Large thumb shutterstock 530326441

女性のまとめ髪におすすめワックス&スプレーは?毛先まで綺麗に!使い方

更新:2019.06.21

朝キレイにセットしたまとめ髪、1日中キレイをキープしたいですよね。そんな女性のまとめ髪におすすめのワックスやスプレーをご紹介します。毛先までキレイにまとめるには、髪の毛の状態に合ったワックスを選ぶのも大切です。ワックスの選び方や使い方のコツもあわせてご紹介します。

女性のまとめ髪におすすめのワックスって?

まとめ髪をキレイに仕上げたい!

女性のまとめ髪、ワックスやスプレーを使ってもうまくまとまらない、キレイに仕上がらないとお悩みの方もいるのではないでしょうか。そんな方はワックスやスプレーをどうやって選んでいますか?自分の髪の毛の悩みに合わせて選んでいますか?

ワックスやスプレーには様々な種類があり、髪の毛を固めるのが得意なもの、ツヤを出すのが得意なものなどそれぞれ特長が違います。そのため、自分の髪の毛の悩みに合ったワックス選びも重要になります。そんなワックスの選び方や使い方、女性におすすめのワックスをご紹介していきます。参考にしてみて下さい。

女性のまとめ髪にも!ワックスの種類

クリームタイプ

クリームワックスは今までワックスを使っていなかったという初心者の方でも使いやすい、最もポピュラーなワックスです。質感は柔らかいファイバータイプと硬いマットタイプの中間位で伸びやすくなっています。

毛束感などはそれほど出せませんが、ほどよいまとまり感があり、多少のボリュームを出すこともできます。ゆるふわなまとめ髪には適していますが、きっちりとしたまとめ髪には、キープ力が少し足りないことがあります。

ファイバータイプ

ファイバータイプのワックスはとても柔らかく伸びが良いワックスです。ワックスに含まれるファイバーで毛束感を作りやすく、くせ付する力に優れています。髪の毛が細い、柔らかいという方がつけると、ぺったりとしてしまったりすることがあります。

クレイ・マットタイプ

クレイ・マットタイプのワックスは硬めのワックスで、伸びはそれほどよくありません。そのためロングヘアの方には使いづらいワックスです。伸びが良くないので大量に付けてしまうとかたまってしまいますので、薄く伸ばしていく必要があります。

質感が硬く、マットな質感ですので傷んでいる髪の毛に使うと、パサパサになってしまうことがあります。きっちりとしたまとめ髪を作ることができますが、ふんわりとした柔らかいまとめ髪にしたいという時には向いていません。

ムース・スプレータイプ

スプレータイプやムースタイプは水分量も多いので、髪の毛全体にまんべんなく付けることができ、使いやすくなっています。どちらも軽い質感なので、髪の毛がぺったりしにくく、空気感のあるスタイリングが得意です。

スプレーやムースタイプは水分量が多いということもあり、ストレートヘアの方だけでなく、パーマヘアの方にも適しています。また、くせ毛の方はそのくせ毛を活かしたヘアスタイルを作るのにも適しています。

番外編|今使ってるシャンプーで本当に大丈夫?

BELTAボタニカルシャンプー・トリートメント

最近、髪にツヤがなくなってきたり、頭皮が乾燥してフケが...なんて悩みを抱えていませんか?ジメジメしている時は髪の指通りが悪かったり、乾燥している時は髪がパサパサになったりの繰り返される頭皮への負担で気づいたらあなたの頭皮がボロボロになってることという可能性もあります。

頭皮環境が悪化を放置してしまうと抜け毛や切れ毛が増え、ゴワゴワのダメージヘアになってしまいます。そのため、頭皮を保護ししなやかな髪を保ってくれるシャンプーが必要となります。

そこで実際に私も現在使っていておすすめなのが、海外有名セレブも御用達のBELTAボタニカルシャンプー・トリートメントです!これを合わせて使えば健康な頭皮にし、艶やかでハリのある髪にできます!また、すでにダメージを受けてしまっている髪も内側まで栄養を届けて、芯から強くまとまる髪へ導いてくれます。

今なら通常6,780円のところ初回購入2,980円とお買い得になっています!健やかな頭皮から美しいツヤ髪にしたい方、今すぐ本気のケアを始めましょう!

