INDEX

【夢占い】流産の夢にはどんな意味がある?

悲しい時に見ることが多い

悲しい

流産の夢を見ることが多いのは、妊娠経験のある女性、あるいは妊娠したいと考えている女性です。男性や妊娠出産に興味がない女性が見ることは少ないです。

流産してしまったらどうしようという思いからそういう夢を見る場合が多いです。過去に流産した経験があるという人も悲しいことがあった時などにふとそういう夢を見る場合があります。妊娠出産の経験がない、興味がないという人は自分が流産するのではなく母親に流産される夢を見ることがあります。

お腹が痛いという場合にも見る

腹痛

妊娠経験のある人は、腹痛や生理痛の時に流産の夢を見ることがあります。妊娠中の人も体調が悪かったり、流産の話を人から聞いて怖いと感じた後などに、そのような夢を見ることがあります。夢には予知夢もありますが、流産の夢が予知夢であることはありません。

妊娠・出産の経験の有無で意味が異なる

妊娠

妊娠や出産の経験のない女性や男性、子供を持つことに興味がない女性などが流産の夢を見る場合は、流産を恐れてそのような夢を見るのではなく、自分が大切にしていたことが駄目になってしまうかもしれないという不安を紛らわせるために、大切なことをあまり興味のない妊娠出産にみたててそのような夢を見ることがあります。

流産の夢を見る深層心理とは?

子供を授からないのではないかと言う不安

女性

流産の夢を見ることが多いのは、子供が欲しいと思っている女性です。そうなったら耐えられないかもしれない、という状況を夢に見るというのはよくあります。そうなった時に耐えらず意識が壊れてしまう危険性がある、というような事柄がある場合、無意識は逆にその状況を何度も夢で見せて耐性をつくろうとします。

産まれて来た意味がないのではないかという不安

女性

母親が自分を流産する夢は「自分が生まれてきたことには意味が無いのではないか」という不安を紛らわせたいという時に見ることが多い夢です。生まれた事に意味がないかもしれない、という思いを紛らわせるために、母親が自分を流産したことで悲しんでいる様子などを夢に見ることがあります。

流産の夢のフロイト流の解釈は?

隠された欲望を表すものとされている

女性

フロイトは人の意識には、自分で把握できる部分と、自分で把握することができない領域が存在すると考えました。夢を作り出しているのはこの自分が把握することが出来ない領域だとされています。

人は叶わない願望があった場合、いつまでもその事を意識しておくと辛いので抑圧します。抑圧した願望は消えてしまうわけでは無く、自分で把握することができない無意識と呼ばれる領域に溜まって行きます。ときおり此処に抑圧されている願望が夢として昇ってくることがある、というのがフロイトの夢診断です。

子供ができないならそれでいいと思いたい

女性

子供は授かりものです。家族からの期待や、子供が居るのが普通だ、という世間的な目から早く子供が欲しいと感じているような場合でも、本心ではできないならできないで良いではないか、と感じていることもあります。

子供が欲しいと言いつつも、本心では「子供が生まれるも生まれないも運命だ。自分の努力でどうにかなるものではない」と感じている場合、どうなるかは運命だ、ということを強く感じたいという欲求が生じ、流産の夢を見ることがあります。

流産が怖すぎるから夢で念のために予行演習している

妊娠

「どうしても子供が欲しい」と感じている女性ほど、流産の夢をよく見る傾向があります。無意識は基本的に意識を守ろうとします。流産してしまった場合、意識が正常に働かなくなる危険性がある、というような場合、そうなっても大丈夫なように夢でその状況を作り予行演習するという事があります。

【夢占い】流産の夢、シーン別の意味10個

1.【夢占い10個】流産の夢、妊娠中に流産の夢を見た場合

女性

流産の話を聞いてしまったり、流産が怖いと感じたりした後に見ることが多いです。「過度に怖がりたくない」「仮にそうなったとしても自分は受け入れることができると思いたい」という欲求を充足させようとしてそういう夢を見る場合があります。

2.【夢占い10個】流産の夢、出血する夢を見た場合

診察

妊婦の場合は、出血した後や、不正出血が流産につながるというような話を聞いた後に見ることが多いです。「そうなったとしても大丈夫な自分でいたい」という欲求を満たすためにそういう夢を見ることがあります。

妊娠の希望が無い女性や男性が見る場合は、これまで努力してきたことが悪い結果になるかもしれないという不安を紛らわせるために、そのような夢を見ることがあります。

3.【夢占い10個】流産の夢、自分が胎児になっている夢を見た場合

胎児

夢占いでは、自分が胎児になっている夢は吉夢であるとされています。もうじき新しいことが始まるという時に胎児になる夢を見る場合が多いです

胎児になった自分が流産される、というのはなんとなく不吉な感じがするかもしれませんが、夢占いでは吉夢だとされます。夢占いでは「死」は良い意味とされます。「胎児になった自分が流産される」というのは、古い事柄が終わって、新しいことがらが始まるという吉夢です。

4.【夢占い10個】流産の夢、他人が流産している夢を見た場合

流産するのが怖いと感じている時に見ることが多い夢です。「自分が流産する」という人よりも「他人が流産する」という夢を見る人の方が、より恐れていると言えます。

無意識は「夢の中で自分が流産してその状況に耐える」ことで、流産するのを怖がるという意識から逃れようとします。「自分が流産する」という状況を夢で見る事にも耐えられそうにないという場合、夢は「他人が流産する」という形になります。

