INDEX

クロップドパンツって何?

クロップドパンツはこれだ!

「クロップドパンツ」とは丈の短いパンツの総称です。長さはだいたいひざ下からくるぶしぐらいまで。、似た呼び名のパンツに「カプリパンツ」があります。クロップドパンツはカジュアルからフォーマルまで、様々な場面で着ることのできるパンツです。

\ POINT /

アンクルパンツとクロップドパンツの違いって何?

クロップドパンツやカプリパンツと同じように丈の短いパンツで「アンクルパンツ」とよばれるものがあります。これはくるぶし丈のパンツのことで、クロップドパンツの中の1種類になります。

似たようなパンツ「カプリパンツ」とは?

イタリアのカプリ島が由来の「カプリパンツ」は、少し長めのショートパンツと言われるような七分丈のパンツのことです。実際カジュアルなファッションに分類されるパンツであり、フォーマルなシーンでは使われることのないパンツです。「クロップドパンツ」の中の1種類になります。

\ POINT /

サブリナパンツとクロップドパンツの違いって何?

丈の短いパンツで「サブリナパンツ」とよばれるものがあります。これはカプリパンツよりも少し丈は長くく、アンクルパンツよりも短いパンツのことです。特徴としては細身のシルエットで、クロップドパンツの1種類になります。実はこのパンツの名前の由来は「麗しのサブリナ」という映画内で、主演のオードリー・ヘップバーンが着用していたことから呼ばれるようになりました。

クッロプドパンツが似合う5つのポイント

クロップドパンツの丈をチェック

クロップドパンツは六分丈から九分丈の長さのパンツですが、実際におしゃれに着こなし易いパンツの長さがあります。その長さは足首より少し上目な八分丈がコーデし易い長さです。

\ POINT /

六分、七分、八分、九分丈ってどのくらいの長さ?

クロップドパンツの長さは六分〜九分丈です。十分丈は、いわゆるくるぶしより下のフルレングスの長さのことで、五分丈は膝までの長さのことなので、ちょうどその間の長さをクロップドパンツは網羅しています。もう少し分かり易くいうと、六分丈はひざ下のふくらはぎの始まる辺り、七分丈はふくらはぎの中央部分辺り、八分丈はふくらはぎの終わりかける辺り、九分丈はくるぶし辺りになります。

クロップドパンツの太さ選び

クロップドパンツでコーディネートする場合、パンツの太さにより印象が大きく変わります。例えば細めのクロップドパンツは、綺麗な大人系コーディネートに合います。太めのパンツは、おしゃれ上級者のカジュアルコーデに合います。その時のTPOや合わせるトップスによって選ぶといいですね。

合わせる靴とのバランス

クロップドパンツは足元がしっかり見えるため、靴とパンツのバランスが重要です。例えばヒールパンプスやサンダルの場合は、足首から下の部分の露出が多くなるため短すぎない八分〜九分丈のクロップドパンツがオススメです。逆にアンクルブーツやハイカットのスニーカーの場合は、七分丈のクロップドパンツがオススメです。

合わせるトップスとのバランス

クロップドパンツに合わせるトップスは、丈の短いトップス、もしくは長いトップスが合わせやすくなります。クロップドトップス&短めトップスの組み合わせは、全体的にすっきりした印象になり、背の低い方には特にオススメのコーデです。クロップドパンツ&長めのトップスは、カジュアル感の出るコーデに仕上がります。

TPOに合わせたクロップドパンツ選び

長さも太さも色々あるクロップドパンツ。カジュアルからフォーマルな場面まで着こなせる便利アイテムです。例えばパーティーで履くクロップドパンツは、細みで九分丈のクロップドパンツがエレガントに見えるでしょう。太めの八分丈パンツにスニーカーを合わせると、カジュアルなコーデも楽しめます。

クロップドパンツの長さ&太さ別レディースコーデ!

