーツを合わせてはいかがでしょうか。もちろん快晴の日はフラットパンプス等を合わせても可愛いコーデとなります。肌触りの良いシャツワンピースが爽やかな印象となります。気分も快適で観光地巡りも楽しめること間違いなしです。

京都の6月のおすすめ観光スポットは?

京都のおすすめ観光スポット①:哲学の道で蛍鑑賞

京都市左京区にある哲学の道、桜でも有名ですが5月頃から6月にかけて蛍が見られる事でも有名な箇所です。日本の道百選にも選ばれており風情たっぷりのコースです。琵琶湖疏水に沿って銀閣寺近くまで続いている遊歩道です。澄んだ川と緑に溢れ環境も整っています。蛍が見られる可能性が高いのは6月初旬頃。

時間は20時以降によく見掛けられます。街中の遊歩道ですから騒いだりするのも控えましょう。また、写真を撮りたい所ですがフラッシュ等で蛍が姿を見せない事も考えられます。蛍が姿を現すまで静かにして幻想的な風景をゆっくり過ごしていただきたいです。観光に適した散策コースです。歩きやすい服装で出掛けましょう。

京都のおすすめ観光スポット②:気温をチェックして三室戸寺の紫陽花園へ

京都府宇治市にある三室戸寺。本尊は千手観音であり西国三十三所第10番札所になっています。紫陽花の咲く期間、紫陽花園を開園しています。杉木の間には1万株の50種の紫陽花が咲き、儚げな優しい色をした景色が見られるでしょう。また、6月の梅雨入り時期だからこそ雨に濡れた紫陽花も楽します。

期間は6月1日~7月9日までの予定です。土日は特に観光客でいっぱいとなり近辺は車が渋滞しやすくなっています。公共機関で行かれる事をおすすめします。京阪宇治線「三室戸駅」から徒歩17分程です。気温が高い日となるとかなり蒸し暑くなります。雨も降りやすい時期ですので、肌触りの良い服装と雨傘を忘れずに!

京都のおすすめ観光スポット③:藤森神社の紫陽花まつり

京都市伏見区深草にある藤森神社。神功皇后によって創建された皇室とのゆかりも深い神社です。菖蒲の節句発祥として有名で勝運や競馬関係者がよく参拝されている神社です。6月からは紫陽花が咲き京都でも名所となっています。境内には2つに紫陽花苑があり合わせて3500株程が綺麗に咲きます。

開花時期によって開苑期間が異なりますのでチェックしてから観光して下さい。また、期間限定の御朱印がいただけますので是非、授与下さい。時間は9時~17時の予定。なお、藤森神社は「伏見五福めぐり」の1つとなっています。競馬をしない方もパワーをいただけるはずです。

京都のおすすめ観光スポット④:梅雨時期の源光庵へ観光

6月の梅雨の季節の源光庵へ観光はいかがでしょうか。秋の紅葉の季節には大変人気ですが6月の新緑の季節もまた違った景色が楽しめ静かに観光が出来そうです。本堂には丸い「悟りの窓」と四角い「迷いの窓」があり、それぞれに仏意が込められています。源光庵を詳しく知らない方も一度は見たことがあるのではないしょうか。

秋の紅葉シーズンとは異なり比較的に静かに、それぞれの窓からの景色を眺められそうです。そして源光庵には大変有名な「血天井」。自然豊かな小さなお寺ですが心静かに過ごし自分自身と向き合える空間かもしれません。場所は京都市北区鷹峯にある寺院です。

京都の6月のおすすめイベントは?

京都のおすすめイベント①:貴船神社の貴船祭

京都のパワースポットの1つである貴船神社、毎年6月1日に行われているのが貴船祭りです。鴨川の水源とあり水の神様が祀られています。本宮での祭典から始まり金色の御神輿が巡行します。この時期は新緑が大変綺麗です。時間は11時からとなっており、ゆっくりと観光していただきたいイベントです。

また、縁結びの御利益があり女性に人気のスポットとなっています。場所は京都市左京区。階段を登るのも大変なのでスニーカー等歩きやすい服装をおススメします。市街地より涼しく感じるので羽織るアイテムも必要です。自然溢れた神聖な雰囲気の場所です。駐車場が少ないので叡山電車とバスで是非行っていただきたいです。

京都のおすすめイベント②:下賀茂神社の蛍火の茶会

初夏に入る6月初旬に「蛍火の会」が開催されます。糺の森や境内で集められた蛍を御手洗川へ放出されます。その数は約600匹の蛍となり乱舞する様子が神秘的です。これだけの数の蛍が舞う景色を世界遺産でもある下賀茂神社で見られるとあって大変人気のあるイベントとなります。観光客もいっぱいとなる可能性大です。

また、「糺の森納涼市」も開催されます。こちらは13時から行っており出店するお店は京都の老舗ばかりで美味しそうなお土産がたくさんあり魅力的です。場所は京都市左京区、開催日は6月初旬頃となり詳細のチェックが必要です。蛍の放流は午後8時頃です。歩きやすい服装でイベントに参加してみて下さい。

京都のおすすめイベント③:平安神宮苑の無料開放日を観光しよう

京都市左京区にある明治時代の日本庭園です。南・西・中・東と4つの神苑から構成され、とても広大なお庭です。鳥居の奥にある神苑が無料公開されるのが年に2回となり1回目が6月上旬です。花菖蒲が見頃となる時期に公開されますので日程のチェックが必要です。種類は200種で200株が咲き誇ります。

通常は入苑料がいるので無料公開となる日は多くの観光客が訪れます。晴れていてもいいですが雨が降っていても絵になり素敵な景色を見る事ができるしょう。地下鉄東西線「東山駅」から徒歩10分。市バスなら「岡崎公園美術館」「岡崎公園 ロームシアター京都」から徒歩5分です。ゆっくりと散策して下さい。

京都のおすすめイベント④:松尾大社の大祓式

京都市西京区嵐山宮町にある松尾大社。6月30日に「大祓式」が執り行われます。全国の神社でも6月と12月に行われている儀式です。6月の大祓式は日々の生活を過ごす中で知らないうちに犯した罪や汚れを清め、暑い夏を元気に過ごせるよう行われる儀式です。夏を健康に過ごせるよう祈りながら芽の輪をくぐりましょう。

また、松尾大社は酒造りの神様として有名で酒造家関係の方がよく参拝されています。境内には「亀の井」と言われる湧水があり別名「よみがえりの水」とも呼ばれます。「幸運の撫で亀」と「幸運の双鯉」を撫でてパワーをチャージして下さい。大祓式は6月30日15時~となっています。阪急嵐山線「松尾大社駅」直ぐです。

京都で梅雨の6月を思いっきり満喫しよう!

6月は梅雨入りとなり外出するのも億劫になりがちです。しかし、6月だから味わえる景色や風景・イベントもあります。快適な服装とお気に入りの傘を持って雨の時期を思いっきり楽しんでみましょう。きっと梅雨もいいものだな~と好きになるはずです。また、「ハート型紫陽花」を見つければ恋が叶うと言われています。

是非、見つけて素敵な恋を叶えましょう。6月が過ぎれば気怠いような暑い夏がやってきます。上記でもご紹介したように6月には夏を健康で元気に過ごせるようなイベントもあります。是非、京都へ観光にお出掛けして下さい。楽しい思い出もでき満喫できるしょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。