まったく妊娠出産に興味がない人が、「他人が流産する夢」を見た場合、夢占いでは、その夢を見て怖かったのであれば、物事が失敗してしまうかもしれないという警告だと考えられます。その夢を見てほっとしたのであれば、進んでいた悪い出来事が終わったという吉夢です。

5.【夢占い10個】流産の夢、友達が流産する夢を見た場合

女性

妊娠していたり、ベビ待ち中の人が見る場合は「流産を過度に怖がっている」という意味になります。妊娠出産に全く興味がない人が見る場合は「流産した相手を励ましている」のであれば、友人をもっとかまってあげたいという欲求の現れです。

誰かを大切にしたい、かまってあげたい、という思いが強い時、「自分がその相手を励まして助けてあげる」ために夢の中でその相手が死んだりひどい目に遭ったりすることがあります。相手の不幸を願ってそのような夢を見るわけではありません。

6.【夢占い10個】流産の夢、ベビ待ち中に流産の夢を見た場合

女性

何かを過剰に怖がると、それを夢に見ます。「たとえそうなったとしても自分は大丈夫だ」と思いたいという意識が働くためです。ベビ待ち中に流産の夢を見るのは「たとえそうなったとしても自分は大丈夫だ」と感じたいという欲求があるためです。

なぜこんな怖い夢を見なくてはならないのか、と感じるかもしれませんが、夢の中での自分の感情を思い出してみるのがおすすめです。「仕方ないな」と思った、など、案外、落ち着いていたのではないでしょうか。流産の夢は自分が落ち着くために見ている夢であることが多いです。

7.【夢占い10個】流産の夢、胎児以外のものを妊娠して流産する夢

妊娠

胎児以外のものを流産する、という夢は男女問わず見ることがあります。自分が大切にしているものや、夢などが叶わないのではないかと不安になっている時によく見る夢です。

流産したことでほっとしている、という夢の場合は、進んでいた怖いことが終わったという事を意味しています。夢占いでは死や流産は、そのことによってほっとした、晴れ晴れとした気持ちになった、という場合は悪いことが終わるという吉夢とされています。今後運気が上向いてくる印です。

8.【夢占い10個】流産の夢、「流産した」という状況を夢に見た

女性

「流産した」という状況を夢に見る場合も、流産する夢と同じで、夢占いでは流産するのではないかと言う不安を意味しています。「流産した」という状況を受け入れている自分を夢に見ることで、「流産」という不安を紛らわそうとしてみる夢です。

9.【夢占い10個】流産の夢、妊娠の希望が全くないのに流産の夢を見た

はてな

妊娠の希望が全くなかったり、妊娠や出産に全く興味がない人が流産の夢を見ることもあります。この場合は流産の不安から逃れたいために作られた夢ではありません。「流産の夢」自体は夢占いでは吉夢とされています。「死」を連想させる夢は夢占いでは「悪いことの終わり」を意味するためです。

「これまで続けて来たことには意味が無かったかもしれない。それを終わらせて新しいことを始めるべき時が来た」という意味合いで流産の夢を見ることがあります。哀しい夢のようですが、続いていた苦しいことが終わり、新しいことが始まるという吉夢です。

10.【夢占い10個】流産の夢、姉、妹が流産する夢を見た場合

女性

妊娠出産の希望がある人が見た場合は「流産するかもしれない」という不安が強いという事を意味します。「自分が流産する夢」を見ることに耐えられない場合、自分ではなく身近な人が流産するという夢になる場合があります。

妊娠出産に興味がない人が見た場合は、姉妹をもっとかまってやりたい、という欲求の現れです。夢では、気にかけていたり大切に思っていたりする相手ほど怪我をしたり悪いことが起きたりします。もっとかまってやりたいという欲求の現われであり、大抵の場合予知夢ではありません。

【夢占い】流産の夢を見た後はどうしたらいい?

温かくして眠るようにしよう

女性

お腹が痛い時に見ることが多い夢です。温かくして眠ると見にくくなります。また、予知夢としてみる夢ではありません。「流産したらどうしよう」という恐怖から逃れるために無意識が荒療治として「流産してしまった」という状況を夢に見せている、という場合が多いです。

逆夢の場合が多い

女性

怖い夢を見た時に一番気になるのは、予知夢なのではないか、という事ですよね。流産の夢がより無である可能性はありません。「流産したらどうしよう」と思うあまりに見てしまう夢です。見てしまった時は怖がるのではなく、その夢を思い出し「夢の中では案外落ち着いていたな」など、自分の心境を思い出すとよいです。

流産の夢は夢占いでは良い意味の場合もある!

流産の夢は多くの場合、「流産してしまったらどうしよう」という恐怖から見てしまう夢です。もし見てしまった時は、「この夢は予知夢ではない」ということをまず理解しましょう。そのうえで「夢の中で自分は落ち着いていた。受け入れていた」など、夢の中での感情を思い出してみましょう。気持ちが落ち着いてくるはずです。

流産の夢は怖い夢だと思われがちです。しかし、妊娠出産に興味がない人や、流産を別段怖がっていない人が見た場合は吉夢とされています。ずっと続いていた出来事に決着がつく、古い出来事が終わる、という意味を持っている良い夢です。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。