INDEX

ストレートアイロンを使うなら、温度と時間に注目!

1)髪の毛は熱によって硬くなる!

綺麗な髪

髪の主な成分はタンパク質です。タンパク質は熱に弱く、熱によって変質してしまいます。その温度は、60度。60度を超えると、たんぱく質が変性し、固まってしまいます。

アイロンの熱によって髪のたんぱく質が固まって、髪が硬くなってしまうのです。硬くなった髪は、同時に内部が空洞化します。芯の抜けた筒のような状態になっているのです。

でも、60度の熱ではストレートアイロンで、綺麗なカールやウェーブはできないのでは?そこで、できるだけ髪を傷めずにできる、美しいヘアスタイル&アレンジを探っていきましょう。

2)ストレートアイロンの温度

ドライヤー

どんな髪質でも形を変えられる温度の目安が、だいたい150度~200度だそうです。髪のたんぱく質は60度で変質する訳ですから、ヘアアイロンを使い続ければ髪の毛は当然傷みますよね。

美容師さんの経験談では、ズバリ!カールやウェーブをつけるには、ストレートアイロンの温度170度〜180度!だそうです。ただし、個人差はあるので、少し低温で試してみてはいかがでしょうか?

次に大切なのは時間です!ヘアアイロンで短時間で髪の毛の形を変えて、繰り返し髪の毛に熱を加えない様にします。では、その時間はどのくらいなのでしょうか?

\ POINT /

ヘアアイロンは十分に髪を乾かしてから!

濡れた髪にアイロンをあてると、その水分が熱を通しやすくする為、瞬時に高温になってしまうので、必ず良く乾かしてから使いましょう!

3)ストレートアイロンを当てる時間は2〜3秒の高速で!

ストレートアイロンの温度が60度以上の場合は、髪の毛に当てる時間は2〜3秒です!150度で緩めのカールを作る時も2〜3秒。とにかく一瞬です!3秒以上は髪が傷むそうです。

\ POINT /

電源を入れる前に、練習を!

慣れないうちは、ストレートアイロンをOFFのまま、髪を巻いて練習を。

ストレートアイロンを使うなら、ヘアケアも!

ストレートアイロンで巻く前に

Amazonで商品の詳細を見る

Amazonで商品の詳細を見る

ストレートアイロンは、上手に使うと、髪はあまり傷まないそうです。美容師さん曰く、「慣れれば、素早く巻けるようになるし、髪はそんなに傷まない」とのこと。それでも、慣れるまでは不安ですね。痛みを最小限に防ぎ綺麗なヘアスタイルを作るには、どうすればいいのでしょうか?

それは、ストレートアイロンを当てる前にスタイリング剤をつけること。ヘアアイロン前専用のスタイリング剤をつけましょう。スプレータイプ、クリームタイプ、ジェルタイプがありますが、どれが合っているかは、髪質と相談してください。ウォータースプレーならば、ある程度乾いてから、アイロンをあてましょう。

\ POINT /

スタイリング剤をつけすぎないで

スタイリング剤をつけすぎると、水分油分が熱を通し、髪の毛の温度が上がるのが早いので、付けすぎには要注意です!

番外編|今使ってるシャンプーで本当に大丈夫?

BELTAボタニカルシャンプー・トリートメント

最近、髪にツヤがなくなってきたり、頭皮が乾燥してフケが...なんて悩みを抱えていませんか?ジメジメしている時は髪の指通りが悪かったり、乾燥している時は髪がパサパサになったりの繰り返される頭皮への負担で気づいたらあなたの頭皮がボロボロになってることという可能性もあります。

頭皮環境が悪化を放置してしまうと抜け毛や切れ毛が増え、ゴワゴワのダメージヘアになってしまいます。そのため、頭皮を保護ししなやかな髪を保ってくれるシャンプーが必要となります。

そこで実際に私も現在使っていておすすめなのが、海外有名セレブも御用達のBELTAボタニカルシャンプー・トリートメントです!これを合わせて使えば健康な頭皮にし、艶やかでハリのある髪にできます!また、すでにダメージを受けてしまっている髪も内側まで栄養を届けて、芯から強くまとまる髪へ導いてくれます。

今なら通常6,780円のところ初回購入2,980円とお買い得になっています!健やかな頭皮から美しいツヤ髪にしたい方、今すぐ本気のケアを始めましょう!

