INDEX

デニムパンツは定番のアイテム

おしゃれの定番、ジーンズ

レディースであれメンズであれ、ジーンズはもはやファッションアイテムの中の定番となっています。機能性にとどまらず、おしゃれとして穿くことも多くなってきました。ところで、皆さんはジーンズの収納方法ってどのようにしていますか?中には、適当な収納方法で済ませている人もいるのではないでしょうか。

しかし、それではもったいないですよ。ジーンズをより気持ちよく穿くためには、収納方法に気を使うことがポイントですよ。ジーンズの保管の方法はもちろん、たたみ方やハンガーの掛け方にも上手な方法というものがあるのです。要点をおさえておけば、簡単にできますよ。

デニムパンツとも呼ばれるジーンズ

話がそれますが、ジーンズは最近ではデニムパンツと呼ばれることが多くなってきました。デニムと呼ぶ若者もいますが、デニムは生地のことを指しますので、ジーンズの正確な別名はデニムパンツです。ちなみに、インスタグラムではジーンズよりデニムパンツの方が画像の検索がしやすいです。

収納方法次第でジーンズをより楽しく

ジーンズの収納方法やたたみ方、ハンガーの掛け方に注意を払えばどのようなメリットがあるのでしょうか?型くずれしにくい、しわが付きにくい、穿くときに取り出しやすいなど、様々な効果があります。お気に入りのジーンズを、もっと気持ちよく穿きたいとは思いませんか?それでは、ジーンズ保管のコツを解説します。

ジーンズの保管・収納方法のコツはたたむこと

スマートにたためば保管しやすい

ジーンズの収納方法の基本的なこととして、スマートにたたむことがあげられます。たたんだ状態で収納すれば、場所をとらずに済みます。保管の際に、タグが見えるようにすればより目当てのジーンズを探しやすくなりますので、意識してみてはいかがでしょうか。それらの心がけは、賢いジーンズの保管のためになります。

また、ジーンズを保管するためのラックを利用してみるとよいでしょう。ジーンズを一本ずつ収納すれば、ジーンズ同士が擦れてしまうこともなく、長持ちさせるために効果的ですよ。出し入れが楽になることも、ラックを利用することのメリットの一つです。

店のように積み上げて

店における陳列方法にならって、ジーンズをたたんで積み上げるという収納方法もあります。この方法の最大のメリットは、保管のためのスペースが節約できるという点です。ジーンズに収納の場所をとられてしまっては困る、という意見もあるでしょう。そのような場合に積み上げる方法はおすすめです。

この方法のデメリットは、穿きたいジーンズを無理矢理引っ張り出すようなことをすれば、ジーンズの山が崩れてしまうことです。目当てのジーンズを取り出す際には、丁寧かつ慎重にする必要があります。そこに気をつければ、積み上げて保管することも悪くはありません。

収納方法の基本・ジーンズのたたみ方の手順

まずは真ん中で半分に

ジーンズの収納方法の入門として、ここで上手なジーンズのたたみ方について、説明していきます。最初にすることは、カーペットや床などの上にジーンズを広げて、しわをしっかり伸ばしてから股の部分で半分に折りたたむことです。股の部分から、しわがつかずにちゃんとたためているかどうか、確認しておきましょう。

長さを3分の1に

半分にたたんで、しわもなくきれいなことが確認できたら、次に上下をたたみます。裾を持ちあげてたたみ、全体の長さが3分の2くらいになるようにします。ここの時点で、重要なことが一つあります。それは、もう一度しわがついていないかどうか、再び確認することです。

そして、腰の部分を持ってたたみ、全体が3分の1程度の長さになるようにたたみます。きれいにたためているかどうかの確認を、ここでも怠ってはいけません。ここまでのステップが正しくできていれば、ジーンズは上手にたためているはずです。

もう一度折れば完成

ここまでたたんだら、さらに半分に折ります。これで、ジーンズのたたみ方は完了です。このたたみ方を覚えておくことによって、収納方法もまた楽になります。タンスなどに入れる際に、かさ張らずに入れることができますよ。ジーンズの保管場所は、それなりのスペースが必要ですが、たたみ方次第で悩まずに済みます。

ジーンズを吊るす収納方法もあり

利点の多い吊るす収納方法



ジーンズをたたむのは、やはりちょっと難しい…そんな皆さんにお勧めしたいのが、ジーンズを吊るす収納方法です。好みのジーンズを並べて楽しめるのが、この収納方法の魅力です。その上、たたんで保存する場合に比べて、吊るしておくほうがジーンズを傷めにくいメリットもあるため、おすすめできます。

この収納方法でジーンズが傷みにくいのは、ジーンズ同士が擦れず、かつ通気性も良いからです。おまけに、しわが付きにくいこともまた、この収納方法の特長です。もちろん、穿くときに取り出しやすいこともまた、メリットにあげられます。ジーンズを吊るせば、穿くときに楽しく選ぶことができますよ。