今すぐ本気のケアを始めたい方はこちら

ジェルタイプ

ジェルタイプのワックスは、くせ付などスタイリングする力に優れています。ワックスの多くは固まるということがありませんが、ジェルタイプは仕上がりがカチッと固まります。きっちりとしたまとめ髪にしたい時におすすめです。

ワックスは乾いた髪の毛に使うことが多いですが、ジェルタイプのワックスは濡れた状態でも使うことができます。そのため、髪の毛の量が多いという方も使いやすくなっています。

ウォータータイプ

ウォータータイプのワックスは水分が多く含まれているため髪の毛になじみやすく、他のワックスに比べてベタつきにくいという特徴があります。くせ付やセット力は弱いですが、ナチュラルなヘアスタイルやふんわりとしたスタイルを作るのに適しています。

グロスタイプ

グロスタイプのワックスはその名の通り髪の毛にツヤを出すことができます。ジェルタイプと見た感じは似ていますが、セット力はジェルタイプほど強くなく、ウェットな質感に仕上げることができます。

髪の毛が傷んでいる方やパサつきが気になる方は、サッと塗ることでうるおいのあるしっとりした質感にすることができます。ウェットでタイトな仕上がりになりますので、きっちりとしたまとめ髪におすすめです。

まとめ髪に!ワックス&スプレーの選び方

後れ毛、浮き毛が気になる方

後れ毛や浮き毛が気になる方はキープ力の高いワックスがおすすめです。またはウェット感のあるスタイルに仕上げると浮き毛などが気にならなくなります。グロスタイプなら輝くようなツヤ感が出ますので、おすすめです。

ダメージ、パサつきが気になる方

ダメージヘアやパサつきが気になる方は、ツヤ感を出すことができるクリームタイプやグロスタイプのワックスがおすすめです。クレイタイプなどマットな質感の物は避けた方がよいでしょう。

毛先までしっとりさせながら、よりナチュラルに仕上げるにはクリームタイプを、上品に仕上げるにはグロスタイプなど使い分けてみるとよいでしょう。ジェルタイプでもツヤは出ますが、固まってしまいますので、ゆるふわなどには向きません。

髪の毛の量が多い、くせ毛の方

髪の毛の量が多い、くせが強い、髪の毛が硬い、広がりやすいなどの悩みをお持ちの方はファイバーワックスがおすすめです。ファイバーワックスは油分が多く含まれているため、柔らかめで伸ばしやすいので髪の毛の量が多くても全体的にまんべんなく付けることができます。

さらに髪の毛全体をしっかりとまとめてくれます。さらに美容成分なども含まれているワックスであるとなお良いでしょう。髪の毛の内側から柔らかな仕上がりになりますよ。

髪の毛が細い、サラサラな方

髪の毛の細い方、柔らかい方はワックスを付けてしまうとペタっとしてしまうことがあります。ほどよいボリューム感を出すにはクレイ・マットタイプのワックスがおすすめです。油分が少ないためペタっとせず、自然なスタイリングができます。

毛先までキレイに!ワックスの上手な使い方

きっちりまとめ髪

きっちりまとめ髪!ワックスの使い方

  1. 手にワックスを適量取る
  2. ワックスを手でよくなじませる
  3. キレイにまとまらない部分にワックスを付ける
  4. 浮き毛が気になる部分にワックスをつける
  5. 全体のバランスを見て整える

ワックスの使い方ですが、まとめ髪だからと大量のワックスを付けてしまうと仕上がりが不自然になりますので、適量を手に取りなじませるようにして使いましょう。クリームタイプやファイバータイプだと浮き毛などがキレイにまとまります。ウォータータイプなどは短い髪の毛だと浮いてしまうことがあります。

ゆるふわまとめ髪

ゆるふわまとめ髪!ワックスの使い方

  1. ワックスを手に取る
  2. ワックスを手のひらでよくなじませる
  3. 髪の毛の束を手に取りワックスをつける
  4. 全体を見てバランスを整える

ゆるふわまとめ髪の使い方は特に髪の毛の束にワックスをつけていきますので、ワックスの量を取りすぎないようにしましょう。ゆるふわに仕上げるところが不自然な毛束感が出てしまいます。よりナチュラルに仕上げるために、全体的にまんべんなくワックスを使うと自然な仕上がりになります。

後れ毛を作る

後れ毛を作る時のワックスの使い方

  1. 後れ毛を2つに分ける
  2. 後れ毛に動きを出す時は3つに分ける
  3. 手にワックスを取る
  4. 手の平でワックスをなじませる
  5. 2、3等分した後れ毛の1束にワックスをつける
  6. 残りの後れ毛にもワックスをつける

後れ毛を作る時の使い方は後れ毛全体にワックスを付けるのではなく、束を分けてからワックスを付けることで後れ毛に動きが出ます。動きを多くしたい時には毛束を細かく分けると、自然な動きのある後れ毛ができます。

女性のまとめ髪におすすめのワックス9選!