ストレートアイロンで巻いた後

Amazonで商品の詳細を見る

そして、カールやウェーブのスタイルを綺麗にキープするために、ワックスやオイルを揉み込み、ツヤも出て、乾燥も防ぎましょう。

ストレートアイロンの巻き方の基本

ストレートアイロンの基本の巻き方①【内巻き、外巻き】

内巻きは、少なめに髪の毛を取り、毛束を顔の方向に巻く巻き方です。縦のカールができます。毛束を取り、ストレートアイロンで、内側に一回転巻き、そのままスルッと毛先まで滑らせます。外巻きは、その反対。毛束を顔と反対側に一回転巻き、そのままスルッと毛先まで滑らせる方法です。

ストレートアイロンの基本の巻き方②【ウエーブ】

しっかりウェーブ
  1. ①まずは、毛先を外巻きにします。温度は高めの180度くらい(個人差あり)
  2. ②ブロッキングした髪から少なめの量を取り、ウエーブを出したい位置にストレートアイロンを当てます。
  3. ③そこから、一気に手首を上下に動かしながら、毛先にアイロンを滑らせます。丸く波を描く様に手首を動かします。この時、カールに沿って、反対の手指を添えるとやりやすいです。※やけどには注意してください。

ゆるめのウェーブ(初心者向け)
  1. ①ブロッキングした髪を、少し多めに取り、ウエーブを出したい位置にストレートアイロンを当てます。
  2. ②そこから、一気に手首を上下に動かしながら、毛先にアイロンを滑らせます。丸く波を描く様に手首を動かします。

ストレートアイロンの巻き方&アレンジのコツ

ブロッキングをする

髪を巻く時は、ブロッキングをすると、仕上がりが綺麗になります。髪をわけることをブロッキングといいます。頭を縦に三つ分け、真ん中は三段に、両端は2段に分けるのが一般的です。

ストレートアイロンで巻く毛束の量

毛束は思ったより、少なめです。7ブロックにブロッキングし、一番内側から巻いていきます。緩めのカールやウェーブなら、1ブロックを1束で、しっかり巻きたい時は、1ブロックをさらに、2つか3つに分けます。

アレンジは「くるりんぱ」がおすすめ

くるりんぱは、不器用でも手が込んでいるようなヘアアレンジができます。ゴムでまとめた髪の真ん中に、毛先を通す方法です。わかりづらいですね・・具体的な方法は次の「ストレートアイロンの巻き方&アレンジ15選」の最後をチェックしてみて下さいね。

ストレートアイロンの巻き方&アレンジ13選

ストレートアイロンの巻き方&アレンジ①:ウエーブ/ミディアム

ストレートアイロンの基本の巻き方②【ウエーブ】でご紹介した、横向きの波を作る巻き方です。ストレートアイロンの角でカクカクのウェーブにならない様に、手首を丸く動かすのがコツ!

ストレートアイロンの巻き方&アレンジ②:緩めウエーブ/ロング

初心者でもできそうですね。ストレートアイロンの基本の巻き方②【ウエーブ】でご紹介した緩めのウェーブです。毛束を多めに取り、手首を上下に返しながらゆっくり毛先へと向かいます。アイロンの温度は低めから始めてみましょう。仕上げにオイルをつけて、ツヤ感を出しましょう!

ストレートアイロンの巻き方&アレンジ③:外ハネ

ストレートアイロンの温度は高めで、毛束は少なめに取り、髪の毛の真ん中あたりから、毛先に向かって外側に手首を返しながら外に向かって、ハネを作ります。流行りの外ハネ、大人っぽいイメージですね。

ストレートアイロンの巻き方&アレンジ④:内巻きワンカール

ストレートアイロンの温度はやや高め。ブロッキングした髪を内側から取り、毛先を内側に軽くワンカールします。この時、内側の髪は緩めのカール、外側の髪の毛はしっかりめのカールにすると、毛先が綺麗に整います。

ストレートアイロンの巻き方&アレンジ⑤:ワンカール/菱形

ブロッキングした髪の一番内側を取り、大きめのカールを作っていきます。そして、外側の髪はしっかり目に内側に巻き、ワックスをもみ込んで、ふんわり仕上げます。ふんわり、女性らしい雰囲気になります。

ストレートアイロンの巻き方&アレンジ⑥:ミックス巻き/ロング

ブロッキングした髪を、少量の毛束で取り、内側から巻いていきます。ストレートアイロンを髪の毛の上の方で、顔の方向に向けて1度巻き、そのまま手首を内側に回転させ、毛先まで下ろしていきます。次の毛束は、反対の後ろ側に一度巻き、そのまま滑らせて、毛先まで下ろしていきます。これを交互に髪全体を巻いていきます。

巻き終わったら、最後にワックスを内側からもしっかりとみ込みます。毛束感が出るように、指先で毛先にワックスをつけていきます。パーっとに華やかになりますね!