吊るす収納方法の問題点

ここまでで、ジーンズの吊るす収納方法のメリットについて強調してきましたが、やはり問題はあります。それは、とにかく場所をとることです。そもそも、店舗における陳列方法にならった方法のため、一般家庭で、ジーンズのためだけに、収納スペースを確保するということは、ちょっと厳しいのではないでしょうか。

冬場には、オーバーコートを吊るしておく機会が増えますので、ますますジーンズを保管するスペースをとることは厳しくなるでしょう。部屋の広い物件を探すなり、倉庫を借りるなり、相当の手間暇をかける必要があるかもしれません。よって、ジーンズを数多く持ち合わせている人には、これ以外の収納方法が良いでしょう。

ジーンズの収納方法の要素・正しいハンガーの掛け方

ハンガーにかけて保管

それでも、自分の部屋に収まる範囲であれば、ハンガーを利用した収納方法は検討の価値があります。ここで、正しいハンガーの掛け方について解説していきます。まずは、両端に洗濯ばさみのような器具のついた、スラックス向けのハンガーを用意します。ハンガーのピンチで挟んで、ジーンズを吊るしておくだけで簡単です。

もちろん、安定してハンガーを掛けられる、充分な収納スペースがあることが絶対条件です。その条件さえ整っているのであれば、ハンガーに掛けて収納する方法は、ジーンズの保管の仕方として有力な選択肢でしょう。ジーンズの上手な保管方法として、ハンガーを使った収納方法を、是非一度お試しあれ。

ハンガーの選び方の注意点

ジーンズ保管の際のハンガーの掛け方には、注意すべき点があります。それは、ハンガーの選び方です。図のように、コートやジャケットに使用することを想定されているハンガーに掛けて保管した場合、腰の部分に型がついてしまう可能性があります。針金製のハンガーもまた、ジーンズ保管にはNGです。

以上のような注意点を覚えておけば、ハンガーに掛けてジーンズを収納することは、ジーンズ保管のために適した方法であるといえます。タンスなどに入れるにせよ、積み重ねるにせよ、たたんで保管しておくのは、意外と手間がかかる面もあります。コツを知って、ハンガーでジーンズを収納してみませんか。

他にもジーンズの収納方法はいろいろ

S字フックは強い味方

ジーンズはたたんで収納するのも、ハンガーで収納するのも面倒だと感じる人におすすめできるのが、ジーンズをつりさげるのにS字フックを使う収納方法です。この方法のメリットは、ジーンズの出し入れが簡単であることです。たたみ癖やしわが付きにくいこともまた、この方法のメリットです。

その上に、ハンガーでの収納方法に比べて、場所をとりにくいという利点があります。S字フックを購入することについても、安上がりにできる魅力があります。この収納法は、ジーンズの保管に何かと便利ですので、手軽で賢いジーンズの収納方法として、S字フックでジーンズを保管するという選択肢を、一度試してみては?

丸めて詰めるだけでも良し

丁度のサイズの木枠を買ってきて、そこに丸めて詰めるだけ、という収納方法も、ジーンズを楽しむための一つの方法です。これもまた、たたんだ跡が付きにくい、ジーンズを選びやすい、などのメリットがあります。もちろん、片づけが楽であるということは最大の利点です。楽ちんなジーンズの収納のためにも奮発してみては?

自分に合った収納方法を試してみよう

ここで上げた収納方法以外にも、ジーンズの保管に活用できる収納グッズは、まだまだ様々なものがあります。自分の好みに合わせて、ジーンズの収納方法を自由に選ぶことで、ファッションをより一層楽しむことができます。どの収納方法も一長一短ですので、自分の都合に合わせて、ジーンズの保管の方法を選びましょう。

まとめ

最近ではデニムパンツと呼ばれることも増えてきたジーンズですが、その収納方法は、しわや擦れの問題から、長持ちさせるうえで結構重要なのです。たたみ方やハンガーの掛け方も、ジーンズを傷めないようにするうえで、注意することが必要です。今回紹介してきたジーンズの保管のコツを頭に入れておけば良いでしょう。

ジーンズの保管に際して、たたみ方やハンガーの掛け方にまで一工夫をすることは、ジーンズの生地のためだけでなく、ジーンズを出し入れする際の面倒を減らすことにもつながります。ジーンズの収納方法に気を使うことで、ジーンズというファッションアイテムを思う存分楽しむことができて、しかもより長持ちさせられます。

ジーンズを収納するということは、ジーンズをファッションに取り入れる際の基本です。ある時にはほんの少しの、またある時には本格的な収納方法のこだわりで、ジーンズを思う存分穿きこなしてみませんか。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。