短め&細みのクロップドパンツの場合

七分丈ぐらいの短めで細みなクロップドパンツには、ディテールのあるシューズを見せて履くようなコーデがオススメ。トップスにはボリュームのあるものを合わせると少しカジュアルになり、デイリー使いのできるレディースコーデになります。

短め&太めのクロップドパンツの場合

短くて太めのクロップドパンツはスポーティーに着るのがオススメです。足元はソックスを見せてスニーカーを履くと、よりスポーティーなカジュアル感が出ます。背の低い方は、トップスは大きすぎないサイズ感がバランスよく着こなせます。逆に背の高い方は、少し長めのオーバーサイズだとおしゃれ感がアップします。

長め&細みのクロップドパンツの場合

くるぶし丈の細みなクロップドパンツには、同じくくるぶし丈のアンクルブーツのコーデがオススメです。この時アンクルブーツとパンツの間に少し隙間があるものを選ぶ事がおしゃれに見えるポイントです。足長効果が得られ、すらっとした印象になります。

長め&太めのクロップドパンツの場合

丈がくるぶしぐらいの長さで太めのクロップドパンツには、ヒールパンプスもしくはヒールサンダルのレディースコーデがオススメです。全体的に大人系な印象になり、ちょっとしたパーティーや仕事先、少しフォーマルなディナーなどでも使えるコーデに仕上がります。

失敗から学ぶクロップドパンツの着こなし

これは失敗!丈が短すぎる

丈が短すぎると「カプリパンツ」になってしまいます。カプリパンツは少し長めのショートパンツなので、カジュアルな印象だけdになり、クロップドパンツのようにフォーマルにも着こなせるものとは異なります。

これは失敗!丈が長すぎる

丈がくるぶしより下の十分丈以上になると、これはクロップドパンツではありません。クロップドパンツを履きこなしたレディースコーデをするならば、パンツの丈はくるぶしよりも短い丈を選ぶことがポイントです。

これは失敗!靴との相性が悪い

クロップドパンツは靴とのバランスが重要です。特にパンツと靴との間の間隔が長すぎるとカプリパンツに見えてしまったり、もしくはとても難易度の高いレディースコーデになってしまいます。また逆にパンツの裾にかぶるよう長めのブーツやハイカットのスニーカーの場合は、せっかくのクロップドパンツも台無しです。

クロップドパンツをおしゃれに見せるテクニック!

ソックスをあえて見せておしゃれ感アップ!

クロップドパンツからソックスを見せるレディースコーデ。ポイントはソックスに使われている色をトップスや小物に使うとおしゃれ感がアップ。カラフルなソックスとのコーデはおしゃれ上級者に見えますよ♪

ワンピースと合わせておしゃれ感アップ!

膝上のワンピースにクトップドパンツを合わせるレディースコーデ。シャツワンピに少し短めのクロップドパンツを合わせると、ナチュラル系のカジュアルコーデに仕上がります。やりすぎず、さりげないおしゃれ感が出ますよ。

スカートと合わせておしゃれ感アップ

スカートの下にパンツ!?ちょっと考えにくいかもしれませんが、例えばレギンスだったらありですよね?それと同じように、おしゃれ上級者はクロップドパンツをスカートの下に履くコーデも得意です!この場合パンツは細めのパンツが適しており、ひざ下をすっきり見せることがポイントです。

裾に工夫をしておしゃれ感アップ

クロップドパンツの裾を折り返して履くと、微妙な丈の調節ができ、こなれたおしゃれ感がでます。例えば折り返しにスティッチのあるようなサベージデニムは、1cm〜2cm程度の幅で折り返すとかっこよく着こなせます。合わせる靴により折り返す幅を変えると、全体的なバランスが良くなります。

これクロップドパンツ!?なパンツでおしゃれ感アップ

一見スカートに見えるような広がりのある太めのパンツ、去年あたりから大流行してますよね!そのワイドパンツも、ロングスカートのようなエレガントさが残りつつも、くるぶしぐらいの丈を選ぶことでカジュアルさが生まれおしゃれ感がアップします。背の低い方はヒールと合わせると◎。トップスは軽めに!