ストレートアイロンの巻き方&アレンジ⑦:緩めミックス巻き/ミディアム

ブロッキングした髪を、少量の毛束で取り、内側から巻いていきます。ストレートアイロンを髪の毛の真ん中から顔の方向に向けて1度巻き、そのまま滑らせて、毛先まで下ろしていきます。次の毛束は、顔と後ろ側に一度巻き、そのまま滑らせて、毛先まで下ろしていきます。これを交互に髪全体を巻いていきます。

ストレートアイロンの温度は低めで、素早く巻いていきましょう。仕上げは、ワックスで髪を下に引張る様にして整えると、緩めのカールができます。

ストレートアイロンの巻き方&アレンジ⑧:ミックス巻き/ショート

こちらは、上級者向けですが、お勧めです。ストレートアイロンで、かなり可愛くできます!パーマではなかなかできないニュアンスですね。内側から少量を取りウェーブをつけていきます。ショートなので、内側のボリュームがですぎないようにするのがコツです。表面の髪も軽くウェーブをつけていきます。

仕上げは、ワックスを内側から揉み込んで、指先で表面の髪を捻るように毛束を作って、跳ねさせます。後ろもふんわりさせ、とっても可愛く変身です!

ストレートアイロンの巻き方&アレンジ⑨:ショート

ストレートアイロンで、内側からふんわり内側に巻いていき、仕上げのワックスで、軽く毛束感を出していきます。いつものショートより、ぐっと女っぽく、美しいスタイルに変身です!

ストレートアイロンの巻き方&アレンジ⑩:前髪/短め

ふんわり前髪の作り方
  1. ①ストレートアイロンで前髪を挟み、分け目から、流したい方向と逆に手首を内側に回す感じで流します。
  2. ②前髪の外側の部分は、少し上に持ち上げてクルッと巻きます。
  3. ③最後に手ぐしで、流したい方向に流します。まだ熱いうちに流しましょう。

ストレートアイロンの巻き方&アレンジ⑪前髪/ふわっと後ろに流す

ふわっと後ろに流す前髪の作り方
  1. ①まず、分け目から、左右に前髪を軽く内巻きにします。
  2. ②「ふんわり前髪の作り方」の①〜③と同じです
  3. ③前髪の長い部分の毛先を挟み、軽く外側に巻きます。

ストレートアイロンの巻き方&アレンジ⑫:髪が多い人の裏技

まず、最初に、髪全体に、オイルを揉み込みます。そして、ブロッキングした毛束を取り、毛先だけ全体を外側に巻き、外ハネにします。次に、表面の髪だけ、ほんの...ほんの少しの量の毛束を取り、内巻き、次は外巻きとランダムに作っていきます。全体のバランスを見ながら、巻いていきましょう。

ストレートアイロンの巻き方&アレンジ⑬:くるりんぱ

ヘアアイロンで、ウエーブやカールを作ったら、くるりんぱでまとめるのもオススメです。いつもはカールのない髪をまとめている人は是非やってみてください!見違えるくらい可愛くなります!

やり方は、簡単です。ゴムで、髪を留め、真ん中に穴を開け、毛先を上から下に通します。あとは、少しづつ毛束を引っ張り、ルーズな感じにします。オススメです!

ストレートアイロンの巻き方&アレンジまとめ

いかがでしたか?パーマヘアもいいけど、セルフで巻くのもとてもオススメです!ストレートアイロン1本で、色々なヘアスタイルに変身できますね。ストレートアイロンの巻き方をマスターすると、ヘアスタイルは無限大です。

美しいヘアスタイルを作るには、ストレートアイロンの温度と、髪に当てている時間が重要です。ストレートアイロンの巻き方を習得し、自分の髪質に合った温度とスタイルをマスターして、美髪を目指しましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。