ツヤ:ルシードエル/ジューシーモイストワックス

ルシードエルのジューシーモイストワックスはツヤを出すのが得意なワックスになります。髪のダメージやパサつきが気になるという方におすすめのワックスです。パサつく髪の毛にうるおいを与え、毛先までしっとりまとまる美容液タイプのワックスです。

髪の毛の内部で水分を抱え込む浸透型ヒアルロン酸、うるおちを閉じ込めるコーティング型のヒアルロン酸とWヒアルロン酸が配合されているため、パサついた髪をうるおいのある柔らかな質感に仕上げてくれます。さらに軽キメパウダーが配合されているためスタイリングもしっかり決まります。

ツヤ:クフラ/ボリューミィカールワックス

クフラのボリューミィカールワックスは付ければツヤ感が出て、適度なキープ力もあるワックスになります。チューブタイプなので、クリームを手に取りやすくなっています。パサつきが気になる方や、ふんわりとしたまとめ髪にしたい時におすすめです。

硬めの髪の毛をふんわりと柔らかな質感に見せてくれますので、髪の毛の量が多い、くせ毛という方にもおすすめで、毛先までしっとりとしたまとめ髪に仕上げてくれます。

ケア:レイナチュ/プレミアムまとめ髪WAX

レイナチュのまとめ髪ワックスは崩れやすいまとめ髪をしっかりキープしてくれますが、それだけではありません。傷んだ髪の毛をケアしてくれる効果に優れたワックスになります。ダメージやパサつきが気になる方、後れ毛や浮き毛が気になる方におすすめのワックスになります。

こちらのワックスにはツバキ、ホホバ、アルガンオイルなどの毛髪保湿オイルが5種類、3つの毛髪補修成分が贅沢に配合されており、洗い流さないトリートメント効果で髪の毛をケアしてくれます。紫外線防止効果もあるため、日差しからも髪を守ってくれます。スティックタイプで手を汚さず使えるのも魅力です。

キープ力:アリミノ/ピースフリーズキープWAX

アリミノのピースフリーズキープはキープ力に優れたワックスになります。後れ毛や浮き毛が気になる方、ミディアムやショートの髪を伸ばしかけの方などにおすすめのワックスです。少量で思い通りのスタイリングができますので、コスパも良くなっています。

美容師さんなどプロの方も薦めるアリミノのワックスはヘアスタイルが個性的、自在にデザイニングできる独自のクリーム質になっています。付け心地は軽いのにしっとりうるおい、キープ力は強いのにベタつかないという優れものです。まとめ髪にもダウンスタイルにも重宝するワックスです。

キープ力:マトメージュ/まとめ髪スティック

マトメージュのまとめ髪スティックはキープ力の高いワックスになっており、後れ毛や浮き毛などが気になる方におすすめです。髪をまとめ髪スティックでサッとなでるだけで、簡単に気になる部分をしっかりまとめてくれます。

髪の毛にツヤとうるおいを与えるためツバキ、アルガンオイル、バオバブオイルが配合されています。スティック状になっているため、髪の毛をまとめながら使うのに使いやすく、手も汚れないので外出先などでちょっと手直しするにも便利です。

スプレー:アリミノ/スパイスシャワーワックス

アリミノのスパイスシャワーワックスはスプレータイプのワックスです。ノンウォータータイプのワックススプレーでミクロの霧となって出てきます。キープ力というより空気感を出すのに優れていますので、後れ毛やゆるふわなまとめ髪のスタイリングの時におすすめです。

うるおい成分の植物スクワランが配合されていますので、まとめ髪の最後にサッとスプレーすればしっとり毛先までまとまります。ほんのりくせ付してくれるので、繊細な後れ毛のセットにぴったりです。

スプレー:アリミノピース/ワックススプレー

アリミノのワックススプレーは適度なくせ付力があり、束感を作りやすいワックスになります。こちらのスプレーも後れ毛やゆるふわなまとめ髪にしたい時におすすめです。スプレータイプなので、手を汚さずに仕上げることができるのも嬉しいポイントです。

まとめ

いかがでしたか?まとめ髪、毛先までキレイに仕上げたいですよね。ワックスやスプレーを使うという方も多いと思いますが、ワックスにも様々な種類があります。その中から、髪の毛の状態に合ったワックスを選ぶことが重要です。

まとめ髪と言ってもきっちりとしたまとめ髪、ゆるふわなまとめ髪と仕上がりの印象は大きく変わります。なりたいイメージに合わせて、ワックスを使い分け、ワックスの使い方も工夫しましょう。さらに、ゆるふわスタイルでは後れ毛の作り方でこなれ感やオシャレ感が出ますので、ワックスなどを使い丁寧に仕上げましょう。

おすすめのワックスやスプレーは、それぞれの特長別にご紹介しています。まずは、自分の髪の毛の状態を確認して、悩みに合ったワックスやスプレーを選ぶ参考にしてみて下さい。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。