クロップドパンツの季節別レディースコーデ

季節別:冬のクロップドパンツコーデ

冬のクロップドパンツは、足元には季節感のあるブーツを合わせるのがオススメです。短めで細みのクロップドパンツに、ヒールのあるアンクルブーツ、ロングコートの組み合わせは縦長効果が絶大!!パンツとブーツの間が1cmぐらい隙間があると◎。全体的にすっきりした大人なレディースコーデの完成です。

季節別:冬のクロップドパンツコーデ(カジュアル)

動きやすいカジュアルな服装の場合は、足元はスニーカーがオススメ。この時のクロップドパンツの丈は八分ほどにし、かっこいいメンズっぽいスニーカーを見せて履きましょう。

季節別:春のクロップドパンツコーデ(フォーマル)

裾のディーテールのあるデニムパンツに、足首までデザインのあるヒールシューズを合わせ、お堅くなりすぎないクロップドパンツコーデの完成!この時デニムは八分丈か九分丈が上品に見せる長さになります。またデニムはスキニータイプを選びましょう。

季節別:春のクロップドパンツコーデ(カジュアル)

春のクロップドパンツのコーデは、すっきりとした足元を見せるのがオススメです。カジュアルなクロップドデニムにスニーカーを合わせると◎。デニムはロールアップも可能なので、合わせる靴によって裾の長さを変えてみてください!

季節別:春のクロップドパンツコーデ(カジュアル)

春は冬よりも暖かく少し軽い印象を与えるようなファッションがオススメです!オーバーオールはジャケットなどのカチっとした印象とは反対に親しみやすい印象を与えるファッションなので春のクロップドコーデにはピッタリです。

季節別:春のクロップドパンツコーデ(カジュアル)

少し靴との印象が悪い気もしますが、ワイドなクロップドパンツに同系色のパーカーを組み合わせるのもおすすめのコーデです!ちょっとしたお出かけやお散歩にもおすすめです。

季節別:夏のクロップドパンツコーデ(フォーマル)

夏のクロップドパンツをフォーマルな場面で着こなす場合は、丈感と素材が重要です。足の甲がしっかり見えるサンダルやパンプスに細みで九分丈のパンツを合わせると、上品な印象のコーデに仕上がります。素材はさらっとしたスーツ素材や、少し光沢のある素材だとエレガントさがより引き立って見えるでしょう。

季節別:夏のクロップドパンツコーデ(カジュアル)

夏のクロップドパンツコーデは、短めなパンツにTシャツTシャツをタックインし、足元はヒールのあるサンダルやパンプスのコーデがオススメです。足首周りもすっきり、タックインしたお腹周りもすっきり、全体的にバランスのとり易い、上品かつカジュアルな雰囲気も出るレディースコーデです。

季節別:夏のクロップドパンツコーデ(カジュアル)

夏は爽やかなイメージの色のコーデをお勧めします!半袖に対して足元のくるぶしを見せると爽やかな印象のコーディネートになります。

季節別:秋のクロップドパンツコーデ(フォーマル)

太めのクロップドパンツにローファー、さりげなく羽織るジャケットというメンズライクな秋のフォーマルコーデはいかがですか?ポイントは太めのクロップドパンツの丈がくるぶしより上で、足首を見せたスタイルにすることです。足元がすっきり見え、太めのパンツの形も強調され、さりげないおしゃれ感が出るコーデです。

季節別:秋のクロップドパンツコーデ(カジュアル)

秋のクロップドパンツのコーデは、きれい系なスラックスパンツにざっくりとしたニットがオススメです。足元はスニーカーにすることで、カジュアルだけど大人な雰囲気のあるレディースコーデに仕上がります。ポイントはパンツの長さはくるぶしより上で、指4本文ぐらいの間隔をあけるとおしゃれ感がアップします。

クロップドパンツコーデを楽しもう!

長さも太さも様々なクロップドパンツは、カジュアルからフォーマルまで着こなすことのできる便利おしゃれアイテムです。こなれたおしゃれ感を出すのにはパンツの長さが重要です!普段のレディースコーデに取り入れ易いアイテムなので、ぜひ色々試してみてくださいね!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。